「働くのが怖い」を乗り越える|無職を脱出するための5つの方法

仕事の悩み・相談

「働くのが怖い」と感じてしまい、就職するための行動を起こせずに悩んでいませんか?

「人間関係のトラブル…」「仕事でのトラウマ体験…」「一度も働いたことが無い…」など、抱えている悩みは様々あるかと思います。

とはいえ、金銭的な理由などで働かざるを得ない場合、怖いからと言って避け続けるわけにもいきませんよね。。

今回は、そんなあなたが少しでも前向きに生きられるよう、「働くのが怖い…」と感じてしまう原因と克服方法を解説していきます。

働くのが怖いと感じているあなたは、誰よりも責任感の強い人なのだと思います。

そんなあなたの気持ちを楽にするヒントが見つかる内容なので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.「働くのが怖い」と悩んでいる人は多い…

働くのが怖いと悩んでいる人は多く、ネットでも「働くのが怖い…」という投稿が日々たくさんつぶやかれています。

このように「働くのが怖い」という悩みは、実は多くの人が抱えている問題でもあるんです。

働くのが怖いと感じている人の中でも、特に深い悩みを抱えている人が多いのが次の3つのケース。

  • ニート
  • 主婦
  • 新卒

まずは、それぞれがどのような悩みを抱えているのか、自分の状況と照らし合わせながら確認していきましょう。

1-1.ニート

ニートの場合、「働くのが怖い」というよりも「外の世界そのものが怖い」と感じてしまいます。

ニートの多くは、「社会が怖い」「人が怖い」と、自分を守るために家の中に引きこもり、外の世界との関わりを絶ってしまっています。

社会との接点が減れば減るほど、ますます外の世界に対する恐怖心は大きくなり、自信が無くなってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.主婦

    結婚・出産を機に、一度仕事を辞めた主婦が再就職を考えたり、パートに出ようと考えたりする時に、「働くのが怖い」と感じることがあります。

    これは「以前と同じように働くことができるのか」という不安が原因です。

    自分自身の能力面の不安はもちろんのこと、「家庭と両立することができるだろうか」という不安も抱えている人も多いです。

    1-3.新卒

    次の春に、新卒での入社を目指して就職活動をしている学生も「働くのが怖い」と感じることがあります。

    学生時代にアルバイトなどで「働く」という経験をしている人は多いです。

    しかし、社会人として会社で働くとなると、会社から求められるものや責任は桁違いに大きくなります。

    インターンやセミナーなどを通して、社会人としての働き方などを聞くうちに「自分にできるのだろうか」という不安が大きくなり、働くのが怖くなってしまうのです

  • スポンサーリンク

  • 2.「働くのが怖い」と感じてしまう6つの原因

    多くの人が抱えている「働くのが怖い…」という悩みですが、そのように感じてしまう原因は人によって様々です。

    たくさんのつぶやきをみていると、主にその原因は6つに分けられることがわかります。

    1. 人間関係が怖い
    2. トラウマ体験がある
    3. 自信が無い
    4. ブランクが長い・働いたことが無い
    5. 発達障害がある
    6. うつ病などの病気のため

    「働くのが怖い」という気持ちを乗り越えるためには、まずは自分がなぜ「怖い」と感じているのかを知ることから始めなければなりません。

    怖いと感じる原因を考え、克服する方法を考えるためにも、それぞれの原因を詳しく確認していきましょう。

    原因1.人間関係が怖い

    「働くのが怖い」という人は、職場での「人間関係が怖い」というケースが多いです。

    前職で、上司や同僚との関係が良くなかったために退職することになった、という人は少なくありません。

    「社会復帰すると、また同じ思いをするかもしれない」と考えて、働くことに対する恐怖心を抱くようになってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 原因2.トラウマ体験がある

    「働くのが怖い」と感じるのは、仕事に対するトラウマ体験が原因の場合があります

    「上司からの厳しく叱責された」「周囲から冷たい視線を向けられた」「誰も助けてくれなかった」といった辛い体験が心に刻み込まれてしまっているのです。

    仕事について考えると、過去のトラウマ体験がよみがえり苦しくなってしまうため、「仕事をしたくない」「働くのが怖い」と感じてしまいます。

    原因3.自信が無い

    自分に自信が無い人も「働くのが怖い」と感じることがあります。

    「仕事でミスをしてしまうのではないか」「周りの人たちに迷惑をかけるのではないか」と、いつも仕事に対する不安やストレスを抱えているからです。

    自信が無い人は、常に緊張感をもち、心身に負荷のかかった状態で働いています。

    そして、いつしか働くことそのものが怖いと感じるようになってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 原因4.ブランクが長い・働いたことが無い

    仕事をしていない期間が長ければ長いほど働くことが怖くなってしまいます。

    経歴の「空白期間」をどう説明すればいいのか分からず、面接を受けることすら怖く感じるのです。

    特に、一度も働いた経験が無いという人は、「社会がどんな場所か、仕事がどういうものか分からない」という大きな不安を抱えています。

    「働いたことが無い」というコンプレックスも相まって、ますます「働く」ということが遠く難しいものだと感じてしまうのです。

    原因5.発達障害がある

    発達障害を抱える人は、「働くのが怖い」と感じてしまうことがあります。

    発達障害の人は、人とのコミュニケーションが苦手です。

    子どもの頃から人間関係で苦労や失敗を繰り返しているため、人との関りを極端に避ける人もいます。

    社会に出れば、嫌でも人と関わらなければいけません。

    そのため、発達障害の人は「働くのが怖い」と考えてしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 原因6.うつ病などの病気のため

    うつ病や適応障害などの精神疾患が原因で、働くのが怖くなることがあります。

    「気分の落ち込み」や「自分に自信が持てない」といった症状のため、働くことに対して過剰なまでの恐怖を感じてしまうのです。

    特に、仕事上のストレスが原因でうつ病などの精神疾患になってしまった人は、仕事に復帰することで病気が悪化・再発するのではないかという強い不安を抱えています。

    そういった場合は、無理に復帰しようとはせず、しっかり休んで治療に専念しましょう。

    3.「働くのが怖い」を克服する方法

    働くのが怖いという悩みを解決するためには、少しずつ「自分でも働ける」という自信を身につけていくことが大事です。

    いきなり仕事に就こうと焦る必要はありません。

    まずは自分でもできそうな仕事を探してみたり、カウンセリングを受けてみたり、小さく一歩踏み出すことから始めてみてください。

    また、働くことに関しても、そこまで重く捉えなくても大丈夫です

    今は、ニートやフリーター向けの転職サービスがたくさん出ており、求人なら探せばいくらでも見つかります。

    なので、「合わなければ次を探せばいい」くらいの気持ちで、もっと気軽に転職活動を行なってくださいね。

    では、「働くのが怖い」という不安を克服するために、ぜひ試して欲しいことを3つ解説します。

    1. 転職エージェントのカウンセリングを受ける
    2. 職業訓練を受けてみる
    3. とりあえず働いてみる

    どれも現状を抜け出すための一歩として役立つので、「これならできそう」というものから手をつけてみてください。

    対処法1.キャリアアドバイザーのカウンセリングを受ける

    まず何から始めたらいいのかわからない人は、転職エージェントのアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

    転職エージェントとは、担当のアドバイザーがついて転職のサポートを無料でしてくれるサービスです。

    求人の紹介をしてくれたり、面接対策を手伝ってくれたりするのが主なサービスですが、悩み相談に載ってもらうだけでも利用することができます

    「どんな仕事が自分に向いているのか」など、転職のプロの視点からあなたにアドバイスをくれるので、現状を変える明確な答えが見えてくるはずです。

    また、カウンセラーに今抱えている悩みを打ち明けるだけでも、心のモヤモヤが晴れてスッキリした気持ちになれますよ。

    「働くのが怖いけど、どうしたらいいのかわからない…」と悩んでいるならば、一人で考え込まず、第三者のアドバイスをもらってみるところから始めてみてください。

    ニート・フリーター向けの相談が丁寧な「ハタラクティブ」がおすすめ

    転職エージェントに相談するなら、ニートやフリーターを主な対象者とした転職エージェント「ハタラクティブ」がおすすめです。

    ハタラクティブは丁寧で時間をかけたカウンセリングをしてくれることで評判が高く、安心して悩みを相談することができます。

    また、ハタラクティブのオフィスに出向くのが難しい場合は電話で相談にも載ってもらうこともできるので、気軽に相談できる点でもおすすめです。

    実際に転職しようと思った際も、ハタラクティブなら未経験者歓迎の求人を多数保有しているので、転職先を見つけるのに困りません。

    ニートやフリーターにとってとても心強い転職サービスなので、気軽に利用してみてくださいね。

    運営会社名 株式会社レバレジーズ
    求人数 約2,300件
    面談可能オフィス
    (難しい場合は電話相談)
    東京(渋谷・立川・池袋・秋葉原)、横浜、さいたま、名古屋、大阪、福岡
    料金 完全無料
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    対処法2.職業訓練を受けてみる

    能力面での不安があるなら、職業訓練を受けてみるのもおすすめです。

    たとえばハローワークでは、求職者に対してパソコンスキルやビジネスマナーなどの職業訓練を行っています。

    仕事をするためのスキルやマナーを身につけることで、働くことへの恐怖心が小さくなるはずです。

    また、ワードやエクセルといった基本的なパソコンの知識があれば、仕事の選択肢も広がります。

    ハローワークでの職業訓練については厚生労働省の『公共職業訓練コースの検索について』を参照してください。

    「ウズキャリ」の職業訓練も利用してみよう

    他にも、「ウズキャリ(UZUZ)」というニート・フリーター向け転職エージェントでは、「社会人基礎スキル」や「職種専門スキル」を学べる研修を行っています。

    ウズキャリ uzuz

    ウズキャリの職業訓練では、「営業職」「事務職」「プログラマー」など、自分が学びたいスキルを選択して学ぶことができます。

    講座を受講後は、そのまま転職先の紹介をしてもらえるので、転職先もすぐに見つかって安心です。

    正社員経験のないニートやフリーターであっても、社会人の基礎をじっくり磨いてから転職先を探せるので、能力面に不安を抱えている人は講座だけでも受けておくと良いでしょう。

    なお、先ほど紹介した「ハタラクティブ」と合わせて活用すれば、未経験可の転職先をたくさん探せて、自身の選択肢を広げることにも役立ちますよ。

    \登録は3分ほどで完了します/ウズキャリに
    登録してみる【完全無料】

    対処法3.とりあえず働いてみる

    色々と考え込んでしまって悩んでいるのなら、とりあえず働いてみるのも良い選択です。

    いきなり週5のフルタイム勤務をすることが不安なら、まずはアルバイトなど簡単な仕事からで構いません。

    アルバイト、日雇い、在宅なんでもいいので、「働く」という感覚をつかむことが大切です。

    働いた経験が無くても、ブランクが長くてもできる仕事はたくさんあります。

    「自分でも働いてお金を稼ぐことが出来る」という仕事に対する自信を取り戻したら、本格的な就職活動へと進みましょう。

    4.【補足】診断ツールで自分を見つめ直してみよう

    人生に悩んでいる人に一度試してもらいたいのが、自己分析ツールで自分の性格をチェックしてみることです。

    自分のことは、自分が一番わかっているようで、案外わかっていないもの。

    客観的に自分の性格を知れる自己分析ツールなら、自分がなぜ働くのが怖いと感じてしまっているのか、今よりもっと明確に見えてくるはずです。

    ただ、わざわざ有料の自己分析ツールを使うのはちょっとハードルが高いと思います…。

    そんな時は、リクナビが用意している無料の診断ツール「グッドポイント診断」を使ってみてください。

    リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

    「転職サイトの診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、これが意外とバカにはできません。

    グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行えるので、言語化できてない自分の性格をかなり明確にすることができるんです。

    リクナビnextのグッドポイント診断の様子

    18種類の中から自分の強み(性格)が判断できる

    診断を受けると、18種類の中からあなたの強みを知ることができ、人間関係の築き方や仕事をうまく進めるポイントが見えてきます。

    すると、「もっと自分はこうした方がいいかも」という気づきが生まれ、今までの考え方を変えるきっかけにできるかもしれません。

    なお、グッドポイント診断を受けるには会員登録が必要なため、『①会員登録→②トップページから診断ボタンをクリック』の手順で診断を行う必要があります。

    会員登録と聞くと面倒に感じるかもしれませんが、診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できるので、転職する予定がない人も安心して使ってみてくださいね。

    ちょっとだけ診断に時間がかかりますが、そのぶん自分のことを深く知る良い機会になると思います。

    あなたの抱えてるモヤモヤが、少しでも晴れるきっかけになればうれしいです。

    まとめ

    「働くのが怖い」と感じることは悪いことではありません。

    「上司からの叱責」「仕事でのミス」「自分の能力」などに不安や恐怖を感じるのは誰にでもあることです。

    ただ、その不安や恐怖が過剰になると、働くことが困難あるいは不可能な状態になってしまうことがあります。

    「就職したい」「働きたい」という気持ちがあるのなら、まずは「自分でも働ける」という自信をつけるために、まずは小さく一歩踏み出す事から始めてみてください。

    記事内で紹介しているサービス

    ハタラクティブ|気軽に転職相談ができるサービス

    ウズキャリ(UZUZ)|職業訓練が受けられるサービス

    グッドポイント診断|自己分析で自分の性格や人付き合いのコツを知れるサービス

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%