人生の転機を見逃すな!よくある前兆・前触れと人生を好転させる選択法を紹介

Doors to the new world. See also different versions!
仕事の悩み・相談

人生の転機とは、新たな状況に変化するきっかけのことを言い、誰の人生にも転機を迎える時期はあります

自分の成長やより良い人生を送るために必要なものと言えますが、転機に正しい選択ができないと今よりも悪い状況に陥ったり、望まない人生を送ることになる可能性があります。

この記事では、転機を迎えた人に多くみられる前兆や、転機で正しい選択をするにはどうしたらいいのかについて説明します。

転機を迎えやすい時期や年齢についても解説しますので、「今が転機かも?」「次のステージにいくには?」と思う人は参考にしてください。

スポンサーリンク

1.人生の転機とはどんな時に起こりやすい?

このツイートのように、後から考えてみればあの時が転機だったと思う人は多いようです。

人生の転機は起きやすいタイミングがあり、一般的には次のような時期があげられます。

  1. 自分が成長した時
  2. 変化が必要な時
  3. 人生の節目の時

どうしてこのようなタイミングで転機が起きやすいのか、詳しく見てみましょう。

自分が成長した時

自分が成長して次の段階に進むべき時が来た場合には、人生の転機だと言えます。

このような時は、今の仕事や人間関係に物足りなさを感じたりして、自然に変化を求めるようになります。

自分の成長に合わせて次のステージに行く時期ですし、より充実した人生のために一歩踏み出す時です。

  • スポンサーリンク

  • 変化が必要な時

    今のままでは進歩が望めない状況の時や、周囲の状況が変化して自分が変わる必要がある時に、人生の転機が訪れます

    人生をより良くするためには自分が成長することが大切で、転機はそのためにやってくるとも言えます。

    転機が来ているのを無視して現状維持を続けることは、成長できずにつまらない人生を送ることになってしまう可能性があります。

    人生の節目の時

    就職、結婚、子供が生まれるなど、人生の節目は多くの人にとって転機になります。

    このような人生のイベントは住む場所や生活習慣などを変える必要がでてくるため、人生の転機になりやすい時期です。

    他にも、25~26歳頃、33歳~35歳頃、40歳~42歳頃も転機を迎えやすい時期と言われています。

    これらの年齢は昔から厄年と言われている年齢に近く、心と体の変化が起こりやすい時期として知られています。

    人生の転機についてもっと知りたい人には、次の本が参考になります。

    トランジション ――人生の転機を活かすために (フェニックスシリーズ)
    • ウィリアム・ブリッジズ, William Bridges
    • 価格   ¥ 1,404
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック
    賢いやめ方 人生の転機を乗り切る「目標離脱」の方法
    • アラン・バーンスタイン, ペグ・ストリープ
    • 価格   ¥ 1,944
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック
  • スポンサーリンク

  • 2.こんな前兆は人生の転機を迎えているサイン

    人生の転機を後から振り返ってみると、前兆のような出来事や気分の変化があったと気づく人は多いようです。

    例えば、次にあげる4つは、多くの人が次のステージに行く前触れとして感じています。

    1. 順調だったことが上手くいかなくなる。
    2. 仕事や好きなことに興味がなくなる。
    3. 引っ越しや断捨離などで生活を変えたくなる。
    4. 過去を振り返ることが増える。
    5. 理由もなくやたらと眠くなる。

    では、具体的にはどのようなことが起こるのか、詳しく見てみましょう。

    順調だったことが上手くいかなくなる


    最近どういうわけか仕事やプライベートが上手くいかない。

    こんな風に、 理由もないのに仕事や人間関係などが上手くいかなくなってきたら、人生の転機が近づいているのかもしれません。

    これは、次にあげるようなことが原因で、環境などを変える必要が出てきたためと考えられます。

    1. 周囲の状況が変わり、それに合わせて自分も変わる必要があることに気付けていない。
    2. 自分が成長して、今の仕事や人間関係が物足りなくなっている。
    3. 単調な毎日に飽きていて、気付かないうちに仕事や人付き合いが手抜きになっている。

    ただし、このような前兆を感じた人が必ずしも転職などで環境を変えたわけではなく、多くは同じ環境のまま現状を良くしようと努力しています。

    その努力が仕事や人間関係を良い方向に変えていくことにつながり、結果的に転機になったと感じることが多いようです。

  • スポンサーリンク

  • 仕事や好きなことに興味がなくなる


    最近なんだか仕事が面白いと感じられない。

    このように、自分の仕事や好きだった趣味などに興味がなくなってくる時は、転機の前兆の場合があります。

    今の 仕事や人間関係に慣れて刺激を感じなくなったり、成長した自分に仕事や周囲の環境が合わなくなって退屈を感じていることが原因になっています。

    他にも過労やストレスが長期的に続いていることが原因の場合があり、現状を改善するための行動が必要な時期と言えます。

    引っ越しや断捨離で生活を変えたくなる


    今の生活に不満はないけれど、引っ越しや断捨離で環境を変えたい!

    そんな風に感じている人は、人生の転機を迎えている可能性があります。

    現状に大きな不満や悩みは無くても、環境を変えたいと思うのは、無意識のうちに自分が変わることを望んでいる状態です。

    理想の生き方をしている人に出会うなど、他人に影響されて変化を望む心境になり、転機につながることもあります。

  • スポンサーリンク

  • 過去を振り返ることが増える


    以前の会社の方が、給料は安くてもやりがいがあって良かったなぁ。

    このように、過去の楽しい事や良かった時代を振り返ることが多くなると、人生の転機が近い可能性があります。

    今に満足している人は、そう度々昔を思い出して、楽しかった思い出にひたるようなことはありません。

    過去の思い出が今より良く思える時は、現状改善のための努力や変化が必要な時であり、転機が起こりやすい時期と言えます。

    理由もなくやたらと眠くなる

    転機の前兆でよくあるものとして、特別に寝不足や過労でもないのに、やたらと眠気に襲われるというものがあります。

    これは、人生を変える必要があることを無意識のうちに感じていて、 悩んだり考え事をする時間が長くなっていることから、脳が疲労して眠くなると考えられます。

    ただし、眠気やだるさは病気や体調不良の可能性もあるので、長く続く場合には病院で診てもらうことをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 3.「人生どん底」外的要因で迎える転機とは?

    人生は、 自分ではどうにもできない外的な要因で不幸のどん底に落とされ、嫌でも生き方を変えるしかないことが時々起こります。

    多くの場合には、次ような辛い状況が人生の転機になりやすいです。

    1. 病気や事故
    2. 大切な人との別れ
    3. リストラや事業の失敗

    ここからは、これらの出来事がどうして人生の転機になりやすいのかについて、詳しく解説していきます。

    病気や事故

    大きな病気や事故で健康を失うことが、人生の転機になることがあります。

    体調を崩して今までと同じようには働けなくなり、仕事や生活を変えざるを得ない事態になることが多いからです。

    また、元通り健康を取り戻すことができた場合でも、闘病生活や死を身近に感じる体験をすることで、人生を見つめ直す人もいます。

    悔いのない人生を送りたいと思うようになり、仕事やプライベートに変化が必要だと考え、それが転機になることが多いです。

    大切な人との別れ

    身内の不幸があった時、 大切な家族を失うことで孤独に苦しめられたり、生きがいを失ってしまう人がいます。

    また、恋愛に終止符が打たれたり、離婚といった別離も、同じように人に与える影響は大きいものです。

    特に一家の大黒柱を失った場合には、残された家族は生活や人生設計を変えなければいけない必要に迫られます。

    このように、家族や大切な人との別れは、外的な要因で転機を迎えることのひとつと言えます。

    リストラや事業の失敗

    リストラや事業の失敗で職を失った時には、人生の大きな転機になると言えます。

    職を失うことは生活を根底から変える必要に迫られることが多いですし、事業の失敗では多額の借金を負う恐れがあります。

    また、精神的なショックを受けたり自信を喪失したりすることで、自分の人生や働き方について見つめ直すきっかけになります。

    4.人生の転機で正しい選択をするには?

    今が人生の転機だと感じて、行動することが必要だと思った時、選択肢としては次の2つがあります。

    1. 今の環境のまま、自分のやり方や考え方を変える。
    2. 環境を変えたり、新しいことに挑戦する。

    転機と言うと、②のように、転職などで環境を変えることだと思いがちです。

    しかし、①のように、その場で頑張ることが自分の成長につながり、その成長がより良い人生を送る転機になることも多いものです。

    どちらが良いかは、その時の状況や自分がどうしたいかによって違ってきますので、次の手順で状況を分析してみましょう。

    1. どんな選択肢があるか書き出す。
    2. 自分の希望や不安要素を明確にする。

    このように、考えられる選択肢や自分の気持ちを明らかにし、最終的には自分自身で決断した選択を信頼することが大切です。

    また、身内の不幸などで精神的に混乱している時には、焦って結論を出さないように注意してください。

    どん底の時には焦って動かない

    リストラにあって職を失ったり、身内が不幸にあって気持ちが混乱しているような時は、焦って動かないことが大切です。

    経済的な不安を感じて労働環境などを良く調べないで就職してしまったり、自暴自棄になって本来は望んでいない選択をしてしまう可能性が高くなります。

    まずは、 深い悲しみや失った自尊心などに向き合い、心の落ち着きを取り戻すケアを優先させましょう

    辛い体験を通して自分に向き合うことが内面の成長につながり、その成長こそが人生の転機になる場合も多くあります。

    選択肢を書き出す

    今が転機と感じてその先の選択に迷った時には、自分にはどのような選択肢があるのかを書き出してみましょう。

    例えば、今の仕事がつまらなくなって転機だと感じている時には、次のような選択肢が考えられます。

    自分を変える選択肢

    • 自分の企画を提案するなど、今の職場で新しい挑戦をする。
    • 資格を取るなどして、仕事への専門性や理解を高める。

    環境を変える選択肢

    • 今と同じ職種で、もっとやりがいのある仕事ができる会社に転職する。
    • 全く新しい職種に転職する。
    • 今の会社で部署や職種を変えてもらう。

    このように、 自分を変える・環境を変えるの2つの視点から考え、状況的に実現できる可能性のあるものを書いてみましょう。

    自分の希望や不安を明確にする

    どのような選択肢があるのかが確認出来たら、自分の希望を明確にしてみましょう。

    今の仕事が退屈だから転職したいなどと短絡的に考えずに、 長い目で見て、人生をより良くするためには今どんな行動が必要かを基準に考えてみてください。

    希望した選択肢を行動に移すことに迷いがある場合には、迷いの原因になっている不安要素を書き出してみます。

    不安を明確にすることで、計画的に進めれば解決できる問題であることが分かったり、最悪の事態を避ける対策が立てられる可能性があります。

    「 やった場合とやらなかった場合のどちらの後悔が大きいか」と考えてみるのもおすすめです。

    最後は自分自身の選択を信頼する

    どんなに考えても、今の選択が正しいか正しくないかは、ある程度の時間が経ってみないと分からないものです。

    後悔しないためには「自分で決める」ことが大切で、スピリチュアルな力や占いに頼ったりするのはおすすめできません。

    転機を経験した人に体験談を聞いて相談するのは良いですが、最終的に決断するのは自分だということを忘れないでください。

    よく考えて今の時点でベストな選択をしたのであれば、あとは自分の選択を信頼して進むことが大切です。

    今が人生の転機だと感じているけれど、なかなか行動に移せないという人には、次の記事もおすすめです。

    まとめ

    人生の転機は、自分が成長した時、変化が必要な時、人生の節目などに起きやすくなります。

    このような時は誰にでも似たような前兆があるので、人生の転機が近づいていると気づいたら、正しい対処で上手に乗り切りましょう。

    転機を迎えた時には、今の環境のまま自分の行動や考え方を変えるか、環境を変えて新しいことに挑戦する2つの選択肢があります。

    人生の転機で正しい選択をするには、人生をより良くするするには何が必要かを基準に考えることが大切です。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件