会社を辞める流れを3STEPで紹介!決断のコツと便利なサービスまで

会社 辞める 仕事の悩み・相談

会社を辞めるのは大きな変化が伴いますから、強い勇気が必要になります。

ただ「会社を辞めるぞ」といざ決断しても、「やっぱ辞めない方がいいかな…」「甘えじゃないかな?」など不安になることは多いですよね。

そんな不安を抱えている人のために、この記事では会社を辞める決断のポイントから、辞めるまでの流れまで分かりやすく解説しました。

スムーズに転職して次の職場で気持ちよく働くためにも、ぜひ最後まで読んで気持ちを整理してくださいね。

【結論】会社をスムーズに辞めるためには適切な流れを把握しよう

会社を辞める前に、「本当に会社を辞める必要があるのか?」「どうして辞めたいのか?」など、自分の中で理由を明らかにし、整理していきましょう。

会社を辞めるまでの流れを簡単にまとめると、以下の3STEPです。

  1. 会社を辞める決断をする
  2. 会社を辞めるタイミングを把握する
  3. 会社を辞めるために必要な手続きを進める

退職する旨をうまく伝えられそうにない人は、「退職代行サービスEXIT」という退職代行サービスがおすすめです。

また、おすすめの仕事を紹介してくれたり、面接対策をしてくれる転職エージェントである「リクルートエージェントを利用するとスムーズに転職できるでしょう。

スポンサーリンク

1.  【STEP1】会社を辞める決断をする

会社を辞めるために、まずは何があっても会社を辞めると決断しましょう。

会社を辞めると決断ができなければ、「退職したいな」と思いながらもズルズルと辞められず、ストレスを感じ続けることで体を壊す可能性も高いです。

また、年齢を重ねることで転職しにくくなるケースも考えられます。

そこでこの章では、退職を決断する方法と会社を辞める理由について詳しく紹介します。

理由を明確にする

なかなか会社を辞める決断ができない場合は、「辞めたい」と思う理由を紙に書き出してみましょう。

「本当に会社を辞める必要があるのか」「どうして辞めたいのか」といった理由を明らかにし整理することで、自分が抱えている悩みと向き合うことができます。

目に見える形で客観視することで、新しい発見や自分でも意識していなかった気持ちも見つかるでしょう。

以下では、会社を辞める主な理由を紹介しますので、会社を辞めるか迷っている人はぜひ参考にしてください。

人間関係に問題がある

職場の人間関係が悪いと、会社を辞めたいと思いますよね。

「上司と合わない」「同僚と仲良くなれない」など人間関係が悪化すると、社内での自分の立場に不安を感じ、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

大手転職サイト「マイナビ転職」の調査による『「仕事を辞めたい!」と思った理由ランキング』では、「職場の人間関係が良くない」が2位にランクインしています。

人間関係は自分の力だけで改善できるものではないので、「どうしてもつらい」と感じるのであれば無理して働き続ける必要はありません。

労働条件に不満がある

給料が少ない、サービス残業が多いなど労働条件に対する不満も会社を辞める原因です。

大手転職サイト「リクナビNEXT」による『退職理由の本音ランキング』では、「労働時間・環境が不満だった」が2位、「給与が低かった」が4位でした。

労働条件に不満がある人は、逆に自分はどういう環境なら仕事が続けられるのか、整理することをおすすめします。

なぜなら、労働条件が不満で仕事を辞めたのに、前の会社より条件が悪い会社しか見つからない…という場合もあるからです。

自分に合った労働条件の職場を見つけてから、退職を決意しましょう。

「現在の仕事を続けてもキャリアアップが見込めない」「先輩社員を見てもやりたい仕事が見つからない」という会社を辞める理由もあります。

どれだけ仕事を頑張ってもキャリアアップが見込めないと、将来の生活に不安が出たり、次第にモチベーションが下がったりして仕事にやりがいを感じなくなります。

大手転職エージェント「doda」による「転職理由ランキング2018」では、「他にやりたい仕事がある」が1位、「会社の将来性が不安」が2位でした。

頑張って働いても報われない環境であれば、会社を辞める決断をしても問題ないでしょう。

家庭の事情により

「親の介護をするため残業ができない」「自分の結婚、離婚」などにより 同じ労働条件では仕事を続けられない」というのも、会社を辞める理由のひとつです。

同じ労働条件では仕事を続けられないのに、無理をしてそのまま続けてしまうと金銭的問題や家庭問題に発展する恐れがあります。

ずるずると仕事を続けた結果、「外部に頼む介護費用の負担が増えてしまった」「子供の送り迎えができなくなった」というケースも少なくありません。

家庭の事情で退職を考えている場合は、まず信頼できる上司に相談してみましょう。

正直に事情を話すことで、時短勤務や休職といった退職以外の方法を提案してもらえるケースもありますよ。

  • 2.  【STEP2】会社を辞めるタイミングを把握する

    会社を辞めるタイミングを把握する

    退職する決意ができたあとは、会社を辞めるタイミングを決めましょう。

    この章では、会社を辞めるタイミングや退職する意思を伝えるポイントなどを紹介します。

    退職日の1~2カ月前に上司に報告

    「退職する」と決まった場合は、まず直属の上司に報告します。

    報告は、遅くても退職をする1~2ヵ月前に済ませましょう。

    なぜなら、仕事の引継ぎや有休消化期間で時間がかかる場合があるからです。

    法律では「退職する2週間前に申し出をすれば会社を辞めることができる」とありますが、早めに伝える方が無難です。

    ただしパワハラや家庭の事情など、 どうしても早く辞めたい場合は、退職希望日の2週間前に報告しても問題ありません。

    上司への報告は以下を参考にしてください。

    お忙しいところ、申し訳ございません。

    大変申し上げにくいのですが、〇〇月末で退職させて頂きたいと思います。

    実は〇〇(退職理由)のため、退職を決断致しました。

    誠に身勝手ではありますが、ご了承いただけますようお願い致します。

    もし退職を断られた場合は、労働基準監督署へ相談しましょう。

    そうすれば不当な退職の引き止めに対して、専門家が解決に導いてくれます。

    尚、会社を辞める際は、書面の退職願が必ず必要ではなく、口頭で伝えるだけでも構わないとされています。

    ただし、会社の規則や慣習にもよるため、退職願が必要かどうかは上司に確認しましょう。

  • 退職に適した時期

    4月や9月などの年度の区切りとなるタイミングは人事異動も多く、会社の人やお客さんにかかる迷惑が少なくなるため、退職するにはおすすめの時期です。

    とはいえ、今の職場や業種の繁忙期によって変わりますので、年度の区切りとなるタイミングが正しいとは断言できません。

    また、あなたの今後に大きく関わる転職のチャンスを逃したくないのであれば、時期を気にせず退職する必要が出てくるかもしれません。

    円満に退職したい場合は、できるだけ今の職場の繫忙期を避けるようにしましょう。

    退職する意思を伝えるポイント

    上司に退職の意思を伝える際には、「どのような理由で退職するのか」「いつ退職するのか」を明確にしましょう。

    「いつ退職するのか」の意思がはっきりしていない場合、ダラダラと引き延ばされてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

    上司からさまざまなことを聞かれるかもしれませんが、退職の意思を伝えた後に聞かれる「退職理由」は、 前向きな理由を伝えることをおすすめします。

    前向きな理由は、以下のようなものが挙げられます。

    【前向きな退職理由】

    • 他にやりたいことが見つかった
    • 起業・独立など自分で仕事を始めたい
    • 今の会社ではできない新しいことに挑戦したい

    抽象的に伝えてしまうと「迷っている」と思われてしまい、引き止めが強くなるかもしれません。

    「今いる会社ではできない」等の揺るぎない目標があれば、上司も論理的に引き止める理由はなくなるでしょう。

  • 退職を引き止められた時の対処法

    人が足りないからNG!

    仕事を放り出すな!

    しっかりと退職理由を伝えても、上記のようにさまざまな理由をつけて引き止められてしまう可能性もあります。

    こうしたケースでは、円満退職を考えず「退職すること」を最優先に行動しましょう。

    どんな理由があれ、退職することは社員の絶対的な権利です。

    退職を引き止められた時の対処方法は、今相談している上司よりも上の立場の人に言いに行くか、退職届を人事部に提出してしまうことです。

    人事部で退職届が受理されれば、きちんと退職できるはずですよ。

    3.  【STEP3】会社を辞めるために必要な手続きを進める

    会社を辞めるために必要な手続きを進める

    会社を辞めるためには「退職届の提出」をはじめ、さまざまな手続きが必要です。

    この章では、会社を辞めるために必要な手続きを紹介します。

  • 上司に退職届を提出する

    上司に退職の意向を伝えた後は、 上司に退職届けを提出しましょう。

    会社に「退職届」の用紙やフォーマットがある場合は、退職理由や退職日を記入して提出してください。

    もしも用紙・フォーマットがない場合は、テンプレートを利用して作成しましょう。

    退職届に記入する内容は、以下の通りです。

    • 書き出し
      ⇒ 私儀(わたくしぎ)と書きます。
    • 退職理由
    • 退職日
    • 文末
    • 届出年月日
    • 所属部署・氏名
    • 宛名

    『参照:「doda「退職願」「退職届」の書き方」』

    退職届を書く際は、縦書き・手書きにしましょう。

    また封筒に入れるときは、三つ折り、もしくは四つ折りにしてください。

    ※ 退職届の書き方を詳しく知りたい方は、転職エージェント「doda」公式サイト内の「【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(テンプレート・手書き版・封筒の書き方見本あり)」も併せてご覧ください。

     

    退職日までに会社のものを返却する

    会社から支給されたものは基本的にすべて返却する必要があります。

    返却しないと退職後トラブルになる可能性があるので、忘れず返すようにしてください。

    会社に返却しなければいけないものは以下のとおりです。

    • 健康保険証
    • 身分証明書
    • 社員章
    • 取引先の名刺
    • 制服
    • 社費で購入した事務用品・書籍
    • 業務で作成した制作物(プログラム・図面など)
    • 通勤定期券(現物を支給されていた場合)

    『参照:「リクナビNEXT退職や入社など転職で必要となる書類一覧」』

    健康保険は、加入者が会社を辞めた時点で脱退しなければなりません。

    転職先が決まっている場合は、その会社の健康保険に新たに加入し、そうでなければ国民健康保険に加入、もしくは任意継続被保険者制度を利用しましょう。

    また、制服がある人は、返却前にクリーニングに出すか洗濯をしてきれいな状態で返却してください。

    もし、文房具や自分の名刺など返却した方がいいのか分からない場合は、上司に確認を取りましょう。

  • 会社から退職に必要な書類を受け取る

    会社を退職する時には、さまざまな書類を受け取る必要があります。

    退職時に受け取る書類は、失業保険や保険切り替えの手続きに必要となるので、大切に保管してください。

    退職時に会社から受け取る書類は、以下の通りです。

    雇用保険被保険者証

    • 雇用保険に加入していたことを証明する書類
    • 就職先が決まっている人は就職先に提出

    • 就職先が決まらず雇用保険の失業給付を受ける人はハローワークで求められる

    • 失くした場合は居住区を管轄するハローワークで再発行可能

    源泉徴収票
    • 1年間に支払った給与額や徴収した所得税の金額を示された書類
    • 後日自宅に郵送される
    • 就職先が年内に決まらなかった場合は源泉徴収票を持って確定申告
    • 就職先が決まっている場合は就職先に提出
    年金手帳
    • 年金を受け取る際に必要な手帳
    • 国民健康保険に加入する際や転職先で必要
    離職票
    • 退職後にハローワークで失業手当を受給する時に必要な書類
    • 後日自宅に郵送される
    • 失業手当を申請する場合のみ会社側に発行してもらう

    こうした必要書類の受け取りを忘れると、失業保険の申請に時間がかかったり、転職先にも提出書類が出せず迷惑をかけてしまったりが考えられます。

    必要な書類はすべて、忘れずに会社から受け取るようにしましょう。

    他の社員への引継ぎも忘れずに

    正式に退職日が決定したら、業務の引継ぎも忘れずに対応しましょう。

    以下のような配慮や引継ぎを行えば、退職後も職場・取引先の混乱を防げます。

    • 後任者と一緒に直接引継ぎの挨拶に行く
    • クライアントごとの特徴や注意点などを細かく伝える
    • メモや資料なども引き継ぐ

    退職後も引継ぎ担当者やクライアントが不便なく仕事できるかどうかを第一に考えて、引継ぎを行うことが重要です。

    引継ぎで大切なことは、「相手を想って引継ぎする」ということです。

    そうすればお互いストレスなく、気持ちよく退職することができますよね。

    4.転職活動に不安がある人が知っておくと安心なこと

    転職活動に不安がある人が知っておくと安心なこと

    退職を決意した後、転職する必要がありますが、「初めての転職活動で不安」と思う人も多いでしょう。

    この章では、転職活動に不安がある人が知っておくと安心なことを紹介します。

    ① 仕事を続けながら転職活動を行う

    転職活動は、 会社を辞めると決断したその日から始め、なおかつ仕事を続けながら行うのがベストです。

    在職中に転職活動を行うメリットは、以下の通りです。

    【在職中に行う転職活動のメリット】

    • 安定した収入源のおかげで、じっくりと転職活動ができる
    • 「いつでも辞めてもいいや」と余裕を持つことで、現在の仕事に対し余裕や違った考えが生まれる
    • 自分の「転職市場価値」が確認でき、万が一「今の自分では年収アップや待遇改善が難しい」と感じても取り返しがつく
    • 転職先が決まらない焦りから、「どこでもいいや」と納得できない会社やブラック企業に転職するのを防げる

    実際にリクナビNEXTの調査によると、在職中に転職活動をした人の内、転職活動が成功したと感じた割合は93.6%。

    一方、仕事を辞めた後に転職活動をした人が、成功したと感じた割合は73.6%でした。

    つまり在職中に転職活動した人のほうが、約20%ほど成功確率が高くなっています。

    そもそも転職活動を始めたとしても絶対に転職する必要はないため、在職中にサクッとスタートすることをおすすめします。

    ② 退職を伝えられない人は退職代行サービスを利用しよう

    自分で退職を伝えるのに躊躇してしまう人は、「退職代行サービス」の利用を検討してみましょう。

    退職代行サービスは文字通り、自分の代わりに会社の退職手続きを行ってくれるのです。

    退職を伝えられそうにない人は退職代行サービス「EXIT」

    退職代行サービスEXIT

    退職代行サービスEXIT」は、会社への連絡はすべて代行してくれるサービスです。

    さらに相談した当日から即日で対応してくれるため、急ぎの退職にも適しています。

    ただし退職代行サービスを利用した場合、円満退職は不可能に近いので、その点は覚悟して利用しましょう。

    運営会社 EXIT株式会社
    問い合わせ方法 LINE、電話
    問い合わせ対応時間 平日(深夜・休日も一部対応)
    利用料金
    • アルバイト:30,000円
    • 契約社員・正社員:50,000円
    支払い方法 銀行振込、クレジットカード
    公式サイト https://www.taishokudaikou.com/
    詳しくは「EXITの解説記事」をご覧ください。

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    ③ 転職エージェントを利用するとスムーズに転職活動を進められる

    転職活動を有利に進めるためには、転職エージェントを活用しましょう。

    転職エージェントの利用は無料であり、あらゆる面からあなたの転職活動をサポートをしてくれます。

    求人紹介はもちろん、履歴書添削や面接対策など、幅広いサポートを受けられるのです。

    転職エージェントの仕組み

    基本的に登録・利用は無料なので、金銭的負担もありませんよ。

    「管理職向け」「未経験向け」など、各エージェントごとに特徴が異なりますので、あなたが抱える悩みや希望の分野に強みを持つ転職エージェントを選びましょう。

    ここでは、すべての求職者におすすめできる業界No.1のリクルートエージェントを紹介します。

    転職のサポートを受けたい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

    常時20万件以上の豊富な求人案件を保有しているため、さまざまな求人をチェックしたい人におすすめです。

    また転職成功者の多くが利用しているサービスのため、初めての転職活動でも安心して利用できるでしょう。

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 122,353件(2019年10月時点)
    非公開求人数 163,840件(2019年10月時点)
    公式サイト https://www.r-agent.com/
    詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご覧ください。

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    まとめ

    会社をスムーズに辞める流れは、以下の通りです。

    1. 会社を辞めると決断する
    2. 辞めるタイミングを決める
    3. 上司に辞めることを伝える・退職願の提出
    4. 退職が決定したら退職届を提出
    5. 退職にあたり必要な手続きをする
    6. 残務整理・引継ぎ
    7. 退職する

    会社を辞めると決断した後は、最低でも退職日の2週間前に上司に報告しましょう。 

    また、転職を考えているならば、退職後ではなく在職中に転職活動をすることで、精神的にも経済的にも余裕が生まれます。

    転職活動を行う際には、「リクルートエージェント」などの転職エージェントのサポートを活用すると、効率的な転職が叶うでしょう。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?