仕事を休みがちになるのは体からのSOS?原因と対処法をチェック

仕事の悩み・相談

体調不良や強い倦怠感から仕事を休みがちになり、悩んでいませんか?

仕事を休んでばかりだと「周囲に迷惑をかけて申し訳ない」と罪悪感を抱いてしまいますよね。

仕事を休みがちになってしまう原因は、複数考えられます。

本記事では、仕事を休みがちになる原因とその対処法を詳しくご紹介します。

また記事中盤では、ブラック企業を辞められず悩んでいる人に向けて「自力で退職できない場合の対処法」も解説するので、ぜひ参考にしてください。

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数723人!

1.仕事を休みがちになる5つの原因

以下のように、仕事を休みがちになってしまい、辛い思いを抱えている方は少なくありません。

「朝起きると体調が悪い」「気持ちが沈んで仕事に行く気力が湧かない」など、どうしようもない事情でも、仕事を休むのは心苦しいですよね。

まずは、仕事を休みがちになってしまう5つの原因についてチェックしていきましょう。

仕事を休みがちな状態への対処法を今すぐチェックしたい方は、3.仕事を休みがちな状態への6つの対処法をご覧ください。

原因1.人間関係のストレス

会社の人間関係に悩んでいたり、苦手な上司と顔を合わせるのがストレスになり、仕事を休みがちになることがあります。

会社での人間関係は、たくさんの人が一緒に働いている限り避けては通れない問題。

原因となる人がいたり、ちょっとした行き違いからトラブルになることもあります。

「仕事に行くとあの人がいる…」と考えて気持ちが落ち込んだり、体がいうことをきくなくなってしまうケースも多いです。

  • スポンサーリンク

  • 原因2.長時間労働などによる疲労の蓄積

    今まで溜まっていた疲労が、急に体の不調としてあらわれることも少なくありません。

    特に日常的に人よりも多く仕事を引き受けている方は、自覚なしに疲労が溜まっていることが多いです。

    無自覚の疲労が溜まっている状態は、いわばコップに水が満タンな状態。

    ちょっとしたきっかけで、溜まっていた疲れが一気にあふれてしまうのです。

    その結果、体調を崩し、仕事に行けなくなってしまいます。

    原因3.仕事でのトラブルやプレッシャー

    責任のある仕事を任されたり、仕事での失敗が引き金となって精神的に追い詰められている状態も考えられます。

    「周りの期待に応えなければいけない」「失敗したら迷惑がかかってしまう」など考え込んでしまい、朝起きると体が動かなくなるのです。

    また過去の失敗を思い出して、体調が悪くなったり、会社に行けなくなるケースも少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • 原因4.会社での仕事が合っていない

    会社の仕事内容があなた自身に合っておらず、ストレスになっていることも考えられます。

    得意なことは人それぞれ。

    チームで協力し合う仕事が向いている人もいれば、一人でモクモクと行う作業が向いている人もいますよね。

    また、苦手意識が高い仕事を任されたせいで強い疲労を感じるケースも少なくありません。

    実際に「苦手な単純作業を押し付けられて、体の調子を崩してしまった」という方もいるようです。

    その他「毎日のノルマがきつい」「頑張っても仕事がこなせない」と悩むことがストレスになっている可能性もあります。

    業務が合わない場合は、転職を検討することも手段です。

    3.仕事を休みがちな状態への7つの対処法|転職を検討するでは、転職について詳しく解説しているので、ぜひご覧になってみてください。

    原因5.体調不良

    いくら自己管理をしていても、完全に体の調子をコントロールすることは不可能です。

    「風邪をひきやすいから毎日しっかり体をやすめよう」「お腹が弱いから冷たいものは控えよう」と気を付けていても、体調を崩す時は崩してしまいます。

    また、回復に時間がかかる人は、数日休んでしまうと「休みすぎて会社に行きづらい」と感じやすいです。

    「こんなに休んだら会社に席がないかも…」と不安になってしまい、仕事への活力がなくなってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.仕事を休みがちな人に共通する3つの特徴

    では、仕事を休みがちになる人にはどのようなタイプが多いのでしょうか?

    ここでは、仕事を休みがちになりやすい人に共通する3つの特徴について解説します。

    真面目

    仕事を休みがちな人は、真面目な人がほとんどです。

    真面目に仕事に取り組んでいるからこそ、仕事で失敗したりすると「自分はダメな人間だ」「役立たずだ」と自分を責めてしまいます。

    また、真面目なだけに人に相談したりすることができず、一人で抱え込んでしまい、自分を追い詰めてしまいがちです。

  • スポンサーリンク

  • 責任感が強い

    責任感が強い人も、仕事を休みがちになる傾向があります。

    責任感が強い人は、真面目でもあり、自分に仕事を任せてくれた相手の気持ちを常に考えています。

    そのため、仕事が上手く進まなかったり、ミスをすると「自分のせいでい相手に迷惑をかけてしまう」と落ち込んでしまうのです。

    責任感からくるプレッシャーで、体調を崩してしまうケースも少なくありません。

    頑張り屋

    頑張り屋さんは、周りの期待に応えようと必要以上に無理をし、体調を崩してしまいがちです。

    自分では無理をしているという自覚はないため、励まされたり応援されると「もっと頑張らなければ」と思ってしまうのです。

    自分のできる限界以上に頑張ってしまい、ある日いきなり仕事に行けなくなるケースも目立ちます。

  • スポンサーリンク

  • 3.仕事を休みがちな状態への7つの対処法

    仕事を休みがちになるのには、さまざまな原因があることが分かりました。

    どんな原因であれ、会社を休みがちな現状は辛いですよね。

    ここでは、仕事を休みがちな現状を打破するための対処法をご紹介します。

    「自分に合いそう!」と思うものを、試してみてくださいね。

    会社に行きたくない原因と向き合う

    会社に行きたくない原因がある場合は、それを解消することで仕事への活力を取り戻せる可能性があります。

    職場に行きたくない理由で最も多いのが「人間関係」です。

    転職サイトのリクナビNEXTによる「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」では、「人間関係」を理由に転職した人が約4割にのぼります。

    【 退職理由の本音ランキング 】

    1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
    2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
    3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
    4位:給与が低かった(12%)
    5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
    6位:社長がワンマンだった(7%)
    7位:社風が合わなかった(6%)
    7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
    7位:キャリアアップしたかった(6%)
    10位:昇進・評価が不満だった(4%)

    (参照: 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

    ご覧になってわかるように、退職理由のトップ3のうち、2つが「人間関係」となっています。

    もしあなたが、上司や同僚とのトラブルを抱えているなら、早めに信頼できる相手に相談したり、相手と話し合いの場を作るのが得策です。

    また、人間関係のトラブルは避けられないものなので「仕方がない」「合わない人もいる」と割り切ってしまうことも大切ですよ。

    身近に相談できる人がいないなら「そうだんドットミー」を利用しよう!

    周りに相談できる人がいない場合は、匿名で相談できる「そうだんドットミー」の利用がおすすめです。

    そうだんドットミー

    そうだんドットミーは、仕事に関するさまざまな事を相談できるサービス。

    人間関係・業務・労働環境・今後のキャリアについて……打ち明ける悩みはどんなことでもOK。

    利害関係のない第三者に悩みを打ち明けることで、心がスーっと軽くなることも多いですよ。

    匿名で利用できるので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

    長期休暇を取る、休職する

    出勤しては休んでしまう状況を繰り返しているのなら、思い切って長期の休暇とりましょう。

    休んでいても会社や仕事のことが頭にあると、しっかり疲労を回復できません。

    リフレッシュして気持ちを切り替えるためには、一度ゆっくり心と身体を休めることが重要。

    長期休暇を取って、旅行にいったり、趣味を満喫してみてはいかがでしょうか?

    また、体調が崩れがちなら休職して治療に専念することも大切ですよ。

    会社の休み方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧になってみてください。

    会社を辞めたいと思っているあなたへ

    中には「本当は今すぐにでも会社を辞めてしまいたい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    休みがちな状態で退職を切り出すのは、とても勇気が必要ですよね。

    自分ひとりで退職手続きを進めるのが難しい場合は、退職代行サービス「EXIT(イグジット)」を頼ることをおすすめします。

    EXIT(イグジット)」は、あなたに代わって会社に退職の旨を伝えてくれる代行サービス。

    退職完了まで一切追加料金がかからないので、あなたが諦めない限り退職手続きをサポートしてくれます。

    「なかなか退職の旨を切り出せない」という方は、ぜひEXITを頼ってみてください。

    退職してストレスから解放されることで、人生を前向きに生きられるようになるかもしれませんよ。

    運営会社 EXIT株式会社
    問い合わせ方法 LINE、電話、メール
    問い合わせ対応時間 平日(深夜・休日も一部対応)
    利用料金

    アルバイト:30,000円

    契約社員・正社員:50,000円

    支払い方法 銀行振込、クレジットカード
    公式サイト https://www.taishokudaikou.com/
    詳しくは「EXITの解説記事」をご覧ください

    趣味に没頭する時間を作る

    業務以外の時間に仕事のことを考えてしまうのであれば、没頭できる趣味を見つけましょう。

    仕事の後や休日に趣味に打ち込めば、仕事のことを考えて憂うつになることもありません。

    「仕事だけが私の人生じゃない」と、考えを切り換えられますよ。

    「特にやりたいことがない」という方には、気軽に始められる読書やDVD鑑賞、ウォーキング等がおすすめです。

    職場以外の友人に相談する

    仕事で嫌なことがあるのなら、仕事とまったく関係のない職場以外の友人に気持ちを打ち明けてみましょう。

    仕事と無関係な友人なら、愚痴のこぼしあいになることもなく、気楽に相談できるはずです。

    相談してみると「そこまで深刻になることじゃなかった」「別に自分だけが悪いわけじゃない」と気づかされることもあります。

    また、友人に対処法をアドバイスしてもらうことで、「こういうやり方もあったんだ」と自分の考えや行動を改めるきっかけにもなりますよ。

    自律神経を整えてセロトニンの分泌を促す

    「全身がだるい」「急に不安になる」といった症状は出ていませんか?

    もし上記のような症状が出ているなら、自律神経が乱れている可能性があります。

    症状を改善させるためには、自律神経を整えてセロトニンの分泌を促すことが有効です。

    「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンが分泌されることで、精神が安定し、気持ちが前向きになりますよ。

    以下のポイントを意識し、セロトニンの分泌を促してくださいね。

    【セロトニンを分泌させるポイント】

    • 早寝早起きを心がける
    • 毎日決まった時間に起きる
    • 朝起きたらカーテンを開き太陽の光を必ず浴びる
    • 栄養バランスの良い朝ごはんを食べる

    会社を休んだ時こそ、疲れた心と体をいたわってあげるチャンスです。

    しっかり自律神経を整えることができれば、仕事に対する前向きな気持ちを取り戻せるかもしれません。

    新しいスキルを取得する

    仕事を休みがちなら、その時間を利用して新しいスキルを取得するのもおすすめです。

    スキルがあれば、今の会社で任される仕事の範囲が広がります。

    「スキルを取得するには学校に行ったり教材を買ったりしないといけないのでは?」と思いがちですが、最近ではネットでオンライン学習することも可能。

    気軽に勉強を始められるので、ぜひ気になる分野の情報をチェックしてみてください。

    転職を検討する

    仕事を休みがちな原因が、自分ではなく職場環境にある場合「環境を変える」ことが必要です。

    真面目な人は「自分がここで逃げたら申し訳ない」と思い込んでしまいがちですが、職場を変えることで憂鬱な気持ちを改善できるケースは多いです。

    違う会社に勤めることで労働環境が改善されたり、自分に合う業務を任される可能性もありますよ。

    思い切って転職を検討し、仕事への意欲ややる気を取り戻しましょう。

    転職に興味があるなら「リクナビNEXT」で求人を探そう

    少しでも「転職したい」という気持ちがあるのなら、早い段階から求人をチェックしておくことをおすすめします。

    転職サイトの求人は日々更新されているため、タイミングを逃すと自分に合う求人を見逃してしまう恐れがあるのです。

    求人のチェックだけでも早めに行っていれば希望に合う案件を見つけやすくなりますし、本格的に転職活動を始めるときもスムーズですよ。

    リクナビNEXTは、「利用満足度No.1」「おすすめしたい転職サイトNo.1」などに選ばれている人気転職サイト。

    数ある転職サイトの中でも圧倒的な求人数を誇っており、たくさんの案件を比較できます。

    また、サイト全体が見やすく操作性に優れている点も大きなメリットです。

    感覚的な操作で求人を検索できるので、自分に合う案件をスムーズに見つけることができますよ。

    無料登録後は自身のプロフィール内容を充実させておくと、企業からのスカウトが多くなるので、ぜひ試してみてくださいね。

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    求人数 約36,000件(2020年1月時点)
    対応地域 全国+海外
    利用料 無料
    公式サイト https://next.rikunabi.com/
    詳しくは「リクナビNEXTの解説記事」をご覧ください

    4.仕事を休みがちだと会社での立場が悪くなる?

    仕事を休みがちだと「会社での自分の立場がどうなるのか」不安ですよね。

    たとえ体調不良など、やむを得ない事情であっても「今の会社で自分の立場が悪くなってしまうかも」「将来的にクビにされるのではないか」と心配になってしまうものです。

    ここでは、休みがちな人の会社での立ち位置や、今後について説明します。

    会社を休みがちなのは「甘え」と誤解されることも多い

    会社を休みがちだと、どうしても会社内では「甘えているのではないか」と誤解されがちです。

    耐えられないストレスやプレッシャーが原因であったとしても、周りの人が理解してくれるとは限りません。

    休みがちな人の代わりに仕事をしなければならない人たちは、「すぐ休むなんて甘えている」「私たちは休まずに頑張っているのに」と迷惑に思う気持ちの方が強くなってしまいます。

    やむを得ない事情で仕事を休みがちになってしまうのは仕方がないことですが、「すべての人の理解を得られるわけではない」ことを覚えておきましょう。

    会社を休む理由が本人以外にある場合は理解を得やすい

    会社を休みがちな理由が本人以外にある場合は、比較的周囲の理解を得やすいです。

    【理解されやすい理由の例】

    • 妊娠
    • 子育て
    • 家族の怪我・事故
    • 家族の介護

    休む際は「職場の人に迷惑がかかる」と気になってしまうかもしれませんが、妊娠中や家族の問題は誰にでも起こりえるため、周囲も理解しやすいようです

    ただし「休んだ分の業務を他の誰かが行ってくれている」ということは、忘れないようにしましょう。

    会社を休みがちでクビになることはない

    会社をよく休むから、という理由でクビになることはありません。

    会社をクビになるのは、以下のような理由があると認められた場合のみです。

    【社員に原因があり解雇になる理由】

    • 悪質な事件や事故を起こした(痴漢行為や飲酒運転など)
    • 会社の就業規則違反(副業禁止なのに副業をした、会社のパソコンで仕事以外のネット閲覧などをした)
    • 仕事に対する能力が足りない(営業成績が悪い、ミスが多い)
    • 勤務態度の悪さ(無断欠席・遅刻が多い)
    • 病気やケガ(業務を続けて行くことが難しいと判断される場合)

    仕事を休んだからといって、すぐにクビになることはないので安心してください。

    ただし、仕事を休みがちな状態は、他の人にも迷惑がかかってしまいます。

    やむを得ない休暇が続く場合は、休職することも視野に入れましょう。

    5.仕事を休みがちなあなたの心の状態をチェック

    「仕事に行けない」「どうしても会社を休んでしまう」といった状態は、精神的に追い詰められた心と体からのSOSかもしれません。

    会社を休みがちな現状に対し、「対処すれば大丈夫」なレベルと「うつの初期症状かもしれないので注意」という2つのレベルを詳しく紹介します。

    まずは今の状態がどのレベルに当てはまるのか、チェックリストを確認してみましょう。

    【心の健康状態チェックリスト】

    正常な精神状態 うつの症状が現れている精神状態
    • 日曜日(休みが終わる日)になると憂うつになる
    • やる気が出ない
    • 仕事のことを考えると落ち込む
    • 不安がある
    • 消えてしまいたいと思う
    • 集中して物事を考えられない
    • 死にたいと思うことがある
    • いつも焦りがある

    【体の健康状態チェックリスト】

    睡眠や休息で回復する健康状態 うつの症状が現れている健康状態
    • 体がだるい
    • 食欲が出ない
    • 寝付きが悪い
    • 何でもないことで涙が出る
    • 吐き気がする、吐く
    • 動悸や息切れがする
    • 体が動かない
    • 夜中に何度も目が覚めてしまう

    2つの精神状態や健康状態は、それぞれ対処に違いがあります。

    思い切って仕事を休めば回復できる心理状態

    「正常な精神状態」「睡眠や休息で回復する健康状態」に当てはまる場合、ほとんどのケースで自律神経が乱れているだけなので心配はありません。

    「しっかり睡眠を取る」「仕事のことを忘れて休む」といった対処で回復可能です。

    ただし、無理をするとうつの症状に進行してしまう可能性もあるため、早めに対処が必要です。

    体を休めても状態が改善しない場合は、病院での診察も検討しましょう。

    今すぐ病院に行くべき!うつの疑いのある心理状態

    「うつの症状が現れている精神状態」「うつの症状が現れている健康状態」に当てはまる場合、無理に頑張るのはNG。

    あなたは今、ひどく心と身体が疲れている状態であり、うつ病の可能性があります。

    心と身体が限界の状態で、頑張ろうとするとかえって症状が悪化してしまいます。

    少しでもうつの疑いがある場合は、仕事のことは後回しにして、まずは病院での診察・治療を最優先しましょう。

    まとめ

    仕事を休みがちになると「自分が未熟だから…」と自分自身を責めてしまう方が多いですが、仕事を休みがちになる人は、真面目で責任感が強い人が多いです。

    「最近仕事を休みがちでつらい」という方は、以下にあてはまる原因がないかチェックしてみてください。

    【仕事を休みがちになる5つの原因】

    1. 人間関係のストレス
    2. 長時間労働などによる疲労の蓄積
    3. 仕事でのトラブルやプレッシャー
    4. 会社での仕事が合っていない
    5. 体調不良

    真面目な人は「仕事を休んだこと」に対しても自分を責めてしまい、より仕事を休みがちになってしまうケースが多いです。

    休みがちな現状を打破するために、まずは以下の対処法を試してみましょう。

    【休みがちな今の状態を改善するためにできる6つの対処法】

    1. 会社に行きたくない原因と向き合う
    2. 長期休暇を取る、休職する
    3. 趣味に没頭する時間を作る
    4. 職場以外の友人に相談する
    5. 自律神経を整えてセロトニンの分泌を促す
    6. 新しいスキルを取得する

    休みがちな精神状態や体調によっては、環境を変えることが改善につながることもあります。

    転職に興味がある方は、一度「リクナビNEXT」で求人をチェックしてみてはいかがでしょうか?

    また、自力での退職が難しい場合は、退職手続きを代行してくれる「EXIT(イグジット)」の利用も検討してみてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?