人生を後悔する5つのパターンとポジティブへ変えるヒント

Man stressed while working on laptop
仕事の悩み・相談

どんなに順調な人生を送ってきた人でも、後悔のひとつやふたつはあるものです。

過去のことを悔やんでも仕方がないと分かっていても、「あの時ああすれば良かった」と頭を離れない後悔に悩んでいる人もいるでしょう。

でも、そんな 後悔から学べることはたくさんあるはずで、うまく生かすことでより良く生きるためのヒントを得ることができます

後悔で悩んでいる人の助けになるように、誰にでもよくある後悔のパターンと、ポジティブな方向へ変えるにはどう行動したらいいのかについて解説します。

スポンサーリンク

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

1.後悔のなかに幸せへのヒントがある

「後悔」とは、過去にしてしまった行動を失敗だったと思って気に病むことです。

「反省」と違って、経験を生かして行動を改めようとする前向きな気持ちが少なく、くよくよ悩むことが重点になっています。

まさにこの点が問題で、後悔のなかには、これからの人生を幸せに生きるためのヒントが隠れていると気付く必要があります。

また、気持ちを軽くするには、誰にでも後悔することがあり、悩んでいるのは自分だけではないと知ることも大切です。

1‐1.誰の人生にも後悔はある

以下のツイッターのように、後悔して人生やり直したいと思うことは誰にでもあります。

また、次のように、同じ境遇であれば、人は似たり寄ったりの後悔をしてしまうようです。

いずれにしても、 長い人生のなかで一度も失敗や間違いをしないことはありえないので、誰でも後悔することがあって当たり前なのだと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 2‐2.間違いを認められない人は成長しない

    そもそも、なぜ後悔して悩むのかと言えば、「自分の過去の行動は間違っていた」とはっきり自覚できているからです。

    間違いを認めているから自分を責めてしまって苦しいのですが、そこに気付いているなら直すことができます。

    反対に、 自分の失敗を認められずに運や他人のせいにしてしまう人は、成長できずに同じ間違いを繰り返すことになります。

    後悔で苦しいと思っている人は、「自分は失敗を繰り返さないためのヒントをつかんでいる」と考え方を変えてみてください。

    2.みんな悩んでいるよくある後悔の5パターン

    人が後悔する理由として、多くは次の5つのパターンに分けられます。

    1. やりたいことをやらなかった
    2. 時間やお金を無駄にした
    3. 間違った選択をした
    4. 悪い習慣や過ちを直さなかった
    5. 虚しさや不安からくる後悔

    このように、 多くはするべきことをしなかったことが後悔の原因になっています。

    ここからは、それぞれの後悔の具体的な例について見てみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.やりたいことをやらなかった後悔

    やりたいことをやらなかった後悔では、次のようなことが多くあげられます。

    • なりたい職業に就かなかった
    • 好きな人に告白できなかった
    • 旅行などで行きたい場所に行かなかった

    上記のように、 夢をあきらめてしまったり、失敗を恐れて行動に移せなかったことが原因になっています。

    なんとなく世間の常識を受け入れてしまったり、人にどう思われるかを気にしてしまった結果と言えるでしょう。

    2‐2.時間やお金を無駄にした後悔

    次のように、時間やお金を無駄に使ってしまったという後悔も多くあります。

    • 学生の時にしっかり勉強しなかった
    • 資格を取ったり、スキルアップの勉強をしなかった
    • 無駄使いして貯金をしておかなかった

    どれも若い時に多い後悔で、 「いつかやろう」と思っているうちに時期を逃してしまったことが原因になっています。

    貯金や勉強はいつから始めてもある程度は挽回できますし、今からでもやり直せる可能性はあります。

  • スポンサーリンク

  • 2‐3.間違った選択をした後悔

    間違った選択をして後悔することが多いのは、次のようなことがあげられます。

    • 結婚相手
    • 家の購入
    • 就職

    選択に関する後悔は、 その時点ではベストと思ったものが間違っていた場合と、よく考えずに決めたことが原因の場合の2つがあります。

    特に結婚相手の選択を間違えたと後悔する人は多く、 今現在の生活にまで影響が続くので、大きな後悔として悩みの原因になっています。

    2‐4.悪い習慣や過ちを直さなかった後悔

    次のように、悪いと分かっていても改めることができずに、後悔する結果になってしまうことが多くあります。

    • 喫煙や飲酒の習慣をあらためなかった
    • 怠け癖や怒りっぽい性格などを直さなかった
    • ギャンブルにはまってしまった

    これらの後悔は、多くの場合で 本当に取り返しがつかない結果になるまで気付けないことが原因と言えます。

    飲酒や喫煙を続けた結果体を壊したり、行動を改めなかったことで人間関係や生活が破綻してしまう人もいます。

  • スポンサーリンク

  • 2‐5.虚しさや不安からくる後悔

    次のように、人は間違いや失敗をしたことばかりではなく、自分の人生を振り返って後悔することがあります。

    • 仕事ばかりで家庭をかえりみなかった
    • 結婚しなかった
    • 子供を作らなかった

    特に結婚をしなかった場合は、老後が近づいてきた時に寂しさや不安を強く感じることがあり、大きな後悔になることが多いです。

    これらの後悔の多くは、 何かのきっかけがあって自分の人生を振り返った時に、他人と自分を比べてしまうことで起こります。

    価値観や生きがいは人それぞれで、人生をどう生きるかには正解がないため、後悔から抜け出すには気持ちの切り替えが必要です。

    3.後悔をポジティブに変える3つのヒント

    後悔をポジティブな気持ちに変えていくヒントとして、次の3つがあげられます。

    1. 後悔から学んで行動する
    2. 自分と他人を比べない
    3. どうにもならない事を受け入れる

    このように、まずは自分に多い後悔のパターンを知り、原因をみつけて同じ間違いを繰り返さないようにすることが重要です。

    また、自分と他人を比べたり、過去のことにいつまでもとらわれないといった気持ちの切り替えも大切です。

  • スポンサーリンク

  • 3‐1.ヒント1:後悔から学んで行動する

    後悔から幸せに生きるためのヒントをつかむには、まずは 自分がどんなことで後悔することが多いのかを考えてみましょう。

    そうすることで自分の欠点や間違いのパターンが見えてくるので、解決策がみつけやすくなります。

    自分の後悔パターンは?

    自分がどんなことに後悔しやすいのかは、前のページの 5つの後悔パターンのうち、どれに共感するかでも知ることができます。

    そのなかでも、次にあげる3つの後悔は、自覚して行動を改めることでこれからの人生に生かすことができます。

    • やりたいことをしなかった
    • 時間やお金を無駄にした
    • 悪い習慣や過ちを直さなかった

    これらの後悔をより良い人生のために生かすには、具体的には次のように行動してみるといいでしょう。

    やりたいことをしなかった後悔が多い人は?

    「告白できなかった」など、やりたいことをしなかった後悔が多い人は、次のように自分の考え方や行動を見直してみましょう。

    • 現状維持から1歩踏み出す
    • ある程度のリスクはあるものと思う

    やりたいことが思い切ってできない人は、リスクを恐れ、それほど満足している訳でもない現状にしがみつく習慣があります。

    まずは洋服や旅行先を選ぶといった、 日常の小さな選択から意識して変えていくように行動してみましょう。

    やるべきこと、やめるべきことへの後悔が多い人は?

    やるべきことをやらなかったり、悪い習慣がやめられない人は、次のように行動を改善してみましょう。

    • 目標達成のための具体的な計画を立てる
    • ライフスタイルを変える
    • 付き合う人を変える

    例えば、資格をとりたいと思ったら、早起きして勉強の時間を作るなど、生活の中に計画的に組み入れてしまいましょう。

    そのためには、ライフスタイルを朝型にしたり、夜遅くまで遊ぶような友人とは距離を置くといった行動も必要です。

    また、夜にお酒を飲む代わりにウォーキングに出かけるというように、 悪い習慣を絶てるようなライフスタイルを作っていきましょう

    3‐2.ヒント2:自分と他人を比べない

    後悔パターンのうちの「虚しさや不安からくる後悔」は、多くは自分と他人を比べてしまうことが原因で起こります。

    そんな時には、人それぞれに価値観は違うし、生まれついての性格や境遇も違うので、他人と比べて後悔するのは意味がないことだと自分に言い聞かせましょう。

    隣の芝生は青いというように、あなたがうらやんでいるあの人だって、違う誰かのことをうらやましいと思っているのかもしれません。

    3‐3ヒント3:どうにもならない事を受け入れる

    後悔パターンのうちの「間違った選択をした」後悔などは、行動を改める以外にも気持ちの切り替えが必要な場合があります。

    いくら後悔しても過ぎた時間は巻き戻せませんし、今から軌道修正するのも難しい場合には、 現状を受け入れる潔さも必要です。

    また、努力には限界があることを理解し、自分の責任ではないことまで後悔して悩まないようにしましょう。

    過去の自分の選択を認める

    現時点から見れば「間違った選択」でも、当時のあなたはそれが正しいと思って選択をしたはずです。

    物事は後になってみないと分からないことが多く、年齢を重ねないと分からないこともたくさんあります。

    もっと年月がたてば「やはり間違っていなかった」と思うかもしれませんし、過去の自分の選択を認めて受け入れることも大切です。

    努力だけでは限界があることを理解する

    努力は大切ですが、 その時々の運や状況もありますし、努力だけではどうにもならないことはたくさんあります

    例えば、受験や就職活動などは努力だけではなく、その時の運も大きく関わってきます。

    過去に思い通りならなかったことがあるからと言って、自分の努力が足りないからだといつまでも悩む必要はありません。

    まとめ

    誰にでも、人生で後悔していることはあるものです。

    やりたいことをやらなかったり、選択を間違ったという後悔、自分の人生を振り返って虚しさを感じてしまう後悔などがあります。

    後悔をポジティブな気持ちに変えるには、失敗から学んで、今をより良く生きるために行動することが大切です。

    また、過去の自分の選択を認め、努力だけではどうにもならないことがあると受け入れるようにしましょう。

    あなたの人生が後悔しないように徐々に変化していく事を、心より願っております。

     

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら