電通への転職ってどうなの?気になる評判や年収・中途採用の難易度を解説!

電通 転職 一般転職

日本No.1の広告代理店「電通」への転職の難易度は高いですが、不可能ではありません。

ただ、一時期「ブラックな社風なのでは?」と話題にもなったこともあり、転職に二の足を踏む方も多いのではないでしょうか。

当記事では、そんな高難度の電通転職についての情報や、年収や社風、残業時間などの労働環境についてまとめました。

また、実際に電通で働いている人や、電通への転職を成功させた人からの評判・口コミもご紹介。

最後まで読めば、「自分は電通に転職すべきかどうか」がはっきりしますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.電通の中途採用情報まとめ!転職難易度は?

電通 転職

最初にお伝えすることとして、電通への正社員入社の難易度は非常に高いことを知っておいてください。

なぜなら、電通は新卒文化がいまだ根強く、中途採用数が非常に限られているからです。

ただ2019年現在では、公式サイトの「キャリア採用」のページにて「デジタル領域事業」枠で募集がされており、スキルや経験次第で正社員入社が狙えます。

また、契約社員でも良いから電通で経験を積みたい場合は、ネット上の公開求人で広く募集されていますよ。

この章では、電通の中途採用情報や求人情報の詳細について解説します。

電通の中途採用情報

電通の中途採用は正社員・契約社員の両方ありますが、ほとんどが契約社員での募集です。

正社員として雇われるには、契約社員からの正社員登用や人脈を生かしたリファラル採用を狙う必要があるでしょう。

以下より、正社員と契約社員の中途採用情報をそれぞれご紹介しますね。

正社員

2019年現在は、電通公式サイトの「キャリア採用」の「職種別採用(期間限定募集)」または「通年採用(デジタル領域)」での募集でしか、正社員採用は確認できません。

ただし、公式サイトでは以下の記載があります。

電通は通年で人材募集を実施しています。

Web登録を行って頂きますと、弊社の各部署で求人が発生した場合、必要な人材要件に基づき該当する方に選考に関する案内をいたします。

(引用:電通|正社員採用情報

つまり公式サイトのWeb登録を行っておけば、部署で欠員になったポジションの連絡が受けられ、その時点で応募することが可能です。

ただし、応募条件は「3年以上の業界経験のある方のみ」ですので、あらかじめ注意しましょう。

契約社員

電通求人のほとんどが契約社員雇用のため、電通に転職したい場合は契約社員での採用が現実的です。

doda公開求人や、公式サイトの「キャリア採用」から応募しましょう。

契約社員といっても、給与や賞与、昇給、福利厚生など待遇面は優れており、業界経験やスキルを身につけるにはもってこいの条件です。

電通への転職をゴールにするのではなく、電通の契約社員で培ったスキルや能力を次の転職活動に生かすというキャリア形成も考えられます。

また、スポーツビジネス要員での募集では「正社員登用あり」と記載されており、契約社員から正社員への登用も十分に狙えます。

  • スポンサーリンク

  • 電通の募集職種

    dodaや電通公式サイトで募集されている、正社員・契約社員の職種は主に以下の職種です。(2019年8月現在)

    • デジタル事業領域通年採用(デジタル/データテクノロジー)
    • アカウントエグゼグティブ
    • 営業職
    • スポーツビジネス要員(2020年12月31日契約まで)

    どの職種もデジタル領域の経験・専門性を持つ人材や英語力のある人材を求めているため、これらの経験やスキルを持っていると転職が有利になるでしょう。

    実際の求人情報

    ここではdodaや電通公式サイトで掲載されている、電通の求人情報をご紹介します。

    参考に程度にご覧ください。

    電通アカウントエグゼグティブ|doda
    電通 doda
    1. コミュニケーション・メディア戦略立案、プロモーション企画・作成・実施など
    2. 高等学校以上・英語力あれば有利
    3. 年収350~750万円(契約社員・1年更新最長5年)
    電通営業職|doda
    電通 doda
    1. 広告施策全般の企画立案・制作進行管理、調査・マーケティング業務全般、TVCM・Webサイトなどのクリエイティブ制作
    2. 高等学校以上、営業・販売接客営業・数値管理・マーケティングなどの実務経験必須
    3. 年収350~750万円(契約社員・1年更新最長5年)
    電通スポーツビジネス要因|電通キャリア採用
    電通 求人
    1. ラグビーワールドカップ2019年日本大会や、2020年東京オリンピック・パラリンピックなどのスポーツイベントの業務全般
    2. 広告/プロモーション/イベント実施運営などの広告業務経験者・英語力があれば有利
    3. 年俸350~750万円(契約社員・1年更新で最長2020年12月31日まで)
    4. 正社員登用の可能性あり

    電通の中途採用フロー

    契約社員のフローを参考に、電通転職の中途採用フローを以下よりご紹介します。

    これといって変わったフローではなく、他の一般的な大企業と同じような流れで進み、内定が決まるのは最終面接後です。

    <電通の中途採用フロー>

    1. 書類選考
    2. 一次面接
    3. Web適性テスト受験(自宅)・小論文提出
    4. 二次面接
    5. 最終面接
    6. 内定
    7. 入社

    ※2~4の順序や面接回数は状況次第で入れ替わる

    (参考:電通|電通東京本社 契約社員

  • スポンサーリンク

  • 実際に電通に正社員転職した人の口コミ

    ここからは実際に電通へ転職した方や、知り合いが電通に入社したという方の口コミをご紹介します。

    電通転職を検討する際に、ぜひ参考にしてくださいね。

    電通に転職した理由


    男性/現ビジネスプロデューサー
    10~15年

    【回答日:2019年7月10日】

     

    インターネットビジネスに関わる上で、転職当時は広告以外のビジネスが成り立っているサービスがまだほとんどなく、国内でそのガリバーであった電通にて知見を貯めたいと考えた。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS

    電通転職を果たした人たちの多くは、「広告業界No.1の企業で経験を積みたい」「CM作成などクリエイティブな仕事をしたい」など、電通だからこそ実現できる業務を求めていました。

    ブラック企業大賞に選ばれるなど悪い噂も立ちましたが、電通の業務自体は非常に人気が高く、大きな仕事ができると評判です。

    「プライベートより仕事」「他のライバルより良い仕事をしたい!」という考えの人が、電通への転職を検討しています。

    人づて転職した事例もあり

    電通への転職では、ネットなど公の場では確認できないルートも存在するようです。

    SNSが発達した現代だからこそ、Twitterやインスタグラムでの情報収集や人脈形成によって、電通転職が叶う可能性があります。

    ただし、嘘偽りの情報の可能性もあるため、情報リテラシーは常に高く持つようにしましょう。

    2.電通が求める人材とは?転職に必要な能力

    電通 転職

    電通への転職を狙う場合、電通が採用者にもとめている能力やスキルを知ることが大切です。

    ここからは電通転職に必要な、2つの要素についてご紹介します。

    では以下より、順番に解説していきますね。

  • スポンサーリンク

  • 考える力と実現する力を持っている人

    電通 求める人材

    (引用:電通|2020年度新卒採用スタート!「電通を、使え。」に込めた思い

    2020年の新卒採用ページによると、電通が求めている2つの資質の人として、「考える力」と「実現する力」を持っている人が挙げられています。

    1. 考える力⇒常に問題意識を持って、その課題を解決するための力
    2. 実現する力⇒ひねり出したアイデアを最後まで粘り強く取り組むための力

    上記2つに力を基本に、常に多種多様な人材を求めているのが電通という企業。

    9種類に登る事業領域に対応し、「電通」という企業を「いかにうまく利用できるのか?」を考える従業員を求めているのです。

    3年以上の業務経験

    電通に正社員転職するためには、電通の業務内容に近い業種・職種での3年以上の経験が必要です。

    ここからは、電通転職の条件を満たせる業務・職種経験をご紹介します。

    広告代理店の経験

    電通の事業と同じ広告代理店の経験が3年あれば、電通転職への道はより開かれやすいです。

    広告制作や企画立案・コピーライティングなどの経験やスキルを、積極的にアピールしましょう。

    コンサルティング業

    マーケティングや分析能力が必須となるコンサルティング業の経験も、電通転職を果たすための業界経験になります。

    また、電通グループの「電通コンサルティング」は通年で中途採用を募集しているため、そちらへの転職も狙えますよ。

    営業職経験

    営業で培った人脈やマーケティング能力、売り込み能力は、電通転職を希望する際の武器になります。

    また、電通契約社員の募集も営業職が多数を占めています。

    AI・機械学習分野の開発・ツール作成経験

    2019年現在、電通はAI・機械学習分野の開発・ツール作成などのデジタル領域に力を入れているため、それらのスキルを持っている場合はチャンスです。

    公式サイトでは「通年採用枠」として募集されている職種でもあり、電通への正社員転職には1番有用な業界経験と言えます。

  • スポンサーリンク

  • 3.電通の企業情報

    電通 企業情報

    電通への転職を希望している場合、電通の企業情報を知っておくことは必須条件です。

    ここからは、株式会社電通の企業情報をおさらいしていきます。

    気になる残業時間や有給消化率などの情報も含め、以下より順番にお伝えしていきますね。

    電通の基本情報

    電通は広告業界で圧倒的No.1のシェアを誇る、日本最大の広告代理店です。

    そのシェアは国内の広告市場で全体の約28.8%、つまり約3割を占めるほど。

    2019年現在ではグローバル展開にも力を入れ、145以上の国や地域に、62,000人以上の従業員が11,000社以上のクライアントへサービスを提供しています。

    また、売上高も5兆3,572億円を記録しており、博報堂の1兆4,456億円のなんと約4倍です。日本経済新聞のデータより

    電通の企業情報 詳細
    社名 株式会社電通
    創業日 1901年7月1日
    本社所在地 東京都港区東新橋1-8-1
    資本金 746億981万円(発行株数:2億8,841万株)
    従業員数(単体従業員) 6,921人(2018年12月末)
    従業員数(連結作業員数) 62,608人(2018年12月末)


    <広告代理店ってそもそもどんな業務?>

    広告代理店とは、自社製品のPRや新規事業の宣伝などを行いたいクライアントの代わりに、代行で広告活動を行う事業です。

    たとえば宣伝の企画立案、マーケティングなどの市場調査、CM制作、コピーライティングがこれにあたりますね。

    また、テレビや新聞、ラジオ、雑誌、Webメディアなどの媒体への広告出稿のサポートや、クライアントとメディアをつなぐ仲介役としての役割も果たします。

    企業理念

    電通 企業理念

     

    (引用:電通|企業理念

    電通は「Good Innovation」を合言葉に、「アイデア」「技術」「起業家精神」の3要素を理念として掲げています。

    「その手があったか」と言われるアイデアがある。
    「そこまでやるか」と言われる技術がある。
    「そんなことまで」と言われる起業家精神がある。
    私達は3つの力でイノベーションをつくる。
    人へ、社会へ、新たな変化をもたらすイノベーションをつくってゆく。

    引用:電通|企業理念

    電通の平均年収は約1,200万円

    電通の平均年収は約1,200万円です。

    この値は、電通の有価証券報告書を元に算出しています。

    平均年収全国トップ500社(東洋経済オンライン)」では26位に選ばれており、1,088万円で52位の博報堂の値を大きく上回るほど。

    電通の年収については以下の記事で詳しく解説していますので、興味がある場合はぜひご覧ください。

    電通の福利厚生

    電通の福利厚生は充実しており、日本の大企業クラスの制度を整えています。

    完全週休2日制や有給休暇(積立休暇あり)はもちろん、インプットホリデーなど独自の制度も設けていますよ。

    以下より、電通の公式サイトに掲載されている主な制度をご紹介しますね。

    <電通の主な福利厚生制度>

    • 時間半休制度・フレックスタイム制度
    • インプットホリデー制度⇒月に1回社員のインプット(美術鑑賞・旅行など)に使用する
    • 社会保険(雇用・労災・厚生年金・介護)
    • 社宅(東京・大阪・名古屋)
    • 各種更生施設(健康管理センター・社員食堂・電通会など)
    • ベネフィット・ステーション加入
    • ファミリデー制度による3つのテーマパークに無料招待(TDL・USJ・ナガシマスパーランド)

    電通のワークライフバランスについて

    ブラック企業大賞や2017年の事件などで物議を醸した電通ですが、事件以降のワークライフバランスは大きく改善されつつあります。

    openworkの口コミによれば「22時以降の残業禁止」「朝早く出勤した場合は朝食サービスが付く」など、社員に優しい環境への改善努力が見られました。

    残業時間や有給消化率などの数値は、以下の見出しでご紹介しますね。

    残業時間の平均は40~60時間

    2019年現在の電通の残業時間は、40~60時間ほどだと推測されます。

    この数値は、openwork転職会議カイシャの評判などの企業口コミサイトの平均値を参照しました。

    各口コミサイトのデータは以下のとおりです。

    <電通の残業時間まとめ>

    • openwork:49.8時間
    • 転職会議:41.4時間
    • カイシャの評判:40~60時間

    openworkや転職会議の口コミでも「残業60時間以上で退社するように促される」との記載があり、60時間が最大残業時間の1つの目安と言えます。

    有給消化率は約50%/年

    電通の有給消化率は約50%/年です。

    この値も、各企業口コミサイトの数値を参照にしました。

    詳細な数値は以下のとおりです。

    <電通の有給消化率まとめ>

    • openwork:50.0%
    • 転職会議:52%
    • カイシャの評判:40~60%

    4.電通従業員の口コミまとめ!企業の評判や実態は?

    電通 口コミ

    いくら公式サイトや求人で情報を集めても、実際に勤めている従業員の生の声が1番参考になりますよね。

    ここからは、有名企業口コミサイトopenworkや転職会議によせられていた、電通の評判や口コミをまとめました。

    今回ご紹介する評判・口コミは以下の内容です。

    とくに多かった意見は、やはり電通の体育会系の体制や、休暇などのワークライフバランスについてでした。

    では以下より、従業員たちの生の声をお伝えしますね。

    改善の兆しを見せる電通の体育会系社会


    男性/現ビジネスプロデュース
    15~20年

    【回答日:2019年7月11日】

     

    良くも悪くも体育会家の気質がかつてはあり、それが軍隊感を作り上げていた。

     

    最近はその部分もどんどんなくなりつつあり、軍隊よりも個人中心になってしまっている。

     

    プライドが高い人間が多く、負けることが嫌いな人間が多いが、優秀な人間もたくさん存在する。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS


    男性/現営業
    5~10年

    【回答日:2018年9月1日】

     

    古き堅き電通文化と、新しいdentsu文化が混在しているのが今の会社の姿。

     

    新卒と中途の採用のバランス、人材配置、ジョブローテーション、給与体系、組織体制、労働環境etc…すべてにおいて改革を起こそうと注力している。

     

    一方でその改革が同時多発的になり、現場では多少なりとも混乱が起きたり、追いつけていない人間も多数いる。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS

    体育会系として有名な電通ですが、「2019年現在はその文化が薄れつつある」という評判・口コミです。

    上下関係の厳しさや飲み会などの付き合いの激しさも、制度の改革や新しい世代の台頭などによって徐々に変化しているようです。

    一方で、急激な変化に混乱したり、プライドの高くも優秀な人材が働きにくくなったりなどの、新しい課題も見られました。

    社長などを中心にブラック企業イメージからの脱却を図る


    男性/現営業
    10~15年

    【回答日2019年1月31日】

     

    ここ数年は悲しい事件及びブラック企業対象を受賞したことで世間からのイメージは良くないと思うが、その事件あとは働く時間を全社で統一したり、休暇取得を強制的にさせたりと、社長が先頭に立って長時間労働の文化を変えようとし、また、実際にホワイト企業に変わってきている。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS


    男性/現ストプラ
    3年未満

    【回答日:2019年3月9日】

     

    昨今の労働環境改善に本気で取り組んでおり、公休日の追加など、休息に改善されたように感じる。

     

    元々バランスを調整する能力がなかった人にとっては望ましい変化なのではないだろうか。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS

    「昔に比べ、労働環境改善に積極的に取り組んでいる」という評判・口コミです。

    電通についての口コミはこの労働環境改善についてが多数を占めており、従業員からの注目度の高さが伺えました。

    電通の労働体制は、まさに今変革のときを迎えている最中、と言えますね。

    自由な裁量性・働きがいがある成果主義の仕事


    男性/現クリエイティブ・プランナー
    3~5年

    【回答日2019年3月25日】

     

    自由を重んじる企業風土です。

     

    クライアントからもらうオリエンも年々抽象度を増していて、広告に限らない自由な打ち手が求められます。

     

    (中略)

     

    社員の中でも30代以上と20代の間で価値観が分かれているような印象もあります。

     

    30代以上はワーカホリックな人が多いですが、20代はどちらかといえば仕事もプライベートも充実させようとするスタンスの人が少なくないです。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS


    男性/現BP
    5~10年

    【回答日:2019年6月13日】

     

    所属部署にもよるとは思うが、基本は個人の裁量が高く、やりがいなどはある。

     

    また現在の30代後半で残業代が青天井で出るのは、電通ぐらいなのでやりがい搾取的な感覚はない。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS

    「電通の働き方や仕事の裁量の自由度は高い」という口コミです。

    広告の制作やCMの企画などクリエイティブな仕事が多い電通は、プロジェクトやクライアントの都合で作業内容が大きく変わります。

    つまり、自分の裁量やアイデアで仕事を進めることが多く、その分自由度が高くやりがいを感じやすい業務なのです。

    ただし結果を求められる仕事であり、業務内容によっては非常に労働時間がかかる場合も。

    事件後に変化したワークライフバランス


    女性/現PM
    5~10年

    【回答日:2019年6月7日】

     

    ここ数年で組織体制にもある程度変化が見られるように感じている。

     

    とりわけ新卒採用入社の新入社員については、序盤はほとんど残業もなく提示に帰すようには教育されていると思う。

     

    ただ、仕事にある程度慣れてリズムが付いてくるとだんだんと頭角をあらわしてくるというのも実際のところである。

     

    働く時間を減らすイコール仕事の効率化へ直結するとも限らないので、仕方がないことなのかもしれないが、少し気になる点でもある。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS


    男性/正社員
    30代前半

    【回答日2019年6月10日】

     

    基本的には年功序列なので、優秀かどうかでは、あまり差が出ない給与体系になっている。

     

    残業代も月60時間くらいまではつけられる。

     

    それ以上は帰りなさいと指示される。

     

    無茶な働き方はここ3,4年で改善されており、かなりホワイトな状況になってきていると思う。

     

    ワークライフバランスは一転して良くなってきたと感じる。

     

    (引用:転職会議|年収、評価制度

    事件以降大きくイメージを落とした電通ですが、事件後のワークライフバランスは改善してきたという口コミは多かったです。

    残業60時間を超えるようだと退社を促され、必要以上の残業を強制されなくなっています。

    ただし、中には「まだまだワークライフバランスがない」という、以下のような口コミも見られました。


    男性/正社員
    20代前半

    【回答日2019年4月21日】

     

    ワークライフバランスはあまり期待できません。

     

    やはり広告代理店であるがゆえになんでも屋でもあるので、要望に対しては有無を言わず応えなければならない。

     

    よって自らで自分のワークライフバランスを調整するのは不可能に近いです。

     

    (引用:転職会議|年収、評価制度

    やはり広告代理店・マスコミ業という業界全体の特徴や業務体型から、自分だけで休暇や業務裁量をコントロールするのが難しいのが現状のようです。

    電通に転職するからには、ある程度の激務を覚悟したほうが良いでしょう。

    電通を退職しようと思った理由


    Twitter

    電通で過労死させられたまつりちゃんのお母さん。

     

    1歳下の友達が電通で働いてたけど、過労死で他にもかかわらず、全然職場環境が変わらないから転職したよ!

     

    (引用:Twitter


    女性/現営業
    5~10年

    【回答日2018年7月28日】

     

    働き方改革の影響で実の伴わない形骸的な制度がたくさんでき、質の良いアウトプットを練る環境からどんどん遠ざかっていくのを肌で感じ、社内の能力のある人材は流失していくであろうことが予想されたから。

     

    (中略)

     

    総じて、つまらない会社になっていきそうだから。

     

    (引用:openwork|旧VORKERS

    転職を考えたという理由で多かったのが、やはり「体育会系すぎる」「激務すぎる」という声が圧倒的多数を占めていました。

    やはり電通伝統の体育会系・ワーカホリックな文化に疑問を持ったとき、転職を検討することが多いようです。

    しかし、最近では「むしろもっと働きたいのに働けず、やりがいがない」という意見も見られました。

    このあたりは、人それぞれ働き方の尺度も問題なようです。

    5.電通への転職方法まとめ

    電通 転職エージェント

    電通へ転職するには、現在は主に以下3つの方法が主流になっています。

    それぞれ応募方法や内定までのフローが異なるため、あなたに合った方法を選択しましょう。

    では以下より、それぞれの方法についてご紹介しますね。

    電通の公式ホームページより直接応募

    電通 中途採用

    (引用:電通|正社員採用情報

    企業への直接応募の場合は、電通の公式サイトの「キャリア採用」ページからWeb登録を行いましょう。

    Web登録が完了すると、各部署で欠員、または募集がかかった際に連絡を受け取れるようになります。

    電通は公に中途採用を募集しないため、Web登録を忘れず行い、求人情報を待つようにしてください。

    転職サイトを利用する

    転職サイトを利用する場合は、dodaリクナビNEXTなどの公開求人に応募しましょう。

    連絡のやり取りや面接日の調整などはすべて自分で行う必要がありますが、あなたのペースで転職活動を進められます。

    また、dodaであれば「エージェントサービス」に申し込むことで、コンサルタントの支援を受けることも可能です。

    転職エージェントを利用する

    電通の求人に応募する際に一番おすすめなのが、転職エージェント利用することです。

    転職エージェントを利用すれば、無料カウンセリング・応募書類添削・面接対策などの転職サポートを無料で受けられます。

    また、電通の求人はあまり出回らないことが多く、信頼あるエージェントだけが求人を保有していることもしばしば。

    難易度の高い電通転職を成功させるためにも、転職のプロであるエージェントに協力してもらいましょう。

    また、より多くの求人やコンサルタントのアドバイスを受ける意味でも、3社以上の複数登録を推奨します。

    6.電通転職におすすめの転職エージェント

    今回ご紹介する、電通への転職を狙うのにおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

    1. 高年収・ハイキャリア転職に強い
      JACリクルートメント
    2. 高待遇のスカウトを待ちたいなら
      ビズリーチ
    3. 電通の契約社員での入社を狙うなら
      doda

    では以下より、順番に詳細を解説しますね。

    高年収・ハイキャリア転職の「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント 電通

    JACリクルートメントは、30~50代のハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェントです。

    電通クラスの案件取り扱い数は日本トップクラスであり、広告業界への書類選考・面接試験・内部情報に関するノウハウも豊富に持っています。

    専門性が高く、業界情報に詳しいコンサルタントが、あなたの電通転職をしっかりサポートしてくれるでしょう。

    運営会社 株式会社
    JACリクルートメント
    公開求人数 約15,000件
    対応エリア 全国+海外
    料金 無料
    詳しくは「JACリクルートメントの解説記事」をご確認ください

    高待遇のスカウトを待ちたいなら「ビズリーチ」

    ビズリーチ

    ビズリーチは転職エージェントの中でも特殊な、ヘッドハンティング型の仕組みで支援を行うエージェントです。

    担当コンサルタントが付かない代わりに、 3,000人を超える優秀なヘッドハンターが、あなたの経歴やスキルを考慮してスカウトを出してくれますよ。

    もちろん、過去には電通や電通西日本の採用実績も持つため、電通転職のノウハウも豊富です。

    JACリクルートメントとともに、電通転職を希望する場合にはぜひ登録しておきたいサービスであると言えます。

    運営会社 株式会社ビズリーチ
    公開求人数 約114,000件
    対応エリア 全国+海外
    利用料金 一部有料
    詳しくは「ビズリーチの解説記事」をご確認ください

    契約社員での入社を狙うのなら「doda」

    doda

    dodaはリクルートエージェントと並ぶ、業界最大手の転職エージェントです。

    経験者転職を積極的に支援する転職エージェントであり、業界経験者を求めている広告業界情報も多く保有しています。

    dodaでは電通の契約社員(アカウントエグゼグティブ・営業など)の求人を豊富に扱っており、契約社員での電通転職を狙う場合には最適です。

    広告業界で経験を積みたい、契約社員から正社員登用を狙いたい場合は、dodaで転職活動を行いましょう。

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    総求人数 100,000件以上
    対応エリア 全国
    利用料金 無料
    詳しくは「dodaの解説記事」をご確認ください

    7.電通転職を成功させるためのポイント2選

    電通 転職

    電通転職を成功させるためには、 以下に記載した2つポイントを押さえておきましょう。

    以下より、詳細をご説明します。

    ポイント1.転職エージェントを最大限に活用する

    難易度が高く正社員への登用も少ない電通への転職は、転職エージェントを最大限に活用できるかが勝負の分かれ目です。

    以下の5つのコツを押さえ、転職エージェントのサポートを余すことなく受けるようにしましょう。

    自己分析・キャリアの棚卸しを行う

    自己分析やキャリアの棚卸しを行う際は、転職エージェントの客観的な意見を取り入れながら進めるべきです。

    転職のプロのアドバイスがあれば、経歴のさらなる深堀りやあなた自身が気づかなかったスキル・強みへの気付きが可能になります。

    応募書類や面接試験時の受け答えで使う大事な情報なので、「もうこれ以上は絶対に出ない!」と言えるくらい実行してください。

    複数利用する

    転職エージェントには、必ず複数登録しておくべきです。

    複数利用することで、各社の非公開求人がそれぞれ見れたり、良いキャリアコンサルタントに出会える確率が上がったりと、さまざまなメリットがあります。

    実際にリクナビNEXTの調査によると、「転職成功者の平均利用数は4.2社(全体の平均は2.1社)」という結果も出ていますよ。

    おすすめは大手転職エージェント2社あなたの転職目的に応じた転職エージェント1社の合計3社です。

    書類添削・面接対策は必ず利用する

    転職エージェントが行う応募書類の添削や面接対策は必ず利用しましょう。

    経験豊富なコンサルタントであれば、電通の採用担当者や広告業界転職に有利な書類の作成と面接対策の実施が可能です。

    そもそも無料でサポートを受けられるのに、利用しないのはもったいないですよね。

    エージェント側もあなたの転職成功によって利益を生むため、内定が出やすいのであれば積極的に実施してくれますよ。

    担当コンサルタントとの信頼関係を築く

    キャリアコンサルタントとは密にコミュニケーションを取り、信頼関係を築いておきましょう。

    コンサルタントも人間ですので、丁寧に接する人や信頼できる人を優先的に支援したいと考えます。

    また、転職活動に積極的な求職者のほうが、早く転職を決めて利益になるというビジネス的な側面も。

    2週間に1回は連絡を取るわからないところは質問する早めに転職したい意思を伝えるなど、コンサルタントの信頼を勝ち取れるような行動してくださいね。

    合わないコンサルタントは直ちに変更する

    あなたが少しでも「合わないな」と感じるコンサルタントにあたった場合、すぐに変更を申し出ましょう。

    質の悪い担当者は、たとえば電通転職希望でも他の求人を紹介したり、連絡のレスポンスが遅かったりと、転職活動に支障を与える場合が多いです。

    また、高圧的な態度でこちらの話を聞かなかったり、自分の意見を押し通してきたりする担当者にも要注意。

    キャリアコンサルタントの質は転職活動に大きく影響しますので、違和感があれば電話・メール・公式サイト投稿フォームなどから変更申請を行いましょう。

    ポイント2.電通の内部情報を徹底的にリサーチする

    電通への転職活動前には、徹底した内部情報のリサーチを行いましょう。

    電通の採用者が求めているニーズや社風、業務内容を事前に確認しておくことで、転職前後のあなたと企業のミスマッチを防げます。

    また、面接情報なども仕入れておくことで、面接試験も突破しやすくなりますよ。

    転職エージェントのコンサルタントに聞く、転職会議openworkなどの企業口コミサイトを見る、SNSを利用するなど、あらかじめ情報を集めておきましょう。

    面接で聞かれたことまとめ

    ここでは電通の面接試験時に面接官から聞かれた内容を、転職会議の口コミを元にまとめました。

    全体的にスタンダードな内容が多く、社会人としてハキハキと答えられるかが重要になりそうです。

    また、簡単なケース面接を実践することもあるため、事前に対策しておきましょう。

    <電通の面接試験で聞かれたこと>

    • 自己肯定・自己批判
    • 志望動機(なぜ電通を選んだのか)
    • 電通のイメージが最近悪いが大丈夫か
    • EXCELの使用に抵抗はあるか
    • 自分を動物に例えたらなにか
    • 私のことを飲みに誘うならどういう風に言うのか

    (参考:転職会議|電通の面接・試験・選考情報の口コミ

    まとめ

    電通への転職・中途採用の門出は開かれてきていますが、最難関であることに変わりありません。

    転職できる確率を上げたい場合は、契約社員から正社員登用を狙ったり、他の広告代理店や営業職でキャリアを積んだりしてからの挑戦が現実的です。

    最近の電通はワークライフバランスも改善されてきており、転職した後も働きやすい環境が整えられています。

    高年収や知名度の面でも、広告業界に転職したい場合に、電通はおすすめの企業ですよ。

    ただ転職する際は、必ず求人掲載実績のある転職エージェントに支援してもらいましょう。

    ぜひ当記事を参考に、あなたの電通転職を叶えてくださいね。

    <電通転職におすすめの転職エージェント>

    1. JACリクルートメント
    2. ビズリーチ
    3. doda
  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県