「淘汰(とうた)」の意味と使い方とは?類語と英語表現も紹介!

淘汰の意味とは ビジネス用語

「淘汰」とは、 「環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること」「不必要・不適切なものを取り除くこと」を意味する言葉です。

ビジネスやスポーツなどでは、「競争と淘汰」などの表現がよく使われる言葉のため、意味を間違って覚えると恥をかく可能性があります。

そこで今回は、「淘汰」の意味と読み方を説明し、さらに意味別の使い分けも例文と合わせて解説していきます。

「淘汰」の類語・対義語・英語表現も紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってください。

スポンサーリンク

1.「淘汰」の意味・読み方・語源とは

まず最初に、「淘汰」の意味について解説していきます。

淘汰

読み:とうた

  1. 環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること。
  2. 不必要・不適切なものを取り除くこと。

元々、「環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること」は、主に生物学用語として発達してきたため、「生物」を対象に使用される言葉です。

転じて、「不必要・不適切なものを取り除くこと」という意味で、「人間・モノ・組織」などを対象にすることができます。

1-1.「淘汰」の語源

「淘」と「汰」には、それぞれ以下の由来があります。

  1. 「淘」は、「水洗いして選び分ける」の意味。
  2. 「汰」は、「勢いよく水を流してすすぐ」の意味。

「淘」は、「野菜・米などに交じった土・異物を水で流し、選び分けること」から意味が来ています。

一方「汰」は、ツクリの「太」が「多量であること」を意味するため、「たくさん水を流して、悪いものをすすぐ」という意味があるのです。

転じて、「淘汰」には 「悪いものをすすいで、選び分けること」という意味になります。

スポンサーリンク

2.「淘汰」の使い方と意味別の例文

「淘汰」の意味について確認したので、次は具体的な使い方と例文を紹介していきます。

2-1.「淘汰」の使い方

「淘汰」の主な使い方は、「淘汰する」「淘汰される」の2つです。

「淘汰」は、明確な主語や目的をはっきりさせない場合、「自然による生存競争」という意味合いで使用されることになります。

そのため、「不必要・不適切なものを取り除くこと」として利用する場合は、主語と目的を一緒に文章構成するとよいでしょう。

2-2.「淘汰」の例文

「淘汰」の例文を、以下の2つの意味に分けて説明していきます。

  1. 環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること。
  2. 不必要・不適切なものを取り除くこと。

「環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること」という意味では、主に 自然に関する物事を対象にとります。

例文では、「気候」「食物連鎖」などを通して、自然界に所属する動植物の「生存競争」を表現する際に、「淘汰」が使用されているのです。

<例文>

(環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること)

  • 降水量が多い地域では、水に弱い生物はみな淘汰されている。
  • 草食動物が少ない地域では、肉食動物が淘汰される傾向にある。

また、「不必要・不適切なものを取り除くこと」という意味では、主に 人為的な物事を対象にとります。

主にビジネスシーンなどでは、「企業競争」「人員整理」などのことを、「淘汰」という言葉を使って表現することができるのです。

<例文>

(不必要・不適切なものを取り除くこと。)

  • 消費者のニーズに答えられない企業は、市場によって淘汰された。
  • このままでは事業の存続が不可能になるため、団塊世代の従業員を淘汰する必要があるだろう。

 

スポンサーリンク

3.「淘汰」と「排除」の違い

「淘汰」には、似た意味をもつ「排除」という言葉がありますので、違いを解説していきます。

「淘汰」と「排除」の違いは、以下の通りです。

  1. 「淘汰」は、「いらないものを取り除いて、良いものを選別する」という意味。
  2. 「排除」は、「いらないものや障害物を取り除く」という意味。

「淘汰」には、ただ「排除」するだけでなく、 「適切なもの・良いものを選別する」という意味があります。

その理由は、「排除」で用いられている「排」は「おしのける」という意味ですが、「淘汰」で用いられている「淘」は「すすぐ」という意味を持つからです。

「淘汰」と「排除」の違いは、それぞれの漢字の意味から区別することができるので、正しい使い方を覚えましょう。

<例文>

ゴミ集積場で異臭騒ぎが起きたため、早急にゴミを排除する命令が下った。

4.「淘汰」の類語と対義語

淘汰の類語

「淘汰」の注意点を確認したので、次からは類語と対義語を解説していきます。

4-1.「淘汰」の類語

「淘汰」の類語は、以下の3つです。

それぞれの類語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

「選別(せんべつ)」

「選別」は、 「選び分けること」「より分けること」を意味する言葉です。

「淘汰」と異なり、「選別」には「取り除く」という意味合いはなく、「選びぬく」という意味合いで使われます。

<例文>

年末の大掃除に向けて、捨ててはいけないものを選別しておいた。

「ふるいにかける(篩に掛ける)」

「ふるいにかける」は、 「多くの中から、基準に合うものを選び出すこと」を意味する言葉です。

「ふるい」は、細かいものと粗いものを分別する道具に由来があり、転じて「選び出すこと」という意味合いで使用することができます。

<例文>

定員より多くの希望者が集まったため、ふるいにかける必要がある。

「適者生存(てきしゃせいぞん)」

「適者生存」は、 「環境に適したものが生き残ること」を意味する言葉です。

「適者生存」は「生き残る」という意味合いが強いので、「生き残った理由」と一緒に文章を構成するとよいでしょう。

<例文>

広大な砂漠を生き抜くために、ラクダがこぶを持っていることは、まさに適者生存である。

スポンサーリンク

4-2.「淘汰」の対義語

「淘汰」の対義語は、以下の3つです。

それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

「受容(じゅよう)」

「受容」は、 「受け入れてとりこむこと」を意味する言葉です。

また、「受容」を訓読みすると、「受け容れる(うけいれる)」「受け入れる(うけいれる)」の2通りの言葉がありますが、一般的には「受け入れる」のほうが多く使用されます。

<例文>

批判的な意見をすべて受容することで、よりよい議論に期待することができる。

「導入(どうにゅう)」

「導入」は、 「外部から引き入れること」を意味する言葉です。

「問題を解決する」「新しい考えが必要である」など、具体的な目的と合わせて使用することができます。

<例文>

今回の商品戦略では、顧客数を伸ばすために、youtubeを介した広告を導入しようと思う。

「共存(きょうぞん)」

「共存」は、 「2つ以上のものが同時に存在すること」を意味する言葉です。

似た言葉に「共生」という言葉があり、「共生」は「助け合って生きること」を意味するのに対し、「共存」は「ただ2つ以上存在すること」という意味になります。

<例文

広大なサバンナでは、肉食動物と草食動物が共存している。

 

5.「淘汰」の英語表現

淘汰の英語表現

最後に、「淘汰」の英語表現を紹介していきます。

「淘汰」の英語は、以下の2つがあります。

それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

5-1.「selection」

「selection」は、直訳で「選択・選抜」を意味する英単語です。

「natural selection」という熟語を使用することで、「自然(に)淘汰」を表現することができます。

<例文>

The weak die out through the process of natural selection.

(弱きものは自然淘汰されてしまう。)

5-2.「shakeout」

「shakeout」は、直訳で「暴落・合理化・淘汰を意味する英語です。

「shakeout」は、「振り落とす」という意味をもつ「shake+out」で構成されているため、動詞として「淘汰する・される」を表現する際にご活用ください。

<例文>

There has been a shakeout of firm because of a long depression.

(不景気で企業淘汰がおきている。)

まとめ

「淘汰」とは、 「不必要・不適切なものを取り除くこと」「環境・条件に適応するものが生き残り、それ以外は滅びること」を意味する言葉です。

「淘汰」には「良いものを残す」という意味合いがありますが、「排除」は「退ける」を意味する言葉なので、混同しないようにしましょう。

「淘汰」は生物だけでなく、企業やスポーツ選手などにも広く使われる言葉ですので、機会があればぜひご活用ください。

  • スポンサーリンク