保険会社に転職するのは危険?評判からメリット・デメリットをチェック

一般転職

保険会社への転職を勧められたけど、大変ってイメージがある。
実際どうなんだろう?

保険会社は、女性が働く会社として選ばれることが多いです。

しかし、 離職率が高いため「本当に転職して良いのか」不安になってしまいますよね。

そこで本記事では、保険会社に勤める人・勤めていた人の口コミや、保険会社の仕事、保険会社が向いている人について解説していきます。

転職して後悔しないように、保険会社に関する情報を一緒にチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

1.保険会社に転職して大丈夫?口コミからわかった本音

保険会社は離職率が8割を超えると言われています。

それほど、続けられる人とそうでない人の特徴が顕著にでる仕事なのです。

いざ働いてギャップがすごくて辞める!となる前に、まずは、実際に保険会社で働く人たちの口コミ・本音を見ていきましょう。

本音を見ると、保険会社に向いている人の特徴が見えてきますよ。

給与について

日本生命/30代女性

入社五年目ですが、年収は一年目240万、二年目は370万、三年目からは600万以上になりました。
資格が上がるほど、頂いた契約に対する加算部分が大きくなるのでとても嬉しいです。とてもやりがいがあります。
成績控除が大きくあった月は成績0どころかマイナスでしたが、手取りは22万円ほどありました。
ここの会社で人生を全うできるように頑張っていきます

引用:カイシャの評判

 

ジブラルタ生命/50代女性

営業は所詮、結果が良ければ収入が上がります。
起承転結と会社は言いますがそれが出来る人はひと握り、またコンスタントに稼げる人は更にひと握りとなり月7万以下の給料の方もいます。
そして半年に一度の査定が容赦無くやって来ます。クリア出来ず再査定も通らなければ解雇です。

引用:カイシャの評判

給与については、 どの生命保険会社も「成績がよければ収入が上がる」という意見ばかりでした。

一方で「成績が悪ければ一桁万円の収入」という人もいるので、成績によって収入の上下が大きい業界ですね。

自腹が多いという意見も

明治安田生命/20代女性

契約を貰いに行く時はなんと交通費出ません!どれだけ遠かろうと実費です。
知り合いの契約を貰いに行く、ならまだ分かります。しかし、訪問先の企業に勤めている方であっても同様です。

引用:カイシャの評判

保険会社の営業は、営業にかかる費用はほとんど自腹です。

例えば以下のようなものが自腹になります。

  • 顧客先へ向かう交通費
  • 顧客への贈り物
  • 車などのガソリン代
  • 営業で使う端末貸与代 など

手取りの給与からこういった費用が出ていくので、一般企業より収入が低いと感じるケースが多いです。

  • スポンサーリンク

  • キャリアについて

    富国生命/40代女性

    仕事をしながら勉強が出来るので資格を取ったりパソコンを覚えたりした事が自分にとって大変プラスになりました。
    コンプライアンス、という言葉が頭に入り、営業するにあたって考えて話をする、聞く、という事を学べました。

    引用:カイシャの評判

     

    明治安田生命/20代女性

    成長できる環境にない。しかし20代は比較的東陽町に配置され、貴重な成長期間を奪われる。
    会社としては安い労働力で使っているようだが、こちらとしてはたまったもんじゃない。

    引用:カイシャの評判

    キャリアアップできる機会が「ある」という人と「ない」という人の意見で分かれていました。

    営業が忙しい分、 キャリアアップを目指して勉強できる人とできない人で差が出るようです

    やりがいについて

    ジブラルタ生命/30代女性

    メーカーの営業から転職しました。『形あるもの』を自分で売る営業から、保険という『形のない』ものを案内する仕事で、どうすれば良いのか初めは戸惑いばかりでした。また、代理店営業は直接営業ではない歯がゆさも感じながらの毎日でした。
    しかしながら、沢山の代理店やお客様にお会いするたびに『想いを形にし、案内する』、とても大切な仕事であると認識し始めた頃から楽しくなり、代理店を支え、代理店と共に成長出来たと思っております。

    引用:カイシャの評判

     

    明治安田生命/20代女性

    営業だから仕方ないかもしれないが自分や部署の成績のために不必要に高い金額の保険を勧めたり
    上司にそこから金額は落とすなと言われたりするので人のためになってないと思う時がある。

    引用:カイシャの評判

    営業をしている分、売れればやりがいを感じる人もいれば、「成績のためだけに」保険商品を売ることに不満を感じている人もいます。

    人のためになるか、 成績をあげて収入を上げるために働くか…など、働く理由によって、やりがいの有無が分かれる仕事ですね。

  • スポンサーリンク

  • 女性の働きやすさ

    明治安田生命/30代女性

    私はまだ子供が小さいですし、ずっと育児をしててブランクもありシングルマザー、営業職は初めてです。
    やはり女性主体の職場なだけあって18時には子供を迎えに行かなければいけない事や子供が体調を崩して休まなければ行けない時などとても理解があります。
    最初は試験が多くて仕事と同時進行で勉強もしなければいけないので大変ですが、自分のスケジュール管理次第でとても働きやすく出来ます。

    引用:カイシャの評判

     

    日本生命/30代女性

    産休育休は、小さい企業より取りやすいと思います。が育休明けの小さい子供をかかえた職員さんは、このプライベートなしの仕事との両立が続けられず退職者が後を絶ちません。でも産休育休は一応とれます。

    引用:カイシャの評判

    女性が多い保険会社は、女性が働きやすい福利厚生を整えている企業が多くあります。

    ただ、制度をうまく利用できずに「女性は働きづらい」と感じる口コミもありました。

    【まとめ】保険業界のメリット・デメリット

    口コミを元に、メリットをまとめてみました。

    <メリット>

    • 資格や成績が上がるほど、収入がアップする/反映されやすい
    • プラスになる勉強が多い
    • 営業を通して成長できるやりがいのある仕事
    • 女性が働きやすい
    • 子供がいても十分働ける
    • 個人の采配に任せてもらえ、ある程度自由がある

    一方で、下記のようなデメリットもあります。

    <デメリット>

    • 成績が取れなければ収入が低い
    • 営業費の自腹が多い
    • プライベートとの両立が難しく働きづらい

    保険会社で働く人の口コミをみると 「収入が良い」「やりがいがある」「成長できた」「女性が働きやすい」と感じて、働き続ける人が多くいます。

    ただ、成績次第な業界でもあるので、成績があげられなければ「収入が低い」「プライベートの時間が取れない」などのデメリットも。

    ここまでの口コミを踏まえると、保険会社への転職が向いている人は下記のような人です。

    【保険会社への転職が向いているタイプ】

    1. 自分自身の力でお金を稼ぎたい人
    2. コミュニケーション能力が高い人
    3. 自己管理ができる人
    4. 向上心がある人

    詳しくは、「3.保険会社に向いているのはこんな人」で解説しますね。

  • スポンサーリンク

  • 2.保険会社の営業の仕事内容や報酬体系

    保険会社への転職

    保険会社の仕事には、管理や事務などの仕事もありますが、 募集されている求人の多くは「営業」です。

    ここでは、営業の仕事に就くにあたって気になるポイントを解説します。

    保険会社への転職を考えている人は、仕事内容や報酬についてしっかり理解していきましょう!

    『保険の契約を取る』のが仕事

    保険会社の営業は「保険の契約を取る」ことがメインの仕事です。

    販売商品は「生命保険」「医療保険」「車両保険」「火災保険」などさまざまな種類があります。

    その中から、お客様の状況やニーズに合わせて適切な保険を販売していくのです。

    保険会社の求人は、下記2種類の営業で募集が分かれていることがあります。

    • 法人営業(法人や企業向けの保険を販売する)
    • 個人営業(個人向けの保険を販売する)

    どちらも、「お客様のところへ行って適切な保険を提案し、加入してもらう」いう点では同様です。

    また、保険会社の営業は、保険に加入していない人への提案はもちろん、他社からの乗り換えの案内・顧客への新規商品の案内も行います。

    幅広く営業を行うため、保険営業の仕事は『世の中のすべての人が営業の対象になる』といっても過言ではありません。

    保険会社の企業例

    • 明治安田生命保険
    • 三井住友生命
    • 日本生命
    • 大樹保険生命
    • ソニー損保
    • あいおいニッセイ同和損保 など
  • スポンサーリンク

  • 保険営業の給与は保証有の出来高制が多い

    保険営業の給与は、最低限の保証があるうえで出来高制が多いです。

    ノルマ達成時に、基本給にプラスされていくという仕組みですね。

    そのため、成績を取ればとるほど給与はあがります。

    取った契約が継続していれば、継続率も合わせて給与に反映されていきます。

    つまり、保険の営業は「月の契約数+過去の契約の継続率」が報酬となって支払われるのです。

    ですが、継続率が給与に反映されるのは2年目あたりから。

    継続率が反映され始めて、契約も取れるようになる2~3年目あたりで給与が上がっていくため、3年目にいくまでに給与が低いと感じるでしょう。

    続けていれば給与は確実に上がっていくので、継続性が重要な仕事ですね。

    ノルマがある会社がほとんど

    生命保険会社は、ノルマを設定している会社がほとんどです。

    例えば「月に○件」「3ヶ月で合わせて○件」などで設定されています。

    ただ、ノルマは「目標」な場合が多く、1件も取れていない…なんて状況でない限り、達成できないからと言ってペナルティはありません。

    給与が上がらないだけです。

    しかし、0件が続くと、給与が下がることもあるので注意しましょう。

    雇用形態は「個人事業主」が多い

    保険会社の雇用形態は、個人事業主が多いです。

    個人事業主とは、いわゆる一人社長のようなもので、自営業をしているのと同じ扱いになります。

    会社の名前を借りて、個人で営業しているというイメージですね。

    朝出勤して、営業先に向かい、終業まで働く…という点では普通のサラリーマンと変わりありません。

    雇用形態だけが「正社員」ではなく、「個人事業主」という扱いになっているだけです。

    ただ、口コミにもあったように、個人事業主だから会社の経費としてではなく、個人の自腹で交通費などを支払う必要があります。

    また、個人事業主なため書類や顧客管理なども自分でしないといけません。

    確定申告をする必要もある

    雇用形態が個人事業主なため、確定申告も自分でする必要があります。

    この確定申告では、その年自腹で払った費用を、経費として申告することが可能です。

    そのため、経費が多ければ多いほど、税金の控除も増えるので、払いすぎた税金が戻ってくる場合もあります。

    サラリーマンは会社が年末調整をしてくれますが、保険会社に勤めたら確定申告をする必要があることは覚えておきましょう。

    3.保険会社に向いているのはこんな人

    保険会社への転職

    ここまでを踏まえて、保険会社に向いている人は次のような人です。

    上記に当てはまる人は、保険会社に向いていますよ。

    あなたはいくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね。

    自分自身でお金を稼ぎたい人

    保険会社は、自分自身でたくさんお金を稼ぎたい人に向いています。

    口コミからも判明したように、保険会社は成果主義なので、自分自身の力でお金を稼ごうと思えば、いくらでも稼げる仕組みだからです。

    例えば、下記5つの保険会社の平均年収をみてみましょう。

    あいおいニッセイ同和損害保険 平均651万円
    かんぽ生命保険 平均645万円
    明治安田生命保険 平均626万円
    第一生命保険 平均616万円
    住友生命保険 平均394万円

    (参考:各社有価証券から)

    一番低い住友生命保険でも、394万円あり、女性の平均年収である300万円という数字を大きく上回っています。

    自分自身の力でお金を稼ぎたい人は、保険会社が向いていると言えるでしょう。

    コミュニケーション能力が高い人

    コミュニケーション能力が高い人も、保険会社に向いています。

    保険の営業は、自ら初対面の人に話しかける機会がとても多いです。

    例えば、営業許可のおりているお客様の会社へ出向いて、昼休憩を取る人へ「○○生命です。お話いかがですか」など声をかけます。

    時には、営業許可がまだおりていない会社に対し「ここで営業をさせてくれませんか」とお願いすることも。

    退職者のお客様を引き継いだ時は、担当が変わった挨拶も行います。

    とにかく話しかけないと仕事が進まないので、人見知りをする人や、初対面の人に積極的になれない人には向きません。

    反対に、人に話しかけることや、初対面の人でも話すことが好きな人は向いている職業です。

    自己管理ができる人

    保険会社に勤める場合は、自己管理能力も必要です。

    なぜなら、保険会社は顧客情報や契約書などの重要な情報を、個人で持つことが多いからです。

    複数のお客様がいる中、間違えずにお客様に提案書を渡したり、契約書を用意する必要があります。

    自己管理が得意じゃないと、個人情報をなくしてしまったり、間違えて書類を渡してしまう可能性も。

    そのため、保険会社は自己管理ができる人が向いていると言えます。

    向上心がある人

    向上心がある人も、保険会社に向いています。

    保険会社は、状況が変わりやすいです。

    例えば、保険の商品の内容はすぐに変わるため、新商品を提案してどんどん販売しないといけません。

    向上心がないと、新商品が出てきても勉強をする気になれず、適切な商品の提案ができなくなっていくのです。

    また、保険の商品だけでなく、会社からの指示で資格取得の勉強を行うこともあります。

    保険会社は勉強の機会が多くあるので、向上心をもって日々成長できる人に向いていますね。

    4.保険会社へ転職するための方法:転職エージェントを使う

    保険会社への転職

    保険会社へ転職する場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

    転職エージェントには、保険会社の求人が多く存在します。

    エージェントを利用することで、面接対策のアドバイスなどももらえるので、初めての転職でも安心して活動ができますよ。

    また、転職エージェントはとりあえず選ぶのではなく、 保険会社の評判を知るアドバイザーがいるエージェントを選ぶことが大切です。

    ここでは、保険会社の転職におすすめのエージェントを3社紹介します。

    それぞれの特徴も、あわせてみていきましょう。

    サポートの手厚さ重視の人向け|パソナキャリア

    パソナキャリア

    サポートの手厚さでは、パソナキャリアがおすすめです。

    パソナキャリアは、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足するほど、女性のキャリアを応援しています。

    女性目線からみた保険会社の内情も事前に教えてくれるので、転職後のギャップも少なくて済むのです。

    パソナキャリアに記載がある保険会社の求人は、310件です。(2019年7月時点)

    その中から、適性にあった保険会社をしっかり見極めて、紹介してくれますよ。

    たくさんの保険会社を見たい人向け|doda

    doda

    たくさんの保険会社を見たい人はdodaが良いですね。

    保険会社の求人数が、609件とかなり多いです。(2019年7月時点)

    しかもdodaは、30年も転職社をサポートする、転職エージェントの中でも歴史がある会社です。

    そのため、日本生命や、明治安田生命、オリックス生命などの入社実績も数多くあります。

    できるだけたくさんの保険会社を見比べたい人は、dodaがおすすめです。

    女性に寄り添ったサポートを望む人向け|マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    女性に寄り添ったサポートを望む人は、マイナビエージェントがおすすめです。

    マイナビエージェントは保険会社の求人が公開63件+非公開求人40件と少なめではあります。(2019年7月時点)

    しかし、女性が転職することになった原因や理由を丁寧にヒアリングし、その人の生活にあった会社への転職をサポートしてくれるので、安心感が抜群です。

    保険会社への転職サポート実績も多々あり、厳選された会社をおすすめしてくれます。

    5.保険会社へ転職するためのコツ

    保険会社への転職

    保険会社へ転職する方法として、転職エージェントを使う方法をお伝えしました。

    さらに、確実に転職を成功させるためにも、保険会社への転職を成功させるコツを紹介します。

    それぞれ解説していきますね。

    コツ1.志望動機をしっかり考える

    保険会社へ転職する場合は、志望動機をしっかり考えることが大切です。

    保険会社は、離職率が高いため、曖昧な志望動機では「この人もすぐ辞めてしまうのでは」と思われてしまいます。

    転職するにあたって、なぜ保険業界なのか?なぜその会社を選んだのか?といった理由を伝えられるようにしましょう。

    また、転職においては自分の能力や経験がどう活かされるのか伝えるのも大切です。

    志望動機の具体例

    私自身が、保険商品に助けられたことがあり、今度は私が、一人でも多くの生活のサポートができればと思い、保険会社に勤めたいと考えました。
    ➡︎なぜ保険業界を選んだのか

    特に御社の保険商品は「家族の健康を守るため」といった理念をもとに作られたものが多く、サポート体制が充実している保険商品ばかりです。その商品をお客様に提供できれば、誰かが亡くなってからのサポートだけではない、「少し困った」状況でも助けられると考え、御社を志望しました。
    ➡︎なぜその会社を選んだのか

    前職では、●●の接客をしており、売り上げ一位を3ヶ月連続でとったこともあります。そこでは、商品がいかに相手にとって便利か、必要なものかニーズを伝えることで、お客様に理解された上で購入いただいておりました。その経験を活かし、御社でも相手のニーズを聞き出し、それに応える保険商品を提案できる人材になりたいと思います。
    ➡︎自分の能力や経験がどう活かされるのか

    自分で考えるのが苦手…という人は、転職エージェントのアドバイザーに相談してみましょう。

    転職エージェントのアドバイザーは、上記のような志望動機も一緒に考えてくれますよ。

    コツ2.資格を取る

    保険会社に転職するためには、資格を取っておくのもコツの一つです。

    さまざまな資格がありますが、「FP(ファイナンシャルプランナー)3級」は、保険会社入社後に取得を指示されることが多いです。

    そのため、入社前に取っておくと「入社するために勉強した」というアピールも可能です。

    保険会社に入ってからだと、忙しくて勉強する時間もない…ということもあり得るので、取っておくと楽ですよ。

    また、入社後、保険販売に必要な資格テストを受けることになるので、FPなどの勉強をしておいた方がためになります。

    コツ3.面接ではとにかく笑顔

    最後のコツですが、 面接ではとにかく笑顔でいるようにしましょう!

    保険会社では、コミュニケーション能力が高い人を積極的に採用する傾向があります。

    また、営業の仕事はたくさんの人と関わるので、笑顔や清潔感もチェックされます。

    初対面の人に話しかける機会が多い営業なので、面接でも笑顔を保てる人はそれだけで好印象です。

    笑顔は、口角を少しあげるだけで作れます。

    面接の前に練習して、本番で笑顔になれるようにしましょう。

    まとめ

    保険会社へ転職するのは、女性にとっておすすめのキャリアの道と言えるでしょう。

    向いている人は次のような人です。

    【保険会社への転職が向いているのは?】

    1. 自分自身でお金を稼ぎたい人
    2. コミュニケーション能力が高い人
    3. 自己管理ができる人
    4. 向上心がある人

    初めて、保険会社に転職を考える人は、転職したい会社がどんな評判か知っておいた方が安心です。

    会社の評判をチェックしたい場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

    求人票ではわからない内部事情を教えてくれるので、自分にぴったりな会社を見つけることができますよ。

    保険会社への転職におすすめなのは、以下3つのエージェントです。

    【保険会社への転職を助けてくれるエージェント】

    保険会社に転職を考えている人は、ぜひエージェントを活用して理想の転職を叶えてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事