会社をやめたい人が知っておくべき5つのポイント【退職完全ガイド】

仕事の悩み・相談

毎日一生懸命仕事をしていても、「会社を辞めたいなぁ」と思ってしまいますよね。

今の時代、会社を辞めることは珍しいことではありません。

ただし、辞めたいと思ってから「本当に辞めるまで」には、考えるべきことがあります。

それは 「納得できる理由」と「きちんとした手順を踏むこと」です。

この記事では、会社を辞めたいと悩んでいる人が知っておくべき5つのポイントを説明します。

  • 本当に辞めるべきなのか?
  • 辞める理由で多いのは?
  • 辞める手順
  • 辞める際の注意点
  • 転職活動の方法

順番に説明します。ぜひ参考にしてください。

今すぐにでも会社を辞めたいあなたへ

この記事を読んでいる人の中には、「とにかく今すぐ会社を辞めたい!」と悩んでいる人もいるかと思います。

もしそのような悩みを抱えているのなら、退職代行サービスを活用してみてください。

退職代行サービスならば、退職の手続きを全て業者が済ませてくれます。

料金さえ支払えば会社に出向かなくてもよいので、嫌な上司と顔を合わせたりする必要もありません。

5万円ほど料金がかかってしまうのですが、『辞めたいけど辞められない…』と身動きが取れなくなっているなら、きっと救いになるはずです。

業界大手の「EXIT(イグジット)」が安くておすすめなので、本当に困っている人は、ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.本当にやめるべき?【辞めてもいい人・ダメな人】

「会社を辞めたい」と思っても、 「本当に辞めてもいいのかな?」と悩みますよね。

実は「辞めてもいい人」と「ダメな人」がいます。

会社を辞めて転職した人の4分の1は後悔しているという調査結果があるからです(参考:転職会議Report『転職に関する意識調査』)。

辞めてよかったと思える人は「辞めてもいい人」、後から辞めなければよかったと思う人は「ダメな人」と言うことができます。

ここでは、「辞めてもいい人」「ダメな人」の特徴を紹介します。

あなたがどちらに当てはまっているのかチェックしましょう。

1-1.会社をやめてもいいのはこんな人

会社を辞めてもいいのは次の人です。

  • 人間関係で悩んでいる人
  • 心身ともに限界の人
  • 他のやりたいことがある人

順番に見ていきましょう。

その1「人間関係で悩んでいる人」

人間関係のストレスが限界に達している人は、会社を辞めてもいい人です。

一緒に働く人は、仕事のモチベーションを左右する重要な存在だから。

パワハラ上司や、仕事を押し付けてくる同僚、さぼり癖のある部下など、 職場の人間関係で悩む人は少なくありません。

たとえどんなに自分が頑張ったとしても、他人を変えることはできません。

精神的な負担を考えると、いつまでも人間関係で悩み続けるよりも、新しい環境で頑張ることをおすすめします。

ただし、部署異動や転勤などで人間関係を一新できるのであれば、少し考えたほうが良いです。

上司や人事に交渉することで、会社を辞めることなく、ストレスの原因を取り除ける可能性があります。

その2「心身ともに限界の人」

仕事や人間関係のストレスが原因で、心身ともに限界の人は、会社をやめてもいい人です。

心や体に不調をきたしてまで、やらなければならない仕事はありません。

特に、うつなどメンタル面に不調をきたしている場合、元の状態に戻るには長期の休養が必要になります。

ストレスの原因が会社そのものの体制や人間関係など、復職後も変わらない場合は退職を検討しましょう。

その3「他にやりたいことがある人」

他にやりたいことがある人は、会社を辞めてもいい人です。

たとえそれが今よりも給料の下がる仕事や、実現するのが困難な目標であったとしても、 あなたが真剣に「やりたい」と思うことならやりがいを感じながら働くことができます。

やりたいことを仕事にできれば、今よりも仕事に対するモチベーションがアップすることは間違いありません。

スポンサーリンク

1-2.やめるべきではないのはこんな人

会社を辞めるべきではないのは次の人です。

  • 仕事の内容が合わない人
  • 寿退社したい人
  • 介護のために辞める人

順番に説明していきます。

その1「仕事の内容が合わない人」

「仕事の内容が合わないから辞めたい」という人は、辞めるべきではありません。

「今の仕事が向いていない」「面白くない」という理由で辞める人の多くは、次の職場でも結局同じ理由でつまづいてしまいます。

特に新入社員など若手の多くが「合わない」という理由で辞めています。

しかし、仕事というのは、本気で取り組んでみて初めてその仕事の面白さに気付くものです。

1~2年はやめずに今の仕事に向き合ってみましょう。

その2「寿退社したい人」

「寿退社したい人」は、辞めるべきではありません。

寿退社することで、これまでのキャリアが途絶えてしまうからです。

専業主婦になった後、何らかの理由であなたが働きに出たい、あるいは働かなくてはいけない状況になった場合を考えてみてください。

数年のブランクがある主婦が、以前と同じ条件で再就職できることは難しいです。

「結婚して辞めたい」と現実逃避するよりも、いかに仕事上のストレスを少なくするかに目を向けましょう。

その3「介護をするために辞める人」

40代以降の人に多いのが、親や祖父母の介護を理由に会社を辞めるというものです。

しかし、 介護を理由にして会社を辞めるべきではありません。

介護には人手が必要なのはもちろんなのですが、同じくらいお金も必要だからです。

介護を始めてしばらくは親の年金や自分の退職金などでなんとかなるかもしれません。

しかし、親の状態が悪化するなど、より手厚い介護が必要になったり、施設に入るということもありえます。

そうなれば、 毎月多額のお金が必要になります。

また、親が亡くなったあと再就職しようと思っても、なかなか再就職先は見つからないのが現実です。

会社を辞めるべきか否かは、「介護中のお金」と「介護後の生活」を考えた上で判断してください。

2.会社をやめたい”リアルな”理由

会社を辞めたいと思っているけれど、「本当にこんな理由で辞めてもいいの?」と不安に感じていませんか?

安心してください。ほとんどの人が「建前の理由」とは別に「リアルな理由」を持っています。

よほど親しい関係でない限り、「リアルな理由」を話してはくれません。

ここでは、会社を辞めた人が「辞めたい」と思った「リアルな理由」を5つ紹介します。

  • お金
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 労働時間
  • 社風

ひとつずつ詳しく説明します。

2-1.「お金」

辞めたい理由で最も多いのは「お金」や「福利厚生」についてです。

「こんなに頑張っているのに、これだけ!?」となると、仕事に対するやる気もどんどん無くなってしまいますよね。

給料の低さは生活そのものにもダイレクトに影響するだけに、皆さんシビアに考えているという結果が表れています。

スポンサーリンク

2-2.「人間関係」

2つ目は、上司や同僚、後輩などとの人間関係に関する理由です。

特に上司との人間関係に悩んでいるという人が多く、悩みも深刻です。

上司に対しては、理不尽なことで怒られたとしてもなかなか言い返すことができません。

積もり積もった人間関係のストレスが限界に達し、「辞めよう」という考えに至るというパターンが多いです。

2-3.「仕事内容」

3つ目は、仕事の内容に関する理由です。

社会人は1日の大半を仕事をして過ごします。

その 仕事の内容に不満を感じていると、「自分の人生はこれでいいのか…?」と、生き方そのものに疑問を感じることに繋がります。

「お金のために働いている」と割り切れるなら、合わない仕事でも続けることができるかもしれませんが、そうでない人は「辞めたい」と考え始めます。

2-4.「労働時間」

4つ目は、労働時間に関する理由です。

長時間労働が続くと、体調を崩したり、付き合いが悪くなり、友達とも疎遠になってしまったり…。

ワークライフバランスを大切にしたい、と考えたときに「辞めたい」と考え始める人が多いです。

スポンサーリンク

2-5.「社風」

5つ目は、社風や職場の雰囲気に関する理由です。

実際に入社して働いてみると、それまでには見えなかった内部事情が分かってきます。

社風は個人の努力で変えることが難しいため、合わないと感じた場合は「辞めたほうがいいのでは…?」と考える人が多いです。

3.会社をやめると決めたら|退職までの手順

会社を辞めると決めたら、次は退職のための手続きを進めましょう。

円満に退職するためには、報告や手続きの順番を間違えてはいけません。

以下が、一般的な退職の手順です。

  1. 退職後どうするか考える
  2. 上司に退職の意志を伝える
  3. 退職届を提出する
  4. 引き継ぎ等を行う
  5. 有給を取る

順に確認していきましょう。

STEP1:退職後どうするかを決める

まずは退職後の身の振り方をしっかりと考えて決めておきましょう。

退職後のプランを立てないままに辞めてしまうと、「やっぱり辞めなければよかった」と後悔することがあるからです。

しばらくは休養を取ってから再就職を目指すのか、空白期間無しで次の会社に転職するのか、夢を追いかけるのか…。

大切なのは、あなた自身が今の会社を辞めた後の生活を思い描けるかどうかです。

色々な選択肢がある中で自分にとってベストな道を選択できるよう、慎重に考えましょう。

スポンサーリンク

STEP2:上司に退職の意志を伝える

次は、直属の上司に退職したいという意志を伝えましょう。

タイミングで注意すべきなのは、以下の2点です。

  • 会社の繁忙期は避ける
  • 退職の2カ月前には伝える

繁忙期に退職の相談をすることは、上司にとっても迷惑ですし、忙しすぎて退職の話がスムーズに進まない可能性もあります。

業種や職種にもよりますが、 引き継ぎの時間を十分にとるためにも、出来るだけ早めに伝えるようにしましょう。

一般的には、何度かの面談を経て退職を認めてもらえます。

しかし、身体的・精神的問題ですぐに退職したいという場合は、法律的に2週間前に退職の意志を伝えればOKです。

それでも辞められない場合は、労働基準監督署へ相談してください。

管轄の監督署に退職が認めてもらえないことを相談すれば、会社に対して指導をしてくれます。

上司に退職を認めてもらえたら、次は「退職願」を提出しましょう。

退職願は、「退職させてもらえませんか」とお願いするためのものです。

退職願は基本手書きで、直属の上司に手渡します。

組織によっては所定の用紙やフォーマットがある場合もあるので、確認しておきましょう。

STEP3:退職届を提出する

「退職願」が受理されたら、次は 「退職届」を提出します。

テレビなどでは、いきなり退職届を突き付けるなんてシーンがありますが、それは社会人のマナーとしては絶対にNGです。

退職届は「退職します」と宣言するためのものです。

円満に退社するためにも、きちんと順序立てて行動するようにしましょう。

退職届も、退職願と同様、手書きのものを直属の上司に手渡します。

STEP4:引き継ぎを行う

会社を辞める上で一番大切なのが、引き継ぎです。

引き継ぎをおろそかにしたまま辞めるのは、社会人としてマナー違反であることはもちろん、会社に残った人にも多大な迷惑がかかります。

引き継ぎの際は、社内だけではなく社外の取引先への挨拶も忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

STEP5:有給をとる

退職前には、残っている有給休暇を消化して辞めるのが一般的です。

しかし、 上司や同僚に対する申し訳なさから有給を消化せずに退職する人もいます。

有給は社会人として当然の権利です。

退職日を決める際には、きちんと有給の残り日数を確認して、有給を消化できるようにしましょう。

会社の辞め方完全マニュアル!円満に辞める5つの手順を丁寧に解説

2018.11.20

4.会社をやめる際の注意点

「会社を辞める」と決める際には、以下の2点を注意しましょう。

  • 一人で決めない
  • 辞めるリスクを認識しておく

順番に説明していきます。

4-1.一人で決めず周囲の人に相談する

会社を辞めるかどうかの決断をする際には、自分ひとりで決めるのではなく、家族や友人、信頼できる上司や同僚に相談するようにしましょう。

一人だけで考えていると、どうしても考えが固執してしたり、冷静な判断ができなくなってしまうからです。

第三者の意見を聞くことで、自分の今の状況や今後の人生を客観的に捉えることができます。

スポンサーリンク

4-2.やめる「リスク」を認識しておく

「会社を辞める」ことは、以下のリスクを伴います。

  • 収入が無くなる
  • キャリアが途絶える
  • 保険等の手続きが必要になる

順番に説明します。

その1「収入が無くなる」

会社をやめる上での一番のリスクは収入が無くなることです。

転職先がすでに決まっている場合は心配ありませんが、そうでない人には無収入の期間が発生してしまいます。

「失業保険をもらえるのでは?」と思うかもしれませんが、自己都合退職の場合、3カ月の給付制限期間というものがあるのです。

つまり、退職してから3カ月は失業保険をもらうことができません。

その間の生活費などは、貯金を崩す必要があります。

その2「キャリアが途絶える」

会社を辞める時は、今までのキャリアが途絶えるというリスクを考えなければなりません。

ブランクの理由や期間の長さにもよりますが、空白の期間があると、再就職の際に不利になることがほとんどです。

また、 何度も退職を繰り返している場合は、「続かない理由が本人にあるのではないか」と思われがちです

退職回数は多くなるほど悪いイメージを持たれるリスクが高くなります。

安易に退職を繰り返すことはおすすめできません。

その3「保険等の手続きが必要になる」

次の再就職先を決める前に辞めてしまうと、保険や年金などの手続きを全て自分で行わなければいけません。

今までは会社が全てやってくれていたことを自分でやるというのは、時間も労力も使います。

前もって必要な手続きを確認しておきましょう。

以下が、退職時に必要な手続きです。

  • 国民健康保険への切り替え(市町村の保険窓口で手続き)
  • 国民年金への加入(市町村の年金窓口で手続き)
  • 住民税の納付(退職時に一括納付か、普通徴収かを選択。普通徴収の場合、送付された納付書を使って納付)

特に、健康保険は自分で手続きをしなければ無保険の状態になってしまうので注意しましょう。

無保険だと、怪我や病気になったときの医療費が全額自己負担となってしまいます。

以上が会社を辞めるリスクですが、実は これらのリスクを回避する方法があります。 それが「転職」です。

5.転職するなら|転職活動の方法

会社を辞める人の多くは、退職のタイミングに合わせて転職を検討します。

次の仕事先を決めておくことで、安心して会社を辞めることができるからです。

ここでは、転職活動の方法について説明していきます。

5-1.転職活動のタイミング

転職活動のタイミングには3パターンあります。

  1. 退職してから転職活動する
  2. 転職活動と退職手続きを並行する
  3. 転職が決まってから退職する

転職活動をするなら③のタイミングがおすすめです。

先に転職先を決めておくことで、精神的な余裕が生まれるからです。

以下に、それぞれのタイミングのメリット・デメリットを説明していきます。

1.退職してから転職活動する

一つ目は、とりあえず退職してから転職活動をするというパターンです。

一刻も早く今の会社を辞めたいという人は、このパターンを選びます。

メリット:辞めたいと思ったらすぐに辞めることができる。

デメリット:収入の無い期間が発生する。

無収入の期間がいつまで続くか分からないというのは、ものすごく不安なことです。

「とにかく今すぐ辞めたい!」という強い気持ちがある人以外には、このパターンはおすすめできません。

2.転職活動と退職手続きを並行する

二つ目は、転職活動をしながら退職手続きを進めるパターンです。

転職活動と退職の手続きや引き継ぎなどを同時進行しなければならないので、非常に多忙になる恐れがあります。

メリット:転職先が早く決まれば、効率よく退職・転職することができる。

デメリット:退職までに転職先を決めなければというプレッシャーから、転職先を妥協したり、無理矢理決めてしまうことがある。

「行きたい会社が決まっている」などの理由で、転職活動が短期間で終わる見込みのある人にはおすすめのタイミングです。

しかし、そうでない人は、 転職活動と退職手続きのタイミングが重なることは避けた方が無難です。

3.転職が決まってから退職する

三つ目は、転職先を決めてから退職手続きを進めるパターンです。

転職希望で会社を辞める人の多くが、このパターンを選択します。

メリット:収入や保険関係の空白期間が無い。

デメリット:転職が決まるまで今の職場を辞められない。

じっくりと転職先を探すことができるので、自分の理想に合った会社を見つけることができます。

始めから転職するつもりならば、このタイミングで転職活動をするのがベストです。

スポンサーリンク

5-2.転職エージェントを活用しよう

知人のツテやコネクションがない限り、自分の力だけで転職活動をするのには限界があります。

そこでおすすめなのが 転職エージェントを使うことです。

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつで、求職者と企業双方にとってメリットとなるサービスを展開しています。

転職希望者が転職エージェントを利用するメリットには以下のようなものがあります。

  • 無料で利用できる
  • 希望や適性に合った企業を紹介してくれる
  • 非公開の求人を紹介してくれる
  • 給与や待遇などの条件交渉を代行してくれる

これ以外にも、「本当にいま転職すべきか?」「家族にどのように伝えればいいのか?」など、 転職にまつわる悩みならなんでも相談に乗ってくれます。

転職活動を行う上で、心強い味方になってくれること間違いなしです。

おすすめの転職エージェント

初めての転職の場合「どの転職エージェントに登録すれば分からない」という人も多くいます。

そんな人には、求人数の多さ・サービスの質で評価の高い以下の2社への登録をおすすめします。

doda:口コミ評価◎。バランスの良い転職エージェント。

リクルートエージェント:老舗の転職エージェント。求人数の量・質ともにトップクラス。

転職エージェントでは、担当コンサルタントの相性や質が重要です。

必ず複数の転職エージェントに登録して、面接を受けるようにしましょう。

6.まとめ

以上、会社を辞めようかどうか悩んでいる人が知っておくべきポイントを紹介しました。

会社を辞めるというのは、人生にとって非常に大きな選択です。

後から後悔することのないように、この記事で紹介したことを参考にして、自分が本当に納得した上で決断するようにしてくださいね。

  • スポンサーリンク