営業に向いてない人の6つの特徴とは?簡単診断でチェックしよう

仕事の悩み・相談
 

営業の仕事がつらい・・・

自分だけ営業成績が伸びないと、「営業に向いてない」と思いますよね。

そして、営業の仕事は数字が顕著に表れるので、営業に行くこと自体にストレスを感じて「辞めたい」とも思うでしょう。

確かに営業は、向き不向きがある職種です。

しかし、営業という仕事に慣れていないから上手くいかないのか、そもそも営業自体に向いていないから上手くいかないのかが分からないという人も多いでしょう。

この記事では、あなたが営業に向いている性格かどうかをチェックすることができますよ。

もし、営業に向いていないと診断された場合でも大丈夫!

営業に向いていない人が実践するべき克服方法や就職・転職方法を解説します。

克服方法を実践することで、営業に対する苦手意識を払拭することができますよ。

ぜひこの記事を参考にして、営業に対するストレスを軽減し、今より働きやすい環境を作ってくださいね!

スポンサーリンク

1.あなたは営業に向いてない?チェックシートで診断!

営業は売り上げノルマが厳しかったり、会社の同僚との差が数字で顕著に表れる職業です。

思うように営業成績が伸びなかったり、営業に行くこと自体にストレスを感じてしまったりすることで、「自分は営業に向いていないのでは?」とも思いますよね。

まずは、本当にあなたは営業に向いていないのか、チェックシートで簡単診断してみましょう!

  人と話すのが苦手
  時間にルーズな方だ
  体力に自信がない
  環境の変化が苦手
  些細なことでもストレスを感じやすい
  嘘がつけない
  人に謝ることに抵抗がある

チェックが3つ以上当てはまる人は、営業に向いていない人です。

どうしてチェックリストに当てはまる人は営業に向いていないのか、次の章で営業に向いていない人の特徴を紹介しながら解説します。

2.営業に向いていない人の6つの特徴

営業に向いていない人の特徴は次の6つです。

  • 人と話すのが苦手
  • 人の話を聞くのが苦手
  • 清潔感がない
  • プライドが高い
  • 計画性がない
  • 自分に自信が持てない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 人と話すのが苦手

    営業に向いていない人は、人と話すのが苦手な人が多いです。

    人と話すことが苦手な人は、相手と上手にコミュニケーションをとることができません。

    コミュニケーションが上手くとれないと、相手の感情や考えを汲み取ることが難しいため、営業につなげることが難しくなります。

    人と話すのが苦手な人は、「上手に話さなくても大丈夫」という余裕を心に持つことで、苦手意識を軽減することができますよ。

    「人と話すのが苦手」という意識を軽減し心に余裕を持つことで、相手の考えや感情にも反応することができるようになります。

    人の話を聞くのが苦手

    人の話を聞くのが苦手な人は、営業に向いていません。

    どんなに営業トークが上手くても、取引先の話を聞かなければ、相手のニーズを把握することはできません。

    相手の話を聞かず、自分の話ばかりしてしまうことで、的外れな提案をしてしまう可能性もあります。

    人の話を聞くのが苦手な人は、相手の言葉をそのまま言い返す「オウム返し」を活用しましょう。

    相手の言葉を「オウム返し」することで、相手に親近感を持たせるだけでなく、相手の話を要約する癖をつけることができます。

    相手の話を要約できることで、取引先の要望や課題をくみ取ることができ、ニーズにあった提案をすることができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 清潔感がない

    清潔感がない人は、営業に向いていません。

    なぜなら清潔感がない営業マンは、第一印象が悪くなってしまうからです。

    第一印象の55%は視覚からの情報で構成されていると言われています。(参考:メラビアンの法則

    そのため第一印象が悪いと、それだけで門前払いをされる可能性も。

    仮に話を聞いてもらえたとしても、印象が悪い人とは契約を結びたくないですよね。

    清潔感に自信がない人は、髭は生えていないか、髪はきちんと整えられているか、スーツやシャツにしわがないかなど、営業前に身だしなみをチェックしてください。

    プライドが高い

    プライドが高い人は、営業に向いていません。

    プライドが高い人は自分の非を認めない人や、謝罪するのが苦手という人が多いからです。

    しかし営業マンは謝罪する機会が多い職業なので、プライドが高いとなかなか営業職を続けることは難しいでしょう。

    プライドが高い人は、 自分自身に対してではなく営業という仕事に対してプライドを持つように心がけましょう。

    仕事に対してプライドを持つことで、謝罪する場面でも営業マンとして、割り切って謝罪することができます。

  • スポンサーリンク

  • 計画性がない

    計画性がない人は、営業に向いていません。

    なぜなら、計画性がないと取引先とのスケジュール調整や、やるべき優先順位を見誤る可能性があるからです。

    営業マンはアポ取りから商談、顧客の管理などあらゆる仕事を同時に行っている場合がほとんどです。

    計画性がないと効率が悪いので、「いつまで経っても仕事が終わらない」ということになりかねません。

    計画性がない人は、セルフマネジメントをできるようになりましょう。

    セルフマネジメントをできるようになるため、まずは仕事に優先順位をつけることから始めます。

    そして優先順位をつけた仕事から、確実に仕事を終わらせるようにしましょう。

    自分に自信が持てない

    自分に自信が持てない人は、営業に向いていません。

    なぜなら、自信のなさが相手に伝わり「商品に自信がないのかな?」と不安や警戒心を抱かせてしまうからです。

    自信のなさは、声の大きさや話し方、表情、動作から表れます。

    そのため 自分に自信が持てないという人は、姿勢や話し方を変えましょう。

    自分に自信がある人は胸を張って堂々としているように、姿勢を正すだけで心の状態を60%変えることができると言われています。(参考:姿勢の整え方

    また25%は言葉、15%は焦点だと言われているため、発声や滑舌も意識するといいでしょう。

    発声方法は腹式呼吸を意識することで、通る声を出すことができますよ。

    繊細な性格だと営業に向いてない?

    繊細な性格だと営業に向いていないというわけではありません。

    なぜなら、繊細な性格な人は相手の感情に敏感な人が多く、思いやりがある人が多いからです。

    相手の感情に敏感で思いやりがあるということは、営業先の相手の考えや変化にも気が付くことができます。

    営業マンにとって相手の変化や感情に敏感なことは、相手の反応をうかがいなら営業を進めることができるので、とても重要な能力です。

    一方で、繊細な性格の人はプレッシャーに弱い、傷つきやすいという性格も持ち合わせています。

    そのため、ストレスを感じやすい営業は向いていないと感じる人もいるでしょう。

    しかし、繊細な性格の人は営業に向いていないというわけではありません。

    「自分は繊細だから営業に向いていない」と最初から決めつけ、営業に対して苦手意識を埋め込まないようにしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 3.女性は営業に向いてない?

    女性は営業に向いていないということはありません。

    現在では営業の男女比が半々のという会社も多く、女性ならではの視野や消費者目線の発想、気配りができるからです。

    確かに、これまでは女性は営業に向いていないと言われてきました。

    なぜなら、女性は結婚や出産により会社を辞める比率が男性と比べて多いからです。

    女性は結婚や出産によって退職する可能性が高いため、「長期的な仕事を任せられない」と考えられていました。

    営業は取引先との信頼関係が重要な仕事であり、会社の顔でもあります。

    そのため 営業担当者が頻繁に変わってしまうと、会社に対する信用を下げてしまうことに繋がり兼ねません。

    しかし、近年では夫婦共に働いている共働き世帯は全体の60.9%を占め、その割合は年々増加傾向にあります。(参考:よい家計

    つまり、結婚後も働いている女性が年々増加しているということです。

    これまで「長期的な仕事を任せられない」という理由で女性は営業に向いていないと言われてきましたが、現在はそうではありません。

    「女性だから営業に向いていない」ということはないので、女性の営業マンは自信を持ってくださいね。

    保険営業や不動産営業は向いてないと感じる人続出

    保険営業は2年以内に辞める人が8割と言われています。(参考:仕事のプロ出版

    また不動産営業の3年以内の離職率は高卒で47.1%、短大等卒で46.4%です。(参考:不動産あれこれ

    どちらも離職率が高い職業なので、向いていない、辞めたいと感じる人が多い職業と言えます。

    保険営業は営業職の中でも特にノルマが厳しく、さらに見込み客が絶えやすい職業です。

    そのため見込み客作りがネックとなり、保険営業は向いていない、辞めたいと感じる人が続出しています。

    また不動産営業は休みが平日であることや、基本給が低い会社が多く歩合で稼げないと収入面で不安があるため、向いていないと感じる人が多いようです。

    保険営業や不動産営業は、ノルマがきつく収入面も不安定なため「向いていない」と感じる人が多い職種だということがわかりますね。

    しかし、業種は違えど営業の基本はどの職業でも同じです。

    保険、不動産営業に向いていないと感じる人は、 清潔感はあるか、相手の要望にあった提案をできているか、声の大きさや話し方に問題はないかなど、営業の基本を見直してみましょう。

    デメリットにもなり得る歩合給は、ノルマ達成できた場合は大きな収入につながります。

    そのため保険営業や不動産営業は、 高年収も期待できる職業です。

    自分の営業姿勢を再確認して営業に臨んでくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 4.営業に向いてない人が実践すべき2つの克服方法

    営業に向いていない人が実践すべき克服方法は次の二つです。

    • 人と比べない
    • 自分のダメな所を見つけ改善する

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    人と比べない

    苦手な営業を克服するためには、人と比べないようにしましょう。

    人と比べてしまうと、自分よりも優れているところが目につくことで自信を無くし、仕事に対するモチベーションも下がってしまうからです。

    営業を克服するためには人と比べるのではなく、 その人の良いところだけを真似したり参考にしたりするようにしましょう。

    身だしなみや話し方、仕草を見て「真似したい」と思う部分だけ、参考にするといいですよ。

    自分のダメな所を見つけ改善する

    苦手な営業を克服するためには、自分のダメな所を見つけて改善しましょう。

    自分のダメな所に気づかずにいると、いつまで経っても営業マンとして成長することができないからです。

    まずは箇条書きでもいいので、自分の短所を書き出してください。

    短所を書き出したら、後は一つずつ改善していきましょう。

    すぐに改善ができなくても、自分のダメな所を見つけて書き出しておくだけでも意識することができます。

    最初から完璧な営業ができる人はいないので、自分の短所を改善し少しずつ成長していきましょう。

    それでもどうしても向いていないと感じる場合は、転職をするのも一つの手ですよ。

    5.営業に向いてない人や辞めたい人の就活・転職方法

    営業は向き不向きがある職種なので「現在営業職をしているが、向いていないから辞めたい」という人は、 無理に営業を続けるのではなく転職をするのも一つの手です。

    また「営業はきつそうだから営業以外の仕事で就職したい」と考えている人も、営業以外の就職方法を解説するのでぜひ参考にしてください。

    職種別採用に応募する

    営業職に就きたくない場合は、職種別採用に応募しましょう。

    職種別採用に応募しない場合、文系大学生が営業に配属になる可能性は7割だと言われているからです。(参考:ダイヤモンドオンライン

    そのため、 職種別採用に応募しないしない限り、文系の新卒は営業職に配属される可能性が高いと言えます。

    しかし職種別採用は募集人数が少ない会社がほとんどです。

    そのため狭き門をくぐりぬけるには、説得力のある志望動機を書いたり、希望する職種に対する知識を深めておいたりする必要があります。

    志望動機はなぜその企業、職種じゃないとダメなのかを明確に答えられるようにしてください。

    また自分の強みや経歴、スキルなどを活かせる場合は、履歴書や面接の際にアピールしましょう。

    希望する職種に合う資格を取る

    営業以外の職業に就きたい場合は、希望する職種に合った資格を取りましょう。

    企業側はたくさんの応募書類に目を通すので、職種に合った資格を取っておくことで印象に残すことができます。

    管理部門職であれば、経理や事務などで役に立つ簿記を取るといいでしょう。

    技術職であれば、基本情報技術者や情報処理安全確保支援士がおすすめです。

    基本情報技術者を取ることはIT業界で働く上で大事な、基礎的な知識を学ぶことができます。

    また情報処理安全確保支援士は需要が高い割りに、保有している人材が不足しているため、周りと差をつけることができるでしょう。

    転職する方法

    現在営業をしている人が転職をする場合、転職する前に次の二つのことを実践してください。

    • 辞めたい理由を明確にする
    • 転職サイトに登録する

    辞めたい理由を明確にする

    営業職を辞めたい人は、営業を辞めたい理由を明確にしてください。

    「どうして営業が嫌なのか」を明確にしないまま転職してしまうと、転職先でも同じ理由で退職を繰り返してしまう可能性があるからです。

    「人と話すことが苦痛」「人と話すことは好きだけどノルマに追われるのが嫌」など人それぞれ営業を辞めたい理由は異なります。

    まずはどうして営業を辞めたいのか、そう思った理由を箇条書きで紙に書いていきましょう。

    辞めたい理由を明確にすることで、転職する際どういう職種を選べばいいのか判断しやすくなりますよ。

    転職サイトに登録する 

    転職をする方法としておすすめなのは、転職サイトに登録することです。

    転職サイトでは、転職のプロが自分に合った職種や自分の強みをアドバイスしてくれますよ。

    また退職する前に 転職サイトに登録しておくことで、客観的に自分を見ることができ、自分の価値も改めて確認することができます。

    また今よりいい条件で働けるかどうかも確認することができるので、転職を希望する場合は退職前に転職サイトに登録してください。

    営業以外に転職できる転職サイトとしておすすめなのは、転職エージェントです。

    転職エージェントでは、登録した一人ひとりに担当がついてくれるので、自分に合った職業を見つける手助けをしてくれます。

    また登録も無料なので、「転職はしたいけど具体的な希望職種は決めていない」という人も、ひとまず登録をしてみるといいでしょう。

    まとめ

    営業は向き不向きがある職業です。

    ノルマや上司からのプレッシャーもある仕事なので、ストレスを感じる場面も多いでしょう。

    営業に向いていないと思っている人は、克服方法を参考にしてください。

    営業に対する苦手意識を減らして、今より働きやすい環境を作ってくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク