仕事の悩みで人生をやめたい人に必要な3つの解決法とは?

仕事の悩み・相談

もう、人生やめたい。

忙しくて疲れすぎていたり、辛い状況で孤独を感じている時、人生を続ける意味が分からなくなることは誰にでもあることです。

今はこの状況から抜け出せそうにないと思うかもしれませんが、適切な対処をすれば、また元気を取り戻すことはできます。

そのためには原因をつきとめ、状況に応じて「気分転換・環境を変える・休養」の3つの解決策をとる必要があります。

すぐに実行できる手軽な気分転換から転職が効果的なケース、休職や退職で長期の休養が必要な場合にはどうしたらいいのかまで詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.誰でも「人生やめたい」と思う時はある

誰でも人生をやめたいと思うことはあるようで、ツイッターでもこんなつぶやきを多く見ることができます。

このように、「人生やめたい」と思ってしまうのは、仕事が原因のことが多いようです。

具体的には、仕事上のどんなことが原因となりやすいのでしょうか?

1‐1.仕事で「人生やめたい」と思い詰める原因

「人生やめたい」と思う時には、主に次の3つのことが原因と考えられます。

  1. 疲れ過ぎている
  2. 自信を無くしている
  3. 孤独を感じている

会社では、人間関係のトラブルが多かったり、業績などの偏った物差しで能力を判断されることが多く、上記の原因を作りやすいと言えます。

このような原因を作ってしまう、仕事上の問題点について詳しく見てみましょう。

①疲れすぎている

仕事で次のようなことが原因になって疲れやストレスが溜まり、人生に対して投げやりな気持ちになってしまうことがあります。

  • 残業などの働き過ぎによる過労
  • 仕事のプレッシャーによる心労
  • 職場の人間関係のストレス

仕事に真面目な人ほど上記のような過労やストレスを溜め、「人生やめたい」と思い詰めるまで頑張る傾向があります。

過労が原因の場合には、有休を取るなどして休養をとったり、気分転換でストレスを発散させる必要があります

②自信を失くしている

自信を失くしてしまったり、社会のなかで自分は役に立たないと感じてしまう時、「人生やめたい」という心境になることがあります。

仕事の場面では、次のようなことが原因で自信を失くしてしまうことが多くあります。

  • 仕事の業績が良くない
  • 大きな失敗をしてしまった
  • 上司からの評価が良くない

このような状態で自信を失くしている人は、仕事以外で自信を取り戻せる行動をしてみたり、場合によっては転職を考える必要があります

また、あなた自身が打たれ弱い性格という場合もありますので、自分を知る事も大事になります。

③孤独を感じている

自分は必要とされていないと思ったり、孤独感を感じる時、人は「人生やめたい」と思うことがあります。

会社の人間関係では、次のような時に孤独を感じやすくなります。

  • いじめなどで孤立している
  • 心を許せる人がいない
  • 社風になじめない

このような時には 家族や友人と過ごす時間を増やしたり、場合によっては転属や転職で環境を変えたりすることを検討してみます。

  • スポンサーリンク

  • 1‐2「人生やめたい」は心の病気の可能性もある?

    「人生やめたい」とまで思い詰めてしまう時、心の病気が原因ではないかも疑ってみる必要があります。

    仕事のストレスなどが原因でかかる病気には不安神経症・ストレス性障害・うつ病が多く、それぞれ次のような症状があります

    • 不安神経症
      人前で話す、電話に出るなどの決まった場面で必要以上に緊張してしまい、赤面や体の震えなどの症状が出る。
      失敗するのではないかと不安になり、同じことを何度も確認しないと気が済まない。
    • ストレス性障害
      ストレスが原因で気分が落ち込み、不眠になったり、気力が出ないなどの症状が出る。
    • うつ病
      気分の落ち込みや不眠だけでなく、周囲のことに興味が持てなくなり、生きていく意欲を失う。

    以上の症状以外にも、怠さや頭痛といったいつもと違う症状が続く場合には、心の病気の可能性があります。

    うつ病などが疑われる時の対処法

    うつ病などの 心の病気かもしれないと思ったら、迷わずに病院を受診しましょう。

    その 結果が病気ではなくても、医師に辛さを訴えるだけでも気持ちが楽になりますし、不眠などの症状は治療ができます

    心療内科や精神科が専門ですが、産業医がいる会社では、産業医に相談してみるのもおすすめです。

    産業医は、職場環境の改善を提言したり健康診断を行う医師で、ストレスや過労による健康相談も行います。

    2.解決法1:気分転換や休養で元気を取り戻す

    「人生やめたい」と思っている時に元気を取り戻すには、まずは気分転換や休養をすることがおすすめです。

    気分転換は、溜まったストレスを解消したり、人とのふれあいで孤独感や無力感を解消する効果が期待できます。

    また、ゆっくり休養して心と体を労わることは、気力や活力を取り戻すために必要です。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.気分転換をする

    気分転換は、元気を回復する手軽な手段として効果がありますので、まずはできることから始めてみましょう

    例えば、仕事のストレスや悩みには、運動などの活動的な気分転換がおすすめです。

    会社の人間関係で疎外感のある人は、家族や親しい人との時間を積極的にもつようにしてみましょう。

    家族や友人と触れ合う時間を増やす

    会社の人間関係が上手くいかない人、自信をなくしている人は、家族や親しい人と触れ合う時間を多くしてみましょう。

    信頼する人と一緒の時間を過ごすことで、次のような効果が得られます。

    • スキンシップによる安心感が得られる。
    • 自分が必要とされるという自信をとりもどせる。

    特にスキンシップで人肌のぬくもりに触れることは、大きな心の癒しになるのでおすすめです。

    同じ悩みをもつ人と話す

    自分と同じように「人生やめたい」や「人生に意味が見いだせない」と感じている人と話すことは、大きな慰めになります

    同じ気持ちの人と話すだけでも、悩んでいるのは自分だけではないと思うことができ、安心します。

    また、同じ悩みを持つ者どうしであれば、普段は口に出せない愚痴や不安を言い合うこともでき、ストレスの軽減になります。

    朝の運動は心を元気にする

    朝の時間にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすると、次のような効果が期待できます。

    • セロトニンやエンドルフィンが活性化し、心が元気になる。
    • 朝の光を浴びることで体内時計がリセットされ、不眠の予防につながる。

    脳内の神経伝達物質であるセロトニンやエンドルフィンは、幸福感や安心感をもたらす作用があり、運動で活性化させることにより自然に気分が上向きになります。

    2‐2.とにかく休む

    疲れ切った状態では、正常な判断ができなくなり、生きていく気力が奪われるのは当然のことといえます。

    過労が原因の場合には、充分な休養をとるようにすると、心の元気も同じように回復させることができます

    充分に休むためには、有休をとって数日間ゆっくり休むなどの思い切った対処も必要です。

    会社を休もうと考えている方は、『【テンプレあり】会社を休む時に使える理由!電話・メール別に解説』を参考にしてください。

  • スポンサーリンク

  • 2‐3.自信を回復させる

    会社で次のような状態になっていると、自信を失ったり、自分には価値がないと思い込んでしまうことがあります。

    • ミスや業績不良で評価が低い
    • 職場でいじめやパワハラにあっている
    • 職場の空気になじめず疎外感がある

    このようなことで悩んでいる場合には転職という方法もありますが、ますは仕事以外のプライベートで活躍の場をつくるのがおすすめです。

    また、パワハラはどこからがアウトなのか難しい問題で見過ごされがちです。

    不安に感じる人は、『パワハラの定義とは!6つの事例と対処法・訴訟の流れを徹底解説』を読んでみてください。

    会社以外の居場所を作る

    自信を失くしている時には、プライベートを充実させ、会社以外のところで仲間や居場所を作るのがおすすめです。

    例えば、 ボランティアに参加したり、同じ趣味をもつ人達と交流するといった、プライベートでの居場所を作りましょう

    仕事以外のことで認められたり、必要とされる場があると思えることで、自信を取り戻すことができます。

    3.解決法2:職場の環境を変えて解決する

    職場での環境が悪くて「人生やめたい」と思う時、場合によっては次のような手段で環境自体を変えてしまうことも必要です。

    • 転属や転勤を願い出る
    • 転職する

    真面目な人は今の環境で頑張りたいと思うかもしれませんが、 「人生やめたい」と思い詰めるほどであるならば、つらい環境から自分を救出する必要があります。

    ただし、環境を変えて解決できるケースとできないケースがありますので、自分はどちらに当てはまるのかよく考えてから行動しましょう。

    3‐1.転属や転勤で解決できるケース

    次のようなことが原因の場合には、転属や転勤で環境を変えることで、元気を回復できる可能性があります。

    • 自分の適性や希望にあった職種ではない
    • 周囲となじめずに社風が合わないと感じている
    • 仕事が忙しくて限界を感じている
    • いじめやパワハラを受けている

    いじめやパワハラにあっている場合には、自分ではなく相手を別の部署に異動してもらえないか会社に相談する手段もあります。

    転勤や転属は自分の思い通りにならないこともありますが、辛い状況であるならば、まずは会社に相談してみることをおすすめします。

    また、転職に関して自分一人で働きながら転職活動を行うのも、大変な労力が必要になります。

    転職活動を行う場合は、転職エージェントを利用しましょう。

    大手の転職エージェントであれば、仕事に対する相談から利用する事が可能です。

    オススメは最大手のリクルートエージェントです。

    完全無料で登録でき、登録も3分程度で完了でき退会手続きも時間がかからないため、気軽に登録してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3‐2.転属や転勤では解決が難しいケース

    うつ病や不安障害などの病気の場合には、急に環境を変えることはストレスになり、かえって状態が悪化することがあります

    より良い職場環境を目指して転職するにしても、病状の回復をみながら、タイミングを主治医と相談するようにしましょう。

    病気があって会社に行くことに限界を感じている場合には、休職して休養をとるという解決策もあります。

    4.解決法3:休職や退職でじっくり休養する

    心の病気にかかってしまったり、次のような症状が長く続く場合には、休職や退職でしっかりと休養期間をとることを検討してみましょう。

    • 常に気分や体調が悪いと感じている
    • 不眠が続いている
    • 欠勤や遅刻が多くなった
    • 好きな事にも興味が持てなくなった

    休職や退職のリスクを考えるとなかなか決断できないとは思いますが、上記のような状態であれば、 自分の心と体を守ることを最優先に考えることが必要です。

  • スポンサーリンク

  • 4‐1.休職させてもらうには?

    心の病気や強いストレス状態などで休養が必要と医師が判断すれば、多くの場合は会社も休職に応じてくれます

    医師の診断がなくても話し合いで休職できる場合がありますが、病院の診断書があった方が会社も判断しやすいでしょう。

    休職期間は病状や会社の就業規則などによって決まり、休職中も途中経過を観察しながら期間延長や復帰時期などを話しあいます。

    • Q.休職中に給与はもらえる?
      A.休職中も給与がもらえるかどうかは、それぞれの会社の規定によって違いますので調べてみましょう。
       給与がもらえない場合には、健康保険の傷病手当金の支給を受けられる可能性があります。

    4‐2.退職したら生活はどうなる?

    いじめやパワハラを受けていたり、いわゆるブラック企業に勤めている場合には、退職するという選択肢もあります。

    仕事を辞めてしまえばゆっくり休養できますが、どうやって生活していくかが問題になってきます。

    安心して休養するためには、 失業手当などをきちんと受給できるように、受給の条件や手続き方法をきちんと確認しておく必要があります。

    退職を切り出せない

    退職したくても退職を切り出せない人という声も聞きます。

    そういった人のために退職代行サービスというサービスがあるのはご存知でしょうか?

    退職代行とは、あなたの代わりに退職手続きを代行してくれるサービスです。

    心機一転、転職し新しい環境で仕事をすれば、前上手くいかなかったのがウソのように生き生きと働けるかもしれませんよ。

    自力で退職の意思を職場に伝えるのが難しい方は、退職代行EXITを利用してみましょう。

    電話、メール、LINEで相談を受け付けており、正社員の場合、利用料金は5万円です。

    会社との連絡は全てやってくれますので、上司ともう話す必要はありません。

    無職になった場合の生活費は?

    どうしても退職したい場合に心配なのが生活費や治療費ですが、同じような状況で無職になってしまった人の多くは、次のような手段で生計を立てています。

    • 貯金を切り崩す
    • 失業保険や傷病手当などの給付を受ける
    • 配偶者や親などの支援を受ける
    • 無理のない範囲で副業やアルバイトをする

    上記のように、多くは貯金を切り崩したり、家族の支援を受けたりしながらやり繰りしているのが現状です。

    できるだけお金の心配をしないで済むためには、失業保険や傷病手当などの給付金の申請も忘れずにする必要があります。

    うつ病などは労災や傷病手当も利用できる

    仕事が原因でうつ病などの病気にかかった場合には、次のような給付金が受けられる可能性があります。

    Q.傷病手当の支給は?

    A.健康保険で支給される傷病手当は、病気が原因で働けなくなった場合にもらえ、退職後でも受給することができます。
    傷病手当は、給与の3分の2の程度の額を最長で1年半もらうことができますので、必ず手続きをしましょう。

    Q.労災申請は?

    A.会社の業務が原因で病気になった場合には、労災を申請することもできます。
    労災が認められると、給与の8割の額が休養保証給付として支払われ、治療費の自己負担が無くなります。
    申請してから認定が下りるまで半年以上かかり、精神疾患の認定率は30%台と低いですが、認定されれば安心して休養できます。

    Q.失業手当の給付は?

    A.失業手当は給付が開始されるまでに3ヶ月の給付制限期間がありますが、うつ病の場合は手続きすれば退職後すぐに受給できます。
    また、退職後31日目以降1ヶ月以内に手続きをすれば、受給期間を延長することができます。

    いずれも 加入期間などの条件がありますので、自分は条件を満たしているかどうか退職前に確認しておきましょう

    労災と傷病手当は、両方もらうことはできませんので注意してください。

    まとめ

    「人生やめたい」と思うことは誰にでもあります。

    多くは仕事による過労やストレス、人間関係の悩みなどにより、体だけでなく心までもが弱ってしまうことが原因です。

    元気を取り戻すには、家族と触れ合うなどの気分転換をしたり、場合によっては転職などで環境を変える必要があります。

    無理をし過ぎないで早めに対処することが大切ですが、万が一心の病気になってしまったら、休職や退職で本格的に休養を取りましょう。

     

     

     

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%