退職届を出すタイミングは?円満退職をするためのポイントを解説

仕事の悩み・相談

退職の理由としては「人間関係や仕事の合う・合わない」など様々な事情があるかと思いますが、次のステップに進むために、退職届の提出は避けて通れません。

円満に退職するためには、会社に対して誠意をもって退職届を出すことが大切です

今回は、退職届を出すタイミングや書き方について解説します。

「自力で退職できない場合の手段」なども説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.退職届を出すタイミングはいつがいいの?

退職届を出すにあたって気になるのは、そのタイミングです。

直前に出したら迷惑がかかるでしょうし、早めに出し過ぎてしまうと、退職日まで長い期間気まずい思いをして過ごすことになります。

ここでは、適切な退職届のタイミングをお教えします。

2ヵ月前がベスト!遅くても1カ月前までには提出すること

法律上は2週間前に伝えれば問題ないとされていますが、2週間前の提出では遅すぎます。

退職届は、遅くても1カ月前、ベストは2か月前に提出すべきです。

退職者が出ると、後任者の決定や業務の引継ぎ、会社側の事務手続きなど様々な作業が発生するため、遅くとも1カ月間の猶予を持って意思表示をするのが社会人のマナーだと言えます。

ただ、会社によっては独自の期日を定めている場合があるので、必ず就業規則で確認するようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.退職届の書き方

    退職届けを出すタイミングが分かったら、いよいよ退職届を書くことになります。

    しかし、たいていの人は退職届なんてはじめて書く書類ですから、書き方が分からず困ってしまいますよね。

    この章では、退職届の書き方をお教えします。

    退職届と退職願の違いを知っておこう

    退職届の書き方に入る際に、間違えて書くことがないよう、「退職届」と「退職願」の違いについて解説します。

    〈「退職届」と「退職願」の違い〉

    • 退職願:会社もしくは経営者に退職意思を申し出る書類。お願いの意味しか持たないため、後に撤回しても大丈夫です。
    • 退職届:退職することが確定した後、退職を会社に対し、届け出るための書類。退職届は提出した時点で労働者側が労働契約の解除をしたことになるので、撤回することはできないと考えてください。

    退職願と退職届では、その強制力に違いがあるというわけですね。

  • スポンサーリンク

  • 退職届を書くにあたって準備するもの

    退職届は、自身で用意するケースや会社でフォーマットが用意されている場合があります。

    自身で用意する場合は、A4縦もしくはB5縦の白紙を用意して、そこに黒のボールペン、もしくは万年筆で手書きします。

    「退職届(もしくは退職願)」というタイトルを右側に書き、本文、提出日、所属部署名、名前と続き、印を押します。

    作成した文書は無地の白い封筒に入れ、表面の真ん中に「退職届(もしくは退職願)」、裏面左下に所属部署名と名前を記載して完成です。

    退職届の例文を紹介

    退職届の本文に書く内容ですが、一般的には下記のような内容で構いません。

    〈退職届の例文〉

    このたび、一身上の都合により、勝手ながら、二〇✖✖年✖月✖日をもって退職いたします。

    「一身上の都合」というのは、自己都合での退職の場合に使われる表現です。

    リストラや早期退職制度の利用などの自分の意志ではない退職の場合は、そもそも退職届を提出する必要がありません。

    ちなみに、自己都合による退職と会社都合による退職とでは、失業手当を支給されるまでの期間に違いがあるので気を付けましょう。

    自己都合による退職の場合はハローワークに離職票を提出してから、待期期間の7日を加え、3ヵ月経過しないと失業給付金は受け取ることができません。

    一方、会社都合の退職の場合、待期期間の7日は一緒ですが、その後一カ月後から失業手当の受給が開始できます。

  • スポンサーリンク

  • 3.退職届の出し方

    書いた退職届はどう提出すべきか迷ってしまうかもしれません。

    ここでは、退職届の出し方に関する2つのポイントを解説します。

    必ず手渡しで

    退職届は非常に出すのが躊躇われる書類ではありますが、必ず手渡しで提出してください。

    郵送したり置き去りにしたりして退職届を提出すると、後々受理を巡って問題となってしまうためです。

    また、大切な書類を対面で提出しない行為は、とても失礼にあたります。

    もう辞めてしまうとはいえ、今までお世話になった会社ですので、最後まで礼儀を尽くしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 相手は直属の上司

    退職届を提出するのは、自分が所属している部署の直属の上司です。

    上司を飛ばして人事に先に提出するのは止めてください。

    上司の立つ瀬が無くなってしまいます。

    スムーズに退職するためには、あらかじめ上司に「退職を検討している」と相談しておくと良いでしょう。

    4.退職前にしておくべきこと

    退職届に関しては、これまでの内容でおおよそご理解いただけたかと思いますが、退職前しておくべきことは他にもたくさんあります。

    ひとつずつ紹介していきますので、漏れがないようにしてください。

  • スポンサーリンク

  • 業務の引継ぎ

    業務の引継ぎは必ず行ってください。

    後で見返せるよう、口頭での引継ぎだけでなく書面で引継書を作成しましょう。

    業務内容だけでなく、書類やデータの保存先についても引継ぎをお忘れなく。

    後任者が仕事のことで困ったときは問い合わせができるように、自分の連絡先も教えておきましょう。

    保険や年金の手続き

    基本的には、健康保険や年金は会社単位で加入しているため、退職時は保険や年金の切り替えが必要となります。

    転職先が決まっているなら、転職先が切り替え手続きを代行してくれるのですが、次が決まっていない場合は自分で手続きを行う必要があります。

    国民年金や国民健康保険に加入する場合、退職日から14日以内に手続きを行う必要があるので注意してください。

    また、前の会社で使っていた健康保険証は前の会社に返却する必要があるので忘れないようにしましょう。

    有休を消化する

    労働者の権利ですので、有休が余っているならきちんと消化したほうが良いでしょう。

    退職時に有休を取得するのは気がひけるものですが、引継ぎなどやることをやっておけば全く問題はありません。

    有休の取得を会社や上司が拒むことも考えられますが、法律上、会社側は社員からの有休の申請を原則拒むことができないとされています。

    堂々と有休を消化し、つかの間の休息を楽しんでください。

    お世話になった方への挨拶

    社内のお世話になった方に対しては、在職中に一度は必ず挨拶するようにしましょう。

    挨拶は対面で行うのが望ましいですが、会うのが難しければメールで行うのもひとつの手段です。

    社外への挨拶メールは退職日の2~3週間前に、社内に対しては最終出社日に行うのが好ましいとされています。

    今後どこで会うかも分かりませんから、挨拶をしっかり行い、最後こそ印象よく終わりましょう。

    退職後の計画を立てる

    貯蓄額の確認や空白期間の過ごし方など、退職後の計画も立てておきましょう。

    無計画に退職してしまうと、その後の生活に支障をきたしてしまうかもしれません。

    必要に応じて、クレジットカードの作成やローンの借り入れも行いましょう。

    転職活動はお早めに

    できるなら在職中に、次の就職先を決めておくのが望ましいです。

    空白期間が生じてしまうと、上記のようにお金の心配が出てきますし、転職に不利に働く可能性もあります。

    転職エージェントを利用すれば様々な転職活動のサポートが受けられ、在職中だと忙しくて中々手が回らない面接の日程調整も代行してくれるのでおすすめです。

    5.円満退職のためのポイント

    新しい仕事に前向きに臨むためにも、円満退職で終わりたいですよね。

    円満退職のためのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

    繁忙期は避ける

    退職の時期は、年度末や決算前といった繁忙期は避けるのが無難です。

    上司は「繁忙期は仕事に集中したい」と考えていますから、そんな時に退職したいと告げる行為は「自分のことしか考えていない」とかなり心象を悪くします。

    場合によっては、怒ってしまい話を取り合ってもらえないかもしれません。

    このため、繁忙期は避け、比較的業務に余裕のある時期に退職を申し出たほうがいいでしょう。

    できるだけ早く伝える

    退職希望日の2~3ヵ月前には、上司に退職の話をしておいたほうがいいです。

    通常はいきなり退職届を出すようなことはなく、退職交渉が入ります。

    引き留めを受け、思うように話が進まないことも考えられるため、退職をしたいと考えている旨は出来るだけ早く伝えることを心がけましょう。

    退職理由はポジティブなものを

    本心では何らかの会社への不満はあるでしょうが、上司に伝える退職理由はポジティブな内容を伝えるようにしてください。

    「残業が多い」「仕事内容に興味がない」など不満をそのまま伝えたら、上司が怒ってしまうかもしれません。

    なかには会社のことを自分の家族のように捉えている上司もいるでしょう。

    ウソをつく必要はないですが、前向きな理由にうまく言い換えて伝えるようにしてください。

    〈ポジティブな退職理由の具体例〉

    • 「人間関係がうまくいかなかった」→「周りと連携しチームワークを図りながら働きたい」
    • 「サービス残業が多い」→「成果や努力に見合った評価が欲しい」
    • 「ノルマがきつい」→「顧客と信頼関係を築きながら仕事をしていきたい」

    不満を抱いているということは、裏を返せば、「このように働きたい」という理想像があるともいえます。

    上記の具体例のように、その理想像をうまく反映し、ポジティブな退職理由につなげてください。

    周りに言いふらさない

    退職のことを、直属の上司に伝える前に、同期や先輩など周りの人に言いふらすべきではありません。

    自分が退職する話が同じ課内に広まったら、退職するまでの期間、非常に居づらくなります。

    「辞めるからいいや」と、攻撃的な言葉を投げかけられることもあるかもしれません。

    職場内で退職の話をする人は、必要最低限の範囲にとどめておきましょう。

    最後まで責任を持って仕事をやり遂げる

    退職するからと言って、最後まで仕事に手を抜かず、責任を持ってやり遂げるようにしましょう。

    気が抜けるのも分かりますが、適当に仕事をする姿を見せられると、上司はがっかりしてしまいます。

    人格や品性が疑われることにもなりかねません。

    退職まで少しの期間ですので、精一杯仕事をやり遂げてください。

    最終出社日は挨拶をきちんとする

    多くの場合、退職日当日となりますが、最終出社日は職場の人に挨拶をきちんとするようにしましょう。

    1人ずつ行うのが理想ですが、最後にみんなの前で行っても問題はありません。

    最低でも、自分の所属する部署の方々には挨拶を行い、感謝の言葉は必ず添えるようにしてください。

    物事は締めが肝心です。

    最後がきちんとしていれば、印象よく終わらせることができるので、最後まで礼儀を尽くしましょう。

    6.こんな時どうする?ケース別対処法

    退職交渉の際は、様々なトラブルが発生する可能性があります。

    トラブルに出くわしてしまった際に上手く対応できるよう、ケース別対処法を紹介します。

    在職を強要されたらどうする?

    退職するかどうかは労働者の自由です。

    「絶対に辞めさせないぞ」「君をここまで育て上げた会社を裏切るのかね」など、色々言ってくるかもしれませんが応じる必要はありません。

    強い気持ちで交渉に臨みましょう。

    とはいっても「自力で退職できない」という場合もあるでしょう。

    退職の意思を押し通すのが難しい場合は、以下に紹介する退職代行サービスの利用を検討してはいかがでしょうか?

    自力で退職できない場合は「退職代行サービス」を利用しよう

    退職代行サービスEXIT

    自分の言葉で伝えても退職できない場合は、奥の手として「退職代行サービス」を利用するのもアリです。

    退職代行サービスEXIT」では、会社への連絡は全て代行してくれるので、もう上司と話す必要はありません。

    相談した当日から即日で対応してくれるため、急ぎの退職にも適しています。

    ただ、退職代行サービスを利用してしまったら、円満退職は不可能に近いので、その点は覚悟して利用してください。

    また、退職代行サービスについて詳しく知りたい方は「退職代行で本当に辞められる?トラブルの元?サービス内容と利用の際の注意点」もあわせてご覧ください。

    ボーナスを貰ってから退職したい

    ボーナスを貰ってから退職したいと考えている方は、ボーナスをもらった後に退職したい旨を伝えるのが安全です。

    退職の話をした後にボーナスの支給を受けることになると、額を減らされたり、最悪一円ももらえないケースも考えられるためです。

    退職者のボーナスの扱いに関しては、通常、就業規則に記載されているので、必ず確認しておきましょう。

    退職するのにボーナスをもらおうとする行為は、人によっては卑しい行為だと感じるでしょう。

    そのため、退職を告げるのはボーナスをもらった後にしたほうが、その後のわだかまりが生じるリスクを減らせます。

    まとめ

    この記事のポイントは、以下の通りです。

    〈まとめ〉

    • 退職届の提出は、2ヵ月前がベスト
    • 退職届の提出は、必ず手渡しで。相手は直属の上司
    • 転職活動は早めに行おう
    • 円満退職のために、最後まで責任をもって仕事すること
    • 退職を認めてもらえない場合、退職代行サービスを利用してもよい

    退職届を出すタイミングについてご紹介しました。

    退職届を出すときは、時期やタイミングさえきちんと押さえる事ができれば、円満退職できます。

    退職するとはいえ、お世話になった会社です。

    立つ鳥跡を濁さずではありませんが、綺麗に退職して、気持ちよく新しい人生をスタートしましょう。