「人生に疲れた」あなたを変える!心と体を回復させる解決法を紹介

Picturesque landscape scene and sunrise above road
仕事の悩み・相談

何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。

案外、人は無意識にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。

これは、パナソニック創業者の松下幸之助さんの言葉です。

人は、人生に疲れたとき「うまくいかないな」「これからもうまくいかないのではないか」と思ってしまうことがあります。

しかし、ちょっとだけ、ものの見方を変えるだけで「なんだ、こんなことだったんだ」と思えるようになることがあるのです。

この記事では、「人生に疲れたときに考え方や価値観をアップデートさせるヒント」や「心と体のメンテナンス方法」、「4つの悩み別の対処法」を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.「人生疲れた」は考え方をアップデートさせるチャンス!

考え方や価値観をアップデートする3つのヒントとは?

考え方や価値観を変えるというのは、人生をより良くしていくために必要なアップグレード。

価値観とは、「自分にとって大切なものとそうでないものを決める基準」であり、仕事や人付き合いなどの生活全般に影響します。

自分の考え方や価値観を変えたい場合には、生活の軸となる次の3つの事柄について振り返ってみましょう。

あなたがすぐに変えられそうと思うものを重点的に読んでください。(クリックするとその部分に飛びます。)

  1. 付き合う人や人との付き合い方
  2. 時間の使い方・習慣
  3. 仕事や住む場所などの環境
  • スポンサーリンク

  • 【1】自分自身や他人とのかかわり方を見直す

    仕事の悩みがあったり、人間関係が上手くいかなくて人生に疲れてしまう人は、原因として次の2つが考えられます。

    • 理想主義や完璧主義などで自分に厳しすぎる。
    • 他人との距離のおき方など、人とのかかわり方に問題がある。

    このような場合には、 自分自身や人間関係に関する考え方や価値観を見直して、行動を変えていく必要があります

    自分へのダメ出しをやめる

    理想が高かったり自己否定感が強い人は、自分へのダメ出しが多いため、頑張り過ぎて人生に疲れてしまうことがあります。

    そんな自分を疲れさせるダメ出しをやめて、次の例のように考えてみましょう。

    • 目標の80%しか達成できなかった
      ⇒80%も達成できた
    • 予定通りに全部できなかった
      ⇒必要最低限の事は済ませられた
    • また失敗してしまった
      ⇒失敗もあったが他で挽回できた

    努力することは悪い事ではありませんが、自分に厳しくしすぎないでくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 完璧さや正しさにこだわり過ぎない

    完璧主義や規則を守るといった正しさにこだわり過ぎる人は、物事に必要以上に労力をかける傾向があり、人生に疲れやすいと言えます。

    「いつも思い通りにいかない」と思っている人は、次のような柔軟な考え方をしてみましょう。

    • 人にはその時々の運があり、努力だけではどうにもならないことがある。
    • 規則や道徳を守ることは大事だが、時には柔軟に対応することも必要だ。
    • 物事には優先順位があり、すべてを完璧にこなす必要はない。

    今すでにある強い芯に、柔軟さを共存させれば、「芯をもち、柔軟に対応していく」という最強のスタンスが完成します。

    人とのかかわり方を変える

    人間関係のトラブルであれば、可能な相手なら思い切って付き合いをやめることを考えてください。

    離れるのが無理な場合には、必要最低限の付き合いにとどめておき、できるだけ関わらないで済むように工夫をしましょう。

    米国で有名なオプラ・ウィンフリーという方も次のことを言っていますので…

    他人を変えるのは不可能よ。

    でも自分を変えることはできるわ。

     また、 次にあげるような人は大きなトラブルがなくても人間関係で疲れてしまうことがあり、考え方を変えてみる必要があります。

    • 他人の失敗を自分の責任のように感じる

      管理職でもないのに、人の失敗を見て「自分のフォローがあったら防げたかも?」と考えるような人は要注意です。
      自分と他人の責任の範囲をはっきりと線引きし、人に親切にするにしても、自分が責任を負える範囲には限界があることを理解しましょう。

    • 他人の評価を必要以上に気にする

      「人にどう思われるか」を気にしすぎると、自分の思うとおりに行動できないストレスが溜まります。
      人それぞれに価値観や考え方は違いますので、
      他人の評価=あなた自身の価値ではないということを理解しておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 【2】時間の使い方・習慣を変える

    大きな悩みがなくても、毎日の生活に張り合いや楽しさを感じられない時には、「人生に疲れた」と思ってしまうことがあります。

    そんな時には、 毎日何気なく行っている習慣を意識的に変えてみるのがおすすめです。

    習慣を変えることで新しい発見があったり、今までと違う人との交流が生まれたりして生活に新鮮さが加わります。

    毎日1ついつもと違うことをする

    習慣を変えるといっても何をしたらいいのか分からないという人は、毎日1ついつもと違うことをしてみるというのがいいでしょう。

    難しく考えないで、次のような小さなことから始めてみてください。もしくは妄想でもOK!

    • ランチはいつもの店ではなく、今まででは行かなかったタイプの店に入ってみる。
    • 同じ店でも、食べたことのない料理を注文してみる。
    • 通勤時間を少し早めたり、通勤ルートを変えてみる。
    • 食料品でも洋服でも、今まで行ったことのない店で買い物してみる。

    このような小さな変化でも意外な発見ができたり、自分の好みを再認識するきっかけになるので、マンネリを打破する良い刺激になります。

  • スポンサーリンク

  • 休日の過ごし方を変える

    休日の過ごし方を変えることで気分転換ができたり、今までにない新しい人間関係ができるのでリフレッシュできます。

    趣味やスポーツ、資格の講座など何でもいいのですが、次のことを心に留めておきましょう。

    • 自分のやりたいことをする。
    • できるだけ新しいことにチャレンジしてみる。
    • 過程や人とのかかわりを楽しむようにする。
    • 結果にこだわらず、頑張り過ぎない

    このように、仕事や生活に役立つかといったことは気にせず、自分が心から楽しめることをするのが効果的です。

    掃除や断捨離もおすすめ

    仕事から疲れて帰ってきた時に、家のなかが散らかっていてウンザリしてしまうという人もいるかと思います。

    掃除や断捨離には次のような効果があって、生活に疲れている人には特におすすめです。

    • 捨てるものと残すものを選ぶ過程で、自分の価値観を確認して見直すことができる。
    • 物が少なくなることで普段の掃除が楽になり、生活もしやすい。

    掃除は効果が目に見えて分かり、達成感も得やすいので気持ちのリフレッシュに最適です。

  • スポンサーリンク

  • 【3】環境を変える

    場合によっては住居を引っ越したり、思い切って転職して環境を変えてしまうことも必要です。

    特に、 人間関係で悩んでいる場合には、引っ越しや転職をすることで物理的に嫌な人から離れることができます

    引っ越しにはお金がかかりますし、転職にはリスクもありますが、人生に疲れたと感じるほどなら検討してみましょう。

    引っ越す

    引っ越して 住む家や街が変わると、それだけでも気持ちがリフレッシュできて前向きな気持ちになれることがあります。

    特に次のような場合には、引っ越しを検討してみるといいでしょう。

    • 家族との人間関係がうまくいっていない
    • 通勤時間が長くて負担になっている

    家族のような親しい関係は、ひとり暮らしで距離を置くことで、関係が改善できる可能性があります。

    「家族だとしても、1人1人の人間であること」「一番身近にいる他人が家族であること」を忘れてはいけませんよね。

    転職する

    人生疲れの 原因が次のような場合には、転職して環境を変えることを検討してみる必要があります。

    • 会社の人間関係に悩んでいる
    • 今の仕事が自分に合っていないと感じる
    • 自分がやりたい仕事に就いていない

    上記のような悩みは、努力や我慢で解決できるという考え方もありますが、何事にも限界があります。

    我慢の限界が来て短絡的に辞めることがないように、余裕があるうちに現実的な計画をたてましょう。

    「うまいこと利用してしまう」のも手段

    転職エージェントをうまいこと利用してしまうのも手段です。

    転職エージェントは、転職目的でなくても、 相談ベースで活用することもできます。

    ※相談だけでは利益にならないので、相談だけの求職者はエージェント側からすると快くはありませんが禁止事項ではないです!

    また、転職エージェントの選び方については、求人数やサポート体制が充実しているのは大手(リクルートエージェント等)だと言えます。

    リクルートエージェントの口コミについては、「リクルートエージェントで転職すべき?利用者の評判と登録前の注意点」で詳しく解説しているので、ぜひこちらもご確認くださいね。

    2.人生に疲れたら「心と体のメンテナンス」をする

    人生に疲れたときには、自分にたしいて丁寧に接し、心と体のメンテナンスをしてあげることも大切です。

    次の3つの項目についてお話ししていきます。

    また、「休息をとりたいけど、会社休みずらい…」という方は次の記事を読んでみてくださいね。

    【テンプレあり】会社を休むときに使える理由!電話・メール別に解説

    休息をとる

    「人生疲れたな」という時には、無理やり感情を変えるといった内面のアプローチではなく、気分転換となるような活動をしたり、休息をとったりといった外側からのアプローチが効果的です。

    <精神的な疲労には活動>

    • スポーツなどで体を動かす……ストレッチをする、ウォーキングをする、ジムにいく
    • 趣味などの好きな事に没頭する……喫茶店にいく、買い物にいく、映画を観にいく

     <肉体的な疲労回復には休息>

    • 家で静かにくつろぐ……本を読む、DVDを観る
    • とにかく眠る
    • 散歩などの軽い運動をする(季節の風や音を聴いてみるのもたのしいです)
    • 栄養のあるものを食べる(旬の食材もおすすめ)

    「人生疲れた」には、心あたたまる本を。

    次の本は、私が悩んでいたときに助けてくれた本たちです。

    ブッタとシッタカブッタ 1こたえはボクにある
    • 小泉 吉宏
    • 価格   ¥ 1,026
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

     

    人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
    • 水野 敬也, 長沼 直樹
    • 価格   ¥ 1,177
    • 販売者 T.book59
    今すぐチェック

     

    博士の愛した数式 (新潮文庫)
    • 小川 洋子
    • 価格   ¥ 594
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

     

    デッドエンドの思い出 (文春文庫)
    • よしもと ばなな
    • 価格   ¥ 691
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

     

    生活を見直す

    当てはまる項目をチェック。

    寝る直前まで、TV・スマホ・パソコンを見ている

    栄養バランスに気をつけていない

    身体が冷えても、そのままにしている

    夜更かしが多い

    不規則な生活を送っている(決まった時間に起きたり、寝たりしていない)

    チェックが多ければ多いほど自律神経系が乱れやすく、体や心に悪影響を与えてしまっている可能性が高いです。

    1つ改善するだけでも変化は大きいので、まずはできそうなことを1つ改善してみてくださいね。

    病院やカウンセリングを考える

    疲労感や気分の落ち込みといった不調が続く時には、病院やカウンセリングなどの助けを借りることを考えることが大切です。

    病院に行った方がいいのか迷う場合には、会社によっては産業医を指定しているので、健康相談をしてみるのがおすすめ。

    産業医は職場でのストレスや長時間労働による健康被害の相談にのってくれますし、休職の希望についても相談できます。

    ※自分を大切にすることを忘れないでください。もはや、肝に銘じてください。

    3.人生疲れた4つの原因別の対処法

    ここでは、人生に疲れてしまったときの原因別の対処法を紹介します。

    人生に疲れてしまう原因は、主に次の4つです。あなたはどれに当てはまるでしょうか?

    数の問題を抱えていることが多く、「あっちもこっちも上手くいかない」状況が人生に疲れさせる原因になっています。

    仕事に疲れた

    仕事が疲労感の原因になっている場合には、次の2つのタイプが考えられます。

    1. 残業や休日出勤などのオーバーワークによる疲労
    2. 仕事の成果があがらないといった悩みによる心労

    多くは職場環境が悪かったり、仕事が自分の適性にあっていないことが原因ですので、場合によっては 転職などで環境を変えることも必要になってきます。

    生活を維持するのに疲れた

    なかには、毎日の生活を維持していくことに疲れている人もいて、次の2つのタイプに分かれます。

    • 収入が少なくて、生活に余裕がない。
    • 共働きや一人暮らしで家事などの負担が大きい

    このように、生活に時間や金銭的な余裕がなく、休む暇がない状態が続けば「人生に疲れた」と感じるのも無理はありません。

    この場合には転職などで環境を変えるほか、人に助けを求めたり、完璧主義をやめるといった考え方の方向転換が必要です。

    人間関係に疲れた

    人間関係のトラブルによる疲れは、主に次の2つに分けられます。

    • 職場の人間関係
    • 親やパートナーといった家族との人間関係

    関係を修復する努力も必要ですが、「人生に疲れた」と感じるほどならば、その人と距離をおくことを考えてみてくださいね。

    その場合は、転職や別居などで 環境を変えて物理的な距離をおく方法と、人とのかかわり方を変えて精神的な距離をおく方法があります。

    心や体の病気

    長く続く倦怠感や気分の落ち込みは、もしかしたら次のような病気が原因なのかもしれません。

    • 貧血、甲状腺機能異常、心疾患などの体の病気
    • うつ病、不安障害、ストレス障害などの心の病気

    これらの病気は、初期のうちは自分で気づかないことが多いものです。

    疲労感が続く場合は病院で診てもらうことが大切ですし、生活習慣を見直すなどの対策が必要です。

    まとめ

    「人生に疲れた」と感じた時には、自分の生活や価値観について見直すべきことがあるというサインです。

    まずは、休息をとって心と体を休め、病気や生活習慣が原因になっていないか考えてみましょう。

    人間関係や仕事の悩みなどが疲れの原因になっている場合には、この機会に思い切って環境を変えたり、考え方や価値観を見直したりしてみると、悩む前よりも、よりよい方向に自分を導くチャンスにもなります。

    最後になりましたが、あなたの未来が明るくなるよう ひそかに応援しています。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%