produced by

全ての人におすすめの転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

選考通過率を上げる4つのステップ

選考通過率を上げるための4つのステップを図解

転職エージェント・サイトおすすめランキング【全102種】

doda

国内最大級の転職サービス! 年齢・性別を問わず【登録推奨】
  • サポート充実
  • 女性にもおすすめ
  • 20〜50代
  • フリーター
  • ハイキャリア
  • IT・WEB
  • 第二新卒
  • 年代
    20〜50代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    75,000
  • 非公開求人数
    -件
  • トップクラスの求人数&転職サポート
  • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能
  • 電話面談も可能
dodaは国内最大級の求人数&実績がある転職サービスです。求人チェックのみで利用することも可能ですが、必要に応じてコンサルタントの転職サポートを受けられる「転職エージェント」の機能も兼ね備えています。状況に応じて必要なサービスを受けられるため、効率良く転職活動を進めることが可能です。保有している求人数は約16万件とトップクラスで、内80%~90%がサイトに掲載されていない「非公開求人」なので、無料登録して求人チェックするだけでも価値があります。書類添削・面接対策などのサポートも優れているので、必ず登録しておきましょう。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

リクルートエージェント

充実の転職サポート! 圧倒的な求人数&転職支援実績
  • サポート充実
  • 女性にもおすすめ
  • 20〜50代
  • フリーター
  • ハイキャリア
  • IT・WEB
  • 第二新卒
  • 年代
    20〜50代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    107,200
  • 非公開求人数
    144,800
  • 業界No.1の支援実績
  • 圧倒的な求人数(非公開求人20万件以上)
  • WEB面談も可能
リクルートエージェントは、国内で最も求人数が多いエージェント。非公開求人も20万件と、業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を効率良く見つけられます。また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつ。たくさんの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが、あなたの転職を手厚く支援してくれます。書類作成や面接対策などのサポートも充実しているので、初めてでも安心。これから転職活動を始める全ての人におすすめの転職エージェントです。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

マイナビエージェント

20代~30代の支持・満足度が非常に高い! サポート期間が無期限なので登録しておこう
  • サポート充実
  • 女性にもおすすめ
  • 20代・30代
  • 第二新卒
  • 年代
    20代・30代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    23,500
  • 非公開求人数
    15,700
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • サポートが丁寧で満足度が非常に高い
  • 電話面談も可能
マイナビエージェントは、20代・第二新卒など若手の転職に強みを持つエージェント。各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているので、転職経験がない若手でも安心。的確なアドバイスや丁寧なサポートを受けつつ転職活動を進められるため、非常に満足度は高いです。また、企業の営業を担当するリクルーティングアドバイザーが企業情報を念入りに収集しているため、マッチング力が高いことも特徴。一般的な転職エージェントのサポート期間が3ヶ月なのに対し、マイナビエージェントは無期限サポートを行っています。20代~30代で転職を検討しているのなら、登録必須のエージェントです。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

ビズリーチ

高年収求人のスカウトが届く! 年収600万円以上を目指す方におすすめ
  • 20〜40代
  • ハイキャリア
  • 年代
    20〜40代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    50,300
  • 非公開求人数
    -件
  • ヘッドハンティング型サービス
  • 年収600万円以上の求人が多い
ビズリーチは、ヘッドハンティング型の転職サービス。経歴を登録しておくと、ヘッドハンターがあなたの条件にマッチする求人を提案してくれます。受け身で転職活動を進められるので、忙しい方にもぴったり。求人は年収600万円超えの案件が多く、3分の1以上が年収1,000万円オーバーの求人。一部サービスを利用するには有料プランに登録する必要がありますが、質の高い求人が充実しているのでキャリアップを目指すならぜひ登録しておきましょう。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

JACリクルートメント

高待遇な求人が豊富! 30代~50代でハイクラス転職を狙うなら登録を
  • 30〜50代
  • ハイキャリア
  • 外資特化
  • 年代
    30〜50代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    10,200
  • 非公開求人数
    -件
  • 年収600万円以上の求人が充実
  • 外資系・管理職などのハイクラス転職が得意
  • Web面談も可能
JACリクルートメントは、外資系・管理職などハイクラスに強い転職エージェントです。年収600万円以上の求人が充実しているため、年収アップを狙うことが可能。求人の質はもちろん、コンサルタントの質も非常に高いので、希望をしっかりと満たす転職を実現できるでしょう。さらなるキャリアアップを狙うミドル層や、ハイキャリア層におすすめのエージェントです。ただし、現在の年収が500万円以下の場合マッチする求人が見つからない可能性があるので、注意してください。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

マイナビジョブ20’s

20代専門の転職エージェント! 転職活動に慣れていない方におすすめ
  • サポート充実
  • 20代
  • 第二新卒
  • 年代
    20代
  • 対応地域
    全国
  • 公開求人数
    2,000
  • 非公開求人数
    -件
  • 職歴に自信がない人もOK
  • 20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント
  • 電話・Web面談も可
マイナビジョブ20’は、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント。大手人材紹介会社であるマイナビグループだからこその、しっかりとしたサポートが魅力。アドバイザーが若手ならではの強みを発掘し企業へアピールしてくれるので、職歴に自信がない方も安心して転職活動を行えます。また、保有しているのはすべて「20代若手社会人・第二新卒向け求人」なので、効率良く自分に合う案件をチェックできますよ。求人数は多くはないので、他のサービスとの併用がおすすめです。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

ワークポート

IT・クリエイティブ系に転職したいなら登録必須! 未経験でIT企業へ転職できる支援あり
  • サポート充実
  • 20代・30代
  • IT・WEB
  • 年代
    20代・30代
  • 対応地域
    全国・海外
  • 公開求人数
    34,200
  • 非公開求人数
    -件
  • IT・クリエイティブ系の求人が豊富
  • 未経験からの異業種転職支援も実施
  • 電話・Web面談も可能
ワークポートはITやクリエイティブ系職種の転職に強みを持っているエージェントで、総求人数の約6割がIT・クリエイティブ系職種の案件です。大手からベンチャーまで、豊富な企業の求人を保有しているため、幅広い選択肢があります。また、未経験からの異業種転職も得意としており、無料エンジニアスクールの開催など、完全未経験者への支援もあります。IT・クリエイティブ系職種への転職を検討しているなら、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

スマホで簡単!3分以内で無料登録!

求人数・サポートともに満足度が高く、優秀
すべての人が登録すべき、転職エージェント・転職サイト

詳しい解説を見る

doda|転職サイト一体型!転職したい業界を把握するのに役立つ!

doda

dodaは人材紹介業界大手の「パーソルキャリア」が運営する転職エージェント/転職サイト一体型の転職支援サービス。掲載求人数は、約7万件と多く、どの業界、業種でも求人が豊富です。

求人数が豊富なことで転職したい業界の市場感を知れるので、良い求人とそうでない求人の見分けがつきやすくなります。

また、転職エージェント/転職サイト一体型のサービスになっているので、求人だけをみたいという人にもおすすめ。自分のペースで転職活動を進めることができます。

総合的に見ても悪い評判は少なく、必ず利用しておきたいサービスの1つです。

次のような場合は、dodaではない転職サービスを使いましょう

求人数No.1のエージェントを使いたい人は「リクルートエージェント」

dodaは公開されている求人数が約7万件に対して、リクルートエージェントは約10万件。
公開求人数ではNo.1の「転職エージェント」です。

求人数だけでなく、サポート力(面接対策・書類添削...)を含め、dodaと同じく登録しておきたい転職エージェントになります。

担当のエージェントに相談しながら、良い転職先を見つけたいという人は「リクルートエージェント」に登録しましょう。

求人だけ見たい人は「リクナビNEXT」

「まずは求人だけが見たい…」
こんな人は、「リクナビNEXT」に登録すると良いでしょう。

リクナビNEXTは人材業界大手のリクルートが運営する転職サイトです。
日本全国、どの地域で見ても、リクナビNEXTは新着求人数が充実しており、さまざまな業種、業界の転職市場をチェックすることができます。

女性ならでの悩みに行き届くサポートが優秀
すべての女性におすすめできる転職エージェント・転職サイト

詳しい解説を見る

type女性の転職エージェント|女性ならではのサポート力が随一

type女性の転職エージェントは、女性の転職を熟知したキャリアアドバイザーが揃っており、女性ならではの的確なアドバイスが好評です。

女性が転職をする場合、「福利厚生」「結婚、育児」「働きやすい職場」だったり、なるべく良い条件の転職先を選びたいです。

そんな時、自分でも気づかない要望を女性のキャリアアドバイザーが引き出してくれるため、登録しておくと良いでしょう。

求人の紹介以外にも面接対策や電話相談など、丁寧にサポートが行き届いています。

次のような場合は、type女性の転職エージェントではない転職サービスを使いましょう

キャリアアップを狙いたい

キャリアアップを狙いたい女性は、「リブズキャリア」を選びましょう。

リブズキャリアの特徴は「年収400万円以下の女性は登録できない」という点で、キャリアアップを目指す女性に特化しています。

また「Woman Bright Action」というプロジェクトに参加しており、社会進出に理解がある企業の求人が豊富。転職後のミスマッチが起きにくく、安心して利用できるでしょう。

20代、第二新卒の求人を幅広く見たい

20代向けや第二新卒向けの求人を探すなら、「女性版マイナビエージェント」を選びましょう。

マイナビエージェントは、dodaやリクルートの続く求人数を誇る業界大手の転職エージェント。
20代や第二新卒など、若手向けの求人数で見ると、dodaよりも多いほどです。

type転職エージェントには劣りますが、女性のサポートチームも充実しており、若手の転職であれば、「マイナビエージェント」を利用しましょう。

フリーター特化サポートで基本スキルを磨く
フリーターが転職するなら登録すべき転職エージェント・転職サイト

詳しい解説を見る

DYM就職|書類選考なしで面接に進める求人を取り扱っている

DYM転職

DYM就職」はフリーターやニートなど、職歴がない人向けの就職サポートを行う、特徴的な転職エージェント。特に、「書類選考なしで面接に進める求人」を多数保有しているので、職歴に自信がなくても正社員就職を目指すことができます。

全国の求人を保有しており、地方でもサポートを受けられます。
全国6ヶ所(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)に面談可能なオフィスがあり、いきなり面接が不安という人も気軽に相談可能です。

まずは「DYM就職」で求人を探し、良い求人が見つからなければ「ハタラクティブ」という動き方がおすすめです。

経歴の少ない第二新卒はサポート重視
第二新卒が登録すべき転職エージェント・転職サイト

詳しい解説を見る

マイナビジョブ20's|書類選考なしで面接に進める求人を取り扱っている

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's」は20代に特化した求人を紹介してくれる転職エージェント。
リクルートエージェントやdodaに続く、大手マイナビエージェントの特化型で、そのノウハウを生かしたサポート力が特徴的です。

第二新卒はまだ経歴が少なく、エージェントのサポートなしで転職するのは難しいことが多いでしょう。しかし、マイナビジョブ20'sなら無期限のサポート付きで親身に相談に乗ってくれます。

第二新卒向けの優良求人を大企業からベンチャー企業まで数多く所有しているので、希望にあった求人を見つけやすいです。
求人の保有数、サポート力ともに第二新卒なら登録しておきたい転職エージェントです。

業界ごとの求人保有数で選ぶ
IT・WEB・ゲーム業界志望の人が登録すべき転職エージェント・転職サイト

詳しい解説を見る

ワークポート|IT業界の求人数が多く、未経験、ベンチャー、スタートアップ志望も対応してくれる

ワークポート

ワークポートは3万件の近くの求人数を保有し、中でもIT・WEB・ゲーム業界の求人が多く、
エンジニアやクリエイター、WEBマーケターなど、IT業界に転職したいという人は登録しておくべきでしょう。

IT業界に詳しい担当者が的確なヒアリングのもと、あなたにあった求人情報を紹介してくれます。

またIT業界の転職エージェントは経験者対象のことが多いですが、ワークポートは業界/実務未経験でも対応してくれるのも特徴的。

プログミングスクール「みんスク」も運営していたりと、IT業界に転職したい人の幅広いニーズを解消してくれます。

次のような場合は、ワークポートではない転職サービスを使いましょう

経験者でキャリアアップを目指している

ワークポートはIT業界の求人情報を多く保有していますが、サーバーサイド、開発など、インフラ系の上流求人は少ない印象です。

なのですでにIT業界に属しており、キャリアアップを目指したいという人は、レバテックキャリアを利用するのがおすすめです。

転職成功率を高める転職エージェントの活用法

転職エージェント|5つの活用方法

詳しい解説を見る

せっかく転職エージェントに登録しても、上手に活用できずに退会してしまう人は意外と多くいらっしゃいます。

転職エージェントを活用するための"ちょっとしたコツ"があるので、利用前に頭に入れておいてください。

順番に解説していきます。

活用法1.転職サイトと合わせて利用する

転職の成功率を高めるならば、転職エージェントだけでなく「転職サイト」も合わせて使うようにしましょう。

転職サイトとは、キャリアアドバイザーがつかないタイプの転職サービスです。

代表的なサービスには「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などがあります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトにも登録しておくべき最大の理由は「確認できる求人の幅が広がるから」です。

実は、転職エージェントと転職サイトは保有している求人が異なるため、どちらか一つのサービスだけでは、出会える求人が限られてしまいます。

たとえば、リクルートが運営する「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」は、掲載されている求人が一部異なっています。

この場合、サービスを両方とも活用した方が、優良な求人に出会いやすくなるのは言うまでもありません。

エージェントもサイトも無料で使えるので、ぜひ2つのサービスを活用して、転職の成功率を高めてください。

真っ先に登録すべきなのは「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職サイトに登録するなら、まずは求人数が一番多い「リクナビNEXT」を使うのがおすすめです

リクナビNEXTは転職活動では「お決まり」とも言えるほどの人気を誇っており、実に8割以上の転職者に利用されています。

求人が多いだけでなく、「グッドポイント診断」という自己分析ツールを使えたり、職務経歴書のサンプルをダウンロードできたり、サイト機能もトップクラスに使いやすいです。

他の転職サイトと比べて利用する価値が高いので、ぜひ転職エージェントと合わせて活用してみてください。

運営会社 リクルートキャリア
求人数 約13,000件
対象地域 全国+海外
利用料金 無料
公式サイト https://next.rikunabi.com/
\簡単3分で登録完了/
リクナビNEXT 公式サイトはこちら

活用法2.企業の口コミサイトも登録しておく

転職エージェントを利用する際は、「企業の口コミサイト」も利用するのがおすすめです。

企業の口コミサイトには、有名なものだと「転職会議」などがあります。

実際に働いている社員の生の声を見ることができるので、企業の雰囲気や給料事情を把握するのに役立ちます。

転職会議の口コミの見本

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、実際にその企業で働いたことが無いため、どうしても企業のリアルな評判や雰囲気までは把握できていません。

そんな時に口コミサイトを使えば、応募前に企業のリアルな口コミ情報を調べることができます。

また、口コミサイトの中で気になる投稿があれば、転職エージェントの担当者に伝えることで、エージェントを介して企業に質問をしてみることも可能です。

転職エージェントと口コミサイトを併用しておけば、企業情報をより深く確認できるようになるので、ぜひ口コミサイトも登録しておくことを推奨します。

\簡単3分で登録完了/
ジョブトーク 公式サイトはこちら

人気の口コミサイト一覧

企業の口コミサイトは上で紹介した「転職会議」以外にも複数あります。

転職会議に情報が載っていない場合は、他の口コミサイトも使ってみるのがおすすめです。

口コミサイト 特徴

Open Works

口コミ掲載数が一番多い口サイト 

転職会議

口コミだけでなく、ホワイト企業かブラック企業かも診断できる 

キャリコネ

給料に関する口コミに強く、社員のリアルな給料明細を見れる

en Lighthouse(カイシャの評判)

「完全無料で使える口コミサイト

活用法3.面談では転職したい理由を正直に伝える

転職エージェントとの初回面談では、「なぜ転職したいのか」を正直に伝えるようにしてください。

転職理由を正直に伝えるのは当たり前のことに思えますが、転職理由を誤魔化してしまう人は多いです。

たとえば、ネガティブな転職理由を伝える際に、「今の会社から逃げているようで恥ずかしい」という理由で、本当の転職理由を隠してしまう人は意外とたくさんいます。

取り繕った転職理由を伝えてしまえば、当然あなたの悩みを解決できる求人を提案してもらえないため、転職後も同じ悩みを繰り返してしまう危険があります。

転職はあくまでも、今抱えている悩みを解決するための手段です。

だからこそ、転職したい理由は正直に伝えて、自分の希望に合った求人を紹介してもらえるようにしてください。

活用法4.合わない担当者はすぐに変更を申し出る

もし、担当のキャリアアドバイザーが自分に合わない場合は、遠慮せずに変更を申し出てください。

担当者の中には、誠実に対応してくれる人もいれば、自身のノルマを達成するために無理やり転職させようとしてくる人もいます。

良い担当者に出会えるかは”運”の要素が強いので、もし相性の良くない担当者に当たってしまった場合は、迷わず変更を申し出てください。

参考:転職エージェントがむかつく時の対処法は?良い担当者の見つけ方を紹介!

<変更メールの文面例>

お世話になっております。
転職を支援していただいております○○(氏名)です。

現在担当の○○様にとても丁寧にサポートをいただいておりますが、できれば他のキャリアアドバイザー様にもアドバイスをいただき、より吟味した上で応募先を決めたいと考えております。

もし可能であれば、一度他の担当者の方にもご相談させていただけますと幸いです。

大変お手数おかけしますが、ご検討よろしくお願い致します。

活用法5.「早めに転職したい」という意思を見せる

キャリアアドバイザーとの面談の際には、「良い会社が見つかれば早めに転職したい」と伝えておきましょう。

キャリアアドバイザーは日々売り上げノルマに追われているため、転職する気が無いと思われると、どうしてもサポートを後回しにされてしまいます

たとえ今すぐ転職する気がなかったとしても、「転職したい」という意思だけは見せておくのがおすすめです。

転職エージェントの注意点|知らないと後悔する裏事情

3つの注意点

詳しい解説を見る

転職エージェントは転職活動に欠かせないサービスですが、「担当者に当たり外れがある」という点に注意が必要です。

エージェントの中には、入社したばかりの新人コンサルタントや、売上を上げるために無理やり転職させようとする悪質な担当者もいます。

転職エージェントは必ずしも「転職のプロ」というわけではありませんので、担当者の話を全て鵜呑みにせず、最終的な判断は必ず自分で行うようにしましょう。

ここでは、転職エージェントを利用する上での注意点を3つお伝えします。

エージェントを利用したことが逆効果にならないように、必ず頭に入れておいてください。

注意点1.担当者が新人で役に立たない可能性もある

転職エージェントの中には、経験が浅い「新人コンサルタント」もいます。

たとえば入社して1年未満の社員が担当につく場合もあり、アドバイスが全く役に立たない…なんて事態も起きてしまうため、注意が必要です。

特に、大手の転職エージェントは新人アドバイザーの割合が多く、経験の浅い担当者に当たってしまう可能性も高くなります。

もし担当者のアドバイスが役に立たないと感じた場合は、早めに担当者の変更を申し出るか、「求人を紹介してもらうだけ」と割り切って利用するようにしましょう。

※もちろん、全ての新人アドバイザーに当てはまるわけではありません。

注意点2.ノルマ達成のため、強引に転職させてくる担当者もいる

担当者の中には、合わない会社を強引に勧めてくる人がいます。

転職エージェントは「転職させた数」がそのまま利益に直結しているので、とにかく転職者を増やすために、内定が出やすい会社を無理やり勧めてくることがあるのです。

もし、転職エージェントを利用する中で以下のような対応をされた場合は、注意しなければなりません。

  • とにかく手当たり次第に応募させられる
  • 希望してない職種にも無理やり応募させられる
  • 大量募集されている「内定しやすい会社」だけを勧めてくる

たとえ企業から内定をもらえたとしても、希望と合わない会社に入ってしまうようでは本末転倒です。

くれぐれも、担当者の話を鵜呑みにして、言われるがままに転職することの無いようにしてください。

■ 信頼できる担当者の見つけ方

信頼できるキャリアアドバイザーを見つけるためには、「あなたの今後のキャリアを考えてくれているか」を見極めることが大事です。

そのための確認として、求人紹介の際に以下のような質問を投げかけてみるのは有効です。

Q「なぜこの会社を提案してくれたのですか?」
Q「この会社で身に付くスキルはなんですか?」
Q「この会社に入る懸念点はなんですか?」

このような質問に対して、言葉に詰まってしまったり、納得のいく回答をもらえない場合は、担当者の変更も視野に入れた方が無難でしょう。

注意点3.職務経歴書の記載内容を勝手に書き換えられる可能性がある

意外と知られていない話ですが、キャリアアドバイザーに職務経歴書の内容を書き換えられてしまうこともあります。

たとえば「ライター経験あり」という内容を「メディアのプロジェクトマネージャー経験あり」のように、内容を修正して企業に提出されてしまうことがあるのです。

職務経歴書を魅力的に修正してもらえるのは嬉しいことに思えますが、誇張して書かれた職務経歴書のおかげで内定をもらえたとしても、転職後に自分が辛くなってしまいます。

キャリアアドバイザーとのコミニュケーションが不足していると、往々にしてこのような問題が起きてしまうので、担当者とはこまめに連絡を取り合うようにしましょう。

転職エージェントの仕組みと内定までの流れ

転職エージェントのサービスの流れ

詳しい解説を見る

転職エージェントでは、求人の紹介・面接の日程調整・書類作成のサポートなど、転職活動のあらゆるサポートを受けられます。

そんな転職エージェントですが、私たち利用者側は、サービスの利用に一切料金を払う必要はありません。

転職エージェントは、求職者の年収の約30%を”紹介料”として企業から受け取っているので、私たちは完全無料で使うことができるのです。

転職エージェントの仕組み

では、実際に転職エージェントに登録したら、その後はどのような流れで転職活動を進めていくのでしょうか?

ここからは、転職エージェントに登録してから内定を得るまでの手順を、ステップごとに詳しく解説していきます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ステップ1.会員登録

まずは転職エージェントの会員登録を行います。

登録が完了すると、メールまたは電話にて担当者から"登録完了"の連絡が届きますので、このタイミングで面談の日程を決定していきます。

なお、直接会って面談するのが難しい場合は電話面談も可能ですので、必ずしもオフィスまで向かう必要はありません

最近ではコロナウイルスの影響もあり、ほぼ全ての転職エージェントがオンラインでの面談を受け付けています。

ステップ2.キャリアアドバイザーと面談する

続いては、担当のキャリアアドバイザーとの面談です。

「電話面談」を希望した場合は電話にて面談を、対面での面談を希望した場合は直接オフィスに出向いて面談を行います。

リクルートエージェント 面談オフィス例)リクルートエージェントの面談オフィス

面談では、現在の状況と紹介してほしい求人の希望を伝え、条件にあった求人を紹介してもらいます

なお、持ち物は基本的に必要ありませんが、依頼があった場合は「履歴書」と「職務経歴書」を持参します。服装は、スーツを着用していくのが良いでしょう。

面談では「いつから面接をスタートできるか?」「経歴書はいつまでに修正できるか?」と細かく日程を確認されることが多いので、スケジュール帳も準備しておくのがおすすめです。

参考までに、面談の様子がイメージしやすい動画を載せておきますので、不安な人はこちらを確認しておいてください。

ステップ3.求人紹介・応募

面談が終了したら、続いては求人の紹介です。

面談時にそのまま求人を紹介してもらえますが、面談終了後に条件とマッチした求人が見つかった場合は、電話やメールで求人情報を受け取れます。

もし担当者から何度も電話がくるのが嫌ならば、あらかじめ「求人紹介はメールでお願いします」と伝えてくと良いでしょう

気になる求人が見つかり次第、担当者に伝えて応募を行いますが、面接日の調整などは全てエージェントに任せられるので手間はかかりません。

また、応募書類の作成方法や面接対策も担当者が熱心にサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められます。

ステップ4.面接・内定準備

応募が完了したら、いよいよ面接です。

事前に担当者に模擬面接してもらったり、よくある質問を確認しておくなどして、万全の状態で面接に臨んでください。

面接が終了したら、電話やメール・もしくはコンサルタント経由で合否の連絡が届きます。

仮に残念な結果になっても、担当者が企業からフィードバックをもらってきてくれるので、失敗を次の面接に活かすことが可能です。

無事内定を得た場合は、入社日の日程調整や給料交渉などをキャリアアドバイザーにサポートしてもらいましょう。

よくある質問

転職エージェントと転職サイトの違いは?

転職エージェント
「転職エージェント」はキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を行えるサービス

転職サイト
自分1人で転職活動を行うサービス

転職サイトは求人情報が載っているだけなので、自分1人で転職活動を行わなくてはなりません。それに対し、転職エージェントは、求人の紹介や面接日の調整・面接対策など、あらゆるサポートを無料で受けられるので、転職に不安がある人も安心して転職活動を行えます。

転職エージェントを使う上の注意点は?

注意点1.担当者が新人で役に立たない可能性もある
すべてのアドバイザーに当てはまるわけではありませんが、経験の浅い「新人コンサルタント」に当たると、アドバイスが全く役に立たないこともあります。もし担当者のアドバイスが役に立たないと感じた場合は、早めに担当者の変更を申し出るか、「求人を紹介してもらうだけ」と割り切って利用するようにしましょう。

注意点2.ノルマ達成のため、強引に転職させてくる担当者もいる
強引に転職させようとしていると感じた場合、担当者の変更も視野に入れておきましょう。たとえ企業から内定をもらえたとしても、希望と合わない会社に入ってしまうようでは本末転倒です。

注意点3.職務経歴書の記載内容を勝手に書き換えられる可能性がある
意外と知られていない話ですが、キャリアアドバイザーに職務経歴書の内容を書き換えられてしまうこともあります。担当者とのコミニケーションが不足していると、往々にしてこのような問題が起きてしまうので、担当者とはこまめに連絡を取り合うようにしましょう。

転職エージェントの仕組みと内定までの流れは?

転職エージェントに登録して転職をする場合、以下の流れで進んでいきます。

①会員登録
②キャリアアドバイザーと面談
③求人紹介・応募
④面接・内定準備

転職エージェントはなんで無料なの?

転職エージェントは求職者が内定した企業から成功報酬をいただいているため、無料になります。

今すぐ転職するつもりはないけど、登録しても大丈夫?

全く問題ありません。登録した約40%の人は転職をせずに、キャリア相談だけをしていると言われています。

転職エージェントではキャリアアドバイザーによる無料カウンセリングを行っており、小さな悩みから大きな悩みまで親身に相談にのってくれます。

例えば、「まだ転職するか迷っている。」「ゆくゆくは転職したいと思っている。」などです。

また転職エージェント以外にも転職カウンセリングのサービスはいくつかあるので、以下の記事を参考にしてください。

参考:転職エージェントのカウンセリングとは?相談だけしたい人も使える!

連絡はLINEでできたりするの?

転職エージェント事業者によります。LINE対応を可にしている企業もあれば、メール対応のみの企業もあります。

キャリア相談や面談は、対面で行うの?

現在、多くの転職エージェントではzoomなどを利用してweb上で面談できるように対応しております。

転職エージェントを複数登録する事の弊害はないの?

ありません。複数登録は多くの人がしており、転職エージェント事業者の方も理解があるため、大きな問題はありません。

地方在住で登録しても大丈夫?

問題ありません。東京で転職したい場合、転職エージェントが電話やメールなどリモートで求人提案してくれます。

いつから登録するのがおすすめ?

会社を辞める前にまずは相談するレベルから登録し、求人を見ておく事をおすすめます。

あなたに最適な転職サービスを

簡単3ステップで診断!

1あなたの年齢は?
2今の年収は?
3サービスに求める条件は?

特集ページ(※詳しい解説付き)

その他のこだわり条件で絞り込む

こだわり条件で絞り込む

あなたの条件に合わせて
検索結果を最適化しています。