PwCコンサルティングに転職するには?評判や採用情報を徹底解説

Image of two young businessmen discussing new project in office
一般転職

「PwC」はロンドンに本拠点を持ち、世界158か国、786拠点、236,000人以上のスタッフを抱えている世界的にも有名なコンサルティング会社。

「就職したい企業」上位にランキングされている人気の企業でもあります。

ただ、コンサルティング業界は転職の難易度が高めなので、しっかりとした企業研究や対策が必要です。

本記事では、PwCの基本情報や評判などを詳しく解説。

コンサル業界に強い「転職エージェント」も紹介するので、「PwCに転職したい」と考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.PwCに転職できる?どんな人におすすめ?

「PwC」は「PricewaterhouseCoopers (プライスウォーターハウスクーパース)」の略であり、PwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。

メンバーファームとは業務提携をしている法人のことで、クライアントの海外業務や、情報収集などあらゆる面において緊密な連携をし合っています。

日本においてのメンバーファームおよび関連会社は総じて「PwC Japan」と呼ばれています。

ここでは日本の転職市場におけるPwCの人気度とともに、転職難易度について説明します。

PwCに転職するのは難しい?

結論からいうと、とても難しいです。

PwCといえばデロイト トウシュ トーマツやKPMG、アーンスト・アンド・ヤングと並び「世界4大会計事務所(Big4)」のひとつ

2018年の「海外大生が選ぶ就職希望企業ランキング」では第2位、2017年にユニバーサムが発表した「世界で最も魅力的な企業ランキング」では第5位を獲得しています。

時代の要望に合ったコンサルティングに定評があり、業績アップも見込めれているため転職先として非常に人気なのです。

PwCのような倍率の高い人気企業に転職するには、十分な転職対策が必要となってきます。

  • スポンサーリンク

  • こんな人におすすめ!転職方法は?

    PwCは以下のような人におすすめです。

    プロフェッショナルな知識と経験を併せ持つ必要があります。

    • 監査、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務など専門的なスキルのある人
    • 専門分野での経験と知識がある人
    • グローバルに自分の実力を試したいと考えている人
    • 常に自己成長を求めて取り組むことができる人

    また、PwCに転職したいと考えているなら、転職活動をこまやかにサポートしてくれる「転職エージェント」の活用がおすすめ。

    記事後半の「PwCへの転職におすすめの転職エージェント」でPwCへの転職に適したエージェントを紹介しているので、参考にしてみてください。

    2.PwCの企業情報から転職について考察してみた

    グループ名

    PwC Japan

    グループ代表

    PwCあらた有限責任監査法人代表執行役

    木村 浩一郎

    本社所在地 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング
    グループの主な法人
    • PwC  Japan合同会社
    • PwCあらた有限責任監査法人
    • PwCコンサルティング合同会社
    • PwC税理士法人
    • PwC総合研究所合同会社 ほか
    グループの人員 約7,300人(2018年度)
    グループの女性職員比率 32%
    グループの事業収入  約1,450億円

    参考:PwC Japan

    PwCは、年々グループの人員を増やし、事業収入も右肩上がりです。

    では、PwCの企業理念や事業内容など、詳しい情報を考察を加えてみていきます。

  • スポンサーリンク

  • 企業理念

    PwCは、「社会に信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことをPurpose(存在意義)としています。

    これらを実現するためにメンバーファームの構成員が行動範囲を定め、その中で行動をしています。

    この理念から、PwCが求める人材は、さまざまなクライアントの要求を細部まで推考し、最善の解決策を提案できる人といえるでしょう。

    主な事業内容

    PwCの主な事業内容は以下のとおりです。

    • コンサルティング(ストラテジーコンサルティング、マネジメントコンサルティング、テクノロジーコンサルティングなど)
    • ディールアドバイザリー(事業再生、コーポレートファイナンス、トランザクションサービスなど)
    • 監査及びアシュアランス(財務諸表監査、内部統制監査など)

    ビジネスコンサルティングからディールアドバイザリーまでフィールドはさまざまです。

    世界最大級のコンサルティングファームであるPwCというブランドのもと、あらゆる業種の企業、コミュニティに総合的サービスを展開しています。

    158か国のネットワークを持つPwCだからこそ、広い視野を持ち、グローバルに活躍できるといえますね。

  • スポンサーリンク

  • 平均年収

    PwC年収分布openwork

    引用:openwork

    コンサル業界は、個人のパフォーマンス次第によって変わりますが、PwCの平均年収は約900万円と推定。

    初任給から全国平均の1.5倍となっており、高水準の給与といえます。

    一方で以下のような口コミも見受けられます。


    30代・女性・正社員

    額面だけ見れば一見高く感じるが、退職金も福利厚生も無いに等しいため、良くはない。ボーナスは年に一回だけ。

    (引用:カイシャの評判


    20代・男性・正社員

    額面だけ見ると好待遇のように感じるが、福利厚生がほとんど存在しないこと、またみなし残業が50時間分あることを考えると、日系トップ企業と比べた際に必ずしも待遇面でのアドバンテージがあるとは言えない

    (引用:カイシャの評判

     

    沿革と組織

    PwC Japanは、ファームとそれらの関連会社の総称です。

    グループを代表する法人は以下の3つです。

    • ディールアドバイザー及びコンサルティングの「PwCコンサルティング合同会社」
    • 監査の「PwCあらた有限責任監査法人」
    • 税務の「PwC税理士法人」

    それぞれは独立した法人ですが、PwCブランドの名のもとに総合的に展開しています。

    転職をする際には、自分の経験やスキルがどの法人に向いているのかをしっかり見極め、どこを志望するか決めましょう。

  • スポンサーリンク

  • 口コミ・評価

    それぞれのグループ会社の口コミや評価を見ていきましょう。

    全体的に自由でしっかりと自分の実力が評価される社風だとわかります。

    PwCコンサルティング合同会社

    ディールアドバイザリーとコンサルティングの法人「PwCコンサルティング合同会社」。

    日々、顧客と向き合って仕事をしている人たちの声を聞いてみましょう。


    20代・女性・正社員

    自由な風土であり、ロジックとパッション次第でどんなことでも提案できる。会社・組織の本人への期待はもちろんあるものの、描きたいキャリアを明確に伝えることで、他ファームより様々な面で融通がきくように感じる。

    引用:カイシャの評判


    30代・男性・正社員

    顧客からも社内からも選ばれる優秀な人材であれば、そのようなケースでも仕事がありますが、そうでない人材の場合、仕事がなくなってしまいます。選ばれる人材になるために、日ごろから自己研鑽が必要であるだけでなく、選ばれなかった場合のために、景気後退時の転職の覚悟が必要です。

    引用:カイシャの評判

    PwCあらた有限責任監査法人

    「PwCあらた有限責任監査法人」では、監査をベースとしてサービスを提供しています。

    プロフェッショナル集団の中で働く人の口コミを見てみます。


    20代・女性・正社員

    風通しがとても良い職場です。職種や階級に関係なく一人ひとりの距離が近いので、自分の意見が言いやすい環境です。アシスタント職の雰囲気は、上下関係がなくとても雰囲気がいいと思います。

    (引用:カイシャの評判)


    20代・男性・正社員

    小さい会社なのに、大手企業に負けないくらいの仕事の勢いがあります。みんな活発的で大家族のようです。会社の成長とともに、自己のスキルアップが大いに期待できます。

    (引用:カイシャの評判)

    PwC税理士法人

    公認会計士、税理士等を有する日本最大級のタックスアドバイザーである「PwC税理士法人」。

    専門的な仕事をしている人々の会社の評判は?


    30代・男性・正社員

    市場規模の観点からニッチである分野であるが、その道のプロフェッショナルになれる環境であることには間違いない。

    (引用:カイシャの評判)


    20代・女性・非正社員

    仕事さえきちんと出来ればある程度自由が許される。勤務開始時間や休憩も多少遅れても、誰も何も言わないので楽です。

    (引用:カイシャの評判)

    キャリアパスについて

    PwCでは、職域ごとに役割が明確にあります。

    若手コンサルタントからマネージャーとしてのステップアップはもちろん、業務上のスペシャリストとしてののキャリアパスも用意されています。

    年収別や年次別に見てみると以下のようになります。

    役職名 年次(目安) 給与(推定)
    アソシエイト 1年~5年 500万円~800万円
    シニアアソシエイト 3年~8年 700万円~1000万円
    マネージャー 5年~10年 1000万円~1300万円
    シニアマネージャー 10年~ 1300万円~1700万円
    ディレクター 実力次第 1500万円~2000万円
    パートナー 実力次第  2000万円~数億円

    参考:外資就活

    また、法人内での異動のほか、PwCコンサルティング合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人では法人間の移籍も可能です。

    キャリアアップできるかどうかは実力次第。

    モチベーションを保ち、新しいキャレンジをどんどんできる人が向いている職場といえます。

    3.PwCの採用情報をチェック

    PwCの採用情報は公式ページの「中途採用情報」から見られます。

    またソーシャルメディアでも随時採用情報は更新されています。

    採用情報以外に企業の最新ニュースや戦略などが随時アップされているので、チェックしておきましょう。

    PwCグループでキャリア採用を行っている法人

    PwCグループで現在キャリア採用を行っている法人はこちらです。

    法人名 募集職種
    PwCあらた有限責任監査法人 アドバイザリー 金融コンサルタント ほか
    PwCコンサルティング合同会社 戦略コンサルタント 通信業界コンサルタント ほか
    PwCアドバイザリー合同会社 金融機関向けアドバイザリー データプロセシングスペシャリスト ほか
    PwC弁護士法人 弁護士 パラリーガル ほか
    PwCビジネスアシュアランス合同会社 テクニカルスペシャリスト グローバル内部監査支援スペシャリスト ほか
    PwC京都監査法人 公認会計士 IT監査人 ほか
    PwCコンサルティング 合同会社Strategy& 戦略コンサルタント
    PwC税理士法人 税理士
    PwCサステナビリティ合同会社 経営コンサルタント 戦略コンサルタント ほか

    中途採用テストの内容

    中途採用のフローはWebテスト→面接(複数回)→オファー面接で行われることが多いです。

    まずはWebテストを突破することが必須。

    PwCグループで多く採用されているのが、日本SHLが開発した「GAB」というテストです。

    「言語理解」「計数理解」「パーソナリティ診断」の3部構成となっています。

    問題数が多く時間内に終わらないこともありますが、事前に対策することも可能です。

    日本SHLのサイトで模擬テストを受けることもできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

    面接の内容

    一般的にコンサルティングファームの面接は、志望動機などよりも「実際にどういった戦力になるのか」を具体的に聞かれます。

    PwCコンサルタント合同会社の場合は一次面接がパートナー面談ということもあります。

    面接前に以下の項目をしっかりロジカルに述べられるようにしておきましょう。

    • PwCでどう働きたいか
    • 前職の経験がPwCにどう役立つのか
    • 自分の強み、専門分野はなにか
    • 自分を採用することでPwCがどんなメリットがあるのか

    また、コンサルティングファームの面接の特徴として「ケース面接」があります。

    ケース面接とは「さまざまな業界や分野における実際のクライアントの課題分析、そしてその課題を解決をするためのディスカッション」です。

    コンサル業界の転職では常識ともいえる面接ですが、攻略本を読めばある程度数をこなすことでできるようになります。

    たくさん練習してケース面接の突破率をあげましょう。

    もし不安な場合は、次の章で紹介する転職エージェントに相談してみてください。

    4.PwCへの転職におすすめの転職エージェント

    PwCへ転職するなら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    転職エージェントとは、 希望に合う求人を紹介してくれたり、転職時の悩みや不安点の相談にのってくれたり、あらゆるサポートを行ってくれる会社です

    コンサルティングファーム向けの書類添削や面接対策も行ってくれるので、PwCの転職においても、強い味方となってくれます。

    この章では、PwCへの転職に強い転職エージェントを2社紹介します。

    年収アップしたいなら「ビズリーチ」

    ビズリーチは、掲載件数が111,000件以上あり、年収500万円以上の求人が豊富です。

    登録ヘッドハンターが3,500人いて、登録するとその人に合ったスカウトが届くのが特徴です。

    サイト内にはPwCでのキャリアの考え方が書かれたPwC社員のインタビュー記事も掲載されているので、ぜひ読んでみてください。

    ャリアアップを考えているなら「JACリクルートメント」

    JACリクルートメントは、年収600万〜1,000万円のハイレイヤー向け転職エージェントです。

    コンサル業界の転職に特化したエージェントも在籍しているのも魅力

    非公開求人もたくさん保持しているので、一度カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

    サイトにはPwCのこれからの展望についてのインタビュー記事も掲載されているので、参考にしてみましょう。

    まとめ

    業績も好調のPwCは人気があり、転職難易度がとても高いです。

    記事内で紹介した以下のことをもう一度おさらいして、転職に備えましょう。

    • 企業理念や事業内容から、自分がPwCで貢献できることを考える
    • 面接やWebテストの対策をしっかり行う
    • 転職エージェントに登録してアドバイスをもらう

    この機会に「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」の転職エージェントを利用してPwCへの転職を成功させてください。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県