人生を後悔する5つのパターンとポジティブへ変えるヒント

Man stressed while working on laptop
仕事の悩み・相談

どんなに順調な人生を送ってきた人でも、後悔のひとつやふたつはあるものです。

過去のことを悔やんでも仕方がないと分かっていても「あの時、ああすれば良かった」と頭を離れない後悔に悩んでいる方もいるでしょう。

意外に感じるかもしれませんが、後悔から学べるものはたくさんあり、上手く活かすことで未来をより良く生きるためのヒントを得られます。

この記事では後悔で悩んでいる方の助けになるよう、「よくある後悔のパターンと」「ポジティブな方向へ転換するための方法」について解説します。

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数723人!

1.後悔のなかに未来へのヒントがある

「後悔」とは、過去にしてしまった行動を失敗だったと思い、気に病むこと。

以下のように、「後悔して人生やり直したい」と思うことは誰にでもあります。

「過去に戻ってやりなおしたい…」と悩んでいる人も多いですが、後悔の中には「これからの人生を幸せに生きるためのヒント」が隠れています。

まずは、「なぜ後悔が未来を変えるヒントになるのか」確認していきましょう。

今すぐパターン別の立ち直り方をチェックしたい場合は「3.よくある後悔のパターンと立ち直り方」をご覧ください。

後悔は人生の経験になる

後悔は、言い換えれば「過去の失敗」です。

ミスをすると落ち込んでしまいがちですが、失敗は未来を変える経験となります。

つまり「あの時○○しなければ良かった」「あの時○○を選べば良かった」という後悔も、長い人生における経験のひとつとなるのです。

「後悔は消えないけれど、将来を変える人生経験のひとつ」と考えれば、何だか気持ちがラクになりませんか?

後悔と上手に付き合っていくことで、これからの人生を大きく変えられますよ。

  • スポンサーリンク

  • 間違いを認められる人は成長できる

    人が後悔をするのは、「過去の自分の行動が間違っていた」と認識しているからです。

    自分の間違いを自覚できる人は、その間違いを正すことができます。

    今後悔をして悩んでいるあなたは、間違いを自覚している時点で、以前より一歩成長できているということ。

    これから先後悔する出来事があったとしても、都度間違いを認めて正していけば、どんどん自分を成長させることができますよ。

    2.後悔を活かして未来をプラスに変える方法

    ここまで、なぜ後悔が未来を変えるヒントになるのかお伝えしてきました。

    ここからは、後悔した経験をプラスに変える具体的な方法を解説していきます。

    順番に読み進めていっても良いですし、気になるヒントだけチェックしてもOKです。

    それでは、ヒントをチェックしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 後悔から学んで行動しよう

    意外に感じるかもしれませんが、後悔から学べることはたくさんあります。

    後悔を自分の糧にするためには、以下の2点を意識して行動することが大切です。

    後悔の原因を探る

    後悔の原因をあやふやな状態にしていては、いつまでたっても成長できません。

    「なぜ後悔をしてしまったのか」、原因を探りましょう。

    原因が良く分からない場合は、紙に自分の思いを書き出してみるのがおすすめです。

    <後悔の原因の探り方:例>

    • 後悔した出来事は?
      ⇒本当にやりたいことにチャレンジできなかった
    • 本当はどんな行動をとりたかった?
      ⇒会社を辞め、転職をして好きな仕事がしたかった
    • なぜ後悔した出来事が起こってしまった?
      ⇒金銭面で不安が大きくて、転職に踏み切れなかった

    根本原因を探る場合は、「後悔した出来事」「とりたかった行動」「後悔した出来事が起こった理由」の3つを書き出しましょう。

    上記の場合は、『金銭面で不安が大きくて、転職に踏み切れなかった』ことが後悔の原因であると分かりますね。

    「後悔の原因なんて、とっくに分かってる」という方も、紙に書き出してみることで、より客観的に自分の感情と向き合えますよ。

    まずは、後悔の原因を突き止めましょう。

    間違いを正す

    後悔の原因を特定した後は、自分の中で「間違いだった」と感じているものを正しましょう。

    とは言え、過去を変えることはできません。

    間違いを正した結果「何を変えられて、何を変えられないのか」しっかりと把握し、行動することが大切です。

    変えられるもの 変えられないもの
    • これから起こる出来事
    • 行動や習慣
    • 物事に対する考え方
    • 起こってしまった出来事
    • 自分が過去に受け取った感情
    • 他人

    当然ですが、起こってしまった出来事や、感じたことは変えられません。

    また、自分の力で他人をコントロールすることは不可能です。

    しかし、「間違った」と感じる自分自身の行動や考え方を正すことで、これから起こる出来事を変えることは可能です。

    やらなくて後悔した出来事にチャレンジしてみたり、やめられなかった悪習慣を断ち切れば、未来を大きく変えられますよ。

    3.自分と他人は違うと認識しよう

    他人と自分を比べてしまうことが原因となり、後悔してしまうケースも多いです。

    誰もが羨むような生活を送っている知人を見て、「今までの自分の生き方は間違っていた」と後悔するのはよくあること。

    しかし、他人と自分を比べるのは、意味のないことです。

    「どうしても比べてしまう…」という方は、以下の2つ点を意識してみてください。

    人生は自分自身のもの

    他人と自分の生活を比べて、今まで過ごしてきた人生を後悔する方は多いですが、他人の人生はあなたのものではありません。

    同時に、人生はまぎれもなく自分自身のものであり、他人のものではありません。

    つまり、あなたが歩めるのは自分の人生であり、他人の人生ではないのです。

    他人の人生を変えることはできませんが、あなたの人生は自分自身で好きなように歩むことができます。

    他人の人生ばかりに視点がいく場合は、一度自分の人生にフォーカスを切り換えてみましょう。

    過去は変えられないので「これからの人生、どう過ごしたいのか」じっくり考えてみてください。

    <人生の楽しみを見つける方法>

    • 今やりたいことを考えてみる
    • 将来チャレンジしたいことを考えてみる
    • 短期間で達成できそうな小さな目標を立ててみる

    少しでもワクワクすることが見つかれば、過去にとらわれず、将来を前向きに生きられるはずですよ。

    比べるのなら「過去の自分」と「今の自分」を

    人生に限らず他人と自分を比べてしまう癖がある方は、比べる対象を「自分自身」にシフトしましょう。

    環境や価値観が異なる他人と自分を比べるのは意味がないことですが、「過去の自分」と「今の自分」を比較することは成長の糧になります。

    今一度、5年前の自分と今の自分を比べてみてください。

    <変わったこと>

    • 5年前の自分より、考え方がポジティブになった
    • 5年前の自分より、仕事ができるようになった
    • 5年前の自分より、物事に挑戦できなくなった

    <変わらないこと>

    • 5年前も今も、片付けが苦手
    • 5年前も今も、強い意志がある

    比較するのは、どんなことでも構いません。

    変わった部分と変わらない部分をまとめることで、自分が成長できた点や、今後の改善点が見えてきます。

    「自分は5年前よりも成長できている」と実感できれば、きっと過去の後悔も『自分にとって必要なことだった』と受け入れられるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • どうにもならない事を受け入れよう

    大切なことなので何度もお伝えしていますが、過去は変えられません。

    「後悔」から学んで未来を変えることはできますが、起こってしまった出来事をなかったことにはできないのです。

    つい「あの時をもう一度やり直せれば…」と考えてしまうものですが、潔く『もうどうにもならない』と受け入れることも大切です。

    過去の自分の選択を認める

    現時点から見れば「間違った選択」でも、当時のあなたはそれが正しいと思って選択をしたはずです。

    世の中には後になってみなければ分からないことも多く、年齢を重ねて初めて「間違いだった」と気づくケースも少なくありません。

    同時に、もっと年月がたって「やはり間違っていなかった」と思いなおすケースも多いです。

    今は後悔しているかもしれませんが、その時のあなたにとってはベストな選択だったはず。

    過去のあなた自身を認めることができれば、後悔の気持ちも軽くなるでしょう。

    努力だけでは限界があることを理解する

    努力は大切ですが、 努力だけではどうにもならないことはたくさんあります。

    例えば、受験や就職活動などは努力だけではなく、その時の運や状況も大きく関わってきます。

    過去に思い通りならなかった出来事があるからと言って、いつまでも「自分の努力が足りないからだ」と悩む必要はありません。

    努力をしてもどうにもならなかった出来事については、潔く気持ちを切り換え、前に進みましょう。

    3.よくある後悔のパターンと立ち直り方

    ここでは、よくある後悔の5パターンをご紹介します。

    ここまでで解説した3つのヒントをもとに、後悔から立ち直る方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • やりたいことをやらなかった後悔

    「なりたい職業に就かなかった」「本当にしたいことに挑戦できなかった」など、やりたいことをやらなかった後悔を抱えている方は多いです。

    リスクや失敗を恐れて物事にチャレンジできない人は、不満を抱えながらも現状にしがみつく傾向があります。

    やりたいことをしなかった後悔が多い方は、次のように考え方や行動を見直してみましょう。

    • 現状維持から1歩踏み出す
    • ある程度のリスクはあるものと思う

    まずは「挑戦できなかったファッションにトライしてみる」「食わず嫌いだった料理を食べてみる」など、日常の小さな物事にチャレンジしてみてください。

    時間やお金を無駄にした後悔

    「学生の時にしっかり勉強しなかった」「無駄遣いしてお金を無駄にした」など、時間やお金に関する後悔も少なくありません。

    時間やお金に関する後悔は、今からでも挽回が可能です。

    「あの時勉強していれば」「あの時貯金をしていれば…」と後悔している時間こそ、無駄な時間です。

    過去の後悔が新たな後悔を生まないよう、今から行動を起こしましょう。

    「1日30分だけ勉強する」「月に1万円でも貯金する」など、小さな行動を継続していくことで、徐々に後悔の気持ちが和らぐはずですよ。

  • スポンサーリンク

  • 間違った選択をした後悔

    「進学する学校を間違えた」「結婚相手を間違えた」など選択を間違えた後悔は、時に深刻な悩みとなります。

    過去にした選択を覆すことはできません。

    間違った選択を後悔している場合は、視点を「過去」から「現在」に切り替えることが大切です。

    どうにもならい過去は振り返らず、『今、未来のためにできること』を考えてみましょう。

    「結婚相手を間違った」と後悔しているのであれば、離婚も手段。

    「学校選びを間違った」と後悔しているのであれば、今から学びなおすことだってできます。

    過去を悔やむのではなく、前向きに将来について考えることが大切ですよ。

    悪い習慣や過ちを直さなかった後悔

    「喫煙や飲酒の習慣をあらためなかった」「短所を直せなかった」など悪い習慣や過ちを直さなかった後悔は、人間関係や日々の生活に影響を及ぼすことも多いです。

    上記のような後悔は、取り返しのつかない結果になるまで気づけないケースも少なくありません。

    悪い習慣を断ち切れない方は、次のように行動を改善してみましょう。

    • ライフスタイルを変える
    • 付き合う人を変える

    「なんとなくやめたい」だけでは、悪い習慣を断ち切ることはできません。

    何かを断ち切るためには、生活や人間関係をガラっと変える覚悟が必要です。

    お酒を辞めたい場合は「お酒を飲む時間帯にジムに通う」「お酒好きな友人とは辞められるまで距離を置く」などの行動をとりましょう。

    悪い習慣は、身のまわりの環境を変えることで改善できるケースが多いですよ。

    ライフスタイルを変えるなら「転職」もひとつの手段

    今の生活や人間関係を変えるなら、思い切って転職を検討することもひとつの手段です。

    とはいっても、いきなり転職活動をするのは勇気が必要ですよね。

    少しでも転職に興味があるのなら、まずは「リクナビNEXT」で気になる求人を探してみてはいかがでしょうか?

    リクナビNEXT

    リクナビNEXTは、「利用満足度No.1」「おすすめしたい転職サイトNo.1」などに選ばれている人気転職サイト。

    他転職サイトを凌ぐ圧倒的求人数を誇っており、たくさんの案件を比較できます。

    また、「サイト全体が見やすく操作性に優れている」と定評があることも特徴のひとつです。

    感覚的な操作で求人を検索できるので、自分に合う案件をサクっと見つけることができますよ。

    少しでも転職に興味があるのなら、まずはリクナビNEXTで気になる求人をチェックしてみてはいかがでしょうか?

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    求人数 約36,000件(2019年11月時点)
    対応地域 全国+海外
    利用料 無料
    詳しくは「リクナビネクストの解説記事」をご覧ください

    虚しさや不安からくる後悔

    「あの時結婚しておけば良かった」「もっと家族を大切にすれば良かった」など虚しさや不安からくる後悔は、大きなわだかまりとなって残ることが多いです。

    これらの後悔の多くは、 自分の人生を振り返った時に、他人と自分を比べてしまうことで起こります。

    価値観や生きがいは、人それぞれ。

    人生をどう生きるかには正解がないため、後悔から抜け出すには気持ちの切り替えが必要です。

    過去の自分の選択を認め、「結婚しなかったおかげで趣味に打ち込めた」など前向きに考えましょう。

    また、過去は変えられませんが、未来は変えられます。

    変えたいことがあるのなら、今この瞬間からアクションを起こしましょう。

    まとめ

    「後悔=悪」と考えてしまいがちですが、後悔は未来に活かすことができます。

    後悔を成長の糧にするためには、以下3つのヒントを意識することが大切です。

    <後悔を未来に活かすヒント>

    • 後悔から学んで行動しよう
    • 自分と他人は違うと認識しよう
    • どうにもならないことを受け入れよう

    起こってしまった過去は変えられませんが、これからの未来はいくらでも変えることができます。

    後悔から教訓を得て、ぜひ自分自身の将来に活かしてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?