住友不動産への転職はどうなの?評判・口コミと転職成功のコツ

住友不動産への転職 一般転職

住友不動産に転職したいとお考えですか?

転職するにあたり、正しく、詳しい情報が分からないと不安になりますよね。

そこで今回は、不動産業界の大手である 「住友不動産」の企業情報や採用情報、評判について詳しく解説します

本記事では、 転職を成功させるためのコツについても解説するので、住友不動産に転職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.住友不動産の企業情報

住友不動産へ転職するにあたり、まずは 企業情報を把握しておくことがとても大切です

同時に住友不動産への転職難易度を知っておかなければなりません。

住友不動産は転職の中途採用を積極的に行っており、転職難易度はそれほど高くはありません。

ですが、即戦力になる人材を中心に採用しているため前職での成績や実務経験が問われます。

また、大手企業のため求職者が多く、総合的にみて 転職の難易度は中難度です

前職がまったく違う職種だった人や経験のない人にとって住友不動産への転職は難しいでしょう。

以上を踏まえて住友不動産の企業情報を紹介します。

<会社概要>

商号 住友不動産株式会社
設立 1947年12月1日
資本金 1,228億595万767円(2019年3月31日現在)
本社 東京都新宿区二丁目4番1号(新宿NSビル)
代表者 代表取締役社長 仁島 浩順
事業内容
  • ビルの開発・賃貸
  • マンション・戸建住宅の開発・分譲
  • 宅地の造成・分譲
  • 海外不動産の開発・分譲・賃貸
  • 建築土木工事の請負・仲介・鑑定 ほか
  • 不動産の売買・仲介・鑑定 ほか
従業員数 13,238名(2019年3月31日現在・連結)
売上高 1兆132億2,900万円(2019年3月31日現在・連結)

『参照:住友不動産公式HP

続いて、以下の企業情報について順番に紹介します。

基本使命・行動指針

住友不動産は基本使命を定めています。

基本使命を果たすためのガイドラインとして行動指針が定められています。

基本使命と行動指針は以下の通りです。

<基本使命>

「より良い社会資産を創造し、それを後世に残していく」

『参照:住友不動産公式HP

基本使命から住友不動産は、 より良い社会を目指し、未来に残る資産を創り続けることが自分たちの使命であるという強い意志が感じられます

転職者にとっても住友不動産で働くということは、大きな誇りや使命感を持ち、胸を張って仕事ができる企業と言えるでしょう。

<行動指針>

  1. 快活な気風・・・・・率直な提言
  2. 高い目標・・・・・現状の改革
  3. 新しい発想・・・・・新分野の開拓
  4. コンプライアンスの実践
    法令、社内規則、社会常識、倫理に基づいた事業活動を行います。
  5. 反社会勢力との関係遮断
  6. ステークホルダーとの信頼関係持続
    お客様、株主・投資家、取引先、地域社会、行政、従業員との信頼関係の持続が不可欠です。
  7. 環境の保全
    省資源、省エネルギー、資源リサイクル、CO2削減などの取組みを通じて、地球環境の保全に努めます。

『参照:住友不動産公式HP

住友不動産では、常に高い目標をもち、新しいことにも積極的に取り組んでいる姿勢がみられます。

また、 顧客や社会、従業員同士の信用、信頼をとても重視していると言えるでしょう

転職者にとっても、さまざまなことにチャレンジが可能で、仕事にやりがいを感じられるはずです。

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    住友不動産は、不動産に関する幅広い事業を展開しています。

    事業内容は、大きく分けて以下の5事業です。

    1. 【オフィスビル事業】
      ・オフィスビルの開発・賃貸
      ・商業施設の店舗区画賃貸
    2. 【分譲マンション事業】
      ・分譲住宅の開発・販売(マンション・戸建・宅地)
    3. 【注文住宅事業】
      ・注文住宅の建設・販売(戸建・集合住宅)
    4. 【リフォーム事業】
      ・リフォーム(戸建・マンション)「新築そっくりさん」
    5. 【不動産関連事業】
      ・イベントホール・貸し会議室の運営「住友不動産ベルサーチ株式会社」
      ・マンション管理「住友不動産建物サービス株式会社」
      ・賃貸マンションの管理・運営
      ・土地・不動産の資産活用
      ・不動産仲介(マンション・戸建・土地)「住友不動産販売株式会社」
      ・ホテルの展開「住友不動産ヴィラフォンテーヌ株式会社」
      ・フィットネスクラブ・ゴルフ場の運営「住友不動産エスフォルタ株式会社・泉カントリークラブ

    オフィスビル、商業施設の開発をはじめマンション、戸建の建設・販売・リフォームなど幅広く手掛けています。

    また、ホテルの展開からフィットネスクラブ・ゴルフ場の運営、不動産仲介といった あらゆる不動産業が住友不動産の事業です

     

    以下の動画は「新築そっくりさん」のCMです。

    業績

    住友不動産の業績は、 毎年上昇傾向にあります

    2017年~1019年まで過去3年間の業績は、以下の通りです。

    住友不動産業績グラフ
      2017年3月 2018年3月 2019年3月
    売上高 9,252億円 9,484億円 1兆132億円
    営業利益 1,882億円 2,056億円 2,204億円
    経常利益 1,677億円 1,869億円 2,043億円
    純利益 1,035億円 1,197億円 1,308億円
  • スポンサーリンク

  • 労働環境

    住友不動産の労働環境は、職種や部署により異なります。

    • 平均残業時間は54時間程度                    
    • 週休2日制
    • 有給休暇(20日/年)
    • 年末年始休暇あり

    『参照:キャリコネ

    営業職は顧客とのアポイントがあるため、基本的に土日は休めません。

    また、時間内に仕事が終わらない場合や期日が迫っている場合、有給休暇は希望通りに取得できず、残業も多くなります。

    場合によっては休日出勤も増えるでしょう。

    平均年収

    住友不動産の平均年収は、 約661万円(2019年3月31日現在)です。

    業種によって誤差はありますが、日本の平均年収が432万円であることを考えると年収は高いことがわかります。

    2016年~2018年まで過去3年の平均年収は、以下の通りです。

    年度 平均年収
    2018年 649万円
    2017年 643万円
    2016年 632万円

    毎年わずかながら 年収が上昇傾向にあることが、わかります。

  • スポンサーリンク

  • 同業者との比較

    同業者と比較してみましょう。

    2018年の不動産業界の売上ランキング「TOP5」です。

      会社名 売上高 純利益
    1位 三井不動産 1兆7,511億1,400万円 1,558億円

    2位

    .飯田グループホールディングス

    1兆3,353億8,600万円 695億円
    3位 三菱地所 1兆1,940億円 1,204億円
    4位 住友不動産 9,484億200万円 1,197億円
    5位 東急不動産 8,664億円 351億円

    住友不動産は、日本の不動産業界で、 売上高は4位です

    純利益では、3位の業績をあげているため、日本の不動産業界で 3番目に利益の高い企業になります。

    以下にそれぞれの会社の特徴をまとめておきます。

    1. 三井不動産
      業界No.1国内最大手の不動産で、日本橋三井タワーや三井アウトレットパークなどを手掛ける
    2. 飯田グループホールディングス
      6社(一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディムホーム)が経営統合して発足
    3. 三菱地所
      丸ビル、新丸ビルなど有名なオフィスビルを中心に丸の内など、東京周辺の一等地に30棟以上の高層ビルを保有
    4. 住友不動産
      オフィスビルや商業施設をはじめ、分譲、賃貸、リフォームなど不動産に関するすべてを手掛ける
    5. 東急不動産
      東急不動産、東急リバブル、東急ハンズなどを傘下にもつ会社で、東急グループのひとつ

    2.住友不動産に関する口コミ

    住友不動産に関する口コミを以下の項目別にまとめてみました。

    各項目ごとに口コミを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 転職者の口コミ


    営業/女性

    良くも悪くも古い体制である。

    企業が安定している、という一点で言えばいいのでは。

    (参考:openwork


    営業/女性

    大手企業なだけあって、福利厚生はしっかりしている。

    住友クリニックの医療費がタダ、住友歯医者もタダ。

    軽井沢の別荘もショボいが一応社割で利用可。

    また、旅行手当?として1泊につき4000円まで補助がでる。

    (参考:カイシャの評判


    営業/男性

    研修も充実し、スキルアップセミナーに出れる機会も与えてもらえるため、仮にとらばーゆ(転職)しても大丈夫かと感じる。

    (参考:openwork

    大手と安心して転職したものの、古くから残る変わらない制度や整っていない業務内容に戸惑うこともあるようです。

    一方で、中小企業から転職した人にとっては、福利厚生や整った就業規則に働きやすさを感じている人も多くいます。

    また、 研修制度が充実しているなど、安心して仕事に取り組める環境が整っているようです

    社風の口コミ


    総合職/男性

    実力主義のため昇格降格が頻繁にあるので安定は難しい。

    (参考:openwork


    SE/男性

    一日12時間以上勤務するのは当たり前ですし、公休日に出勤するのもザラです。

    (参考:openwork

    基本的には実力主義のため、 頑張って成果をあげれば評価されることが多く、やりがいやモチベーションに繋がる社員も多くいます

    しかし、部署によっては、経験の長い社員が若い社員に古い考え方を押し付けてくるといった風潮があるようです。

    また、仕事量の多い部署では、休憩がなかなかとることができず不満があるとの声もあがっています。

    会社の中でも配属された部署により、環境や仕事に対しての意欲が大きく変わるようです。

    年収・給与の口コミ


    営業/男性

    給料は最初の1年位は、個人の売上成績問わずそこそこ貰える。

    だから、無理して契約を取らないで日々だらだらと雑務など、世間ばなし、先輩に付いて行って時間を潰しながら過ごしていた方がお得!

    (参考:カイシャの評判


    営業/男性

    営業で、2年目から、年収が下がります。

    その時に、受注が上がっていればいいのですが、全く上がってなければ、300万の年収しか無いので、生活がかなり厳しいと思います。

    (参考:カイシャの評判

    営業職の1年目は、売上、成績に関係なく固定給がそこそこもらえるので、安心して働きながらスキルを磨けるようです。

    その反面、2年目からは、成績が悪ければ一気に給与が下がってしまうので、不安を抱えているとの声も多くあります。

    歩合制のため、成績をあげれば収入は増えますが、その分仕事の辛さも比例します

    たくさん稼ぎたい人とそうでない人で、それぞれに考え方の違いがあるようです。

    労働時間・残業の口コミ


    建築・土木エンジニア/男性

    残業に関して70時間の縛りあり。

    その後はパソコン落としてサービス残業になります。

    時間超過すると人事から直接上長に連絡あります。よってサービスサービス残業が多い。

    (参考:カイシャの評判


    営業/女性

    営業所によると思いますが、休日出勤しても振替休暇や代休はとりづらい。完全週休二日とうたってはいるが実際はそうではない。

    (参考:カイシャの評判

    働きかた改革などの影響で、残業の規制が厳しくなっているようですが、業務が終わらなければ残らざるをえないと考えている人も多くいます。

    残業の規制と業務の多さに戸惑い、ストレスを感じながら働く人も部署によっては多いようです

    残業、有給取得、休日出勤は部署により大きな差があるため、仕事の辛さや感じるストレスにも大きな差があります。

    福利厚生の口コミ


    営業/男性

    【健康に関する取り組み・制度】年一回の健康診断が義務付けられており一応取り組みの態度は見せている。。

    (参考:カイシャの評判


    企画・事務・管理/女性

    新宿住友ビルのクリニックが無料で利用できる。

    風邪薬をもらいたい、歯科治療を受けたいなど、仕事を抜けて通院OKなのは有難いと思った。

    (参考:カイシャの評判


    建築・土木エンジニア/男性

    住宅手当は無し。家族手当は無し。

    交通費は実費支給。単身赴任手当はあり。人間ドック補助あり。年4回まで宿泊補助あり

    (参考:カイシャの評判

    福利厚生は、満足度が高いようです。

    特に健康に関する取り組み制度がしっかりしていると評判です。

    年に一回、健康診断が実施されることはもちろん、 新宿住友ビルのクリニックが無料で利用できるのは、大きな特権と言っていいでしょう

    一方で住宅手当、家族手当がないことを不満に思う声もあがっています。

    3.住友不動産の採用情報

    住友不動産に転職するためには、しっかりと採用情報を知っておく必要があります。

    チェックするべき採用情報は以下の2つです。

    募集職種

    住友不動産の募集職種は大きく分けて4つあります。

    1. 羽田空港・有明プロジェクト 開業企画・運営職
    2. 営業職
    3. 技術職
    4. スタッフ職

    この中で細かく職種が分けられています。

    それぞれの職種は以下の通りです。

    1.羽田空港・有明プロジェクト 開業企画・運営職

    住友不動産募集職種

    (参考:住友不動産募集職種

    • ホテルマネジメント
    • ホテルスタッフ(フロント)
    • 商業施設マネジメント

    2.営業職

    住友不動産募集職種

    (参考:住友不動産募集職種

    • 新築そっくりさん(戸建)の営業
    • 新築そっくりさん(マンション)の営業
    • 部分リフォーム営業
    • 注文住宅のモデルハウス営業
    • ハウジングアドバイザー(分譲マンション)
    • オフィスビルのテナントリーシング営業
    • オフィスビル管理所長
    • 用地仕入れ営業
    • 高級賃貸マンション

    3.技術職

    住友不動産募集職種

    (参考:住友不動産募集職種

    • 新築戸建て設計プランナー
    • 分譲マンションの設計
    • 戸建リフォームの施工管理
    • 新築戸建の施工管理
    • 分譲マンションリフォームの品質管理
    • 分譲マンションの品質管理
    • アフターサービス(戸建)
    • アフターサービス(マンション)
    • オフィスビル設備管理マネージャー
    • オフィス内装工事マネージャー

    4.スタッフ職

    住友不動産募集職種

    (参考:住友不動産募集職種

    • CADオペレーター(注文住宅)
    • フロントコンシェルジュ
    • マンションの契約サポートスタッフ
    • 総合マンションギャラリー事務スタッフ
    • 事務スタッフ(一般事務・人事事務他)
    • 業務職

    営業職をはじめ、設計プランナー、CADオペレーターなどとても幅広い募集職種があります。

    また、営業職の中でもリフォームの営業から高級賃貸マンションの営業までさまざまですので 自分に合ったものや経験を活かせるものをじっくりと考え、選定してください。

    選考フロー

    住友不動産の応募から内定までの選考フローは以下の通りです。

    1. 応募
    2. 書類選考
    3. 説明選考会(1次面接)
    4. 2次面接(場合よっては3次もあり)
    5. 健康診断
    6. 内定

    書類選考では、2週間以内に合否の結果が出ます。

    面接は最高で3回になる場合もあるようです。

    2次面接が終わった時点で気を抜かずに3次面接を想定し、準備をしましょう

    4.住友不動産への転職を成功させるための対策方法

    住友不動産への転職を成功させるために大切なことは、以下の3つです。

    1. 筆記試験対策をしておく
    2. 面接対策をしておく
    3. 転職エージェントを使う

    順番に説明していきます。

    筆記試験対策をしておく

    筆記試験では、 一般常識の問題やSPIテストの対策をしておきましょう

    SPIとは、人柄や仕事に関して適正などを診断するためのテストです。

    SPIには以下の5種類があります。

    • 性格検査
    • 言語能力
    • 非言語能力
    • 英語力
    • 構造的把握力

    しっかりと勉強して万全の体制で試験に臨みましょう。

    面接対策をしておく

    転職の面接を受ける際、どのようなことを聞かれるのかを 事前に知っているか、知らないかでは結果に大きな差があります

    転職を成功させるためにはしっかりと面接の対策をしておきましょう。

    住友不動産の面接で聞かれる可能性がある内容は以下です。

    • 住友不動産への志望動機
    • 前職の退職理由
    • 職務経歴について
    • この業種の実務経験があるか
    • 自己PR

    最低でもこの質問に対してすぐに返答できるようにしっかりと考えておきましょう。

    転職エージェントを使う

    住友不動産への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェントを利用する大きなメリットは以下の通りです。

    • 自分に合った求人を紹介してもらえる
    • 面接対策などの転職に関する手厚いサポートが受けられる
    • 能力に見合った収入の交渉も可能

    転職エージェントは企業の採用ページにのっていない非公開求人を保有しています。

    自分だけでは見つけることが出来ない、たくさんの求人情報から条件に合った転職が可能です。

    また、面接が不安な人や、能力が高いけれど年収の交渉ができなくて困っている人にとって、  安心のサポートをしてくれるでしょう

    5.住友不動産に転職するならおすすめの転職エージェント

    住友不動産への転職でおすすめの転職エージェントは、以下の4社です。

    それぞれの特徴を紹介するので、 自分に合ったものや転職活動の進め方に応じて選んでみてください

    たくさんの求人を見てから決めたい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、求人数No.1を誇る国内最大手の転職エージェントです。

    たくさんの求人を見てから転職を決めたい人は、まずリクルートエージェントに登録してみましょう。

    圧倒的な求人数で住友不動産への転職実績も豊富なため、おすすめします

    手厚いサポート体制を求めるなら「パソナキャリア」

    パソナキャリアは、業界や職種を熟知した専任アドバイザーが在籍しています。

    面接対策などの手厚いサポートやフォローに高い評価があり、転職の初心者におすすめの転職エージェントです

    初めての転職で不安な人や面接が苦手な人は、登録しておくと安心して転職活動ができます。

    転職活動に手間をかけたくない人は「doda」

    doda

    dodaは、リクルートエージェントに次いで国内規模No.2の転職エージェントです。

    履歴書・職務経歴書の添削、面接対策が丁寧だと評判を集めています。

    住友不動産の中でもこだわりの職種がある場合など、それに適した サポートが充実しているため、転職活動に手間をかけたくない人はdodaの利用がおすすめです

    キャリアアップを考えているなら「ビズリーチ」

    ビズリーチ

    ビズリーチは、ハイクラスな人材を取り扱っている転職エージェントです。

    能力の高い人が利用することが多く、高収入の案件もたくさんあります。

    自分の能力や経験を最大限に活かし、 住友不動産でキャリアアップに繋がる転職を考えている人におすすめです

    まとめ

    住友不動産は、大手不動産企業のため人気がありますが、積極的に転職の中途採用を行っている企業です。

    実務経験のある転職希望者にとっては、それほど難易度は高くありません。

    住友不動産への転職を成功させるために大切なことは、以下の3つです。

    【住友不動産への転職を成功させるためには?】

    1. 筆記試験対策をしておく
    2. 面接対策をしておく
    3. 転職エージェントを使う

    筆記試験対策、面接対策を事前にしっかりと行い、万全の体制で臨みましょう。

    また、 転職について不安に思う人や転職活動をスムーズに進めたい人は、転職エージェントを利用してください

    転職エージェントを使う際は、今回紹介した以下の4社をおすすめします。

    【住友不動産への転職でおすすめの転職エージェントは?】

    1. たくさんの求人を見てから決めたい人は「リクルートエージェント
    2. 手厚いサポート体制を求めるなら「パソナキャリア
    3. 就職活動に手間をかけたくないなら「doda
    4. キャリアアップを考えている人は「ビズリーチ

    今回、紹介した4社の中から就職活動の目的・進め方など自分に合ったものを利用して、転職を成功させましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県