給料安いの基準はいくら?安い人にありがちな4つの理由と5つの対策

仕事の悩み・相談

友達と話していて「自分の給料が安すぎる!」と感じたことはありませんか。

「毎日毎日真面目に働いていて、残業もしているのに同年代の友達の方が給料が高い」となると仕事へのモチベーションが上がりませんよね。

あなたの性別や年齢だと、給料がいくらだと「給料が安い」というレベルになってしまうのでしょうか?

この記事では、性別・年代別・業種別などの平均給料、給料が安い理由と対策、給料をアップできるオススメの仕事を紹介します。

スポンサーリンク

1.「給料安い」と嘆く前に知りたい平均給料

「同い年なのに、どうして給料の差がつくんだろう」、と考えたことはありませんか?

もちろん大企業と中小企業という企業の規模の違いや、働いている業種の違いもありますが、会社によって給与体制に違いがあります。

月給制以外の給与体制には、以下の2つがあります。

給与体制 仕組み 仕事例
出来高制 作業量や成果物で給料が変わる 営業、ドライバー、職人
年俸制

一年の成績から次の年の年収を交渉して決める

プロスポーツ選手、海外企業、大手企業

給与体制の違いはともかく、自分と同い年の人は、実際どれぐらい給料をもらっているのかは詳しく知りたいですよね。

ここでは性別や年代、地域や業種によってもらえる給料の平均について、実際のデータから見ていきましょう。

性別

ここでは男女共に、正規雇用の場合の給料を年収でご紹介します。(単位:万円)

  20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
男性 252万円 298万円 347万円 389万円 430万円
女性 242万円 270万円 289万円 305万円 314万円

男性と女性では初任給の時点ですでに差があります。

また女性の場合、出産や育児で休職することもあり、その分昇給もあまりないのが現実です。

(参考資料:平成29年度賃金構造基本統計調査(厚生労働省))

  • スポンサーリンク

  • 学歴別

    続いては、学歴別の平均年収を見ていきましょう。(青:男性、ピンク:女性)

      20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
    大卒・院卒 272万円 317万円 386万円 444万円 512万円
    高専・短大卒 245万円 283万円 320万円 360万円 393万円
    高卒 241万円 275万円 305万円 339万円 375万円
    大卒・院卒 264万円 294万円 329万円 363万円 404万円
    高専・短大卒 241万円 266万円 285万円 303万円 318万円
    高卒
    220万円 232万円 242万円 253万円 260万円

    学歴は初任給でまず差が出るため、昇給したとしても差が縮まることはありません。

    ただし 男女別で見ると、女性は昇給の幅が狭く、それほど給料が上がっていないことが分かります。

    さらに役職手当などが付くと、男女間の給料の差はさらに開きます。

    地域別

    都道府県の地域別で給料を見てみましょう。

    全国の平均月収は30万4千円。

    この平均より上回っているのは、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府の6都府県となっています。

    トップ5とワースト5をそれぞれ比較してみましょう。(単位:円)

    <トップ5>

    地域 東京都 神奈川県 大阪府 愛知県 京都府
    給与(月収) 377,500円 329,800円 326,100円 318,300円 311,600円

    <ワースト5>

    地域 青森県 宮崎県 岩手県 秋田県 沖縄県
    給与(月収) 234,800円 235,500円 236,800円 240,800円 244,400円

    首都圏に比べると地方は給与が低い傾向にあります。

    ただし東京都は全国平均以上であることだけでなく、全国でも抜きん出ており、平均を引き上げています。

  • スポンサーリンク

  • 業種別

    業種別では男性が金融業・保険業の給与が高く、女性では教育・学習支援業の給与が高くなっています。

    逆に給与が低いのは宿泊業・飲食サービス業です。

    年齢別、男女別に業界別の年収を表で見てみましょう。(単位:万円)

    <男性>

    業種 20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
    建設業 262万円 307万円 363万円 396万円 438万円
    製造業 244万円 284万円 327万円 366万円 405万円
    情報通信業 280万円 329万円 397万円 453万円 528万円
    運輸業・郵便業 253万円 291万円 321万円 345万円 361万円
    卸売・小売業 251万円 293万円 347万円 397万円 439万円
    金融業・保険業 271万円 343万円 464万円 576万円 658万円
    学術研究・専門技術・サービス業 266万円 326万円 401万円 465万円 531万円
    宿泊業・飲食サービス業 226万円 270万円 300万円 332万円 360万円
    生活関連サービス業・娯楽業 240万円 279万円 322万円 368万円 391万円
    教育・学習支援業 267万円 317万円 393万円 466万円 525万円
    医療・福祉 255万円 307万円 345万円 389万円 428万円
    サービス業(その他) 247万円 276万円 302万円 332万円 355万円

    <女性>

    男性よりも女性の方が昇給の幅が狭く、業種によっては出産や育児のため、給与が前よりも下がる業種もあります。

    業種 20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
    建設業 239万円 269万円 271万円 288万円 303万円
    製造業 221万円 246万円 258万円 269万円 279万円
    情報通信業 277万円 308万円 342万円 368万円 410万円
    運輸業・郵便業 238万円 263万円 274万円 276万円 278万円
    卸売・小売業 239万円 266万円 284万円 300万円 304万円
    金融業・保険業 248万円 283万円 332万円 344万円 353万円
    学術研究・専門技術・サービス業 252万円 298万円 332万円 348万円 383万円
    宿泊業・飲食サービス業 221万円 243万円 255万円 262万円 262万円
    生活関連サービス業・娯楽業 234万円 261万円 278万円 286万円 281万円
    教育・学習支援業 246万円 282万円 326万円 356万円 400万円
    医療・福祉 254万円 282万円 298万円 316万円 327万円
    サービス業(その他) 238万円 248万円 255万円 266万円 269万円

    2.給料が安い人にありがちな4つの理由

    先にご紹介した平均の給与を見て、「やっぱり私の給料は安すぎる!」と思いましたか?

    会社の規模によっても給与は変わってきますので、必ずしも平均に届かないからといって会社が悪いとも言い切れないのですが、明らかに給与をコストとして下げている会社も存在します。

    頑張って働いているのに給料が安いのはなぜなのか、その4つの原因をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 理由1.仕事内容と給与が見合っていない

    明らかに仕事の量が多く、毎日一人でさばききれないような量の仕事をこなしているにも関わらず、給与が安いことがあります。

    これは、 あなたの働いている業界が競争が激しい場所であることが原因です。

    ライバルの多い業界だと、なるべく他より安くしなければならないため、商品などを大量に作る必要があります。

    そのため働いても働いても仕事が終わらないにもかかわらず、給与は変わらないという状況になってしまいます。

    もしあなたの仕事量が多く、どれだけ頑張っても給料が上がらないのであれば、
    早めに転職をしてしまいましょう

    少し悲しいことですが、「どれだけ頑張っても給料に反映されない職場」で働き続けたとしても、あなたの努力が報われる可能性はかなり低いのです

    転職のポイントについては記事の後半で解説していきますね。

    理由2.時給に換算してみると平均値より低い

    月給で給与をもらっていても、時給に換算するとアルバイトやパートの人の方が高かった、ということもよくあります。

    正社員の場合は、保険や年金など、引き落とされるお金が多いため、実際の手取りの金額が少ないということもよくあります。

    ただし住んでいる地域の最低賃金(厚生労働省:地域別最低賃金の全国一覧)を見て、あまりにも低すぎる場合は問題です。

    全国平均では874円ですが、鹿児島県は761円、青森県、岩手県、秋田県、鳥取県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、沖縄県は762円です。

    東京都の985円、神奈川県の983円と比べてもかなり差があります。

    (最低賃金は平成30年10月に改訂されました)

  • スポンサーリンク

  • 理由3.業種や業界で給料に対する水準が違う

    業種や業界によっては、給料を元々低めに設定している会社もあります。

    その会社が儲かっていれば、給与にも反映されると考えがちですが、会社内の備品や機械などに投資をすることを優先している場合は、給与は低くなる傾向にあります。

    また、逆に会社が儲かれば、その分給与に反映させる会社もあります。

    特に、会社全体で費用がかかる傾向のある製造業や建設業、運輸業などは給与が低くなる傾向にあります。

    理由4.残業代がつかない

    会社によっては「みなし残業」といって、残業代を先に決めておいて、その範囲内であれば残業代がつかない制度を設けていることがあります。

    「みなし残業」とは、先に手当てとして給料に含まれているから支払わない、ということ。

    会社によっては定時でタイムカードを打刻してその後も仕事をさせるブラック企業もあるので、「おかしいな?」と感じるなら自分の出退勤時間を記録しておきましょう。

    また「みなし残業」の範囲外を超えているにも関わらず、残業代を支払わない会社もあります。

    このように残業代がつかないことは、違法である場合も考えられます。

    残業代を取り戻したい方は、「固定残業代を上回る残業代が出ないのは違法?残業代を取り戻す方法」も参考にしてみてください。

  • スポンサーリンク

  • 3.給料が安い人が給料をアップするための5つの対策

    「給料が安い会社だから仕方がない」、とあきらめる前に、自分でできる給料アップの方法を試して見ましょう。

    給料が安いことをあきらめてしまったら、そのままずっと友達と比べて落ち込んだり、給料が少ないことでできないことを後悔することの繰り返しです。

    せっかくの自分の人生、お金に悩む毎日はもったいないですよね。

    すぐできる給料アップの方法として、以下の5つの方法があります。

    対策1.スキルアップする

    資格を取り、スキルアップするのが給料アップにすぐ効果のある方法です。

    会社によっては、資格手当が付くことがあります。

    また、資格を取っておくことで、別の部署で仕事を任されたりとステップアップできる可能性もあるので関係する資格をチェックしておきましょう。

    今の会社で必要な資格を取るのもおすすめですが、今後のことを考えて幅広く活用できる資格を取っておくのもおすすめです。

    どの資格を取っておけばいいのか分からない、という場合は、「転職に有利に働くおすすめ資格一覧!年収アップのポイントは?」を参考にしてみてください。

    対策2.会社に給与交渉する

    同じ業種や同じ年齢の人と比べて、あまりにも給料差がある場合は会社に交渉してみましょう。

    会社内に組合がある場合は、給与アップの交渉をしてもらえないか相談する方法もあります。

    ただし給与交渉をする場合には、自分が会社に貢献しているという実績がないと難しく、「年齢が上がれば給料も上がる」と言われ、かわされる可能性もあります。

    まずは上司に交渉し、粘り強く給与アップのアピールを続けることも大切です。

    対策3.副業する

    休みの日に副業をすることで、収入をアップさせることが可能です。

    副業には簡単に稼げるものから、それなりに収入がアップするものがあります。

    一例をご紹介します。

    • アンケート、モニター、覆面調査員、商品モニター
    • 株式や不動産の投資
    • 輸入、輸出ビジネス、転売、せどり
    • カーシェア、民泊
    • イベントスタッフ
    • スマホ画面のシール貼り、封筒のあて名貼り
    • データ入力、テープ起こし
    • 代行、代理出席
    • ハンドメイド
    • WEBライター、校正、翻訳

    ここにご紹介したのはほんの一部で、副業は多岐にわたります。

    会社に登録する必要があるもの、在宅で電話やスマホ、パソコンがあればできるもの、初期投資が必要なものなどさまざま。

    ただし会社が副業禁止の場合には、後から発覚すると問題になることもあるので注意が必要です。

    また、副業で本業より稼いでしまうと、税務署に申告の必要が出てきます。

    副業をする場合は、申告の必要がない年間20万円以下に抑えることを心がけ、副業に入れ込んで本業がおろそかにならないようにしましょう。

    対策4.節約する

    収入が増える見込みがないのなら、手っ取り早く出ていくお金を節約する方法もあります。

    この場合、食費や雑費などを節約しがちですが実はそういった節約はそれほど効果はありません。

    おすすめは携帯電話や保険、家賃など節約すると大きく節約が可能な「固定費」を見直すこと。

    特に家賃に関しては、「年収に対しての適正家賃はどのくらい?住居費への考え方を解説!」を参考に、見直すことをおすすめします。

    対策5.転職する

    年収が上がる見込みがない、交渉しても給与を見直そうとする姿勢がない、そんな会社は早めに見切りをつけて 年収が高い会社に転職するのが一番です。

    世の中にはあなたと同じ業務をしていていながら、もっと高い給料をもらっている人もいます。

    もっと待遇の良い会社に移ることは、会社員として働くあなたの権利です。全く悪いことではありません。

    少しでも不満があるのなら、現状と将来を変えるために、今よりも給料が高い会社を探してみてください。

    「でも、何から始めたら…」と悩んでしまう場合は、まずは転職エージェント(キャリアアドバイザーがサポートしてくれるサービス)に登録してみるのが賢い選択です。

    転職エージェントなら、無料で転職の相談に載ってもらえますし、あなたの希望に合う求人をコンサルタントが厳選して紹介してくれます。

    そのため、会社の業務で忙しくても希望に合った求人を探すことが可能です。

    まだ本格的に転職を考えていないならば、「doda」を使ってみることをおすすめします。

    「doda」は転職エージェント業界では「リクルートエージェント」に次いで2番目に求人が多い転職サービスです。

    リクルートエージェントもおすすめなのですが、こちらは”3ヶ月の利用期限”があるので、転職を本格的に考えていない人は「doda」のほうが焦らず求人を探せるでしょう。

    「doda」を確認してみる check!!

    DODA

    リクルートエージェント
    対応地域 全国
    求人数 64,000件
    非公開求人 100,000件
    おすすめな人 10万件以上の幅広い求人の中から希望の求人を探したい人。 転職者満足度No.1のサポートを受けたい人。
    おすすめポイント
    • 業界トップクラスである10万件以上の求人を保有
    • 転職を支援してきた実績も豊富で、サポートが充実している

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント
    対応地域 全国
    求人数 50,000件
    非公開求人 200,000件
    おすすめな人 25万件の幅広い求人の中から自分にぴったりの仕事を見つけたい人。

    おすすめポイント
    • 業界最多!25万件の求人を保有
    • 書類作成から面接対策まで、充実した転職サポートを受けられる

    4.給料アップが見込めるオススメの仕事8つ

    「今の仕事よりも給与が良い会社に転職したい」、と考えても、今あなたが働いている業界が給料に対して積極的に改善を考えていない場合、転職しても給料はそれほど変わらない可能性があります。

    資格を取るにしても、より給料がアップする資格を取る必要があります。

    そこで具体的に、確実に給料がアップする仕事を見ていきましょう。

    プログラマー

    プログラマーの平均年収は、会社の規模によって違いがありますが300万円から400万円です。

    プログラム言語を使ってプログラムを組み、システムやソフトウェアを作るのが仕事です。

    またWEBサイトを作ったり、スマホのアプリケーションを作るのもプログラマーの仕事の一つ。

    専門の機関でプログラムの勉強をする方法もありますが、未経験で会社に入り、現場で働きながらプログラミングを学び、働いている人もいます。

    WEBデザイナー

    WEBデザイナーの平均年収は、会社で働いている場合には300万円から400万円。

    フリーランスで仕事をしている場合は、250万円から、熟練の人の場合は400万円を超える人もいます。

    WEBサイトのデザインや構築をおこない、実際にサイトも作成するのが仕事です。

    クライアントと交渉しながら、求められるサイトを作り、その動作確認などもおこないます。

    デザイン能力と共に、コミュニケーション能力も求められる仕事です。

    専門の機関で学んでいれば、即戦力として採用されることが多く、将来的にディレクターやプロデューサーになると年収も大幅アップします。

    会計士

    会計士は会社で雇われている場合、また会計事務所で働く場合とあり、年収は会社や事務所の規模によって違いがありますが平均して年収800万円から1,000万円です。

    「公認会計士」という国家資格を持ち、会社の監査業務やコンサルティング業務、税務業務に関わります。

    資格を取り、会計事務所に所属して会社に出向して仕事をします。

    会社には、公正な取引を行なっていることを株主に公表する義務があります。

    この書類を作成するのが会計士の役割です。

    また会計士の資格があれば、「企業内会計士」として相手企業の財務状況を調査するといった働き方も可能です。

    秘書

    秘書は専門性の高い仕事であり、ついている相手の役職により年収にも違いがあります。

    正社員秘書の場合は平均年収は300万円ほどですが、社長秘書の場合は年収500万円を超えることもあります。

    会社の役員や政治家、また弁護士や大学教授といった多忙な人について、スケジュール管理や交渉、接客などでサポートする仕事です。

    会社に対しての知識やビジネスマナーなど、経験が求められるため、新卒で秘書として採用されることはあまりなく、事務などから異動するといった形で採用されます。

    秘書技能検定や国際秘書検定の資格を持っている場合や、経験者だと採用されやすくなります。

    法務

    法務の年収は、会社規模にもよって違いがありますが、350万円から750万円、専門性が高い人の場合には800万円を超えることもあります。

    会社に関わる法律関係の仕事に携わるのが法務です。

    契約の条文をチェックし、株主総会の運営、社内の法律相談の窓口、弁護士とともに訴訟や交渉に対応するなど、法務の仕事は多岐にわたります。

    法務の仕事には資格があればあるほどいいのですが、実務に関わるのであれば「ビジネス実務法務検定1級」や「行政書士」の資格があると有利です。

    特に「行政書士」の資格を持っていると、国の機関との交渉が可能になるので社会的にも認められやすくなります。

    さらに「司法書士」の資格があれば、会社を代表して手続きをおこなうため、会社における地位も高くなり年収もアップします。

    学校事務

    学校事務の年収は、公立学校の場合と私立学校の場合でも変わってきます。

    公立の場合は年収は300万円から600万円程度ですが、人気の私立の場合は1,000万円を超えることもあります。

    小中高校、大学、専門学校など教育機関で施設管理、総務、経理などの業務をおこないます。

    施設によって業務内容は多岐にわたりますが、事務処理や会計の知識なども身につきますし、英語が必要となる学校も多いので、将来的に英文事務といった仕事をすることも可能です。

    未経験でも働くことは可能ですが、パソコンを使った業務も多く、基本的なパソコンスキル、簿記の資格があると有利になります。

    医療事務

    医療事務の年収は平均で250万円から350万円ですが、地域や病院の規模によっては平均180万円からというところもあります。

    病院や個人病院など医療機関の事務をおこなう仕事です。

    受付で患者の応対をするほか、会計や診療報酬の請求書類の作成など仕事は多岐にわたります。

    パソコンの基本的なスキルも必要ですが、コミュニケーション能力も求められます。

    国家資格ではありませんが、「医療事務」の資格を取ることで、基本的な知識を得られるので、就職の際にも有利です。

    薬剤師

    専門性の高い薬剤師の平均年収は、550万円から590万円となっています。

    薬剤師は、医薬品に対する知識を持ち、調剤技能を持つ専門家です。

    服薬指導などもおこなうため、病院だけでなく薬局やドラッグストアなど幅広い場所で活躍ができる仕事です。

    薬科大学や大学の薬学部で学んだ後、国家資格を取得する必要があるため、簡単に資格を取ることはできませんが、取得すれば製薬会社で働くことも可能です。

    まとめ

    「給料が安い」、とただ嘆いているだけでは現状は何も変わりません。

    まずは自分がもらっている給料が適正かどうか確認し、必要であれば会社に交渉していきましょう。

    ただし会社によっては給料を単なる「コスト」としか考えず、減らすことを考えていることもあります。

    そういった会社で働き続けていても、将来的に給料が上がる見込みはまずありません。

    給料をもっと上げて欲しいと考えるのであれば、給料が高い仕事に転職する、資格を取るなど行動しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件