転職したいけど悩む人が決断するためには?迷う時の判断方法と適した転職の仕方

Young businessman with a briefcase running in a city street hurry up to go work.
仕事の悩み・相談

やりがいのある仕事やより良い環境を求めて転職したいと思っても、実際に行動するとリスクや不安が先に立って決断できないという人は多いようです。

確かに、 転職は安易に決めてしまうと今よりも給与や労働条件が悪くなる可能性があり、人生全般に影響してくるので慎重に決断する必要があります。

この記事では、転職に向く人と向かない人の特徴や一般的によくある転職理由、迷った時にはどう判断したらいいのかについて解説します。

失敗しない転職活動のやり方についても紹介しますので、転職を考えている人は参考にしてください。

スポンサーリンク

1.転職すべきなのか迷ったら

あなたが今、転職すべきかどうか迷っているなら、まずは下記の2つについて考えてみてください。

  1. 自分は転職に向いているか?
  2. 転職で問題を解決したり、希望が叶うか?

①は、自分の性格が転職に向いているかや、有利な転職をするためのスキルや経験があるかといったことについて考えます。

②は、転職したい理由を書き出すなどして、客観的に分析する必要があります。

自分ひとりで判断するのが難しい場合には、信頼できる人や転職経験者に相談にのってもらうといいでしょう。

ここからは、転職に向く人・向かない人の特徴や、転職で問題が解決できるかの見分け方、人に相談する時の重要なポイントについて解説していきます。

1‐1.転職に向く人・向かない人

転職に向いている人と向いていない人では、それぞれにどんな特徴があるのでしょうか?

まず、転職に向いている人の特徴を見てみましょう。

<転職に向いている人の特徴>

  • 柔軟性があり、臨機応変に対応できる。
  • 謙虚に学ぶ姿勢があり、自分の問題点にも向き合える。
  • 将来のビジョンが明確で、キャリアアップに意欲的。
  • 前職で経験やスキルを身につけている。

上記のような人は、 希望や目的がはっきりしているため、転職の理由もスキルアップといったポジティブなものが多いのが特徴です。

一方で、転職に向かない人の特徴は、次のようになります。

<転職に向かない人の特徴>

  • こだわりが強く、柔軟な考え方ができない。
  • 何でも他人のせいにする傾向が強く、謙虚な姿勢に欠ける。
  • 将来についてのビジョンがなく成長意欲が薄い。
  • コミュニケーションが極端に苦手。
  • 即戦力になるだけの経験やスキルがない。

このような人は、 現状から逃げたいといったネガティブな理由で転職することが多く、転職先でも同じ不満や問題を抱えやすい傾向にあります。

自分が転職に向いているかどうかをもっと詳しく知りたい人には、次の本が参考になります。

転職に向いている人 転職してはいけない人
  • 黒田 真行
  • 価格   ¥ 1,512
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック
  • スポンサーリンク

  • 1‐2.転職で解決できる問題かもう一度考えてみる

    転職する理由には、今の職場での悩みや不満を解決するためだったり、もっとやりがいのある仕事に就きたいといったものがあります。

    どんな理由にしても、  今の悩みが解決でき、現状よりも満足できる職場環境にならなければ転職する意味がありません

    転職で問題を解決したり希望を叶えたりするには、次の2つのことが重要になります。

    1. 今の職場で悩みや不満を解決する努力をしたか。
    2. 将来の目標や人生プランがしっかり立てられているか。

    今の職場で問題を解決する努力ができない人は、転職しても同じ問題を抱える可能性が高く、どこに勤めても同じことを繰り返すことになりがちです。

    また、将来の明確なビジョンや目標がないままでは、自分にとって有意義な仕事ができる転職先を選ぶのは難しいと言えます。

    今より待遇が悪くなってしまったり、新しい職場で苦労する可能性が高くなりますので注意が必要です。

    こんな理由はNG

    次のような理由で転職しようと思っている人は、転職が上手くいかない可能性が高いと言えます。

    今の職場で努力をしていないタイプ

    • スキルをあげたり、成果を出すための努力をしないで、今の仕事はやりがいがないと思っている。
    • コミュニケーションが苦手だったり、我がままだったりして、自分が原因で人間関係が上手くいっていない。
    • いじめやパワハラなどを解決する対策をせずに、転職さえすれば問題が解決すると思っている。

    仕事のやりがいや人間関係は、上司などに相談することで解決できる場合もありますので、転職を考える前に解決のための努力をしてみてください。

    また、次のような理由で、人生の目標が明確でないまま転職しようとするのもおすすめできません。

    目標や人生プランがないタイプ

    • 大きな不満はないが、なんとなく転職したいと思っている。
    • 転職さえすれば給与や待遇が今より良くなると思っている。
    • 今の職場で十分な経験を積まないで転職しようとしている。

    将来のビジョンがなく、新しい職場に都合の良い夢ばかりを見ているような人は、転職先を選ぶ時にも自分の都合の良い面しか見られなくなります。

    安易に転職すると、「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があるので注意してください。

    このように、仕事のやりがいや将来の目標が見つけられないという人は、次の記事が参考になります。

    仕事がつまらないを解決する!放置すると人生までダメにする可能性も

    2018.11.29

    1‐3.信頼できる人に相談する

    自分ひとりで判断できない場合には、家族、友人、同僚など、あなたのことをよく分かっていて、客観的な判断ができる人に相談してみましょう。

    今の職場の同僚や上司に相談していいか迷うかもしれませんが、一緒に働いているぶん、あなたの性格や適性、職場の人間関係などをよく分かっているはずです。

    他言される心配のない、本当に信頼できる人であれば、一番的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

    周囲に相談できる人がいない場合には、プロの視点からアドバイスが受けられる転職エージェントに相談するのがおすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 1‐4.転職の体験談を聞く

    可能であれば、実際に転職を経験した人に経験談を聞くといいでしょう。

    転職した理由やなぜその転職先を選んだのか、転職をするまでの経緯などを経験者から聞くのはとても参考になります。

    転職活動の失敗談などを聞いておけば、それを避ける対策が立てられますし、 転職に成功している人に実際に会うことで、自分の迷いも振り切れる可能性があります。

    2.転職したいと思うのはあなただけじゃない

    転職したいと思っていても、「こんな理由で転職したいなんて非常識かな?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

    しかし、何かがきっかけになって転職したいと思うことは誰にでもあるようで、ツイッターにも次のようなつぶやきが溢れています。

    ツイッターを見ても分かるように、人間関係や家庭の事情など、転職したい理由は人それぞれなようです。

    ここからは、一般的にはどんな転職理由が多いのかについて解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.転職したい理由で多いのは?

    転職したい理由で多いと言われているのが、次の5つです。

    • 給与
    • 労働条件
    • 人間関係
    • 仕事のやりがい
    • 家庭の事情

    このように、労働条件や人間関係など、待遇や職場環境に問題を感じて転職を希望している人が多い傾向です。

    では、それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

    給与

    給与が低いと仕事のモチベーションが上がらないだけでなく、実際に生活するのが困難なケースもあります。

    誰でも働いた対価として納得のいく給与が欲しいですし、お金に余裕のある生活をしたいと願うのは当然でしょう。

    年収が平均よりも低いと感じたり、将来的にも昇給する見込みがない場合には、転職を考える人が多くなっています。

    労働条件

    残業や休日出勤が多い、夜勤がある、勤務時間が不規則といった、労働条件が理由で転職を考える人もいます。

    特に、 過労で心身ともに疲れてしまったと感じる時、転職したいと思う人が多い傾向にあります。

    体を酷使する労働や危険をともなう作業がある職場から転職したいという場合もあります。

    人間関係

    上司のパワハラ、職場のいじめなどで 人間関係に問題がある場合には、転職して環境を変えたいと思う人が多いようです。

    そこまで人間関係が悪くなくても、社風に合わずになんとなく会社になじめないというのも転職したい理由になります。

    仕事のやりがい

    今の仕事やりがいを感じられなかったり、本当にやりたい仕事ではない場合に、 自分の希望に合う仕事をするために転職したいと思うことがあります。

    また、今より高い地位や権限のある役職を求めて、キャリアアップのために転職をする人もいます。

    家庭の事情

    結婚や子育て、親の介護などでもっと家庭にいる時間を長くとりたい場合には、 希望に合った働き方ができる会社に転職することがあります。

    反対に、結婚や子供の誕生で養う家族が増えた場合に、もっと高い給与を求めて転職する人もいます。

    3.転職の決断をしたらすべきことは?

    転職を決断したからといって、いきなり転職活動を始めても、良い転職先が見つかる可能性は低いと言えます。

    転職を成功させたいのであれば、次にあげるような準備をしっかりしてから、焦らないで着実に進めていきましょう

    1. 転職先の条件を決めるなどの準備をする。
    2. 実績をつくるなど、転職に有利になることをやっておく。

    ここからは、上記の準備の詳しいやり方や、転職活動は働きながらと退職後のどちらに行うのが良いのかについて解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3‐1.転職に必要な3つの準備

    転職を決めたら、まずは次の3つの準備をしていきましょう。

    1. 自分のセールスポイントは何かを考える。
    2. 転職先の条件を決める。
    3. 情報を集める。

    このように、転職活動の時に 自分のセールスポイントになるのは何かをまとめ、転職先にはどんな条件を求めるのかを決めてから企業の情報を集めると効率的です。

    自分のセールスポイントは何かを考える

    自分のセールスポイントが何かを知るためには、次のようなことについて紙に書きだしてみるといいでしょう。

    • 今までに経験した職種
    • 仕事で身に着けた知識や経験
    • 持っている資格やスキル
    • 今まであげた実績
    • 自分の性格の良い面や得意なこと

    どんな小さなことでもいいので、項目別に思いつくものは全部書き出してみましょう。

    そのなかから、転職に有利となる事柄や、転職したい企業や職種にマッチするものをピックアップしていくといいでしょう。

    転職先の条件を決める

    セールスポイントがまとまったら、次は転職先の企業に求める条件を書き出してみます。

    条件は転職したい理由によっても違ってきますが、一般的には次のようなことが条件としてあげられます。

    • 給与や労働条件
    • 勤務先の条件(家から通える範囲がいいのか、転勤はあってもいいのかなど)
    • 自分のキャリアや適性に合った職種か
    • 現職での悩みが解決できるかどうか

    書き出した中から、 どうしても譲れない条件と、場合によっては妥協してもいい条件に分けていきましょう

    例えば、給与の額であれば、年収○○円までなら妥協しても良いというように、妥協できる最低ラインについても考えておきます。

    情報を集める

    上記の2つがまとまったら、転職サイトなどで自分の条件に合う企業の情報を集めていきましょう。

    給与や労働条件、勤務地などの基本的なことのほか、企業理念や将来性などをチェックすることも重要です。

    たくさんの情報を目にすると気持ちがぶれてしまいがちですが、 自分の悩みが解決できるような企業かどうかと、最低限必要と決めた条件を満たしているかは必ず確認しましょう。

    3‐2.転職前にできることは?

    上記のような準備以外にも、今の会社で転職のためにできることはできるだけしておきましょう。

    中途採用をする企業では即戦力を求めていることが多いので、アピールできるような実績を作ったり、スキルアップをしておくことが大切です。

    実績を作る

    転職を有利にするためには、 面接でアピールできるような実績を現職で作っておくことが大切です。

    社会人になって3年未満など、実績や経験が少ない場合には、転職を延期することも考えてみましょう。

    例えば、1年後に転職することを目指して経験を積んだり、必要なスキルや知識を身につけていく計画性も必要です。

    スキルアップする

    転職前に有利になる資格を取っておくなど、働きながらできるスキルアップをしておきましょう。

    特に、今とは全然違う職種に転職を希望している場合などは、 転職後に必要な資格や知識を身につけておくようにします。

    そうすることで経験がなくても、新しい職種に対する適性ややる気を示すことができます。

  • スポンサーリンク

  • 3‐2.転職活動は退職後と在籍中のどちらが良い?

    転職活動には、今の職場で働きながらする場合と、退職してからする場合の2通りがあります。

    それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

    まず、働きながら転職活動をするメリットとデメリットは、次のようになります。

    在職中の転職活動

    • <メリット>
      生活費の心配をしないでじっくり転職活動ができ、妥協しないで納得のいく転職先を選べる可能性が高い。
    • <デメリット>
      転職活動に当てられる時間が就業後や休日に限られる。転職活動のために有休を使う機会が多くなると、今の職場に知られて居づらくなる可能性がある。

    このように、働きながらの転職活動は、残業が少ない会社や普段から有給休暇が取りやすい会社に勤めている人に向いています。

    生計を共にする家族がいる人は、働きながらの方が家族の理解も得られやすいでしょう。

    では、退職後に転職活動をする場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    退職後の転職活動

    • <メリット>
      時間の制約が無いので、転職活動に十分な時間が当てられる。
    • <デメリット>
      給与が入らないので、転職活動が長引くと生活に支障が出る。なかなか決まらないと妥協することになり、希望よりも条件の悪い会社に転職する可能性がある。

    この場合には、転職活動の期間が長くなると離職期間としてブランクが空いてしまうため、再就職に不利になる恐れがあります。

    退職後に転職活動をする場合には、期間を決めて短期決戦で臨みましょう。

    まとめ

    転職が成功する人は、将来について明確な希望や目標を持ち、キャリアアップといったポジティブな動機から転職する傾向があります

    もしも、あなたが現状の悩みから逃げるために転職したいと思っているのならば、自分が努力することで解決できたり、今の職場で対処できないかをもう一度考えてみてください。

    そのうえで転職することを決めた場合には、転職先の条件をしっかりと練るなど、計画的に転職活動を進めていきましょう。

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    ランキングに騙されないで!おすすめの転職エージェントはこれだけで十分

    2019.04.13
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク