仕事したくない!原因の解決策と退職する方法

仕事の悩み・相談

「仕事したくない…」「会社辞めたい…」

あなたは今、このような悩みを抱えていませんか?

満員電車に乗って仕事に行き、嫌いな上司のもとで仕事する。

こんな毎日が続くと、どうしてもストレスがたまってしまいますよね。

とはいえ、何をしたら状況が好転するのかわからず、不安な気持ちでいるのではないかと思います。

一刻も早くこの状況から抜け出すためには「今の職場で楽しむための努力をする」「転職する」「結婚して専業主婦になる」の3つの方法をとる以外ありません。

今回はその中でも、「専業主婦として早期退職すること」に注目して、辛い仕事の日々から抜け出す方法を解説していきます。

仕事がしたくないと悩んでいるだけでは、状況は変わりません。

ぜひ、本記事を読んで、できることからアクションを起こしてみてください、

スポンサーリンク

1.「仕事をしたくない」と感じるのは当たり前

毎日大変な日々を繰り返していると「仕事したくない」と思ってしまいますよね。

「周りの人たちはなぜ毎日仕事を続けられるの?」「仕事をしたくないのは私だけ?」とモヤモヤした気持ちが止まらなくて、辛い毎日を過ごしているのではないでしょうか。

ですが、仕事をしたくないのはあなただけではありません。

むしろ、当たり前といっても普通です。以下のデータを見てもわかるように、 日本人で仕事を面白いと思っている人は2005年の調査だと、10%近くしかなかったという報告もあります。

出典: https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/08/dl/02_0001.pdf

実際に、仕事をしたくないと思っている人はこんな意見も。

仕事がしたくないと「自分はダメな人間だな…」と悲観的になってしまいます。

しかし、案外ほとんどの人が、仕事をしたくないことを我慢しながら働いているんです、

そのため、仕事がしたくないことに対して、余計な焦りや不安を感じないようにしてくださいね。

2.仕事をしたくない状況から抜け出す3つの方法

仕事をしたくないという状態で毎日仕事に行くのはすごくしんどいかと思います。

とはいえ、現状を変えるのも不安ですよね。それだったら、仕事はつまらないのはみんな同じだから…と自分を納得させてしまうのも、一つの方法です。

ただ、少しでも今の状況を変えたいと思うのなら、 自分からアクションを起こす必要があります。

仕事をしたくない人が、現状を変えるためにできることは、以下の3つだけです。

  • 今の職場で楽しく働けるようにする。
  • 転職する
  • 結婚して専業主婦になる

もし、このまま我慢を続けて一生働き続けるのは耐えられないと思うのなら、一歩でも今を変えるためにできることをはじめてみてください。

  • スポンサーリンク

  • 方法1.今の職場で楽しく働けるようにする

    1つ目は、今の職場にいながらも楽しく働けるようにする方法です。

    そのためには、 現状「何に」不安や不満を抱いているか・「どんな状況が楽しい」のかを理解する必要があります。

    そして、その状態に持っていくための具体的な解決方法を探し、実行しましょう。

    例えば、以下のような方法があります。

    • 同僚や友達に相談し、ストレス発散をしたり助言をもらう
    • 上司に具体的な改善案を提案する(仕事を減らしてほしい・しんどいなど)
    • 異動など、環境を変えてみる

    自分1人で悩まず、周りの人に相談するなど助けを求めるのがおすすめです。

    方法2.転職する

    2つ目は、転職して新しい職場で働くことです。

    あなたが働きたくない・仕事をしたくない理由は もしかすると今の職場が原因かもしれません。

    「給与が低い」「上司が嫌だ」など、自分では解決しようがない原因がある場合は、今の職場にいても悩みが解決されることはありません。

    その場合は、今の悩みをを解決できる会社に転職できれば、仕事がしんどい状況から抜けだせるはずです。

    もちろん、「転職先が良くない会社だったら…」「転職先が見つからないんじゃないか…」という不安もあるかと思います。

    しかし、転職エージェントと相談しながら慎重に転職先を決めることで、ハズレの会社を選んでしまう可能性はできる限り減らすことができます。

    それに、今の会社で働きながら転職先を探すことで、万が一転職先が見つからなかった時も職無しになる心配はありません。

    もし、今の職場で悩みを解決できる未来が見えないのならば、一歩踏み出す勇気を持ってください。

    マイナビエージェントを確認する

  • スポンサーリンク

  • 結婚して専業主婦になる

    3つ目の方法は、結婚して専業主婦になる方法です。

    文字通り、 会社に属したり仕事する必要がないので、今抱えている「仕事をしたくない」という悩みを根本的に解決することができます。

    そのため、「会社で働きたくない」という根本的な悩みを解決するのなら専業主婦が一番良いでしょう。

    もちろん、専業主婦は家事や育児に大変ですが、責任の重い仕事を負わされる心配もなく時間に余裕を持つことができます。

    もし、仕事が辛くてどうしようもないならば、出来るだけ早く仕事をやめられるように専業主婦になるための行動を起こすのがおすすめです。

    3.仕事がしたくないから専業主婦になるのは悪いこと?

    仕事をしたくないから、専業主婦になるというのは悪いことなのでしょうか?

    いえ、決して悪いことではありません。

    専業主婦が行う家事や育児は、立派な労働ですので、専業主婦になることは決して「逃げ」なんかではないのです。

    とはいえ、今は専業主婦になるのも簡単ではありません。

    専業主婦になりたいのなら、第一にそこそこ年収の高い相手を探す必要がありますし、パートナーからの理解も必要です。

    そのため、なんとなく相手探しをするのではなく、専業主婦になることを目的として行動を起こす必要がでてきます。

  • スポンサーリンク

  • 4.結婚して専業主婦になるための具体的なアクション

    ここまで、仕事をしたくない状態から抜け出すならば、専業主婦になるために行動を起こすべきだと解説しました。

    ですが正直、「それができたら苦労しない!」と思っている人も多いはず。

    しかし、そう思っていてもいつまでもこの状況を抜け出すことはできません。

    それでは、具体的にどのようなアクションを起こすと専業主婦になれるのでしょうか?

    ここでは専業主婦になる方法をご説明いたします。早速見て行きましょう。

    まずはパートナーを見つけよう

    当たり前ですが、結婚することも専業主婦になることも相手がいなければ成立しません。

    まずは結婚して、専業主婦になれるパートナーを見つけましょう。

    「どこでいい人を探したらいいの?」「出会いがない」そんなあなたにおすすめするパートナーの見つけ方を3つご紹介いたします。

    友達の紹介

    1つめは、友達の紹介です。

    メリット 共通の知り合いがいるから安心
    デメリット 結婚願望があるかどうかはわからない

    友達の男友達や、彼氏の友達などを紹介してもらいましょう。

    共通の友達がいるとお互い安心できますし、それぞれの人間性や人となりを第3者から聞くことができるのも大きなポイントです。

    ですがデメリットとしては、相手に結婚の意思があるかどうかは定かではないということ。

    ただ単に彼女が欲しいと思っているだけなのか、 結婚相手を探しているのかがわからないので専業主婦になるという目標が達成できない可能性も。

    紹介してもらう友達を介して、先にその人の結婚願望の有無を確認しておくといいかもしれませんね。

    婚活パーティーや婚活合コン

    2つめは、婚活パーティーや婚活合コンといった結婚を目的にした出会いの場に行くことです。

    メリット 結婚の意思が固い
    デメリット
    • 年齢層が高い、彼女いない歴が長いなどの人が多い
    • 見ず知らずの人なので不安もある
    • 一度に大勢に合うので判断が難しい

    結婚を前提にしているだけあって、 結婚までのゴールは比較的短いのがポイントです。

    ですが婚活パーティーに参加している男性は、年齢層が高い・彼女いない歴が長いの男性が結婚するために参加しているケースが多いです。

    ですので、ルックスや性格がぴったり合う!という人は少ない可能性も。

    また、1対1で会うわけではなく一度に大勢の人に話すためその場での判断は難しい場合もあります。

    婚活パーティーの回数を重ねて経験を積んだり、 気になる人とその後デートに行ってみたりするのがおすすめです。

    マッチングアプリ

    最後にご紹介するのは、最近メディアでも話題沸騰中のマッチングアプリです。

    メリット
    • 利用者急増中で出会いの数が多い
    • 理想の条件でしぼれる
    • 女性は無料のことが多い
    デメリット
    • 非対面式なので不安も
    • サクラの場合もある

    スマホのアプリを使って手軽に相手を探すことができます。

    そして、 職業・年収など条件でしぼることもできるので現代人にとっては非常に便利な出会いの場となっています。

    また、男性は有料ですが女性は無料なものが多く、婚活パーティーの高い会費よりも断然経済的です。

    ただ、スマホという手軽さから1回1回の出会いを大切にしないユーザーも多いほか、サクラの場合も心配ですよね。

    その場合は「Omiai」「pairs」「with」など 大手で安心して使えるマッチングアプリを使用するのがおすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 5.パートナーの年収は600万円以上は必要

    ただパートナーと結婚するだけでは、専業主婦にはなれません。

    単純に考えても1人分の収入で2人、将来的に子供が欲しい場合はその人数分を養うことができる経済力が必要です。

    ですので、 年収ベースで最低でも600万円以上は必要です。

    土地代、物価が高い都心部では600万円では足りない場合もありますし、切り詰めて生活するより少しでも余裕があったほうがいいでしょう。

    600万円というのはあくまでも最低限の目安であり 人によってかかるお金はかわってきます。

    結婚した際の固定費はどれくらいかかるのか、自分がどれくらいお金を使いたいのかなどを計算して相手を選ぶことをおすすめします。

    どんな業界の人がおすすめ?

    では、年収の高い人が多く存在している業界や企業はどこなのでしょうか?

    東洋経済オンラインによると、年収の高い業界TOP5は以下の業界です。

    1位 医師
    2位 航空機操縦士
    3位 大学教授
    4位 公認会計士、税理士
    5位 弁護士

    出典:年収別職業ランキング

    サラリーマンよりも、 国家資格を持つような職業についている人たちの年収が高い傾向にあるということがわかりました。

    上記のような業界の人に出会うために行動するというのもおすすめです。

    具体的には、CAの友達がいるのであれば同じ会社のパイロットとの合コンをセッティングしてもらったり、医師の参加するコンパなどを探したりしてみる方法です。

    業種などで具体的にターゲットを絞ることで、目標が明確化するほか、業界知識も身につくので知り合った男性と仲良くなるスピードも早いかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 付き合う前に結婚の意思・専業主婦になれるか確認しておく

    条件も相性もピッタリの人に出会って交際・結婚となる前に、あらかじめ専業主婦になりたい意思を使えておくのが良いでしょう。

    冒頭でもお話しした通り、最近ではほとんどが共働き世帯なので「奥さんにも働いてもらいたい」と思っている男性も少なくはありません。

    金銭的な問題も絡んでくるので、パートナーとしっかり話し合って決める必要があります。

    6.パートナーがなかなかプロポーズしてくれない時の4つの攻略法

    「彼氏がなかなかプロポーズしてくれない」よくある独身女性の悩みの1つです。

    将来のことを考えるととっても不安ですよね。

    では、どのように対処したらいいのでしょうか?効果的な方法は4つです。

    • さりげなく結婚をほのめかす
    • 子どもがほしい意志を伝える
    • パートナーの両親と仲良くなる
    • 思い切って逆プロポーズ

    では1つずつご説明していきましょう。

    さりげなく結婚をほのめかす

    パートナーに何となく結婚をほのめかしましょう。

    ポイントは「なんとなく」「さりげなく」行うことです。

    何度もしつこく迫ってしまうと「重い女」と思われてしまう可能性も。

    もしかするとすでにプロポーズの準備をしているかもしれないので、相手の負担にならない程度にさりげなく伝えましょう。

    例えば、結婚特集の雑誌やテレビを見て「いいなあ~」など「いいよね~」と言ってみたり、友人の結婚式に行った感想を言う際に「私も早くしたくなっちゃった!」と言ってみてはいかがでしょうか?

    子どもがほしい意志を伝える

    将来的にパートナーとの間に子どもが欲しいと考えている人は、 子どもが欲しいという旨をパートナーにきちんと伝えましょう。

    子どもを生みたいということを早め伝えることで、パートナーは結婚を意識することができますし、2人で具体的な結婚の予定を立てることができます。

    パートナーの両親と仲良くなる

    パートナーに話してもなかなか結婚話が進まない・・・そんな時は、 パートナーの両親にアタックするのがおすすめです。

    まだ、両親と会ったことがない場合はパートナーにお願いして食事の機会を設けてもらったり、パートナーの実家に行きたいという旨を伝えてみましょう。

    そして、パートナーの自宅にお邪魔したり、食事に行ったりするなど両親と会う機会を増やしましょう。

    仲良くなった・気に入ってもらったと思ったら、さりげな~く結婚の意思を伝えてみましょう。

    パートナーも両親から何度も結婚しなさい!といわれるとその気になるかもしれません。

    思い切って逆プロポーズ

    プロポーズは必ずしも男性からしなければならないものではありません。

    思い切って逆プロポーズしちゃいましょう!

    指輪を買わなくても、思い切って逆プロポーズすることでパートナーの気持ちも高まること間違いなしです!

    7.専業主婦に必要なスキル

    ここまで、専業主婦になる具体的な方法をご説明してきました。

    このステップを踏んでいくと専業主婦への道のりに近づいていけるはずです。

    では、 専業主婦になるための必要最低限なスキルをご紹介します。

    今の状態から、少しずつ慣れていくのが良いでしょう。

    美味しい料理でパートナーの胃袋をつかもう!

    頑張って働いてきた旦那さんには 美味しい料理を作ってあげましょう。

    最近ではクックパッドなど簡単に見ることができるレシピなども豊富にあるので、料理は特段難しいわけではありません。

    ですが、毎日となると献立や食材から考えなければいけません。

    自炊をする・お母さんに教えてもらう・料理教室に通うなどして、結婚前から料理をする習慣をつけておきましょう。

    家が汚いのは問題外!掃除スキルも大切

    掃除をこまめに行い、家を清潔に保ちましょう。

    特に水回りや湿気の多い場所はカビが増殖してしまうとなかなか取れません。

    毎日掃除をするのが大変だ!という方は ルンバなどの時短掃除家電をうまく活用するのもおすすめです。

    洗濯・アイロンでパートナーの服もきれいに!

    毎日行う洗濯も、大切なスキルです!

    特に、ワイシャツやスーツは常に清潔に、綺麗に保っておく必要があります。

    また、毎日大変!という方は 乾燥機などを活用して干す手間を省くのもおすすめです。

    まとめ

    仕事をしたくないと思う毎日から少しでも早く脱却できる方法をご紹介しました。

    特に、専業主婦になれば文字通り「仕事をする」必要はなくなります。

    専業主婦になれるのは日本の中でもほんと一握り。

    上記でご紹介したような方法だと、専業主婦になることができる可能性も一気に高まります。是非実践してみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件