会社をスムーズに辞める方法を紹介!退職から転職までの流れとは

仕事の悩み・相談

就職をしていざ働いてみると、「自分が思っていた仕事と違う」「もっとやりがいのある仕事をしたい」と感じ、仕事を辞めたいと思いますよね。

しかし、 会社を辞める手順を間違えてしまうと、スムーズに会社を辞められなくなる可能性があります。

この記事では、スムーズに会社を辞めるための方法と、退職から転職までの流れについてわかりやすく解説。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

会社を辞めるまでの流れ

会社を辞めるまでの流れは以下の通りです。

  1. 会社を辞めると決断する
  2. 会社を辞めるタイミングを決める
  3. 上司に辞めることを伝える
  4. 退職にあたり必要な手続きをする
  5. 会社のものを返却して退職する

「実際に働いてみると、自分が思っていた仕事内容と違った」「労働と給与が見合っていない」など働き出してみないとわからないことも多いですよね。

まずは 会社を辞める前に、本当に会社を辞める必要があるのか?どうして辞めたいのか?自分の中で理由を明らかにし、整理していきましょう。

会社を辞めると決断した後は、会社を辞めるタイミングを決める必要があります。

会社を辞めるタイミングを決め、上司に報告をしましょう。

その後は退職時に必要な手続きを行います。

手続き後は、トラブルを避けるために会社のものは忘れずに返却しましょう。

それでは、それぞれ詳しく説明します。

step1:会社を辞めると決断する

会社を辞めるために、まずは会社を辞めると決断しましょう。

会社を辞める決断ができなければ、辞めたいなと思いながらもズルズルと辞められず、ストレスを感じ続けることで体を壊す可能性や、年齢を重ねる事で転職をしにくくなる可能性があります。

決断する方法の一つとして、会社を辞めたいと思っている理由を紙に箇条書きで書き出してみましょう。

箇条書きにすることで自分が抱えている悩みと向き合うことができます。

もし決断するのに少しでも迷いがある場合は、箇条書きした上で検討してみましょう。

今の仕事に対する不満や、部署での人間関係が悪いと会社を辞めたいと思いますよね。

しかし今やっている仕事や部署での人間関係が嫌で辞めたい人は、部署移動が可能であれば辞める必要はありません。

それでも解決できない!会社を辞めたい!という場合は、転職活動をしたり友人や同僚に辞めることを打ち明けたりして、会社を辞める決断をしましょう。

  • スポンサーリンク

  • step2:会社を辞める理由

    会社を辞める理由は次の5通りです。

    以下の理由は会社を辞めるのに十分な理由なので、会社を辞めるか迷っている人は是非参考にしてください。

    1. 人間関係
    2. 労働条件に不満がある
    3. キャリアアップが見込めない
    4. 家庭の事情
    5. 転職をしたい

    人間関係

    職場の人間関係が悪いと、会社を辞めたいと思いますよね。

    上司と合わない、同僚と仲良くなれないなど人間関係の悪化は、「上司と合わないから昇格できないのでは」という不安や、社内での自分の立場に不安を感じるでしょう。

    その結果、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

  • スポンサーリンク

  • 労働条件に不満がある

    給料が少ない、サービス残業が多いなど労働条件に対する不満も会社を辞める原因です。

    労働条件に不満がある場合は、逆に自分はどういう環境なら仕事が続けられるのか、整理してみるといいでしょう。

    労働条件が不満で仕事を辞めたのに、前の会社より条件が悪い会社しか見つからない…という場合もあるからです。

    キャリアアップが見込めない

    「現在の仕事を続けてもキャリアアップが見込めない」「先輩社員を見てもやりたい仕事が見つからない」という理由も、会社を辞める理由です。

    どれだけ仕事を頑張ってもキャリアアップが見込めないと、将来の生活に不安が出たり、次第にモチベーションが下がったりして仕事にやりがいを感じなくなります。

  • スポンサーリンク

  • 家庭の事情

    親の介護をするため残業ができない、自分の結婚、離婚などにより 同じ労働条件では仕事を続けられない、という場合も会社を辞める理由です。

    介護のため残業ができないのに今の仕事を続けてしまうと、介護職の人に介護を頼まないといけないため、金銭的負担が増えてしまいます。

    また、同じ労働条件では仕事を続けられないのに、そのまま続けてしまうと金銭的問題や家庭問題に発展する可能性もあるでしょう。

    転職したい

    会社を辞める理由として「自分のキャリアアップの為」や「会社の労働条件に不満がある」ことで、転職を希望する人も多いでしょう。

    実際に就職応援サイトVorkersによると、平成生まれの退職理由ランキング1位は「現在の会社でキャリア成長が見込めない」です。(参考:働きがい研究所

    数年経っても仕事内容が変わらない、先輩社員の仕事内容を見ても魅力を感じない場合は、会社を辞めて転職をしてもいいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • step3:会社を辞めるタイミング

    会社を辞める理由が決まったら、会社を辞めるタイミングを決めましょう。

    会社を辞めるタイミングは、会社を辞めると報告してから最短で2週間後です。

    スムーズに会社を辞めるために、まずは直属の上司に退職の意向を伝えましょう。

    上司に伝えるタイミング

    直属の上司に退職を伝えるタイミングは、遅くても退職する日の1~2カ月前に報告しましょう。

    仕事の引継ぎや有休消化期間で時間がかかる場合があるからです。

    法律では「退職する2週間前に申し出をすれば会社を辞めることができる」とありますが、早めに伝える方が無難ですよ。

    ただしパワハラや家庭の事情など、 どうしても早く辞めたい場合は、退職希望日の2週間前に報告しても問題ありません。

    もし断られた場合は、労働基準監督署へ相談しましょう。

    不当な退職の引き止めに対して、専門家が解決に導いてくれます。

    上司への報告はこちらを参考にしてください。

    「お忙しいところ、申し訳ございません。

    大変申し上げにくいのですが、○○月末で退職させて頂きたいと思います。

    実は○○(退職理由)のため、退職を決断致しました。

    誠に身勝手ではありますが、ご了承いただけますようお願い致します。」

  • スポンサーリンク

  • step4:仕事を辞める時に必要な手続き

    仕事を辞める時に必要な手続きは次の3つです。

    1. 上司に退職届けを提出する
    2. 退職日までに会社のものを返却する
    3. 会社から退職に必要な書類を受け取る

    一つずつ詳しく説明します。

    上司に退職届を提出する

    上司に退職の意向を伝えた後は、 上司に退職届けを提出しましょう。

    会社に「退職届」の紙やフォーマットがある場合は、退職理由や退職日を記入し提出してください。

    もし退職届けがない場合は、以下のことに注意して記入しましょう。

    • 縦書きで書く
    • 手書きで書く
    • 封筒に入れる際は三つ折り、もしくは四つ折りにする

    書く内容は以下を参考にしてください。

    1. 退職届
    2. 私儀
    3. 退職理由
    4. 退職日
    5. 文末
    6. 届出年月日
    7. 所属部署・氏名
    8. 宛名

                  退職届

                                          私儀

    このたびは、一身上の都合により、誠に勝手ながら、

    20○○年○○月○○日をもって退職致します。

    20○○年○○月○○日

                                   所属部署
                                   氏名 印鑑

    株式会社○○
    代表取締役社長 ○○殿

    退職日までに会社のものを返却する

    会社から支給されたものは基本的に全て返却する必要があります。

    返却を忘れてしまうと退職後トラブルになる可能性があるので、全て返却しましょう。

    会社に返却しなければいけないものは以下の通りです。

    • 健康保険証
    • 社章
    • 身分証(会社の)
    • 会社から支給されたもの(制服・文房具)
    • 取引先の名刺
    • 定期券

    健康保険証

    健康保険証は返却し、退職後は国民健康保険に加入しなければいけません。

    国民健康保険に加入しないと「無保険状態」なので、病院での費用が全額自己負担になり高額になってしまいます。

    転職先が決まっているのであれば、新たな就職先の健康保険に加入しましょう。

    会社から支給されたもの

    制服がある人は、返却前にクリーニングに出すか洗濯をしてきれいな状態で返却しましょう。

    もし、文房具や自分の名刺など返却した方がいいのか分からない場合は、上司に確認を取ってください。

    会社から退職に必要な書類を受け取る

    会社を退職する時には書類を受け取る必要があります。

    転職先で提出する書類があったり、失業手当受給に必要な書類があるからです。

    必要書類の受け取りを忘れてしまうと、失業保険の申請に時間がかかってしまったり、転職先にも提出書類が出せず迷惑をかけてしまう可能性があります。

    そのため、忘れずに会社から受け取るようにしましょう。

    退職時に会社から受け取る書類は以下の通りです。

    • 雇用保険被保険者証
    • 年金手帳
    • 源泉徴収票
    • 離職票(転職先が決まっていない人)

    雇用保険被保険者証

    雇用保険被保険者証とは 雇用保険に加入していたことを証明する書類のことです。

    就職先が決まっている人は、就職先に提出します。

    就職先が決まらず雇用保険の失業給付を受ける場合は、ハローワークで必要です。

    万が一失くした場合は、居住区を管轄するハローワークで再発行することができます。

    源泉徴収票

    源泉徴収票とは1年間に支払った給与額や徴収した所得税の金額を示された書類です。

    源泉徴収票は退職日には手続き上の問題でもらえないため、 後日自宅に郵送されます。

    就職先が年内に決まらなかった場合は、源泉徴収票を持って税務署に確定申告しましょう。

    就職先が決まっている場合は、就職先に提出します。

    年金手帳

    年金手帳とは年金を受け取る際に必要な手帳で、生涯同じ手帳・基礎年金番号を使用します。

    国民健康保険に加入する際や転職先でも必要なので、返却してもらいましょう。

    離職票

    離職票は、 退職後にハローワークで失業手当を受給する時に必要な書類です。

    源泉徴収票と同様に、退職日にはもらえない書類なので後日自宅に郵送されます。

    次の転職先が決まっている人は必要がないので、 失業手当を申請する場合のみ会社側に発行してもらいましょう。

    step5:転職活動をする

    会社を辞めるということは、遅かれ早かれ転職活動をする必要があります。

    転職活動をする際は、会社を辞めた理由を元に転職先を選びましょう。

    労働条件に不満がある人は、自分が満足できる労働条件で働ける会社を探す必要があります。

    キャリアアップを考えて転職する人は、キャリアアップ体制が整っている会社を選びましょう。

    ここでは転職活動のタイミングと方法を説明します。

    転職活動をするタイミング

    転職活動をするタイミングは、 会社を辞めると決断したその日から始めるのがベストです。

    なぜなら、会社を辞める前に転職活動を行うことで、金銭面や現在の仕事に対して気持ちに余裕が出るからです。

    会社を辞めた後に転職活動をすると、無収入になるのでどうしても金銭的に苦しい期間が出てきます。

    金銭的に余裕がなくなると、焦りから就職先を妥協してしまう可能性があり、結果的にまた納得できない会社に転職してしまうことになりかねません。

    また、 会社を辞める前に転職活動をすることで、自分の価値を再確認することが可能です。

    会社在職中に転職活動をしてみたけど、今の自分の実力では現在の会社より待遇が悪いところにしか転職できない…という事も十分に考えられます。

    転職活動は、会社を辞めると決断したその日から始めるようにしましょう。

    仕事を辞めた後に転職活動を始める人はいる?

    仕事を辞めた後に転職活動を始める人はいます。

    ただし在職中に転職活動をした人の方が転職に対する満足度は高いです。

    リクナビNEXTによると、在職中に転職活動をした人の内、転職活動が成功したと感じた割合は93.6%でした。(参考:リクナビNEXT

    一方で、仕事を辞めた後に転職活動をした人が、成功したと感じた割合は73.6%です。

    在職中に転職活動をした人と、仕事を辞めた後に転職活動をした人の満足度は20%もの差が生まれています。

    また、仕事をしていないブランクの期間が半年を過ぎると「仕事に対するモチベーションが下がっていないか」「市場動向や技術面が鈍っていないか」など、企業側からマイナス評価をつけられる可能性が高いので注意が必要です。

    そのため転職活動は、仕事を辞める前に始めておきましょう。

    転職サイトを利用する

    「今よりいい会社に転職したい!転職に苦労したくない!」という人は転職サイトを利用しましょう。

    転職サイトを利用するメリットは次の3つです。

    • 自分の希望の検索条件で企業を探すことができる
    • 登録するだけでスカウトがくる可能性がある
    • 自分が応募したい企業には全て応募ができる

    転職サイトを利用することで、自分の希望条件に当てはまる会社を簡単に検索することができます。

    また、無料で登録できる転職サイトが多いのも特徴です。

    登録しているだけでスカウトが来る可能性もあるので、「ひとまず登録だけする」というのも手でしょう。

    ただ、転職サイトはサイトによって扱っている会社、扱っていない会社があるので複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

    まとめ

    会社をスムーズに辞める流れは以下の通りです。 

    1. 会社を辞めると決断する
    2. 辞めるタイミングを決める
    3. 上司に辞めることを伝える
    4. 退職にあたり必要な手続きをする
    5. 会社のものを返却して退職する

    会社を辞めると決断した後は、最低でも退職日の2週間前に上司に報告しましょう。

    会社を辞めて転職する場合は、在職中に転職活動をすることで、心にも経済的にも余裕が生まれます。

    自分の希望通りの会社に転職するためにも、転職サイトを利用しスムーズに転職してくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら