人生詰んだと諦める前にやるべきことまとめ!立て直すための考え方や具体案

人生詰んだと思ったときの解決方法や考え方 仕事の悩み・相談

人間は誰しも生きている間、失敗したりトラブルに見舞われたりして問題を抱えます。

とくに1人で打開が難しい状況になると、「人生詰んだ…」とつい考えることもありますよね。

でも実は、視点や考え方を変えて見てみると案外そうでもなかったり、具体的に解決できる制度が定められていたりするものです。

当記事では「人生詰んだ」と思いがちな状況に対し、前向きになれる考え方や具体的な解決方法など、状況を打開するヒントをまとめました。

後半では『人生詰んだ状態からのケース別脱出方法』も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる引き伸ばしてはいないでしょうか?

限界が来る前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数723人!

1.「人生詰んだ」なんて誰が決めた?人生を立て直すための大切な考え方

どんなに人生が順調でも、「解決が難しい」「理不尽すぎる」問題に直面する可能性は誰にでもありえます。

でもそこで立ち止まる前に、「人との付き合い方」や「本当に行政を頼れないか」などを一呼吸おいて冷静に考えてみてください。

本当に人生が詰むなんて事態は、めったにないものです。

まずは「人生が詰んだ」と思ったときにこそ見てほしい、4つの考え方を解説していきます。

追い込まれた状況で1番大切になるのは、誰かが勝手に決めた常識に囚われない広い視野を持つということ。

では以下より、それぞれの考え方について解説していきます。

今すぐつらい現状から脱出したい場合は「2.「人生詰んだ」と感じる5つのケースと解決策」をご覧ください。

人間関係・一般論にこだわりすぎない

「人生詰んだ」と思っている原因が人間関係や一般論に起因するのであれば、一度そのこだわりを捨ててしまいましょう。

「就職」「学校」「恋人・結婚」「友達の数」「コミュニケーション能力」などは、私たちが抱えやすい悩みですよね。

でも、それは世間が勝手に決めた常識です。

2019年現在では結婚の自由化などが進み、あえて「結婚しない・群れない」選択肢も一般的になりつつあります。

また、学校や会社以外にも所属できるコミュニティが増え、SNSの発達で直接会うこともなくコミュニケーションが取れるようになりました。

広い視野を持てば、「会社」や「学校」、もしくは「家庭」以外に自分の心の拠り所が見つかる時代です。

あなたが1番居心地よく感じるところに所属する、または自分で新しく作れば良いのです。

<1人を恥じる必要はない>

1人が好きな人は後ろめたい気持ちになりがちですが、1人が好きなことは恥ではなく立派なあなたの個性です。

事実、「人と話すこと」「外に出ること」で体力や気力を消耗する内向的な人は少なくありません。

「内向型」な人に関する書籍や動画も増えていますので、一度チェックするのも良いと思います。

  • スポンサーリンク

  • 他人の人生と比べない

    あなたの人生はあなただけのものであり、他人と比較する必要や意味はありません。

    幸せは相対的に比較するものではなく、自分の想いや経験をもとにしたあなたの価値観で決まるからです。

    最近はインスタグラムやTwitterなどで、つい羨んでしまうような他人のプライベートを簡単に覗けるようになりましたよね。

    • 妻(夫)が優しくて素敵。幸せ。
    • 今月は〇〇万円稼ぎました!
    • 世界一周の旅、最高に楽しいです。

    他人のキラキラした日常は羨ましく感じるものですが、比較して落ち込んだところで意味はありません。

    それに、その幸せ投稿はうわべだけのポーズの可能性もあり、本当の意味で幸せかどうか判断は難しいです。

    わからないものに時間を奪われるなんて、もったいないですよね。

    他人の人生を生きず、あなたは自分の幸せにために、現状にコミットした行動・休息を取っていきましょう。

    失敗から学べる機会だと思う

    「人生詰んだ」状態のときは、逆に言えばその失敗から新しく学べる良いチャンスとも言い換えられます。

    「一体なぜ今の状況になったのか?」を分析すれば、今後の人生においてプラスの情報になるでしょう。

    人は不幸になると周りのせいにしがちですが、追い詰められた原因は少なからず自分にもあるはず。

    その失敗の原因を解決していくことで、新たな成長やスキルアップを見込むことができます。

    一方、明らかに自分のせいではないときは「俺じゃなくて周りが悪い」と、自分の心を守ることも大切ですよ。

    周りの家族や友人、日本の行政の制度に遠慮なく頼ることをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 法的・行政的に正しい対処法があることを知る

    「もう借金があるから立て直せない」「失業した」と諦める前に、現状に応じた正しい法的・行政的対処法がないか検討してみてください。

    「日本は弱者に厳しい」という論調がありますが、探せば多くの状況に対応している制度があるとわかります。

    たとえば「失業保険」は知っていても、「国民年金や国民健康保険の減免・免除制度」の存在を知らない人も意外と多いです。

    以下に利用できそうな制度を一部まとめましたので、参考にしてみてください。

    <失業・お金関連>

    雇用保険(失業保険)の基本手当 失業中の生活維持・再就職活動を支援する目的で受け取れる手当
    就職促進給付金

    基本手当を受け取っている人が就職した場合に受け取れるさまざまな給付金

    • 再就職手当
    • 就業促進定着手当
    • 各種就業手当
    • 短期訓練受講費 など
    住居確保給付金

    失業などで生活の維持が難しくなった場合、原則3ヶ月間一定の家賃補助を受け取れる制度

    国民年金・国民健康保険の減免・免除 失業などで生活維持が難しくなった場合、支払う国民年金や国民健康保険料を減額、または全額免除できる制度

    (参考:ハローワークインターネットサービス|雇用保険手続きのご案内
    (参考:厚生労働省|住居確保給付金について

    <病気・障害関連>

    特別障害給付金

    国民年金に任意的に入っておらず障害基礎年金を受給していない障害者が国から受け取れる給付金

    障害(補償)給付 仕事や職場への通勤が要因となったケガ・病気が完治、もしくは一定の障害が残ったときに支給される給付金
    高額療養費制度・限定額適用認定 医療費が高額になった場合に自己負担限度額を超えた分だけ受け取れるお金
    特別児童扶養手当 障害が認定された20歳未満の子供を育てている父母に支給する手当

    (参考:障害年金支援ネットワーク

    常識よりも「自分のために素直に生きよう」

    人生でもっとも大切なことは、「他人ではなく自分のために素直に生きること」です。

    あなたの人生は他人のものではなく、たとえ親であってもどうこう言われる筋合いはありません。

    また、愛するものや友達のために全力を尽くしたとしても、それは「あなたがそうしたかったから」であって「あなた自身の満足」が根幹にあります。

    つまりどんな善行を積んでも、あなたの心や体が摩耗しては幸せな生き方とは言えません。

    「人生詰んだ」と考えてしまうときは、まずは他人からの目を無視して「自分が本当にやりたいこと」を突き詰めていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.「人生詰んだ」と感じる5つのケースと解決策

    人生詰んだと感じやすいケースとは?

    ここからは具体的な例を上げながら、「人生詰んだと感じる5つのケース」の特徴や解決策についてご紹介します。

    ネットやSNSでも見かけやすいケースは、主に以下5つのケースです。

    もしあなたの現状に当てはまるのであれば、解決の糸口が見つかるかもしれません。

    ぜひ一度、以下より詳細をチェックしてみてください。

    多額の借金がある

    事業の失敗やギャンブル中毒、その他予期せぬ出来事で多額の借金を背負ってしまった場合、「人生詰んだ」と思ってしまいがちです。

    とくに借金額が大きく膨らんでいる場合、利息の額が大きくなって肝心の借金の総額が減らないことも。

    最近ではクレジットカードの「リボ払い」に安易に手を出し、手数料の支払いに苦労する人も増えてきました。

    もし多額の借金が出来た場合は、「収入を上げる・支出を減らす工夫」「専門家に相談する」など、金銭問題を至急解決できる方法を探しましょう。

    最寄りの弁護士、多重責務であれば金融庁で紹介されている相談窓口に連絡をしてみてください。

  • スポンサーリンク

  • リストラや受験失敗の影響でニート・フリーター

    急なリストラや受験の失敗など、本人の意思に反してニートやフリーターになってしまった場合、「人生詰んだ」と頭をよぎることも多いです。

    将来への悲観、リストラによる劣等感や自信の喪失、収入源への不安などをつい考えてしまいます。

    「一度レールから外れたら復帰できない」という、日本社会おなじみのワードに苦しむことも多いでしょう。

    ただ、2019年現在では正社員への就職のサポートや正社員以外の働き方などが増えてきました。

    以下のような手段で、現状からの脱出を試みることもひとつの手段です。

    • DYM就職」などのニート・フリーターも支援してくれるエージェントを頼る
    • 正社員以外のフリーランス・リモート(在宅)ワークという働き方を選択する

    2019年現在は人手不足の影響もあり、有効求人倍率が1.59まで上がってるなど再就職の門出は少しずつ開かれています。(参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構

    まずは一度、さまざまな情報を収集してみましょう。

    「DYM就職」に就職相談をしてみよう!

    DYM就職

    ニート・フリーターの方が就職活動を始める場合は、まず『DYM就職』に相談してみることをおすすめします。

    DYM就職は、フリーター・ニート・既卒等の正社員就職を支援しているエージェントサービス。

    未経験でも応募できる求人が豊富なため、職歴がない場合でも安心して利用できます。

    また、登録すると担当アドバイザーから親身なサポートを受けられることもメリットのひとつ。

    「内定率96%」という圧倒的な実績も出しているため、就職も失敗しにくいです。

    無料で就職に関するアドバイスをしてくれるので、まずは一度気軽に相談してみてください。

    求人数
    2000件以上
    対象地域 全国
    利用料金 完全無料
    面談可能なオフィス 全国18拠点で面談可能
    詳細・口コミは「DYM就職の解説記事」をご覧ください

    結婚できない・孤独

    恋人ができなかったり、プライベートや会社での人間関係がうまくいかなかったりする人は、孤独を感じ希望が持てないことも多いです。

    男性・女性ともに年齢的な問題や子供の関係で、どうしても焦りや不安を感じることも。

    しかし、自由恋愛やSNSを利用した交友関係などが普及した現在では、まず「結婚しない自由」や「孤独でも恥ではない」という価値観に注目しましょう。

    「結婚や友人がいないのは決して不幸ではない」と知ることが重要です。

    まずは価値観を受け入れた後に、あらためて「自分には友人や恋人が本当に必要なのか」を考えてみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 発達障害で生き辛い

    ADHD(注意欠如多動性障害)やASD(アスペルガー症候群)などの発達障害を持つ場合、どうしても現代社会では生き辛さを感じやすいです。

    • 人の会話に合わせたり空気を読もうとしたりして、余計に疲れてしまう
    • 気をつけていても、どうしても短期的な記憶が飛んでしまう
    • 相手の話に共感できず、自分は人と合わないのではないかと悩む など

    人間関係や業務がうまくいかないと疎外感を覚えやすく、仕事に行くのが嫌になることもあります。

    なにより、疎外感や劣等感からくる「うつ病など精神的な病」などの二次障害も深刻な問題です。

    悩みやすい発達障害と向き合うには、まずは「欠点ではなく特性」と捉え、自分自身の得意・不得意を知ることが先決。

    そこから発達外来など専門医のアドバイスを受けたり、やりやすい仕事方法を試行錯誤したりしながら、「自分が生きやすい生き方」を模索しましょう。

    うつ病などの精神的・身体的な病

    うつ病を始めとする精神・身体的な病気を抱えているときは、どうしても「人生詰んだ」と考えてしまいがちです。

    とくに精神的な病気は周囲の理解も得にくく、つい孤独に感じてしまう傾向があります。

    発達障害と同じく、世間の勘違いや心無い言葉に傷つくこともあるかもしれません。

    しかし、うつ病を始めとする精神疾患は他の病気と同じく、治療が必要な状態であり療養すべき状況です。

    周りの知り合いや医療機関、行政などの力を最大限に借りるようにしましょう。

    どうしようもできない部分に対して、自分が自分を責めることは絶対に避けてください。

    ここまでの解説に当てはまらない環境であっても、「人生詰んだ」と考えてしまうこともあります。

    なぜなら、幸せは自分の価値観が決めるように、悲しいことや辛いことも自分の価値観で決定されるからです。

    他人が気にしない小さな事柄でも、自分にとっては大事に感じるのは自然なことだと知ってください。

    3.「人生詰んだ」と感じるあなたに試してほしいこと

    人生詰んだと思ったときの対処法

    ここからは「人生詰んだ」と思った時に試して欲しい具体的な行動をご紹介します。

    行動するにあたって知っておいて欲しいのは、「現状から一発逆転する方法はない」ということ。

    運良く「ギャンブル・宝くじが当たる」「病気が一発で改善する方法が見つかる」などの可能性も否定できませんが、運にすがって本当に詰んでしまう人も少なくありません。

    確実に現状から脱出するためには、自分の状況を客観的に分析し出来ることを見つけ、少しずつ積み上げることが大切です。

    地道にやるべきことを続けていく行動や姿勢こそ、解決の近道になりますよ。

    以下に具体的な行動をまとめたので、出来ることから試してみてください。

    借金は一度整理し少しずつ返す

    借金は一度整理し、地道に少しずつ返しましょう。

    済できれば信用情報の事故情報(ブラックリスト)も回復できるため、結局は借金の整理・返済だけが問題の解決策となります。

    コツコツ返す姿を見せれば周囲からの信頼も少しずつ取り戻せ、ときに協力的になってくれるかもしれません。

    弁護士に「過払い金請求・任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産などの債務整理」について相談し、今後の予定を立てましょう。

    ヤミ金などで借りての一時しのぎなどは、多重債務などさらに状況を悪化させるので必ず避けてくださいね。

    病気や特性を理解し治療や改善に専念する

    うつ病などの精神疾患や体の病気がある場合は、焦らず治療に専念することが最優先です。

    「将来が不安」「職場に迷惑がかかる」などを考えて無理すると悪化し、結果的にさらに状況が悪くなります。

    辛いときこそ、自分の健康を第一に考えてください。

    法的・行政的に正しい対処法があることを知る」でも説明した行政の支援制度や、相談窓口などを活用してくださいね。

    また発達障害についても、専門外来や精神科などで専門家からのアドバイスを受けられます。

    必要なスキルを身につける

    「人生詰んだ」状態が自分の能力の不足や足りないスキルが起因の場合、それらを身につけるための行動が結果的に近道と言えます。

    コミュニケーション能力が足りないなら練習する、お金が足りないならキャリアアップや副業を進めるなど、具体的な行動に出ましょう。

    スキルを身につける課程であらたな視点や人脈、そして「乗り越えようとした経験」を得られます。

    地力を伸ばして「根本的な原因」を取り除いてあげれば、その後の人生も楽に生きることができるはずです。

    人間関係をリセットする

    「人間関係や環境のリセット」は、「あなたの気持ちのリセット」においても重要です。

    アドラー心理学では「人の悩みはすべて人間関係」とも言われており、人間関係の解消は悩みの解消につながりやすいです。

    もし、「合わなくなってきた」「話がかみ合わない」「会うと疲れる」と感じる人がいるのであれば、一度距離を置いてみましょう。

    心が消耗する相手と無理をして一緒にいる必要はありませんよ。

    また、仕事で付き合いが必要な相手との人間関係で悩んでいる場合は、以下の記事をご覧になってみてください。

    引っ越しや所持品の整理をする

    引っ越しによる生活拠点の移動や思い出の品などの所持品整理などで、物理的に環境を変えてみましょう。

    引っ越せばそれにともなう人間関係のリセットもでき、新しい拠点で心機一転生活を始められますよ。

    また持ち物の整理、いわゆる断捨離を行えば「自分にとって必要なものとそうでないもの」という価値観を見直す良いきっかけになります。

    過去の恋愛や栄光に縁ある品を思い切って捨ててしまえば、過去や未練と決別できるチャンスになるかもしれません。

    転職する

    業務内容や職場の人間関係を変える転職も、さまざまな要素をリセットするきっかけになります。

    まったく新しい仕事や同僚に出会えれば、今までと違った人生を歩めるでしょう。

    また、転職にともなう住居変更が発生すれば、環境も大きく変えられます。

    「違う仕事がしたい」「今の職場が合わない」と感じているのなら、ぜひ転職を検討してみてください。

    少しでも転職に興味があるなら、まずは求人探しを

    ガラっと環境を変えるにあたり、転職はとても有効な手段です。

    とはいっても、いきなり転職活動をするのは勇気が必要ですよね。

    少しでも転職に興味があるのなら、まずは転職サイト「リクナビNEXT」で気になる求人を探してみましょう。

    転職の成功確率を高めるためには、より多くの求人や情報をチェックすることが大切。

    今は転職を迷っている状態だとしても、できるだけ早いうちから求人を探すことが重要なのです。

    「合わない」と違和感を持ちながら仕事を続けると、キャリアチェンジするチャンスをどんどん逃してしまいます。

    リクナビNEXTは無料で利用できる上、登録も3分くらいで完了するので、ぜひ気軽に利用してみてください。

    リクナビNEXT

    リクナビNEXTは、「利用満足度No.1」「おすすめしたい転職サイトNo.1」などに選ばれている人気転職サイト。

    数ある転職サイトの中でも圧倒的求人数を誇っており、たくさんの案件を比較できます。

    また、サイト全体が見やすく操作性に優れている点も大きなメリットです。

    感覚的な操作で求人を検索できるので、自分に合う案件をスムーズに見つけることができますよ。

    少しでも転職に興味があるのなら、リクナビNEXTで気になる求人をチェックしてみましょう。

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    求人数 約36,000件(2020年1月時点)
    対応地域 全国+海外
    利用料 無料
    詳しくは「リクナビNEXTの解説記事」をご覧ください

    働き方を変える

    近年では、正社員以外の多様な働き方やお金を稼ぐ方法が増えてきました。

    たとえばリモートワーク、いわゆる在宅仕事の募集も増え、パソコンやネットさえあればお金を稼げる時代です。

    フリーターやパート仕事と掛け持ちすることで、複数の収入源から安定した生活も狙えます。

    また、SNSなどを駆使して人脈やマーケティングを研究し、将来的にフリーランス(個人事業主)として独立する選択肢も。

    実際にこの記事を書いている筆者も、新卒入社から転職、今はWebライターとして独立したフリーランスです。

    「正社員以外は負け組」と決めつけず、広い視野を持ってさまざまな働き方に触れてはいかがでしょうか?

    4.状況が好転し始めたときに大切なこと

    悪い状況から少しずつ好転しても、引き続きマイペースに対応することが大切です。

    ここで焦って気を抜いてしまったり、逆に張り切りすぎてペースを乱したりしてしまうと、せっかく回復し始めた状況がまた崩れる恐れがあります。

    とくにうつ病は躁状態と鬱状態が交互に続く傾向があるため、元気な躁状態のときに動いてしまうと、鬱状態で気持ちが辛くなるかもしれません。

    それに一発逆転を狙ってまた借金を作ったり、頑張ろうと無理をしすぎてまた気分が落ち込んだりなども考えられます。

    好転し始めたからこそ、一度深呼吸してゆっくり状況を把握するようにしましょう。

    まとめ

    人生詰んだと考えてしまう状況でも、広い視野を持ち冷静に判断すれば解決策や打開策は少しずつ見えてきます。

    借金・病気・孤独に追い込まれたときは、まずは以下のことを意識してみましょう。

    • 世間の目や勝手に決められた常識に囚われない
    • 他人と自分を比べない
    • 行政や法的制度に遠慮なく頼る
    • 自分に素直に生きる

    辛いときほど自分を追い詰めず、悪事や犯罪に手を染めない程度に「自分を最優先」で物事を一度考えてみてください。

    そうすればきっと、前向きに進むことができるようになりますよ。

    ゆっくりマイペースに、あなたの人生を歩んでくださいね。

    <記事内で紹介しているサービス>

    • フリーター・ニートの正社員就職を支援してくれる
      ⇒ DYM就職
    • たくさんの求人をチェックできる転職サイト
      ⇒ リクナビNEXT(登録すれば自己分析も行えます)
  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?