映像業界への転職は未経験でも可能!転職事情や業界事情をご紹介

Video production covering event on stage by professional video camera in outdoor concert at sunset
一般転職

映像作りを趣味としてだけでなく仕事に活かせたら最高ですよね。

映像の仕事はテレビ局と制作会社があります。

テレビ局は大学卒が求人の対象ですが、制作会社でも求人は多くあり、未経験でもチャレンジしやすい仕事です。

そこで今回は未経験で映像の仕事をするために知っておきたい業界の事情と、転職の際に知っておきたい基礎知識を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

1.映像関係は未経験でも転職可能!

映像関係の仕事をやってみたい、と求人を探してみたら色々な職種があってびっくりしますよね。

映像関係の仕事は、一人でできるものもありますが、多くは会社に所属してチームで作品を作っていきます。

そのため、作品に関わる人たちに指示をする立場の仕事や、現場で映像を撮ったり、編集する仕事などさまざまな職種があるのです。

今回は映像関係の仕事の中でも、映像を撮る「映像クリエイター」について、その転職事情を詳しくご紹介します。

正社員だけでなくアルバイトの募集も多い

映像クリエイターの求人は、正社員だけでなくアルバイトの募集も多くあります。

インターネットなどの普及により、映像や動画によるCMなどが増え、映像クリエイターはさまざまな業界から求められています。

ただし映像クリエイターには経験やスキルが求められるため、いきなり正社員として働くのではなく、アルバイトから経験を積み正社員にステップアップするのが主流となっています。

また、映像クリエイターの仕事は「撮影」だけでなく「編集」などたくさんの作業があるため、人員を確保する意味でもアルバイトの募集が多いのです。

  • スポンサーリンク

  • 「未経験可」の求人が多いのは経験者が少ないから

    映像クリエイターの募集は、アルバイトだけでなく正社員でも「未経験可」の募集が多いです。

    「未経験可」の募集が多いのには、映像業界が常に人手不足であることに加え、経験者自体が少ないことも関係しています。

    事務や営業などの職種は、多くの業界や会社に存在するため経験者が多くいます。

    一方、「映像クリエイター」の仕事は、限られた業界の職種なので、他と比べて経験者が少なめです。

    機材なども個人では購入できないため、自主的に映像制作について学ぼうとしても難しいですよね。

    そのため、「経験者を雇いたくても、経験者自体が少ない」という現状があるのです。

    また、「余計な知識がない未経験者のほうが扱いやすい」という企業側の都合も「未経験可」の求人が多い理由のひとつとして挙げられます。

    「映像クリエイター:未経験」の初任給は18万円~20万円程度

    未経験で映像クリエイターの正社員になった場合、初任給は18万円から20万円程度。

    アルバイトや派遣の場合は、900円~1,200円です。

    こう見ると、他の業種に比べて低すぎる?と感じてしまいますよね。

    ただ、映像クリエイターは所属する企業によって年収が大きく変わることに加え、経験やスキルが増えれば年収もアップします。

    そのため、あくまでも年収は目安でしかありません。

    色々な仕事をこなし、周りに認められるような映像クリエイターになることができればこれ以上の年収を得ることが可能です。

    また、所属する企業によっても年収は大きく変わりますので、転職前にしっかりリサーチすることも大切です。

  • スポンサーリンク

  • 2.映像の仕事はどんなものがある?ジャンルごとにご紹介

    映像クリエイターが関わる映像の仕事には、関わる場所だけでもテレビやインターネットのほか、屋外のイベント会場などがあります。

    さらに映像のジャンルも多くあるため、どういった映像を撮りたいのか、どういった仕事に関わりたいのか、転職する前に業界について知っておくことが必要です。

    そこで映像業界におけるジャンルについて、詳しくご紹介します。

    ドラマ

    ドラマは、脚本を元に役者が演じる「お芝居」を映像化したもの。

    脚本(シナリオ)や役者の選定、スケジュール調整、撮影場所の確保など多くの人が関わります。

    以前はテレビ局で撮影、放送をすることが主でしたが、近年ではネット配信などで会員限定で観ることができる作品なども増えてきています。

    ドラマはスケジュール優先で撮影が行われるため、脚本を小分けにして撮影され、後で編集作業を行います。

  • スポンサーリンク

  • ドキュメンタリー、情報

    取材を行い、制作が行われるのがドキュメンタリーや情報番組です。

    取材のために事前にリサーチが行われることもあります。

    その場で起こったことを記録するため、視聴者に伝わるような映像を撮影するために、映像クリエイターにはその場での状況判断などが求められます。

    ジャンルによっては、海外撮影などで、長期間の仕事となるケースも少なくありません。

    CM、PR関係

    企業の商品を宣伝するための広報活動に関わるのが、CMやPR関係です。

    クライアントである企業の意向やCMに対する意図を、くみ取った作品づくりが求められます。

    事前のやり取りや確認作業を、しっかりしていることが前提となります。

    さらに多くの人の目に入ることを意識し、宣伝効果が高い映像を制作することも必要です。

  • スポンサーリンク

  • 展示関連

    施設で上映される映像が、展示関連のジャンルです。

    長期間使用されることを目的として制作されるため、他の映像作品よりも準備や施工に時間がかかります。

    短くても1年、長いものだと10年以上かかることも。

    近年では、建物に映像を映し出すプロジェクトマッピングを始め、コンピュータと連動する参加型など特殊効果を使った映像作品も多くなってきています。

    ミュージックプロモーションビデオ

    ミュージシャンの歌を宣伝するために作られるのが、ミュージックプロモーションビデオです。

    新曲の宣伝として、販売店などで流すものが主ですが、インターネットの普及や音楽配信サービスが多く採用されるようになったため、その内容も多彩になっています。

    CGを利用したものや、イラストを使用したもの、ドラマ仕立てなど個性あふれる作品が多く作られています。

    WEB配信コンテンツ

    インターネットで配信されるのが、WEB配信コンテンツです。

    ドラマやバラエティなどを再放送したり、映画の宣伝のトレイラーなど、元となる作品の二次使用が主となっています。

    最近では、インターネットテレビのように、ネット上でのみ配信される映像コンテンツも増えてきています。

    情報番組やドラマのほか、CMなどもWEBでの配信コンテンツとして制作されています。

    3.映像関連の仕事ができる業種

    映像制作に関わる、制作している企業にはさまざまな業種があるため、転職する場合には「入社してからどんな仕事ができるのか」も知っておく必要があります。

    映像クリエイターとして、映像を制作する仕事には、大きく分けて2つあります。

    【映像制作における2つの環境】

    • お客様(クライアント)に依頼された映像作品を制作する
    • 自社で利用するために映像作品を制作する

    それぞれの環境では、作業に関わる工程にも違いがあります。

    どういった働き方をしたいかによっても、転職先選びに大きく影響しますので、まずは映像クリエイターが活躍できる企業にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

    テレビ局

    ドラマやドキュメンタリー、バラエティ、報道番組などさまざまなジャンルの番組を放送するのがテレビ局です。

    ただし、テレビ局の仕事は映像作品を作ることだけではありません。

    主な仕事は、企業などに広告費を出してもらいスポンサーになってもらうこと。

    さらに多くの番組を編成し、24時間放送するための枠組み作りなどもしています。

    もちろんテレビ局で映像作品を制作することもありますが、ほとんどは番組制作会社が制作しています。

    そのため「映像クリエイターとして作品を作りたい」という場合、テレビ局ではなかなか制作に関われない可能性があるので注意しましょう。

    映像制作会社

    映像制作会社は、お客様やクライアントから依頼を受けて映像作品を制作します。

    おもに番組を制作する「番組制作会社」では、基本的にテレビ局から依頼を受けて映像を制作することになります。

    テレビ局専属の会社の場合、テレビ局の局員と一緒に仕事をすることも多いです。

    またブライダル関係の会社や、学校や法人などから依頼を受けて撮影に行く映像制作会社の場合、クライアントとの打ち合わせから撮影、編集、販売まですべて会社で一括して請け負います。

    広告制作会社

    広告制作会社は、クライアントから依頼を受けて広告を制作する会社です。

    広告、宣伝に関する業務を代理で引き受ける広告代理店から依頼される場合と、企業から直接依頼されて広告を作る場合があります。

    広告代理店からの依頼の場合は、広告の制作のみを引き受けるため、コンセプトやCMの内容にはタッチしません。

    一方、直接依頼の場合は、クライアントとのやり取りから制作まですべて一貫して広告制作会社が行います。

    ゲーム制作会社・結婚式場・広告代理店

    ゲーム制作会社・結婚式場といった業界でも、映像クリエイターは活躍しています。

    制作会社に依頼するには費用もかかるため、自社での制作をする企業も増えているためです。

    ただ、撮影から編集といった一連の作業を単独ですることも多いため、ある程度の経験とスキルが求められます。

    そのため、未経験の場合はまず映像制作会社で経験を積むのがおすすめです。

    4.未経験で映像関係の仕事をする場合に有利になるスキル

    未経験で映像関係の仕事を希望する場合、「なにかスキルがあったほうがアピールできるのでは?」と考えてしまいますよね。

    映像に関する資格やスキルは、映像関係の企業に入社してから取得すればいいので問題はありません。

    ただし、入社してからスムーズに仕事に慣れるためにも、以下のスキルは身につけておくことをおすすめします。

    編集ソフトは使えるようになっておくのがおすすめ

    映像関係の仕事では、パソコンを使った映像編集をしますので、編集ソフトについての知識も身につけておきましょう。

    【映像関係でよく使われる代表的なソフト】

    • ノンリニア系編集ソフト(映像をPC上で編集するソフト)
      Premiere Pro(Adobeソフトで、映像クリエイターの9割が使用しているソフト)
      EDIUS・Final Cut Pro(Apple社ソフト)
      Avid Media Composer(Avidソフト。Firstは無償で利用可能)
    • 画像加工系ソフト
      PhotoShop・Illustrator(Adobeソフト。クリエイターが多く利用しており、導入している企業も多数)
    • モーショングラフィック系ソフト(映像に動きをつけるソフト)
      After Effects(Adobeソフト。他のAdobeソフトとの連携が可能)
      Motion(Apple社ソフト。動作環境はMacのみ)

    高価なソフトが多いため「個人で導入するのは難しいかも」と感じる方もいらっしゃいますよね。

    「簡単な操作方法を身につけておきたい」という場合は、編集ソフトについて学べるクリエイター系の専門学校に通ったり、講座を受講してみることも手段です。

    職場で求められるのはコミュニケーションスキル

    映像クリエイターは、単に映像を撮影するだけが仕事ではありません。

    多くの人とやり取りをしながら作品を作ることになりますので、社内の人たちとはもちろん、クライアントとも良好なコミュニケーションが取れることが大前提。

    コミュニケーションスキルは、映像業界だけでなくどの業界でも身につけることができます。

    転職の際にもアピールできるスキルですよ。

    クライアントとやり取りをする企業なら交渉力

    クライアントとやり取りをして、映像制作をする企業に転職を考えているなら、交渉力が必要です。

    クライアントの要望に応えることももちろん大切ですが、映像のプロとして、「こういった映像にした方が観る人に伝わる」といった具体的な提案ができることも求められます。

    映像関連の仕事でなくても、「営業」など提案力・交渉力が求められる仕事をしてきた経験があるなら、ぜひアピールしましょう。

    若いうちには経験、年齢が気になる場合は映像関連の資格を取ろう

    映像クリエイターは、体力が必要な仕事です。

    もちろん経験やスキルも必要ですが、まずは現場で多くの仕事をこなすことが求められます。

    20代のうちは、映像に関わる機材やソフトを使いこなすことに集中しましょう。

    ただ、30代や40代の転職は、周りに経験者も多くなってくるので全くの未経験では厳しい現状があります。

    年齢が気になる場合は、知識をアピールするために「映像音響処理技術者認定試験」などの資格を取ることもひとつの手段です。

    <映像音響処理技術者認定試験とは>

    • 映像制作の現場で働くにあたって必要となる基礎知識が問われる試験
    • 基本的な機材の特徴や役割について、デジタルテレビ放送の基礎、データの保守管理や著作権についてなどが出題される

    独学では理解が難しい専門用語も多いので、専門学校で学ぶことが合格の近道になりますよ。

    映像業界が向いている人

    映像業界で働くことが自分に向いているかどうか、転職の前に考えておくことも必要です。

    【映像業界が向いている人】

    • コツコツと仕事をすることが苦ではない
    • 新しいことにチャレンジするのが好き
    • 映像の世界が好き
    • 人より目立つことが好き
    • 知らない人とでもスムーズに話せる
    • 体力には自信がある

    映像業界では、次々に新しい技術が出てきます。

    もちろんすぐに使いこなせなくても問題はないのですが、自分で調べたり人に聞いたりして身につける努力をしないとすぐに置いて行かれてしまいます。

    ただ、どの条件よりも大切なのは、「映像の世界が好きで、映像作品を自分の手で作りたい」という強い意志。

    その意志がない人は、どれだけ技術があっても映像業界で仕事を続けることは難しいです。

    転職時の面接でも、「映像クリエイターになりたい」という意志をしっかり伝えましょう。

    5.映像クリエイターへの転職を成功させるためのポイント3つ

    「映像クリエイターになりたい」という強い意志があったとしても、転職の際相手にそれが伝わらなければ転職を成功させるのは難しくなります。

    転職したものの、「自分がやりたいこととは違う」となってしまうのも困りますよね。

    そこで、映像業界への転職を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

    履歴書や職務経歴書で自分のスキルをアピール

    転職の際、大きくアピールできるのが履歴書や職務経歴書です。

    履歴書では自分が今持っているスキルを明記することしかできませんが、職務経歴書では具体的に前職でどんな仕事をしたか、持っている資格をどう活かしていたか書くことができます。

    【前職の経験でアピールできる具体例】

    • 新商品を紹介する営業の仕事で、相手のニーズを意識しながら活動していた(提案力)
    • 事務の仕事で色々な人と接客する経験をした(コミュニケーション力)
    • 企画の現場にいて予算や日程などを意識しながら仕事をしていた(計画力と実行力)

    もちろん映像クリエイターとして働くために、スキルや強みをアピールすることも大切ですが、「映像クリエイターとして働きたい」という熱意を伝えることも忘れないようにしましょう。

    映像業界は心身共にハードな仕事なので、採用する側は「働き続けてくれる人か」を見ています。

    上記の点を意識して、提出書類を作成してくださいね。

    企業研究をしっかり行う

    転職後によくあるのが「映像クリエイターになるために転職したのに、想像と違った」という後悔。

    映像クリエイターはさまざまな業界で活躍の場がありますが、入社してすぐに撮影の仕事を任されるわけではありません。

    また撮影の仕事をするつもりだったのに、チームをまとめるプロデューサーの下に配置されることも。

    そういったことにならないよう、事前に企業研究はしっかりしておきましょう。

    どういった事業をしているのか、またどのような人材を募集しているのか、自分の希望に合っているかどうかを確認しておくことが大切です。

    面接で志望動機をしっかり伝えられるようまとめておく

    面接で、自分が「映像クリエイターとして働きたい」という熱意を伝えることが転職成功の一番の近道です。

    ただ、「なりたい」という言葉だけでは面接官の心を動かすことはできません。

    具体的な経験を例に挙げ、アピールしましょう。

    【映像クリエイターへの熱意を伝える志望動機の例】

    • 旅行先で見たプロジェクトマッピングに感動し、自分でも作る側になってみたいと考えどういった会社が制作しているのか調べ、御社のことを知りました。
    • 子供の頃に撮影現場を見学したことがあり、学生時代は自分で映像作品を作ったりしていました。前職では広告関係の仕事をしていましたが、現場で働きたいという気持ちが強くあり転職を決意しました。
    • 音楽が好きなのですが、ミュージッククリップで印象に残っている「○○」という作品があります。何度も繰り返し見るほど好きな作品で、自分も作り手になりたいと思いました。

    面接では、「あなたが好きな映像作品は?」と質問されることも多いので、事前にまとめておくといいでしょう。

    6.やりたい道が決まったら転職エージェントを活用しよう

    「未経験だけど、前職の経験などを上手にアピールにつなげたい」「転職が初めてで不安」という場合に、心強い味方になってくれるのが転職エージェント。

    【転職エージェントとは?】

    • 無料で登録できる
    • 登録にかかるのは3分ほど。すぐにマッチングした求人を紹介してもらえる
    • 転職に関する相談や面接対策をしてくれる

    未経験で映像クリエイターの仕事にチャレンジしてみたい、と考えているあなたに、ぜひ登録したい転職エージェントをご紹介します。

    多種多様の企業から求人を見つけたいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントは、人材派遣のリクルートが運営する転職エージェントです。

    企業との強力なパイプも多く、さまざまな業界の求人を取り扱っていることが特徴。

    映像制作を含む「編集・ライター・制作管理」の求人は、公開求人・非公開求人あわせて1,000件以上にのぼります。(2019年8月時点)

    映像クリエイターとして働きたいけれど、できれば色々な求人を見て考えたいと思っているならぜひ登録したい転職エージェントです。

    また転職成功実績も業界内トップで、業界事情に詳しいキャリアアドバイザーからアドバイスがもらえます。

    面接で上手くアピールできるか不安なら、ぜひ相談に乗ってもらいましょう。

     

    たくさんの非公開求人をチェックしたいなら「doda」

    doda

    dodaは、非公開求人が豊富なことで定評があるエージェント。

    「映像・映画・音響・イベント・芸能関連」の求人は、公開求人だけで約360件あります。(2019年8月時点)

    他にも豊富な非公開求人を保有している可能性があるので「他にはない好条件の案件を見つけたい」という方にもぴったりです。

    さらにdodaは、転職のサポートにも力を入れています。

    面接対策や提出書類の添削もしっかりしてもらえますので、転職に不安があるならぜひ活用しましょう。

    ウェブでのクリエイティブ系の求人を見つけたいなら「type転職エージェント」

    typeエージェントは、転職で前職より年収アップする人が多数いることで信頼度の高い転職エージェントです。

    typeエージェントで転職をした7割近くの求職者が、前職より年収がアップしています。

    映像クリエイターの場合、他のクリエイター職よりも年収が低い傾向にありますが、企業によっては年収が高いところもありますので、しっかり求人を探すことも必要です。

    typeエージェントはITや通信の求人が多いので、インターネット関係の映像クリエイターとして働きたいならぜひ活用しましょう。

    ただし、東京・千葉・埼玉・神奈川の一都三県への転職支援に特化しているため、勤務先はよくチェックしておくことをおすすめします。

    まとめ

    映像クリエイターに未経験でチャレンジすることは、不可能ではありません。

    アルバイトから経験を積み、スキルを身につけてさまざまな業界で活躍する映像クリエイターも多くいます。

    【未経験から映像クリエイターへの転職を成功させるためのポイント】

    1. 履歴書や職務経歴書で自分のスキルをアピール
    2. 企業研究をしっかり行う
    3. 面接で志望動機をしっかり伝えられるようまとめておく

    さらに、やりたいことは決まっているけれど提出書類や面接で、どうアピールしていいか分からない、また初めての転職で不安があるなら、転職エージェントを活用しましょう。

    【未経験で映像クリエイターに転職するために活用したい転職エージェント】

    1. 多種多様の企業から求人を見つけたいなら「リクルートエージェント
    2. たくさんの非公開求人をチェックしたいなら「doda
    3. クリエイティブ系の求人を見つけたいなら「typeエージェント
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県