【在宅仕事から正社員まで】人と関わらない仕事まとめ!一人でも稼げる

仕事の悩み・相談

「職場に人間関係に疲れた…これからは人と関わらない仕事をしたい。。」とお悩みではありませんか。

人とコミニュケーションを取るのは、正直めんどうですよね。

きっとあなたも、相手の顔色を伺ったり、上司に怒られながら仕事をすることが続いて、「バカバカしいなぁ」と感じる日々を送っていることと思います。

ネットが発達した今、無理して人と関わる仕事をする必要はありません。

世の中には人と関わらなくていい仕事がいくらでもありますので、自分にあった働き方を選んだ方が賢い選択でしょう。

職場の人間関係の悪さから開放されたいあなたは、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

1.人と関わらない仕事一覧【転職希望者も参考に】

人と関わらない仕事を探している方の中でも、転職で考えている人もいれば大卒で考えている人など状況はそれぞれだと思います。

一人でできる仕事を22職種をピックアップしましたので、中卒や大卒の方、転職や副業を考えている方もご覧ください。

(気になる職種を押せばその職種の詳細を確認できます。)

人と関わらない仕事21職種

1. アフィリエイター
2. ブロガー
3. Webライター
4. デバッカー
5. プログラマー
6. 転売
7. オンラインショップ
8. 翻訳家
9. 投資家
10. データ入力
11. プログラマー
12. システムエンジニア
13. Webデザイナー
14. 新聞配達
15. 治験
16. 工場
17. 清掃員
18. 警備員
19. トラック運転手
20. ガス・水道の検針業務
21. 自動販売機の補充
22. 宅配ドライバー
  • スポンサーリンク

  • 稼げる職種選びのポイントは、スキルアップできるかどうか

    人と関わらない仕事を選ぶ人の多くは、人間関係が苦手だったり、うつ病など過去に苦い思い出がある人もいると思います。

    また、同じ思いをしないように 継続できる仕事に就く事が大事になります。

    継続できる仕事を探す上で重要なのが『稼げる事』で、稼ぐために重要なのが下記2つです。

    <ポイント>

    1. スキルアップできる
    2. 市場が伸びている(需要が増えている)

    スキルアップできないと、労働時間に対して対価(報酬や給料)を貰うので、いつまでたっても長時間労働になります。

    また、市場が伸びていないとその業務に対してお金を支払う側の人が増えないので稼ぐのは難しくなります。

    2.在宅でできる|人と関わらない仕事13職種【正社員も可能】

    1人で働くということはフリーランスとして働くと思われがちですが、正社員の方でもリモートワークというのが進んでおり正社員でも在宅ワークは増えております。

    以下の9つが、1人でフリーランスとして働くことができて、なおかつデスクワークであまり体を動かさずにできる仕事です。

    どれも在宅でもできる仕事なので、自宅から出たくないという人にもおすすめです。

    では、仕事内容や仕事をする上でのメリット・デメリット、どんな人におすすめなのかを解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • ①アフィリエイト

    アフィリエイター

     アフィリエイトというビジネスモデルで収入を得る職業が、アフィリエイターです。

    例えば、あなたが運営しているサイトでダイエット関連の情報を発信しているとします。

    そこに、あるダイエットサプリを紹介する記事を書き、記事の中にあなた専用に発行された、ダイエットサプリの販売ページへのリンクを載せておきます。

    ダイエットサプリに興味を持ったお客さんがそのURL経由で商品を購入すると、規定の報酬があなたに支払われるという流れです。

    成果をあげるためにはある程度の 閲覧数、商品やサービスを売るためのターゲットのリサーチ、販売する商品やサービスの選定などが必要になります。

    はじめは覚えることも多く大変ですが、トップアフィリエイターになると月収100万円以上の収益になったりと、当たれば高収入を狙える職業です。

    <メリット>

    完全に在宅で全く人と関わらずに作業が可能です。

    そのため、 ネットさえ繋がっていれば時間や場所を選ばず仕事ができます。

    また、一度売れる記事を書くことができれば、その記事経由で商品やサービスの購入があるたびに報酬が受け取れます。

    最初は作業が必要ですが、一度仕組みができあがれば半放置でも収入が得られること、また、収入の上限がないところが大きなメリットです。

    <デメリット>

    自分のサイトやブログをGoogleの検索結果で上位に表示させためにはSEOと呼ばれる知識が必要です。

    SEOの勉強やリサーチ、商品選定、サイトやブログ記事の作成など 少なくとも半年〜1年は根気強く続ける必要があります。

    また、成果が発生するまでに時間がかかってしまうことがデメリットです。

    即金は難しいため、まずは副業から始めることをおすすめします。

    そのため、現在の仕事と両立できるだけの時間が取れる人であればチャレンジしてみると良いでしょう。

    <こんな人におすすめ>

    ネットでの調べ物が得意な人におすすめです。

    また、結果が出るまで時間がかかるため、 少なくとも半年〜1年は暮らせるだけの貯金がある人が良いでしょう。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★

    給料:★★★

    ②ブロガー

    ブロガー

    ブロガーとは、ブログで記事を書いて稼ぐ職業のことです。

    自分のブログでGoogleアドセンスなどの 広告収入や、商品のアフィリエイトを行って収益を得ることが多いです。

    そうなると、「ブロガーとアフリエイターは一緒ではないのか?」と思われるかと思いますが、以下の点で異なります。

    • アフリエイター:売るサービスや商品ありきで、その商品やサービスを売るための記事を書いていく必要がある。
    • ブロガー:自分の好きなことや趣味を発信しながら、それと関連するサービスを紹介して利益を出していくことができる。

    例えば、ダイエットサプリを売りたい場合、アフィリエイターの場合はそのサプリを用いることで利用者にどのようなメリットがあるのかを主軸に記事を書きます。

    一方で、ブロガーの場合は「最近体重が気になってきてダイエットを始めた」という内容の記事の中で、自分が使っているダイエットサプリとして紹介する、といったイメージです。

    ダイエットサプリを買いたい人間にダイレクトに有益な情報を届けられる分、 アフィリエイターのほうが収入が大きい傾向にありますが、ブロガーの場合でも専業で頑張れば50万円〜100万円であれば稼げます。

    また、人気のあるブロガーの場合であれば、企業とコラボしたり、イベントに出演するなど稼ぎ方の幅が広いため、複数の収入の柱を作りやすいのもブロガーの特徴です。

    ブロガーの場合、多くのファンを獲得したほうが商品を買ってもらえる可能性が高いため有利になります。

    そのため、多くの顧客を獲得するためにブログ以外にもTwitterやインスタグラム、Facebokなど、SNSを活用できるスキルがあると大きな強みになります。

    アフィリエイター同様、利益が出るまでは時間がかかりますが当たれば大きいので、得意なことや好きなことがある方はブロガーにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    自分の 趣味や体験などをそのままコンテンツにすることができます。

    好きなことや得意なことで記事を書いていけば良いので、「これなら何時間でも語れる!」というような趣味がある場合、継続するのも難しくないでしょう。

    また、人気の高いブロガーは企業とコラボしたり、イベントに出演したり本を出版するなど、幅広い方面への収益化の幅が広いのが特徴です。

    <デメリット>

    アフィリエイト同様、 成果が出るのが遅いためいきなり専業で始めることは難しいことがデメリットとしてあげられます。

    また、ブログへのアクセスを集めるためにSEOなどの知識も必要になるため、安定した収益を得るためにはある程度の勉強や作業量が伴います。

    <こんな人におすすめ>

    人に熱く語れる 趣味や特技などがある場合はおすすめです。

    また、顔出しを行ったほうが信頼性を得やすいため、必須ではありませんが、ネット上に顔を晒すことに抵抗がないほうが有利です。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★

    給料:★★★

  • スポンサーリンク

  • ③Webライター

    Webライター

    ネットの 記事や書籍などに掲載される記事などを書く仕事です。

    ジャンルは依頼主によって様々で、転職関係やアニメ・漫画関係など多岐に渡ります。

    たとえば転職関係であれば、「エンジニア転職におすすめな転職エージェント○○選」などが記事の一例です。

    ある程度タイトルや見出しなどが決まっていてそれに合わせて書いていける案件から、キーワードを提示してもらい、自分でタイトルから見出しまで考える必要がある案件まで、請け負う範囲も発注者によって異なります。

    報酬は文字単価によるものが多く、執筆スピードが早いほど有利なため、得意なジャンルがある場合はチャレンジしてみるのがおすすめです。

    <メリット>

    クラウドソーシングで仕事を受注することで、 在宅でも作業が可能です。

    納期を守ることが大前提ですが、比較的自分のペースで作業ができます。

    <デメリット>

    納期厳守のため、 スケジュール管理をしっかり行う必要があります。

    多くの案件を受注しすぎてしまうと、納期に間に合わせるために作業時間が多くハードなスケジュールになってしまう可能性が高いです。

    <こんな人におすすめ>

    文章をわかりやすく書くことができる人におすすめです。

    また、 得意なジャンル、またSEO(Googleで上位表示されるための方法)の知識があると案件に提案する際に有利になります。

    <評価>

    働きやすさ:★★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★

    ④デバッガー

    デバッカー

    デバッガーは、ゲームをプレイして バグがでないかをチェックする職業です。

    バグの発生条件や発生頻度などの細かい情報をレポートにまとめて報告し、修正後に再度同じ条件でバグが発生しないかまでチェックする必要があります。

    求人サイトから「デバッガー」もしくは「ゲームテスター」で求人が探すことが可能です。

    フルタイムで働く場合のデバッガーの年収は約150万~450万円が一般的です。

    一日中ゲームと向き合わなければいけないため、ゲーム好きであればチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    発売前のゲームをプレイできます。

    また、アルバイト求人の場合はオフィスで作業を行うことが多いですが、 服装などの規定が厳しくないところもメリットです。

    <デメリット>

    通常プレイするのとは異なり、バグを発見するための作業のため、同じ動きを何度も繰り返したりといった 単純作業になりがちです。

    そのため、かなり根気が必要になります。

    <こんな人におすすめ>

    ゲームが好きで、 コツコツ作業が得意な人に向いています。

    また、バグの詳細などを報告する必要があるため、わかりやすく内容をまとめることができる人であればなお良いでしょう。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★

    給料:★★★

  • スポンサーリンク

  • ⑤プログラマー

    プログラマー

    正社員の仕事にもありますが、フリーランスとしても活躍可能です。

    プログラミングのスキルを持っていて、デスクワークがしたいという人なら高給を狙える仕事です。

    プログラマーはシステム開発、Web制作会社など正社員として勤務している人がいる一方で、在宅でフリーランスとして働いている人もたくさんいます。

    IT業界は技術力があれば評価される世界なので、スキルがあれば正社員ではなく在宅仕事でもたくさんの案件を任せてもらえます。

    ただし、無名でいきなりプログラマーとして働き始めると仕事が入りにくいので、まずは正社員として働いてからフリーランスに転じた方が安心です。

    フリーランスなら自分で仕事を選ぶことができるので、やりたい仕事と向き合うことができます。

    <メリット>

    フリーランスのプログラマーの年収は20代で350〜400万円、30代で400〜600万円、40代以降450〜650万円と、徐々に上がっていくのが特徴です。

    年収に差が出てくる理由は、経験を積むことによって需要が増えるからです。

    実力がついてどんな案件もこなせるようになれば、エージェント経由で紹介してもらえる仕事で高収入な仕事を見つけることも可能です。

    例えばこちらの「BTCエージェント」だと、高額案件を紹介しているため、年収950万円の高収入が狙えます。

    1人でデスクに向かって黙々とプログラミングをする仕事なので、人と関わらずに作業が行えます。

    <デメリット>

    IT業界はどんどん進化していく世界なので、「もっと向上したい」という意欲がある人ではないと向きません。

    1人で働いているとライバルが見えなくて、つい怠けてしまうという人は収入が一定レベルで止まってしまう可能性があります。

    <こんな人におすすめ>

    すでに正社員のプログラマーとして働いた人がある人だと、人脈ができているのでフリーランスとして活躍しやすいです。

    また、進歩が激しい業界なので、1人でも意欲的に勉強できる人にも向いています。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★★

    ⑥転売

    転売

    転売は商品を安く仕入れて、高く売ることで利益を出す仕事です。

    例えば、メルカリや家電量販店にて3000円で仕入れたヘッドホンを、アマゾンで4000円で売って利益を出すようなイメージをしてください。

    この例の場合、一つの商品で1,000円しか利益は出ませんが、 販売数を100個、1,000個と増やすことで数百万円の利益を出すことも現実的に可能です。

    転売は「稼げる商品」をインターネットや実店舗を探して日々調査しなければいけないので、ネットに張り付いて価格の動向をチェックしたり、足を使って何件も店を回ったりする努力が必要になります。

    しかし、このような作業が苦にならないという人は、チャレンジしてみる価値が十分にある仕事でしょう。

    <メリット>

    基本的には、安く買って高く売る、というシンプルなビジネスモデルのため、 初心者でも始めやすいです。

    また、ネットで仕入れてネットで売れば、すべてネット上で作業を完結できるので、在宅でも仕事ができます。

    購入や発送処理まで自分で行ってしまえば、人と接する機会もありません。

    <デメリット>

    最初の頃は何が売れるのかがわからないため、 リサーチにしっかりと時間をとる必要があります。

    きちんとしたリサーチを行わないと、価格差は大きいが実際にはなかなか売れないといった自体になる可能性があります。

    また、商品を大量に購入する際はある程度の資金が必要であること、そして商品の置き場所を検討する必要があります。

    <こんな人におすすめ>

    せどりは早く成果を出したい人にはおすすめです。

    最初は副業からでも始められるので稼げる額が大きくなってきてから 独立して専業として活動することも可能です。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★

    給料:★★★

  • スポンサーリンク

  • ⑦オンラインショップ

    ネットショップ

    オンラインショップとは、 自分の作品などをネット上で販売できるサービスのことです。

    女性の内職や副業としても人気があります。

    手作りのアクセサリーや雑貨、服などのハンドメイド商品など、自分の作れる商品をオンラインで販売することで、興味を持ったお客さんに購入してもらえます。

    例えばハンドメイド商品を販売したい場合、「minne(ミンネ)」や「Creema(クリーマ)」などのハンドメイドマーケットプレイスが有名でおすすめです。

    人気の作家になると、専業で月商150万円稼いでいる方もいます。

    商品を売るためには、商品そのもののクオリティはもちろんですが、 商品の魅力を最大限に伝えるためには、以下の要素が必要になります。

    • 商品のネーミング
    • 写真
    • 説明文

    実店舗での商品販売と異なり、オンラインショップではユーザーが商品を直接見たり触ったりすることができないため、文章と写真でいかに商品の魅力を伝えるかが重要です。

    逆に、上記要素を意識できれば副業でも専業でも始められるのがネットショップの魅力ですので、手作りで商品を作成できるようであればチャレンジしてみると良いでしょう。

    <メリット>

    実店舗で商品の販売を行う場合と比較すると、 初期コストやリスクを抑えて開始できるメリットがあります。

    先程ご紹介した「minne(ミンネ)」や「Creema(クリーマ)」など、無料で開設できるハンドメイドマーケットプレイスなどを利用すれば、初期コストはかかりません。

    また、注文を受けてから商品を作れば赤字になるリスクも抑えることが可能です。

    自分で自由に値段設定を行えることも大きなメリットです。

    <デメリット>

    売るための商品を作成や、メール対応、発送処理などを継続的にできるだけの 作業時間を確保する必要があります。

    また、ライバルが多い分野で販売を行う場合は集客が必要です。

    集客は主にブログやFacebook、インスタグラムやLINE@などSNSを活用することで新規顧客やファンを増やすことができます。

    <こんな人におすすめ>

    雑貨やアクセサリー作りなど、 自分で売れそうな商品を生み出せる人にはおすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★★★

    人気:★★★

    給料:★★★

    ⑧翻訳家

    翻訳家

    外国語を日本語、または日本語を外国語に翻訳する仕事です。

    主に、書籍やWebページ、記事などの翻訳依頼が多くあります。

    企業に属して働く形態と、フリーランスとしてクラウドソーシングや人脈などで仕事を受注する形態のいずれの働き方も可能です。

    企業に務める場合、年収は400万円〜600万円ほどになります。

    一方、フリーランスの場合は文字単価での受注が多く、翻訳に時間がかかリすぎると安定収入が難しいでしょう。

    いずれにしても、医療系や特許関連など、 専門性が高く必要とされるスキルが高いほど高収入が得られます。

    語学力がある場合は活かすことができますので、検討してみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    語学の知識を生かして仕事ができます。

    また、クラウドソーシングなどで仕事を受注することで、在宅でも働くことが可能です。

    様々な分野の翻訳を行うことで、その分野の知識が身につきます。

    <デメリット>

    作業がマンネリ化しやすいです。

    基本的に翻訳を行うことが主な仕事になるため、多種多様な業務を任される職種と比較すると作業が単調になりやすいでしょう。

    <こんな人におすすめ>

    海外留学の経験があったり、外国語や日本語が正しく扱える人におすすめです。

    TOEICの点数など、 語学力をアピールできる資格を持っていると更に有利です。

    特に、複数の言語やマイナーな言語の翻訳が可能であれば需要は高いです。

    <評価>

    働きやすさ:★★★★

    人気:★★★

    給料:★★★★

    ⑨投資家

    投資家

    株やFX、仮想通貨などで 取引を行い、差益で稼ぐ仕事です。

    例えばFXであれば、まず最初にFX口座の開設を行い、必要な資金を入金して取引を行います。

    1ドル=100円の時に日本円でドルを購入して、1ドル=120円の時にドルを売却して日本円に両替することで、差額分の20円の儲けが出る、というのがFXの仕組みです。

    運用資金を増やせば増やすほど得られる利益も大きくなりますが、その分損をした場合の損失も大きくなります。

    そのため初心者であれば、「外為オンライン」などでデモ取引でFXのイメージをつかんでみて、100円からの少額からの投資に対応してみることから始めましょう。

    デモトレードに慣れてきたら、「SBI FXトレード」などのFX口座で低リスクの状態での取引から行うことをおすすめします。

    取引を行う場合は、そのお金がなくても生活に全く問題がない範囲の金額で実行するようにしてください。

    完全に個人での作業になるため、リスクがあっても大きく稼ぎたい方はチャレンジしてみるのも良いです。

    <メリット>

    完全在宅で、個人で取引を行うことがほとんどのため、 他人と関わる必要がありません。

    時間の自由が聞きやすく、空いた時間を自己投資にあてることができます。

    <デメリット>

    特にFXなどは、レバレッジといって本来の預け金の数倍の額を運用することができます。

    レバレッジを活用することで大きな利益を得ることも可能ですが、逆に、損をしてしまうと損失が膨大な額になってしまう可能性があります。

    そのため、 常にリスクをきちんと把握して、損失を回避できるように対処できないといけません。

    また、生活費を投資に回してしまうと万が一損をした場合立ち行かなくなってしまいますので注意が必要です。

    <こんな人におすすめ>

    十分な生活費を確保した上で、さらに ある程度まとまった資産がある人におすすめです。

    また、金融や世界情勢に対する知識があればなお良いでしょう。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★

    給料:★★★★

    ⑩データ入力

    データ入力

    決められた内容をPCに入力していくのが主な業務です。

    例えば、渡された顧客情報や企業の売上データなどを見ながら、システムにそのデータを入力していきます。

    企業のオフィスの、一つの部屋に何台ものPCが置かれているような部屋で作業を行うことが一般的です。

    そのため、最低限のあいさつや、必要であれば業務連絡などを行う必要はあります。

    しかし、業務中は人と関わる必要がほぼないため人気の職業になります。

    基本的に座りっぱなしのため、体力に自信がない場合にもおすすめできる仕事です。

    <メリット>

    オフィス内で働けるので 肉体労働がないため、比較的快適に働けます。

    また、基本的なPC操作ができれば特別な資格などが必要ないこともメリットです。

    <デメリット>

    求人によっては、電話対応などが必要な場合があります。

    電話対応の有無などは事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

    <こんな人におすすめ>

    基本的なPC操作ができ、もくもくと作業を行える人が向いています。

    また、 ブラインドタッチができれば入力速度が早くなるため、身につけておいたほうが良いでしょう。

    <評価>

    働きやすさ:★★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★★

    ⑪プログラマー

    プログラマー

    1人でできる仕事(フリーランス)でも紹介しましたが、プログラマーは正社員として働くことも多いです。

    システムエンジニアの作成した設計書に従って、Webサイトやアプリケーションなど、 システムの開発を行う仕事です。

    システム開発では、システムエンジニアが作成した設計書にもとづき、プログラミング言語を用いて機能を作成していきます。

    システムに関する知識などが必要のため、比較的専門性の高い職種です。

    また、複数のプログラミング言語を習得している方が需要が高く、給料の高い会社に転職したり、フリーランスと活動することで高給を実現できます。

    <メリット>

    企業で働いた場合の給料は350万円〜500万円と一般的ですが、 実力をつけて独立したフリーランスエンジニアの中には、年収が1000万円のエンジニアもいます。

    正社員として働いたあとに独立すると、人脈ができているので有利になります。

    作業中は作業に集中しなければなりませんので人と関わることは少ないです。

    <デメリット>

    長時間PCで作業を行う必要があるため 目が疲れやすい人には向きません。

    また、必要な知識が多いため、初心者から始めるためには勉強に時間がかかる場合があります。

    未経験からプログラマーとな履帯場合、研修が充実していて未経験可能な求人を探してみると良いでしょう。

    <こんな人におすすめ>

    情報系大学の学生など、既にシステムやプログラミング言語についてある程度の知識があると有利です。

    また、バグが発生した際には原因を突き止めるまで地道なチェックが必要なため、 根気強い人にも向いています。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★★

    ⑫システムエンジニア

    SEと呼ばれることが多いです。顧客の要求に従って、コンピュータシステムの設計を行います。

    システムを動かすために必要な「仕様書」という設計図作成が主な仕事です。

    この仕様書に沿ってプログラマーがプログラミングを行います。

    システムエンジニアになるための資格は必要ありませんが、システム開発をするための知識とスキルが求められます。

    <メリット>

    システムの開発、設計、構築は一人で行える作業が多いので、人と関わる機会は少ないです。

    技術職で専門職ということで、年収は高めです。活躍しているシステムエンジニアなら、20代で年収800万円を超える人もいます。

    <デメリット>

    作業は人と関わらず1人で行えますが、顧客の要望を聞いたり、チームで進捗を報告しあってプロジェクトを進めていく必要があります。

    そのため、ある程度のコミュニケーションは求められます。

    <こんな人におすすめ>

    システムの開発や設計の知識はもちろん、プログラミング、ハードウェア、ソフトウェア、データベースなど幅広い知識を身につけている人におすすめです。

    納期前は残業が多いので「仕事をすることが楽しい」人に向いています。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★★

    ⑬Webデザイナー

    デザイナー

    クライアントからの依頼に応じて、Webサイトのデザインを作成する仕事です。

    WebサイトのデザインをPhotoshopやIllustrator(イラスト作成用のソフト)で作成する他、必要な場合はロゴやアイコン、写真の加工なども行い、 クライアントのイメージに合ったレイアウトを作成します。

    クライアントの要望に応えるためにヒアリングなどを行う必要があるため、人と関わる頻度は高いですが在宅勤務ができる求人もあり、人気も高いです。

    また、作成したデザイン(画像)をWebページとして表示させるためには、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を用いて実際にWebで閲覧可能なサイトを作成(コーディング)する必要があります。

    コーディングはコーダーと呼ばれる別の職業が行う場合もありますが、Webデザイナーが兼任することもあるため企業で働く際には求人内容を確認するなど注意が必要です。

    Webサイト作成に興味があったり、デザインが好きであればチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    在宅での勤務が可能な求人もあるため、そういった求人であれば家事や育児と両立がしやすいです。

    また、 手に職がつけられるため食いっぱぐれる可能性が少ないこともメリットになります。

    <デメリット>

    納期厳守のため、 納期前は多忙になりがちです。

    また、クライアントの要望とのすり合わせがうまくいかなかったり、要望や修正が多い場合だと納品するのに時間がかかってしまうこともあります。

    <こんな人におすすめ>

    長時間PCと向き合ってても苦にならない人はおすすめです。

    また、サイト作成に利用されるプログラミング言語であるHTMLやCSSの知識があったほうが有利です。

    <評価>

    働きやすさ:★★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★★

    3.在宅以外|人と関わらない仕事9職種

    「外で働きたいけれど、人と関わりたくない」という人は以下のような仕事を選ぶと働きやすいです。

    ではそれぞれの仕事について、仕事内容とメリット・デメリット、どんな人におすすめなのかを解説します。

    ①新聞配達

    新聞配達

    朝刊や夕刊を自転車やバイクで配達する職業です。

    人によって配達区域が決められているため、毎日ほぼ決まったルートで配達ができます。

    新聞配達以外にも、朝一で運ばれてきた新聞の束をトラックから新聞販売店へ移す作業(荷下ろし)や、新聞の間にチラシを挟み込む作業がある場合が多いです。

    勤務時間は、朝刊配達の場合は朝の2時半〜5時半頃、夕刊配達の場合は夕方15時〜17時が一般的になります。

    朝刊より夕刊のほうが購読者数が少ないため、夕刊配達のほうが勤務時間は短い傾向が多いです。

    勤務時間が比較的少ないため、日中の時間を有効活用したい場合や、副業などで追加の収入が必要な場合におすすめの職業です。

    <メリット>

    配達時は完全に一人での作業になるため、人と接する必要がありません。

    また、早起きが苦でなければ、 朝刊などの配達であれば道路も空いており比較的楽に業務を行うことが可能です。

    <デメリット>

    新聞の勧誘などの営業系の業務を任される可能性があります。

    そのため、募集要項等をしっかり確認し、 配達業務のみの求人に応募するようにしましょう。

    また、給与が低めのため、特に都心では新聞配達のみで暮らしていくことは難しい可能性があります。

    雨の日や雪の日でも配達をしなければならないため、悪天候時の業務が大変なこともデメリットです。

    <こんな人におすすめ>

    朝刊配達の場合であれば早朝の業務ですので 早起きが苦ではない人はチャレンジしてみても良いでしょう。

    自転車での作業も可能ですが、効率よく作業したい場合は普通自動車免許があればなお良いでしょう。

    <評価>

    働きやすさ:★★

    人気:★★

    給料:★★★

    ②治験

    治験

    薬の効果や安全性を調べるのが治験の仕事です。

    新しい薬が世の中で使えるようになるためには、厚生労働省からの承認が必要です。

    承認を得るにあたって、 新薬の安全性や効果、副作用の有無などを調べるために、人に対して行う検査のことを治験といいます。

    治験を受けるためには、「VOB」などの治験サイトに登録して案件を探すのが一般的です。

    案件に応募すると、説明会へ参加し、後日無料の健康診断を受診する必要があります。

    健康診断の結果、合格した場合は治験に参加が可能です。

    治験には入院試験と通院試験の2種類があり、入院試験は1日あたり2万円など高収入の案件が多い傾向にあります。

    ただし入院試験の場合は3日〜1ヶ月など、ある程度まとまった休みが取れないと難しいため、時間に余裕がある場合には参加を検討してみてはいかがでしょうか。

    <メリット>

    案件によって得られる報酬は異なりますが、 長期入院などが必要な場合、高収入が得られる場合もあります。

    また、通常病院で診療してもらうよりも詳細な診療を受けることができ、結果も聞くことが可能です。

    <デメリット>

    治験の案件によっては長期の入院や通院が必要なものもあります。

    そのため、定められたスケジュールに対応できなければなりません。

    また、食事や喫煙などの 制限が課される場合もあります。

    <こんな人におすすめ>

    スケジュールに余裕がある人におすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★

    ③工場

    工場

    工場内でライン作業やピッキングを行う仕事です。

    ライン作業ではベルトコンベアーで流れてくる部品を組み立てたり、食品を加工したりなどの作業を行います。

    例えば、菓子パンの製造工場などでパンの袋詰や箱詰めなどの作業をイメージしてみてください。

    ベルトコンベアーでは一定速度で物が流れてくるため、テンポよく作業を行う必要があります。

    一方、ピッキングでは伝票で指定された品物を倉庫内から持ってくるのが作業です。

    いずれもルーティンワークが多いため、一度仕事を覚えてしまえば楽な場合が多いのが特徴になります。

    単純作業が苦にならない場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    特にライン作業などでは私語禁止となっているところが多く、 作業中は人と話す必要がありません。

    仕事で必要な内容場合以外で人と関わる必要がないところがメリットです。

    <デメリット>

    立ち仕事が多いためある程度の体力は必要になります。

    また、 倉庫内などでは空調がきいていない場合もあるため、注意が必要です。

    <こんな人におすすめ>

    与えられた指示に従って、一人でもくもくと作業したい人におすすめです。

    また、単純作業を行う必要があるので 集中力がある人のほうが向いています。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★★

    給料:★★★

    ④清掃員

    清掃員

    清掃員は、個人宅を清掃するハウスクリーニングと、企業や商業施設などのビルや駅などを清掃するビルクリーニングに分けられます。

    床や壁を掃除したり、窓を拭いたり、トイレ掃除を行ったり、ゴミを回収する作業が主な業務です。

    企業のビルなどでの清掃作業の場合、基本的には6時などの早朝から作業を開始し、人々が出社してくる9時には作業が終了している必要があります。

    そのため、決められた時間内に指定された場所の清掃が完了していることが求められるのです。

    汚れによって必要な洗浄剤の種類が異なることもあるため、清掃時に必要な知識も覚える必要がありますが、資格や学歴がなくとも正社員として働けるためおすすめの職業になります。

    <メリット>

    未経験求人が多く、学歴がなくても正社員として雇ってもらいやすいです。

    また、清掃のスキルが身につきます。

    向き合う対象が汚れのため、会社員として最低限の業務上のやり取りさえこなしていれば 人間関係のストレスが少ないことのもメリットです。

    <デメリット>

    掃除用具を運ぶ必要があったり、時にはきつい体勢での清掃をこなす必要もありますので 体力がないときついです。

    また、汚れに対する抵抗が強い人は作業が大変に感じてしまうでしょう。

    <こんな人におすすめ>

    きれい好きで掃除が得意であればおすすめです。

    また、 汚れに対して嫌悪感がないほうがストレスは少なく働くことが可能になります。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★

    給料:★★★

    ⑤警備員

    警備員

    ビルやデパートなどで 防災のために警備を行う仕事です。

    施設内に不審者や不審物がないかを確認して回ったり、立ったまま異常が発生しないか監視を行うのが主な業務になります。

    特に異常がない場合は問題ありませんが、異常が発生した際にはその対処なども行う必要があります。

    警備員になるに当たって必要な法律や救命方法などの知識は、入社後の研修で学べるため心配はいりません。

    拘束時間が長時間に渡ることがあり、9時から翌日の9時など24時間勤務になることもあります。

    ただし、その分休憩時間も多く、分割して8時間は休憩時間にあてられますので、実働は16時間ほどです。

    また、警備員は休日が土日などに固定されていないことも特徴の一つで、24時間勤務の場合、24時間働き2日休むといった形態になることもあります。

    そのため、土日休みに対してそこまでこだわりがない場合はおすすめです。

    <メリット>

    異常が発生しなければ、 比較的仕事内容が楽です。

    緊急時は別として、巡回や、警備自体は比較的頭を使う必要はありません。

    <デメリット>

    一日中立ちっぱなしの仕事ですので体力がないと疲れてしまいます。

    また、ずっと立って見張るだけの業務だと、時間がたつのが遅くて業務時間が長く感じてしまうこともあります。

    <こんな人におすすめ>

    頭脳労働より肉体労働のほうが得意な人が向いています。

    また、体力はあればあるだけ緊急時にも役立てられるため有利です。

    <評価>

    働きやすさ:★★★

    人気:★★★

    給料:★★★

    ⑥トラック運転手

    トラック運転手

    大型トラックで目的地まで荷物を運搬する仕事です。

    運送元での荷物を積み込み、目的地での荷下ろし作業なども業務があるので体力が必要です。

    長距離の場合、時間内に目的地につければ、自分で好きなタイミングで休憩を取ることができ、運転中は終始一人のため人間関係の煩わしさに悩まされることはありません。

    トラック運転手の年収は400万円~750万円です。

    配送距離が長くなればなるほど収入は多くなる傾向にありますので、長期間の運転でも苦にならない場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    トラック運転手の仕事や年収についてさらに詳しく知りたい方は「トラック運転手の年収は400万円以上!?業種・年齢別の収入を解説」も読んでみてください。

    <メリット>

    荷物の積み込みや荷降ろしの際に人と接する場合がありますが、 運転中は完全に一人のため人と関わることはありません。

    また、長距離運転の場合は休憩や宿泊などで様々な場所を訪れることができるのもメリットです。

    <デメリット>

    長距離運転や夜間での運転が必要な場合がありま、 生活が不規則になりがちなため注意が必要です。

    また、荷物に対して責任があるため、当然ですが荷物の破損や事故などが発生しないよう気を使う必要もあります。

    <こんな人におすすめ>

    大型免許を既に持っている、もしくは取ろうとしている人はチャレンジしてみても良いでしょう。

    また、長時間運転するので 運転が苦にならない人におすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★

    人気:★★

    給料:★★★★

    ⑦ガス・水道の検針業務

    ガス・水道検診

    ガスや水道のメーターを確認し使用量などをチェックする仕事です。

    メーターの数値を確認し、必要事項を記載した伝票を郵便受けに入れていくのが主な業務です。

    外回りの仕事ではありますが、点検区域は人によって決まっていますので慣れれば早く確認を行うことも可能になります。

    人とできるだけ関わらず自分のペースで作業したい場合は検討してみるのも良いでしょう。

    <メリット>

    メーターの確認と伝票の投函がメインのため、 基本的に業務内で人と関わる頻度が低いです。

    精神的に楽な仕事といえるでしょう。

    <デメリット>

    徒歩や自転車で業務を行う場合、 悪天候の場合は大変な場合があります。

    一日にいくつもの家や施設を周る必要があるため、体力が必要です。

    <こんな人におすすめ>

    自分のペースで集中して作業を行いたい人におすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★

    人気:★★★

    給料:★★★

    ⑧自動販売機の補充

    自動販売機の補充

    自動販売機に飲み物を補充していく仕事です。

    トラックに飲み物を積み込み、各自動販売機で端末で売れた個数を割り出し、トラックから補充分の飲み物を取ってきます。

     売上金の回収と自動販売機横のゴミ箱から空き容器の回収も合わせて行います。

    また、補充完了後は事業所で翌日分の商品をトラックに補充したり、売上データを端末に入力する作業などもあります。

    社内で人と関わることはありますが、補充作業中は基本的に一人での作業になるため、淡々と作業を行いたい場合には良いでしょう。

    <メリット>

    対象が自販機ですので、作業中に人と関わることはほとんどありません。

    また、ある程度自分のペースで作業をすすめることが可能です。

    業務内容が単純のため、すぐに業務に慣れることができます。

    <デメリット>

    飲み物の積み込みと補充の作業には、 ある程度の体力が必要です。

    悪天候の場合でも作業を行う必要があるのもデメリットになります。

    <こんな人におすすめ>

    運転するのが苦にならない人で、更に体力がある人におすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★

    人気:★★

    給料:★★★

    ⑨宅配ドライバー

    宅配ドライバー

    荷物を指定された場所に届ける仕事です。

    事前に集荷センターやコンビニなどで荷物を受け取ってから、配達区域への配送を行います。

    荷物には配達時間に指定がある場合がありますので、配送時には どのルートを通れば効率よく配送ができるかを考える必要があります。

    インターネットの通販が普及したことにより宅配ドライバーの需要は高くなっているため、免許を持っていて運転が苦ではない場合はチャレンジしてみると良いでしょう。

    <メリット>

    運転中は一人のため、 人に気を使う必要がありません。

    <デメリット>

    自分の配達範囲の 地理を把握しておく必要があります。

    また、届け先が不在の場合の対処が大変で、生物や宅配BOXに預けられないものは持ち帰る必要があります。

    <こんな人におすすめ>

    自動車の免許を持っていて、 地図を覚えるのが得意な人におすすめです。

    <評価>

    働きやすさ:★★

    人気:★★★

    給料:★★★

    4.人と関わらない仕事探す2つの方法

    ここまで、人と関わらない20個の職種をお伝えしてきました。

    では、実際に人と関わらない仕事を探す際はどこで探せばよいのでしょうか。

    仕事の探し方には大きく分けて以下の2つの方法があります。

    正社員を目指すのか、在宅でもくもくと作業を行いたいかによって、使用すべき方法も異なります。

    おすすめのサービスも合わせてご紹介しますのでどのような求人があるのかぜひ探してみてください。

    転職エージェント

    正社員の求人を探すのであれば、転職エージェントをおすすめします。

    転職エージェントでは、キャリアアドバイザーに希望を伝えることで、あなたの要望に合った求人を紹介してもらえます。

    人と極力関わりたくない場合は、その旨をキャリアアドバイザーに相談しましょう。

    また、履歴書や面接の対策なども行ってくれるエージェントもありますので、不安な場合は活用してみてください。

    リクルートエージェント

    エージェントでおすすめは、「 リクルートエージェント」です。

    リクルートエージェントは転職サイト大手のリクルートが運営しているサービスで、非公開求人数が10万件以上あるので、あなたにぴったりな求人が見つかります。

    今回紹介した仕事も、リクナビエージェントのコンサルタントに相談すれば、紹介してもらえるかもしれません。

    人と関わるのは辛いけど…転職するのは怖い

    そう思って、一歩踏み出せない気持ちもわかります。

    そんなあなたには、無理に「転職した方がいい」とはすすめません。

    ただ、人間関係のストレスが頂点に達してどうしようもなくなった時、いつでも別の仕事に移れるように、情報収集だけはしておくようにしてください。

    リクルートエージェントは無料で使えますので、登録だけ済ませて、情報を集めるだけだけでも十分活用できます。

    今すぐ転職を始める必要はありませんが、「これだ!」と思うような求人があった時、チャンスを見逃さないための準備だけはしておいてくださいね。

    <リクルートエージェントの登録方法>

    実際に転職をしようと思った時、どのような手順を踏めばいいいのかわかっておいた方が、安心でしょう。

    ここからは、リクルートエージェントを使用する際の一連の流れをご説明します。

    1. 転職支援サービスお申込み
    2. 求人状況の確認、連絡
    3. キャリアアドバイザーと面談
    4. 求人紹介・書類添削・面接対策
    5. 応募・書類選考・面接
    6. 内定・退職交渉・入社

    各手順の詳細を以下でご説明します。

    STEP1.転職支援サービスお申込み

    まずはリクルートエージェントに 登録します。

    公式ページの「転職サポートに申し込む」ボタンから、必要事項を入力します。

    STEP2.求人状況の確認、連絡

    登録完了後、リクルートエージェントから 電話がかかってきます。

    希望する求人内容や、転職の理由などを確認されますので、ここで簡単に要望を伝えましょう。

    STEP3.キャリアアドバイザーと面談

    キャリアアドバイザーと電話、もしくは直接合う形で面談を行います。

    ここでしっかりと 詳細な希望条件や経歴を伝えておきましょう。

    STEP4.求人紹介・書類添削・面接対策

    面談の内容を踏まえ、キャリアアドバイザーがあなた合う求人を紹介してくれます。

    また、応募する場合に希望をすれば、 履歴書や職務経歴書などの必要書類の添削や、面接の対策も行ってもらえます。

    STEP5.応募・書類選考・面接

    応募先が決定すれば、キャリアアドバイザーが企業へ応募を行います。

    また、キャリアアドバイザーに面接日の候補や条件などを伝えておけば、 面接日の調整や条件の交渉なども合わせて行ってくれます。

    面接日が決定したら、企業と面接を行い結果を待ちましょう。

    STEP6.内定・退職交渉・入社

    内定が取れた場合、キャリアアドバイザーがあなたの 希望に合わせて年収の交渉や入社日の調整を行ってくれます。

    また、現職の退社を円満に行うための手続きやアドバイスをもらうことも可能です。

    クラウドソーシング

    在宅ワークを探すのであれば、クラウドソーシングがおすすめです。

    クラウドソーシングとは、企業や個人がオンライン経由で不特定多数の人間に業務を発注できるサービスのことです。

    ライターやWebデザイナー、翻訳家など様々な案件が発注されていますので、自分の希望する案件に応募をして双方の合意が取れれば契約ができます。

    オンライン上で企業とやり取りを行うため、時間や場所に縛られず働くことができます。

    クラウドワークス

    クラウドソーシングでおすすめのサイトは「 CrowdWorks」です。

    CrowdWorksは200万人以上の会員数を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービスで、仕事のジャンルもライティング、システム開発、デザイン、翻訳と多岐にわたります。

    CrowdWorksでは発注形式がプロジェクト、タスク、コンペと3種類あるため、それぞれの特性を理解して取り組みましょう。

    プロジェクト

    応募した複数人の受注者の中から、 承認された受注者のみが発注者と契約を交わして作業を行います。

    ライティングやサイト制作に多い形式です。

    多くの応募者の中から選ばれるのは初心者では難しいため、プロジェクト応募の前にまずは別の形式で慣れてから応募してみることをおすすめします。

    タスク

    発注者が不特定多数に対して依頼をし、承認を行った受注者に対して報酬を支払います。

    アンケートや簡単なライティングなどの案件が多いです。

    初心者でも報酬が得やすい半面、単価が低いのがデメリットになります。

    コンペ

    発注者の提示した条件に対して受注者が成果物を提示し、発注者がもっとも良い作品を提出した受注者に対してのみ報酬を支払う形式です。

    ロゴやバナー作成などの案件が多い傾向にあります。

    成果物を作成しても選ばれなければ報酬が得られないため、 実力がないと難しい形式です。

    <CrowdWorksの登録方法>

    ここからはCrowdWorksの活用の流れをご説明します。

    初心者向きのタスクでの作業の流れをご紹介しますので、タスクに慣れてきたらプロジェクトにも受注をしてみてください。

    1. 登録
    2. 仕事の検索
    3. 作業を開始する

    各手順の詳細を以下でご説明します。

    STEP1.登録

    まずはCrowdWorksに 登録します。

    公式ページの「会員登録」ボタンから、必要事項を入力します。

    STEP2.仕事の検索

    登録完了後、登録したIDとパスワードでCrowdWorksにログインして、画面上部の「仕事を探す」ボタンをクリックします。

    仕事検索の画面左下で、「依頼形式」を選択できますので、 「タスク」にチェックを入れて「絞り込み」をクリックします。

    STEP3.作業を開始する

    気になる案件があれば、 詳細をよく確認した上で、画面右上の「作業を開始する」ボタンをクリックします。

    作業内容についての指示がありますので、指示に従って作業を行い、最後に「作業を完了する」ボタンをクリックします。

    まとめ

    ここまで、人と関わらない仕事とその特徴、そして人と関わらない仕事の探し方をご紹介してきました。

    企業に属して働く場合は完全に一人で働くことは難しいですが、できるだけ人との関わりを少なくして 対人関係のストレスを最小限に抑えることは可能です。

    今の仕事がしんどいと感じている場合は、人と関わらない仕事への転職も一つの選択してして検討してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%