【能力や経験ではない!】「仕事がうまくいかない」多くの人が陥りやすい罠

Portrait of a young attractive cheerful woman, celebrating success, victory, sitting at the laptop. Small home office interior. Business concept photo, lifestyle
仕事の悩み・相談

仕事うまくいかない。頑張っているのに空回りして辛い…」

仕事がうまくいかないと「ずっとこのままだったらどうしよう…」という焦りや不安を感じてしまいますよね。

うまくいくために最も大切なのは「この案件は必ずをやりきる」という気持ちです。

仕事がうまくいかないと感じている方の多くは、「自分の経験が浅いから」「知識やスキル不足だから」と思いがちですが、スキル以前にその根底にある「仕事に対する姿勢」に問題がある方も多いです。

もちろん能力や経験も重要です。

しかし、「この案件は必ずやりきる」という気持ちがあれば、スキルはついてくるものです。

この記事では、仕事がうまくいくようになる考え方の身につけ方を、具体的な方法から思考法まで含めて解説します。

スポンサーリンク

1.やる気はあるのに、仕事がうまくいかない時に考えられる原因

仕事が嫌いなわけではなく、むしろもっと頑張りたいと考えているのに上手くいかない場合には、いくつかの原因があります。

まずは自分自身を振り返ってみて、当てはまることがないかどうか考えてみましょう。

目標(ゴール)設定が間違っている

仕事がうまくいかない原因として、目標(ゴール)設定が間違っているということが第一に挙げられます。

ゴール設定が間違っているというのは、例えば以下のようなことです。

  • 設定する目標が高すぎる:(例)1ヶ月で売上を50%伸ばす
  • 最終目標がぼやけている:(例)今よりも売り上げを伸ばす
  • 次の行動がわからない:(例)いい会社に転職する

「こうなりたい」「こういったことがしたい」という目標が間違っていると、やる気はあっても思ったような結果が出ずに「仕事がうまくいかない・・・」という状況に陥ってしまいます。

  • スポンサーリンク

  • 経験、実力不足

    どの仕事でも、経験や実力不足ですぐにできないことがあります。

    また人によって、すぐ実力がつく人と、時間がかかる人もいます。

    だからといって、そのことを嘆いてあきらめてしまうのはもったいないことです。

    経験は積み上げなければ身につきませんし、実力がある程度あっても、経験がなければできないこともあります。

    今すぐできなくても、日々業務をこなすことで自分に身についていくものだと考え方を変えることも必要です。

    効果的ではない事にこだわりすぎる

    目に見える数字や、人から認められるといったことにこだわりすぎると、仕事が上手くいきません。

    一時的に結果が出て、人にほめられると、そのことがいつまでも頭に残っていて、同じようなことを繰り返さないと気が済まないという人がいます。

    ただしそれはあくまでも一時的なことであり、あなたの実力や経験にプラスになることではありません。

    こだわりすぎるあまりに、それが逆にあなたの足を引っ張ってしまうことになります。

  • スポンサーリンク

  • 職種に向いていない

    職種自体が、あなたに向いていないということも考えられます。

    自分が好きだから、やってみたいと思ったから、その職種を選んだ理由はそれぞれあるかもしれませんが、その職種が必ずあなたにあったものだとは限りません。

    実は苦手だと感じている、何となく敬遠している職種があなたに合っていることもあります。

    自分がどういった仕事が好きなのか、どういった作業が向いているのか、一度冷静に考えてみましょう。

    体調不良

    体調が悪いときには、考えが後ろ向きになりがちです。

    どうも仕事が上手くいかない、ミスばかり繰り返すという場合には、体調が悪いのに無理をしていないか、振り返ってみましょう。

    また風邪の引き始めなど、体調を崩す予兆が出ていることもあります。

    もし気になる症状がある場合には、病院の診察を受けることも考えておきましょう。

    特に真面目でやる気のある人ほど、できないことがストレスとなって体調不良になりがちです。

    そのまま放置しておくと、うつ病になる可能性もあるので信頼できる人に相談したり、病院に行くようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.やる気があるのに仕事がうまくいかないときの対処法

    仕事に対するやる気はあるのに、それがどうやっても結果につながらない、そういったときにすぐできる対処法をご紹介します。

    ①悩みを書き出して現状を把握する

    無意識に抱えている不安が、仕事に影響をおよぼしていることもあるので、まずはそういった不安や悩みを把握することからはじめましょう。

    仕事、またプライベートで悩み事があると、それが解決しない限り日常に支障をきたしてしまいます。

    悩みや不安の書き出し方

    悩みや不安の書き出し方
    1. 白い紙(ノートでも)の真ん中に解決したいことや悩み、今心の中にあることを書き出す
    2. なぜそう思うのか、その悩みや不安の原因について思いつくことを原因の周りに書き出す
    3. 書き尽くしたら、全体をもう一度眺める

    例えば、「仕事がうまくいかない」ことが悩みだとします。

    まず紙の中心に「仕事がうまくいかない」と書いてみましょう。

    その悩みを引き起こしている理由として、思い浮かぶことを「仕事がうまくいかない」の周りに書いて線でつなぎます。

    • 「○○さんと比べて仕事が遅い」と言われた
    • ミスをして怒られた
    • また怒られると思うと怖い

    さらにその一つ一つの理由について、自分が思い浮かぶことをさらに書いていきます。

    「ミスをして叱られた」とき、「寝不足だった」とか「見直しを忘れた」といった自分が原因だったことや、相手の人が「イライラしていた」「その人も上司に叱られた」といったことを思い出すかもしれません。

    解決する、しないより前に、自分がどんな悩みや不安を持っているのかを把握することが必要です。

  • スポンサーリンク

  • ②仮説を立てて前に進む

    仕事をする際には、まず仮説を立て、もしそのやり方で失敗しても方向修正しながら前に進むと効率が良いです。

    最初から「絶対にこうしよう」と完璧な計画を立ててしまうと、時間がかかってしまいます。

    最初から完璧を目指すのではなく、ザックリとしたストーリーを組み立てて、とりあえず進みながら、それが正しいか常に検証していきましょう。

    もし間違いがあれば、その場ですぐに軌道修正したり少し戻って、新しい仮説を組み立てます。

    時間をかけて完璧な計画を立てたり、うまくいかない原因を分析したりするよりも、荒くてもとにかく前に進むことで仕事の効率が上昇します。

    ③転職する

    この仕事がどうやっても自分に向いていない、そう結論が出た場合は転職を考えましょう。

    向いていない仕事を「給料を稼ぐため」だけで続けるのは、無理を自分に強いることになります。

    体調を崩したり、精神的に落ち込んでうつ病などの原因になることもあります。

    そうなる前に、転職サイトなどに登録し、自分にあった仕事探しを始めましょう。

    もし自分で転職先を見つける自信がないなら、転職エージェントを使うのがおすすめです。

    転職エージェントは転職に不安があるあなたの悩みの相談にのってくれると共に、希望にあった仕事を紹介してくれます。

    転職実績No.1の「リクルートエージェント」なら、無料で登録ができますよ。

  • スポンサーリンク

  • ④体調を整える

    普段から体調に気をつけ、生活リズムを崩さないように過ごすことを心がけましょう。

    体調が万全でなければ、仕事のミスも増えてしまいます。

    ちょっとした頭痛や歯の痛み、肩こりや腰痛、小さなことでもそのままにしておかず、きちんと治しましょう。

    また毎日決まった時間に寝起きする、夜更かしは控える、食べ過ぎない飲みすぎない、そういった日々の積み重ねで体の不調を改善することができます。

    3.大切なのはやり抜くこと

    逃げずにやり抜いたら後悔はない

    仕事をする上で、一番大切なのは「何があっても最後までやり抜くこと」です。

    仕事が上手くいかないと、「自分に向いていない仕事だから?」「自分が仕事のできない人間だから?」と考えてしまいがちです。

    しかし「仕事が上手くできない」本当の原因は、その人の能力や実力ではなく、「やり抜く力がない」ためだと考えられています。

    心理学者のアンジェラ・リー・ダックワース氏は、アメリカの成功者たちには「やり抜く力」=「グリッド」が高いということに注目しました。

    「やってみて失敗するかもしれないが、やってみれば上手くいくこともある」という前向き、楽観的な考えを持つ人ほど、「グリッド」が高く成功することが明らかになっています。

    「グリッド」を高めるためには、「達成感」がとても重要です。

    そのため、小さなことでも「やり抜いた」という経験をいくつも積み重ねることで、どんなことに対しても「やってみよう」という前向きな考え方で取り組むことができるようになります。

    最後に、今回記事内で紹介したマインドマップ、やり抜く力について詳しく解説している本があるので紹介しておきます。

    どうしても考え方が前向きになれない人のメンタルケアに役立つ本もご紹介していますので、参考にしてみてください。

    4.やる気があるのに仕事がうまくいかないときにおすすめの本

    【1冊目】やり抜く力

    結果を出すためには「IQ(知能指数)」よりもGRIT(グリット:やり抜く力)が大切ということを心理学を使って多角的に検証したベストセラー本です。

    やり抜く力を高めるための具体的な方法が説明されています。

    「情熱や粘り強さを高めたい!」という人だけではなく、「精神論とかはいいから」というタイプの人にもおすすめです。

    【2冊目】仮説思考

    仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
    • 内田 和成
    • 価格   ¥ 1,728
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    情報が十分ではない時に、どうすれば正解に近い仮説を立てられるかを解説した本です。

    どうすればスピーディに良い仮説を立てられるか、仮説が正しいかをどう検証すればいいのか、などの仮説を立てる前後についてもわかりやすい文章で説明してあります。

    【3冊目】仕事・人間関係 「最近なにもかもうまくいかない」と思ったら読む本

    仕事・人間関係 「最近なにもかもうまくいかない」と思ったら読む本
    • 心屋 仁之助
    • 価格   ¥ 827
    • 販売者 株式会社アイジーシーコーポレーション【毎日出荷しています】
    今すぐチェック

    性格リフォームカウンセラーとして有名な「心屋 仁之助」さんが執筆した、「うまくいく考え方」を身につけたい人のための本です。

    「うまくいかない」「ツイてない」という人は「うまくいかない考え方」をしていることが原因。

    そんな「うまくいかない思考」から抜け出せない、あなたの考え方を変えてくれる一冊です。

    まとめ

    仕事に対してやる気があり、目標も立てているのに仕事がうまくいかない、そんなときには自分が立てた目標や理想に届かないことを悔やんでいることが原因です。

    経験や実力は、すぐに身につくものではなく、「やり抜いた」という達成感の積み重ねによるものです。

    それがどんなに小さなことであっても、「自分の力でやり抜いた」ことが次の仕事への自信になります。

    もしそれで失敗したとしても、「やり抜いた」ことはあなた自身を成長させてくれる経験であり、悔いる必要はありません。

    次の目標に向かい、「自分でやり抜く」ことをまず始めてみましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事