仕事を休みがちになるのは体からのSOS?原因と対処法をチェック

仕事の悩み・相談

体調が悪く、すぐ風邪を引いてしまう」「会社に行こうと思っているのに熱が下がらない」といった理由から仕事を休みがちになり、悩んでいませんか?

体調が悪ければ休ませてくれる会社だと、何も言われなくても申し訳ない気持ちになりますよね。

「熱があっても仕事に来い」というブラック企業なら早々に退職するほうがあなたのためですが、そうでない場合は何とか対処したいもの。

仕事を休みがちになってしまう原因は、複数考えられます。

そこで今回は、仕事を休みがちになる原因とその対処法を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

1.仕事を休みがちになる5つの原因

以下のように、仕事を休みがちになってしまい、辛い思いを抱えている方は少なくありません。

「朝起きると体調が悪い」「気持ちが沈んで仕事に行く気力が湧かない」など、どうしようもない事情でも、仕事を休むのは心苦しいですよね。

まずは、仕事を休みがちになってしまう5つの原因についてチェックしていきましょう。

人間関係のストレス

会社の人間関係に悩んでいたり、苦手な上司や先輩と顔を合わせるのがストレスになり、仕事を休みがちになることがあります。

会社での人間関係は、多くの人が一緒に働いている限り避けては通れない問題。

原因となる人がいたり、ちょっとした行き違いからトラブルになることもあります。

「仕事に行くとあの人と会う」と考えると、気持ちが落ち込んだり、体がいうことをきかないといったことが起こります。

  • スポンサーリンク

  • 長時間労働などによる疲労の蓄積

    今までたまっていた疲労が、急に体の不調としてあらわれることも少なくありません。

    特に前職がブラック企業で働いていた人、日頃から人よりも多く仕事を引き受けている人は、意識していないうちに疲労がたまっていることがあります。

    そのため、落ち着いた環境で仕事をしていると、たまっていた疲れが反動的にどっと出てきてしまうのです。

    また、常に気を張って頑張り続けている状態が限界を超え、疲れが出ている可能性もあります。

    仕事でのトラブルやプレッシャー

    責任のある仕事を任された、また仕事で失敗してしまった、ということから精神的に追い詰められている状態も考えられます。

    「周りの期待に応えなければいけない」「失敗したら迷惑がかかってしまう」など考え込んでしまい、朝起きると体が動かなくなるのです。

    また過去の失敗を思い出して、体調が悪くなったり、会社に行けなくなるケースもあります。

  • スポンサーリンク

  • 会社での仕事が合っていない

    会社の仕事内容が、あなた自身に合っていないことから、プレッシャーがかかっていることもあります。

    チームで協力し合う仕事が向いている人もいれば、一人で動いた方が仕事が速く進む人もいますよね。

    また、苦手意識が高い仕事を任されたせいでストレスを感じる人も少なくありません。

    実際に「苦手としている単純作業を押し付けられて、体の調子を崩してしまった」という方もいるようです。

    その他、毎日のノルマがきつい、頑張っても仕事がこなせない、と悩むことがストレスになっている可能性もあります。

    体調不良

    いくら自己管理をしていても、完全に体の調子をコントロールすることは不可能です。

    「風邪をひきやすいから毎日しっかり体をやすめよう」「お腹が弱いから冷たいものは控えよう」と気を付けていても、体調を崩す時は崩してしまいます。

    また、なかなか熱が下がらない、体調が戻らないといった回復に時間がかかる人は、数日休んでしまうと「休みすぎて会社に行きづらい」と感じることも。

    「こんなに休んだら会社に席がないかも」と不安になってしまい、仕事をしようとする気持ちがなくなってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.仕事を休みがちな人に共通する3つの特徴

    では、仕事を休みがちになる人にはどのようなタイプが多いのでしょうか?

    ここでは、仕事を休みがちになりやすい人に共通する3つの特徴について解説します。

    真面目

    仕事を休みがちな人は、真面目な人がほとんどです。

    真面目に仕事に取り組んでいるからこそ、仕事で失敗したりすると「自分はダメな人間だ」「役立たずだ」と自分を責めてしまいます。

    また、真面目なだけに人に相談したりすることができず、自分一人で抱え込んでしまい、自分を追い詰めてしまいがちです。

  • スポンサーリンク

  • 責任感が強い

    責任感が強い人も、仕事を休みがちになる傾向があります。

    責任感が強い人は、真面目でもあり、自分に仕事を任してくれた相手の気持ちも常に考えています。

    そのため、仕事が上手く進まなかったり、自分の責任でなくても失敗したりすると、自分を責めてしまうのです。

    さらに、自分に仕事を任してくれた上司など相手のことも考え、落ち込んでしまいます。

    頑張り屋

    頑張り屋さんは、周りの期待に応えようと必要以上に無理をして頑張ってしまうため、体調を崩してしまいがちです。

    自分では無理をしているという自覚はないため、励まされたり応援されると、頑張らなければと思ってしまうのです。

    自分のできる限界以上に頑張ってしまい、ある日いきなり仕事に行けなくなるケースも少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • 3.仕事を休みがちな状態への対処法

    仕事をしなければと思うのに、体がいうことをきかないなど、会社を休みがちな現状は辛いですよね。

    ここでは、仕事を休みがちな現状を打破するための対処法をご紹介します。

    長期休暇を取る、休職する

    出勤しては休んでしまう、といった繰り返しの現状なら、思い切って休暇を取り休みましょう。

    休んでいても、会社や仕事のことが常に頭にあると、体だけでなく心も疲れてしまいます。

    思い切って長期休暇を取って、旅行に行くなどしてみましょう。

    また、体調が崩れがちなら休職して治療に専念することも大切です。

    趣味を見つけてやる時間を確保する

    仕事のことをつい考えてしまうのであれば、没頭できる趣味を見つけましょう。

    仕事の後や、休日に趣味に打ち込む時間を取るようにすれば、仕事のことを考えて憂うつになることもありません。

    「仕事だけが私の人生じゃない」と、考えを切り換えられますよ。

    職場以外の友人に相談する

    仕事で嫌なことがあるのなら、仕事とまったく関係のない職場以外の友人に気持ちを打ち明けてみましょう。

    仕事と無関係な友人なら、愚痴のこぼしあいになることもなく、気楽に相談できるはずです。

    相談してみると、「そこまで深刻になることじゃなかった」「別に自分だけが悪いわけじゃない」と気づかされることもあります。

    また、友人の対処法をアドバイスしてもらうことで、「こういうやり方もあったんだ」と自分の考えや行動を改めるきっかけにもなりますよ。

    新しいスキルを取得する

    仕事を休みがちなら、その時間を利用して新しいスキルを取得するのもおすすめです。

    スキルがあれば、今の会社で任される仕事の範囲が広がります。

    スキルを取得するには学校に行ったり教材を買ったりしないといけないのでは?と思いがちですが、最近ではネットでオンライン学習することも可能。

    「プログラミングを勉強し、今とは全く違うエンジニアの仕事に就く」といったことも決して不可能ではありません。

    スキルを活かし、思い切って別の環境で働くことも考えてみましょう。

    「6.今の会社が辛い場合は転職を考えよう」で、転職についてのアドバイスをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    4.仕事を休みがちだと会社での立場が悪くなる?

    仕事を休みがちだと「会社での自分の立場がどうなるのか」不安ですよね。

    たとえ体調不良など、やむを得ない事情であっても「今の会社で自分の立場が悪くなってしまう」「将来的にクビにされるのではないか」と心配になってしまうものです。

    ここでは、休みがちな人の会社での立ち位置や、今後について説明します。

    会社を休みがちなのは「甘え」と誤解されることも多い

    会社を休みがちだと、どうしても会社内では「甘えているのではないか」と誤解されがちです。

    耐えられないストレスやプレッシャーが原因であったとしても、周りの人が理解してくれるとは限りません。

    休みがちな人の代わりに仕事をしなければならない人たちは、「すぐ休むなんて甘えている」「私たちは休まずに頑張っているのに」と迷惑に思う気持ちの方が強くなってしまいます。

    やむを得ない事情で仕事を休みがちになってしまうのは仕方がないことですが、「すべての人の理解を得られるわけではない」ことを覚えておきましょう。

    会社を休みがちでクビになることはない

    会社をよく休むから、という理由でクビになることはありません。

    会社をクビになるのは、以下のような理由があると認められた場合です。

    【社員に原因があり解雇になる理由】

    • 悪質な事件や事故を起こした(痴漢行為や飲酒運転など)
    • 会社の就業規則違反(副業禁止なのに副業をした、会社のパソコンで仕事以外のネット閲覧などをした)
    • 仕事に対する能力が足りない(営業成績が悪い、ミスが多い)
    • 勤務態度の悪さ(無断欠席・遅刻が多い)
    • 病気やケガ(業務を続けて行くことが難しいと判断される場合)

    仕事を休んだからといって、すぐにクビになることはないので安心してください。

    ただし、仕事を休みがちな状態は、他の人にも迷惑がかかってしまいます。

    やむを得ない休暇が続く場合は、休職することも視野に入れましょう。

    5.仕事を休みがちなあなたの心の状態をチェック

    「仕事に行けない」「どうしても会社を休んでしまう」といった状態は、精神的に追い詰められた心と体からのSOSかもしれません。

    会社を休みがちな現状に対し、「対処すれば大丈夫」なレベルと「うつの初期症状かもしれないので注意」という2つのレベルを詳しく紹介します。

    まずは今の状態がどのレベルに当てはまるのか、チェックリストを確認してみましょう。

    【心の健康状態チェックリスト】

    正常な精神状態 うつの症状が現れている精神状態
    • 日曜日(休みが終わる日)になると憂うつになる
    • やる気が出ない
    • 仕事のことを考えると落ち込む
    • 不安がある
    • 消えてしまいたいと思う
    • 集中して物事を考えられない
    • 死にたいと思うことがある
    • いつも焦りがある

    【体の健康状態チェックリスト】

    睡眠や休息で回復する健康状態 うつの症状が現れている健康状態
    • 体がだるい
    • 食欲が出ない
    • 寝付きが悪い
    • 何でもないことで涙が出る
    • 吐き気がする、吐く
    • 動悸や息切れがする
    • 体が動かない
    • 夜中に何度も目が覚めてしまう

    2つの精神状態や健康状態は、それぞれ対処に違いがあります。

    思い切って仕事を休めば回復できる心理状態

    「正常な精神状態」「睡眠や休息で回復する健康状態」に当てはまる場合、ほとんどのケースで自律神経が乱れているだけなので心配はありません。

    「しっかり睡眠を取る」「仕事のことを忘れて休む」といった対処で回復可能なので、自分で頑張ろうと思うことで現状を変えるきっかけができます。

    ただし、無理をするとうつの症状に進行してしまう可能性もあるため、早めに対処が必要です。

    「体を休めても状態が改善しない」などの場合は、病院での診察も検討しましょう。

    今すぐ病院に行くべき!うつの疑いのある心理状態

    「うつの症状が現れている精神状態」「うつの症状が現れている健康状態」に当てはまる場合、うつの初期症状である可能性があります。

    頑張ろうと思う気持ちはあるものの、体や気持ちがついていかない状態です。

    このような症状がある場合、頑張ろうとするとかえって悪化してしまいます。

    少しでもうつの疑いがある場合は、仕事のことは後回しにして、まずは病院での診察・治療を最優先しましょう。

    6.今の会社が辛い場合は転職を考えよう

    自分一人で解決することができない、「人間関係」や「仕事内容」「会社の方針」が仕事を休みがちになる理由であるなら、会社から離れることも必要です。

    転職を考えるべき理由は「環境を変える」

    仕事を休みがちな原因が、自分ではなく職場環境にある場合、「環境を変える」ことが必要です。

    真面目で責任感が強い人ほど、「自分がここで逃げたら申し訳ない」と思い込んでしまいます。

    その思い込みが、休みがちな現状を繰り返してしまう原因です。

    思い切って環境を変えることで、仕事の意欲ややる気を取り戻すことにつながります。

    転職に不安があるなら転職エージェントを利用しよう

    今の仕事や職場に長くいて慣れていると、いざ転職をしようと考えてもどう活動をすればいいのか分からないこともありますよね。

    そういった転職の不安を解決するために、ぜひ利用したいのが転職エージェントです。

    【転職エージェントを利用するメリット】

    • 自分の希望する待遇や年収の企業を探して紹介してもらえる
    • 提出書類や面接のアドバイスが受けられる
    • 面接日時の交渉を代理でしてもらえる
    • 登録や利用は無料

    特に働きながらの転職活動は、時間が自由にならないことも多いため、転職エージェントを利用することで時短にもなります。

    数多くある転職エージェントの中から、ぜひ利用したい転職エージェントをご紹介します。

    たくさんの求人をチェックするなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントは、業界内No.1の求人数を誇る転職エージェントです。

    人材派遣事業などで、多くの企業とのパイプを持ち、さまざまな業界の求人を紹介しています。

    転職実績も多くあり、キャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。

    大手企業やホワイト企業の求人など、多くの求人の中から転職先を探したいなら、ぜひ登録したい転職です。

    20代の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェントは、新卒、第二新卒、20代から30代の求人が豊富な転職エージェントです。

    経験が少ないのでどうアピールしたらいいのか分からない、転職が初めてで提出書類をどう書けば書類選考に通るのか分からない、といったこともしっかりサポートしてもらえます。

    独占求人も多く、会社の内部情報も詳しく教えてもらえます。

    キャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれ、求職者の評判も高い転職エージェントなのでおすすめです。

    まとめ

    仕事を休みがちになると「自分が未熟だから…」と自分自身を責めてしまう方が多いですが、仕事を休みがちになる人は、真面目で責任感が強い人が多いです。

    「最近仕事を休みがちでつらい」という方は、以下にあてはまる原因がないかチェックしてみてくださいね。

    【仕事を休みがちになる5つの原因】

    1. 人間関係のストレス
    2. 長時間労働などによる疲労の蓄積
    3. 仕事でのトラブルやプレッシャー
    4. 会社での仕事が合っていない
    5. 体調不良

    さらに、真面目な人は「仕事を休んだこと」に対しても自分を責めてしまい、より仕事を休みがちになってしまうケースが多いです。

    休みがちな現状を打破するために、まずは以下の対処法を試してみましょう。

    【休みがちな今の状態を改善するためにできる対処法】

    • 長期休暇を取る、休職する
    • 趣味を見つけてやる時間を確保する
    • 職場以外の友人に相談する
    • 新しいスキルを取得する

    また、休みがちな精神状態や体調によっては、環境を変えることが改善につながることもあります。

    働きながら転職活動をするなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

    大手転職エージェントであるリクルートエージェントや、20代から30代の求人が豊富なマイナビエージェントに登録してみましょう。

    転職に関するアドバイスやサポートがしっかりしていますので、希望に合った求人を紹介してもらえますよ。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら