働きたくない人へ贈る7つの解決策!労力を抑えてできる仕事も紹介

Asian beauty businesswoman throwing paperwork into the air. Successful and achievement concept. Business and Occupation concept. Freelance and business owner theme.
仕事の悩み・相談

仕事も人間関係もめんどくさい〜。もう働きたくない

こんな悩みに答えます。

働いている人なら、一度は「働きたくない」「今日は仕事サボりたい…」と感じたことがありますよね。

確かに、働くのは面倒です。

思ったように仕事が進まなかったり、人間関係が悪いと通勤途中に回れ右して帰りたくなりますよね。

もし宝くじが当たったり、コピーロボットが代わりに会社に行ってくれるなら喜んで休むのにという人も多いでしょう。

しかし、現実には働きたくないけど働かないと食べていけないですよね。

そんな「働きたくないけど、働かなくてはいけない」という人のために、この記事ではなぜ「働きたくない」という気持ちになってしまうのか、どうすれば働きたくない状況を解決できるのかを解説していきます。

できるだけ労力を抑えてできる仕事も紹介するので、「働きたくない」状態になっている方はぜひ解決策を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

1.結局はこの2つ!働きたくない理由

働きたくないと感じてしまうのは、あなただけではありません。

世の中の半数以上の人は「働きたくない」と思っています。

ツイッターのつぶやき数がわかるYahoo!リアルタイム検索で「働きたくない」というつぶやきを検索したところ、7日間で1,300件以上もヒットしました。

こんなツイートが話題になるほど、「働きたくない」と思っている人はたくさんいます。

働くのはしんどいですし、成果が出ないと凹んでしまいますよね。

では、そもそもなぜ「働きたくない」という気持ちになってしまうのでしょうか?

面倒だし、残業が多いし、給料はイマイチだし、上司は自分勝手だし…など、色んな理由があがってくると思います。

確かに理由はたくさんあるのですが、大きく2つに分けると、以下の2つにまとめられます。

どういう理由なのか、それぞれ詳しく見ていきます。

【理由1】人間関係がうまくいかない

職場でのコミュニケーションがうまくいかないと、「職場に行くのが辛い」「仕事で人とやり取りするのが辛い」から働きたくない、という気持ちになってしまいますよね。

仕事が辛いというよりも、人間関係が辛くて働きたくないと思ってしまう人はたくさんいます。

この場合、 「働きたくない」と「働きたくない環境」を一緒に考えてしまっている可能性があります。

働きたくない環境にいる人は、別に仕事を怠けたいわけではないのです。

もし周りがいい人だらけで、気を遣わなくていい、ミスしてもお互いが助け合うような職場なら「働きたくない」なんて思わず気持ちよく働けます。

しかし、現実には自分勝手な人、文句ばかり言ってくる人、口の割に実力がない人などなど、親切ではない人が多いものです。

しかし仕事ではそういう人たちとも付き合わなくてはいけません。

そういう環境で一日中働かなければならないから、働きたくないと思ってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 【理由2】やりがいがない

    人間関係は特に気にならないなら、 仕事にやりがいを感じられないことが理由になっている可能性があります。

    例えばこんな人たちです。

    「お金のために仕方なく働いているけど、全然楽しくない」という状態です。

    では、なぜやりがいを感じられなってしまうかというと、以下のような原因が考えられます。

    • 仕事が認められない
    • 褒めてもらえない
    • 仕事のレベルが低すぎる
    • なんのための仕事かわからない
    • 憧れの人がいない

    やりがいというのは、ワクワクさせる要素のことです。

    気持ちをワクワクさせない仕事を続けていると、無意識レベルで「働きたくない」気持ちが強くなってしまう可能性があります。

    もし「最近仕事中にワクワクしていない」と感じるのであれば、働きたくない原因は「やりがいがない仕事」かもしれませんよ。

    「原因はなんとなく心当たりがあるけど、じゃあどうすればいいの?」という人のために、次の章では「働きたくない」を解消するための7つの解決策を紹介します。

    2.働きたくない人へ贈る7つの解決策

    「働きたくないなら、働かなければいい」と簡単に割り切ることはできませんよね。

    働かなければお金が入ってこないので、生きるために必要なものが買えないからです。

    農業や漁業で自給自足で生活するにも、働く必要があります。会社に行ってパソコンをカタカタやっているよりも大変かもしれません。

    そこで、働きたくない人のために、休んだり、仕事をゲーム化する、などの具体的な解決策を7つ紹介します。

    ニートになるという究極の選択肢も含めましたので、自分を変える解決策を見つけてみてください。

    紹介するのは以下の7つの解決策です。

    では一つずつ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 解決策1.休んでリフレッシュする

    疲れていて働きたくないなら、一番の解決策は休んでリフレッシュすることです。

    脳が疲れた状態だと、ネガティブなことしか考えられません。

    疲れていると、イライラして人にあたったりして人間関係が悪くなりますし、たとえ仕事が楽しくてもいい気持ちで作業ができません。

    一日しっかり心身を休めるだけでも、だいぶテンションが変わります。

    家でダラダラして体を休めてもいいですし、山に行って美味しい空気を吸ってきてもOKです。

    ジムに行って思い切り体を動かしてもいいですし、ペットとスキンシップをはかってもいいでしょう。

    大切なのは 仕事のことは忘れて、体と心を休めることです。

    激しい運動は疲労の原因になりますが、少しくらいの運動であれば、むしろ寝つきを良くしてくれていい刺激になるので、適度に動くのもおすすめです。

    長期休暇は取れないという人は、土日や祝日を利用して仕事から解放されるようにしましょう。

    仕事を休む理由を自分で考えるのが面倒という方は、「【テンプレあり】会社を休む時に使える理由!電話・メール別に解説」で紹介している、理由テンプレ集の中から良さげな理由を選んで使ってみてください。

    解決策2.コミュニケーションを大切にする

    職場でのコミュニケーションを大切にすることで、働きたい環境に変えられる可能性があります。

    職場の人間関係が悪いと、働きたくない気持ちになりますよね。

    自分勝手な人、偉そうな人、生理的に受け付けない人…イライラする相手はたくさんいるでしょう。

    しかし、「嫌い」という気持ちで接しているばかりでは、あなたの気持ちが辛くなる一方です。

    あなたの力でどうにもできない相手はいるかもしれませんが、リラックスして話してみると、案外悪い相手ではない可能性があります。

    「でもコミュニケーションうまくできないんだけど…」という人は、以下のような 相手を価値ある存在だと感じさせる言葉掛けをしてみてください。

    • ◯◯さんののおかげで助かりました
    • ◯◯さんが居てくれるおかげで〜。
    • さすが◯◯さんですね!

    人は誰しも自分のことを価値ある存在だと認めてもらいたいという欲求を持っています。

    その欲求を満たしてくれる相手に対しては、心を開いてくれます。

    その結果、その後のコミュニケーションが円滑になります。

    自分がかけてもらって嬉しい言葉を考えて、ストックしておくのもいいですね。

    また、 ありがとうやお疲れ様などの、感謝や労いの言葉も相手の心をほぐすのに効果的ですよ。

    コミュニケーションが苦手な人でも、一言だけでもいいので相手を嬉しくさせる言葉をかけてみてくださいね。

    そうすれば、あなた自身が過ごしやすくなる職場に変化する可能性が高まります。

    職場の人間関係の悩みが深い方は、「会社の人間関係で悩むあなたに!よくある悩みと5つの解決策を解説」も読んでみてください。

  • スポンサーリンク

  • 解決策3.仕事をゲームだと思って楽しむ

    仕事にやりがいがないというあなたは、仕事をゲームだと思って楽しんでみてはいかがでしょうか?

    仕事をやっていても刺激がない、仕事でミスしてしまうとやる気がなくなってしまうという人に特に効果的です。

    ゲームの要素といえば、冒険、捜索、戦闘、などがありますよね。

    こういったゲームの楽しみを仕事に取り入れるのが、仕事をゲーム化するということです。

    仕事だと30分もやると休みたくなってしまうけれど、ゲームなら何時間でも集中できるということはありませんか?

    それは、ゲームには以下のような4つのハマる要素が隠されているからです。

    1. 勝てる(Winnable):ちょっと頑張れば進める、勝てる
    2. 斬新(Novel):新しいステージ、敵が用意されている
    3. 目標がシンプル(Goals):敵を倒す、モンスターを集めるなど、やることがはっきりしている
    4. フィードバックがある(Feedback):アイテムやお金がもらえるなど、行動に応じた評価が受けられる

    それぞれの要素を仕事を楽しくするように手を加えてみましょう。

    <仕事をゲーム化>

    1. 終わる:ちょっと頑張ればこなせる仕事のレベルに設定
    2. ドキドキ要素がある:タイムリミットを設けるなど、普段と違うやり方で仕事をやってみる
    3. 目標がはっきりしている:作業はできるだけ細かく分けて、具体的なゴールを設定する
    4. ご褒美がある:目標を達成したら好きなものを買うなど、ご褒美をあげる

    この4つさえ入っていれば、どんな仕事もゲーム化することができます。

    やりがいがない、刺激がない、などの理由で働きたくない状態になっているあなたは、仕事をゲーム化してクリアする快感を味わいましょう。

    もっと詳しく仕事のゲーム化について知りたい方は、こちらの本の「どんな成功法則よりも役に立つ!『面白いゲームの4つの条件』」の項目に詳しく紹介されています。

    残酷すぎる成功法則
    • エリック・バーカー, 橘玲
    • 価格   Check on Amazon
    今すぐチェック

    解決策4.プライベートと仕事を両方大切にする

    ライベートと仕事の両方をバランスよく大切にすれば、働きたくない気持ちが解消される可能性があります。

    プライベートな時間というのは、誰にも邪魔されない自由な時間のことです。

    ネットをしても、ダラダラ過ごしてもOK。旅行に行っても、スポーツをしてもいい。こういう時間です。

    そうは言っても、「遊んでいると仕事の生産性も落ちそう」と不安になってしまいますよね。

    しかし、 心が満ち足りて働く意欲がある人は、どんなに忙しくても余裕を持って落ち着いています。

    プライベートの時間をのびのび過ごせるようになると、仕事も余裕を持ってこなせるようになり、「働きたくない」という気持ちを変化できる可能性があります。

    「そのプライベートな時間が確保できないから困ってるんだよ!」というあなたは、以下のような制度を利用してみるのも一つの方法です。

    • 時短正社員制度:フルタイム正社員(週40時間勤務)より週の労働時間が少ない正社員
    • 在宅勤務正社員:会社に通勤せず自宅で業務を行う。ネット環境があればOK

    会社に行って働くことだけが仕事ではありません。

    今ならネット環境さえあれば自宅で仕事をすることも可能なので、プライベートの時間も確保できる仕事を探してみてはいかがでしょうか?

    プライベートも仕事の時間も両方大切にすることができれば、働きたくない気持ちを解消できるかもしれませんよ。

  • スポンサーリンク

  • 解決策5.常に目標を持って行動する

    意味もわからず仕事をするのは辛いですよね。

    「何のためかわからないけれど、上司にやれと言われたから仕方なくやっている」というような状況では、働きたくない気持ちになるのは当然です。

    そんなあなたは、 常に目標を持って行動するようにしましょう。

    具体的にどんな目標を持てばいいかというと、以下のような感じです。

    • 書類をまとめなければいけない→書類を読む人が、すぐに理解できるようにわかりやすくまとめよう
    • 商品棚にものを並べる→どのように陳列したら売り上げがアップするか考えながら並べよう

    ポイントは、「生産性をあげよう」という目標を持つことです。

    その時にあなたの脳をフル回転させると、単なる面倒な作業だった仕事が面白くなりますよ。

    ついでに周囲からは気が利く人だと思われて、好感度がアップする可能性もあります。

    意味もわからない作業ばかりの仕事だから働きたくないという状態になっているあなたは、自分のレベルをアップさせるような目標を常に持って仕事をしてみてください。

    解決策6.ニートになる

    もし お金に余裕があるなら、ニートになってしまうというのも一つの方法です。

    ニートは働くことも勉強することも投げ出した若者(最近は若者ではない人も混ざっています)という意味です

    貯金がある、親がお金持ちだからスネをかじり続ければ生きていける、などの条件を持っている人は必ずしも働く必要はありません。

    また、 ネット環境さえあればネオニート(収入があるニート)として生きていく道もあります。

    働きたくないなら働かなくても、別に法律違反で逮捕されるわけではありませんし、何か罰が与えられるわけでもありません。

    また、「ニート=役に立たない」というイメージが強いですが、以下のように ニートが役立っていることもあります。

    • 自分の気持ちを優先できるのでストレスが溜まらない
    • 働きたい人の仕事枠が増える
    • 不利な条件で働かないことで、ブラック企業への圧力になる
    • 満員電車を減らせる

    こうやって考えてみると、ニートは結構役に立っている気がしますね。

    「積極的にニートを目指せ」とは言いませんが、働きたくないなら働かずにニート人生を歩むというのも一つの解決策です。

    ニート人生についてもっと知りたい方は、「ニートになりたいのはおかしい?ニートに憧れる心理や必要なお金を解説」も読んでみてください。

    なお、仕事をやめたいけど「自分で退職手続きするのは面倒」という方は退職代行サービスを利用してみてください。

    24時間いつでも電話OKで、即日退職にも対応してくれますよ。

    退職代行SARABA

  • スポンサーリンク

  • 解決策7.転職する

    「今の職場じゃなければ、働いてもいいかな」と思うあなたは、転職するのも一つの解決策です。

    ずっと同じ職場にいると、人間関係も仕事もマンネリ化してしまいがちですよね。

    そんな時は転職して環境を変えてみましょう。

    ただし 、何も考えずに「転職すれば今より良い環境が手に入る」と考えるのは危険です。

    何も考えずに転職しても、今より良い仕事や人間関係が手に入る確率は低いからです。

    もっと働きたい職場に転職できる確率をアップさせるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    「こんな仕事が向いている」「この職場はデータから見て人間関係が良好」など転職に役立つアドバイスや情報をくれます。

    正社員だけではなく、派遣社員やフリーターでも誰でも利用可能です。

    お金がかかるのは嫌というあなたは、以下の2つのエージェントなら会員登録が無料でできますよ。

    「マイナビAGENT」

     

    「doda」

     

    相談だけでも無料なので、気分転換のために転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

    3.働きたくないけどお金欲しい人におすすめの仕事5選

    全く働かずにお金が手に入ることはありませんが、労力を抑えて働ける仕事はあります。

    昔はシール貼りのような時給が低い内職しかありませんでしたが、今ではネット環境さえあれば効率よく稼ぐこともできます。

    例えば、働く時間が短かったり、趣味を生かせる、仕組みさえ作ってしまえば自動的にお金が手に入るなどの条件を持つ仕事です。

    仕事の合間に稼ぐことができるので、副業として行なっている人もいます。

    具体的にどんな仕事があるかというと、以下の5つの仕事です。

    仕事の種類 作業時間 収入
    ネットオークション 30分〜2時間未満 月1,000円未満〜10万円
    治験モニター 0時間 2万円/日×1週間
    空家貸し 30分未満 月平均10万円
    リゾートバイト 4〜8時間 時給700〜1,200円
    アフィリエイト 30分〜3時間未満 月1,000円未満〜20万円

    それぞれどんな仕事をするのか、作業時間、収入について紹介していきます。

    ①ネットオークション

    作業時間 30分〜2時間未満
    収入 月1,000円未満〜10万円

    ネットオークションは、ネット上で行うオークションのことです。

    出品してそれが欲しい人に値段をつけてもらい、その中で一番高値をつけてくれた人に売るビジネスです。

    出品するものによっては、プレミア価格がついて予想外の高値で落札されることもあります。

    例えばお菓子についてきたシール、ガチャポン(コンプリート品)など本来なら数百円のものにプレミア価格がつくことも珍しくありません。

    本格的にチケットや海外から輸入したものを転売するのはハードルが高いですが、 とりあえず家の中のものを片付けがてら売ってみるといいでしょう。

    オークションサイトはたくさんありますが、一番有名なのは「Yahoo!JAPAN」が運営しているヤフオクです。

    出品にはプレミアム会員登録が必要ですが、「Yahoo!JAPAN」のアカウントを持っていれば誰でも入札できます。

    ②治験モニター

    1日の作業時間 0時間
    収入  2万円/日×1週間

    治験モニターは、 とにかく寝ているだけでお金がほしいという人にぴったりの仕事(ボランティア)です。

    治験とは、開発した医薬品(国に承認されたもの)が人に対して、安全に効果的に使えるのかを確認するための実験です。

    簡単に言えば、モニターに薬の実験台になってもらいデータを集める作業です

    薬が効いているかどうかを調べるために、モニターは専用の施設に入院して朝から晩まで採血されたり、採尿されたり、体温を測られます。

    こういう束縛はありますが、それ以外はベッドで寝ててもよし、パソコンをいじってもよし、本を読んでもゲームをしててもOKです。

    とにかくベッドで寝ていたい、動きたくないという人には条件最高ですね。

    ただし、治験モニターの募集はほとんどが男性が対象で、健康でタバコはNGなど治験によって細かい募集条件があるので誰でもできるわけではないのがネックです。

    登録料無料で治験モニターを探したいなら、こちらの「生活に+治験ネット」などのモニターサイトで探してみるといいですよ。

    ③空家貸し

    1日の作業時間 30分未満
    収入 月平均10万円

    全国的に問題になっている「空き家」を活用して、賃貸に出すのが空き家貸しです。

    個人に貸し出すサービスもありますし、会社など法人向けに貸し出すサービスも登場しています。

    自分で空き家を持っていればそれを活用することもできますが、古い家は問題が多いのでリフォームが必要なことが多いです。

    自宅を賃貸として貸し出す以外に、空き家を持っているオーナーから空き家を借りてそれを貸し出して運営する方法もあります。

    軌道に乗るまでは大変ですが、うまくいけば働かずに家賃収入が見込める可能性があります。

    みんなが借りたくなる空き家を見つけるのは難しいですが、「空き家バンク」などのサービスを使えば探すことができます。

    不労所得で稼げるようになりたいという人は、チャレンジしてみはいかがでしょうか?

    ④リゾートバイト

    1日の作業時間 4〜8時間
    収入 時給700〜1,200円

    リゾートバイトは、全国各地にあるリゾート地に行って住み込みでバイトする仕事です。

    リゾートバイトは宿泊するのが寮なので、食費や光熱費が無料です。通常のアルバイトでは稼ぎから生活費が引かれてしまいますが、リゾートバイトなら収入のほとんどが手元に残るのがメリットです。

    余った時間はリゾート地で遊ぶというオマケがついているので、「働きたくない」という人でも楽しみがあるから働いてもいいかなと思える可能性が高いです。

    仕事の内容は普通のバイトと同じで、接客業務、裏方業務(皿洗い、掃除)、調理業務などです。

    人間関係がめんどくさいという人なら、皿洗いや掃除などの裏方仕事を選ぶといいでしょう。

    収入に関しては、沖縄と北海道は安い傾向があるので、稼ぐのが目的ならそれ以外のリゾート地を選ぶのがおすすめです。

    収入が高めの案件が多い大手サイトでは、「リゾートバイト.com」が有名です。

    ⑤アフィリエイト

    1日の作業時間 30分〜3時間未満
    収入 月1,000円未満〜20万円

    趣味でブログを書いている人なら、アフィリエイトがおすすめです。

    アフィリエイトとは、あなたのブログで広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果が出た時に報酬が受け取れる仕組みです。

    まずはブログに読者を呼び込む必要がありますが、人気記事を書いたり、固定読者がつけば自動的に収入が入ってきます。

    そこまでブログを育てるのが大変なのですが、働きたくないけどブログを書くのは好きという人なら適しています。

    アフィリエイトを始めるには、あなたが運営するサイトやブログさえあればOKです。

    サイトやブログを持っていないなら、無料で始められるサービスもあるのでチャレンジしてみるといいでしょう。

    本格的なサイトを作りたいなら、安価なサーバーやドメイン取得サービスを利用すると費用を抑えて始められます。

    早速ブログに広告を出してみたいというあなたは、「バリューコマース」を確認してみてください。

    まとめ

    働きたくない気持ちになるのは、人間関係が良くないか、仕事のやりがいが感じられないの2つの理由が考えられます。

    どちらかの条件がよければ、「職場に行くのが辛い」というレベルの働きたくないからは脱出できます。

    そのための解決策として、 「休んでリフレッシュする」「コミュニケーションを大切にする」「仕事をゲームだと思って楽しむ」「プライベートと仕事を両方大切にする」「常に目標を持って行動する」「ニートになる」「転職する」の7つを紹介しました。

    「働きたくないけど働かなきゃいけない」というジレンマを抱えている方は、今回紹介した解決策を参考に辛い気持ちを和らげてみてください。

    治験モニターやアフィリエイトなど、労力を抑えてできる仕事も紹介したので、そちらも参考にしてみてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら