総合商社の転職事情を教えます!転職方法や求められるスキルも紹介

デベロッパーへの転職情報 一般転職

商社といえば高給取りでグローバルな仕事に携われるイメージがあり、転職先としても人気の企業があります。

そんな商社に転職したいと思っていても、いったいどこから手を付けていいか分からないですよね。

かなり優秀な人材でないと入れないイメージがあるが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では商社の転職事情や、商社への転職方法、商社への転職で求められる能力などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.総合商社の転職事情

総合商社とは、 幅広い商品やサービスを扱う、輸出入貿易や国内における物資の販売を業務の中心とした商業を営む会社です。

特定の分野の商品やサービスを専門的に扱う、専門商社とは対比されます。

まずは、総合商社の転職事情について説明していきます。

総合商社の中途採用枠は少ないのが現状

総合商社は昔から転職市場では人気はありますが、新卒で入社した社員が従業員割合のほとんどを占めているため、中途採用枠は少ないのが現状です。

総合商社は新卒を大量に獲得するので、そもそも人手が不足しにくいです。

また、新卒を時間をかけてじっくり育てていく文化がありますので、中途採用を必要としていないという特徴があります。

そんな状況でも、人材が足りなくなれば中途採用を行ないます。

そのため、希望する総合商社が中途採用を行っているか、日頃から確認しておく習慣を付けることが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 女性は総合職より一般職がおすすめ

    女性も総合商社で働くことはできますが、 女性は総合職よりも一般職のほうが働きやすいです。

    総合職は激務で海外転勤もあるので、家庭やプライベートそっちのけで仕事に取り組まなくてはいけないためです。

    女性は妊娠・出産というライフイベントを機に職場を離れることがほとんどですが、総合職だと忙しくて、職場復帰したくても仕事と子育ての両立が難しいという事情もあります。

    一般職であれば、総合職に比べると、時短勤務や育児休暇など取りやすく、働き方に融通が利きます。

    そのため、ライフワークバランス実現のためにも、女性は一般職で働くのがおすすめです。

    総合商社への転職は若い方が有利

    前述の通り、 総合商社は新卒をじっくりと育てる文化があるので、転職においても若い方が有利です。

    特に未経験からの転職の場合は、第二新卒(26~27歳)あたりの年齢を過ぎると転職は厳しくなってしまいます。

    それ以降の年齢になると、即戦力として活躍できるレベルの経験や知識が無いと、なかなか転職は成功しません。

    30代後半になってしまうと、即戦力として活躍できるだけでは足りず、マネジメントスキルも必要だとされています。

    このように商社への転職したいなら、若いうちに行動に移さなければなりません。

  • スポンサーリンク

  • 総合商社への転職方法

    総合商社の中途採用は、1年を通して採用活動を行っているところ、1年のうちある一定の期間しか行っていないところなど、企業によってまちまちです。

    また、自社のサイトなどで独自に中途採用を募集しているところもあれば、転職エージェントを通じてのみ募集している企業もあります。

    転職エージェントを使えば、自分で調べなくても、起業から求人が出ている場合教えてくれますので、手間がかかりません。

    そのため、特定の企業のみ希望していてその企業が自社サイトでのみ募集しているというケースでない限り、転職エージェントの利用がおすすめです。

    次の章では、総合商社におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

    2.総合商社におすすめの転職エージェント

    大手総合商社などは、 転職エージェントに非公開求人を依頼するケースも多いです。

    ライバル会社に独自のプロジェクトが進行していることを知られないためです。

    非公開求人は、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーから紹介を受けないと応募できません。

    そうした非公開求人の紹介を受けるために、総合商社の求人が出ている可能性が高い転職エージェントについて見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 20代の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは、 20代など若い年代の転職に強く、今勢いを伸ばしている転職エージェントです。

    20代向けの非公開求人も多数保有しているので、総合商社の非公開求人もある可能性が高いです。

    サポートの丁寧さにも定評がありますので、転職が初めての方も安心して利用できますよ。

    年収アップを目指すなら「ビズリーチ」

    ビズリーチ

    ビズリーチは、 年収600~1,500万円の求人が多数ある、即戦力採用に強い転職サイト。

    総合商社は若くして年収1,000万円も期待できる、高年収の代表格ともいえる企業なので、ビズリーチなら取り扱っている可能性も高いでしょう。

    企業の採用担当者などから直接スカウトが届くこともあるので、経歴やスキルに自信がある方におすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 総合商社のようなグローバル企業の求人が見つかる「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント

    JACリクルートメントは、 課長や部長などのミドル・ハイクラス転職に強い転職エージェント。

    外資系やコンサルティングファームなどグローバル企業の求人に強みを持っていますので、同じくグローバルな総合商社の求人も見つかるはずです。

    マネジメントスキルや専門的スキルを持った方への求人数が豊富なのも特徴です。

    3.総合商社への転職で求められる能力

    総合会社は一流企業ですから、自分が本当に転職できるか、不安に感じる方も多いでしょう。

    ここでは総合商社への転職で、求められる能力について説明していきます。

    専門的なスキル

    総合商社では、特定の分野で高い専門的なスキルを持っている人材を採用する傾向があります。

    自分が専門的なスキルを持っていることをアピールするために、資格を取得しておきましょう。

    取るのが難しい資格を持っていると、選考において大きな強みとなります。

    参考までに、商社におすすめの資格をご紹介します。

    分野 資格
    英語 TOEIC800点
    会計・金融 簿記、ファイナンシャルプランナー、公認会計士
    法務 ビジネス法務検定

    マネジメントスキル

    総合商社は、職業柄様々な人や会社と関わりますので、コミュニケーション能力は必須です。

    コミュニケーション能力があるのは前提として、 他の応募者と差をつけるためには、マネジメントスキルも必要です。

    総合商社では様々な人や会社を動かしながら、ビジネスを展開していくので、マネジメントスキルは重要な能力となります。

    マネジメント能力があれば、即戦力として中途採用もされやすいでしょう。

    マネジメントスキルの具体例としては、以下のような能力があげられます。

    • 戦略や課題を考えて、目標を設定するスキル
    • 立てた目標を達成するため、計画や進捗を管理するスキル
    • 部下の能力を把握し、最大限に引き出すスキル
    • 大局的な分析力と判断力

    語学力

    総合商社は海外に展開しており海外赴任も多いため、ある程度の英語力は必須です。

    企業によってどの程度の英語力を必要とするかは異なりますが、高いほうがいいことは間違いありません。

    日常会話レベルが求められるところ、簡単な受け答えができればOKなところなど、企業によってそのレベルは様々です。

    英語のみならず、中国語やフランス語など、他の言語も合わせて使うことが出来れば、採用の確率も高まります。

    また、配属される部署によっても求められる語学力は変わってきます。

    国際的な事業部であれば、実践的な英語力が必要となるので、日常会話レベルでは足りず、ビジネスについて話ができるレベルでないといけません。

    そのため、留学経験があったり帰国子女などが有利です。

    一方、人事部や総務部、国内営業を行う部署などでは、業務で英語などを使う機会がないため、語学力が無くても採用される可能性があります。

    4.転職前に知っておきたい5大総合商社の社風と社員の口コミ

    有名どころの5大商社。

    転職希望者の多くは、この5大商社を志望しています。

    ここでは、転職前に知っておきたい5大総合商社の特徴を紹介していきます。

    三菱商事

    平均年収 1,540万円
    従業員数 6,129名
    平均年齢 42.7歳

    (参照:会社四季報オンライン)

    三菱商事を一言で表すなら 「文武両道の分かりやすい優等生」です。

    三菱は世界的にも知名度が高い企業であり、他の商社と比べてもブランド力は頭一つ抜け出しています。

    三菱の社員は、仕事に対してプライドが高く、三菱の社員であることに誇りを持っている方が多いです。

    そのため、三菱の文化にはまる人は、なんでもナンバーワンにならないと気が済まないようなエリート街道をひた進んできた人だと言えます。

    社員の口コミ


    管理/男性

    コンプライアンスを重んじる。年功序列。仕事もプライベートも手を抜かない。エリート意識が高い。出世意欲が高い人が多く、飲み会となると人事の話が多い。

    (参考:openwork

    三井物産

    三井物産
    平均年収 1,419万円
    従業員数 5,859名
    平均年齢 42.1歳

    (参照:会社四季報オンライン)

    三井物産を一言で表すなら 「手の内を明かす裏表ない体育会系」です。

    三井の商人は、簡単に手の内や戦略を明かし、あっという間に相手のふところに入ってきます。

    この攻めの姿勢が三井グループの特徴かつ強みです。

    また、行動力のチームプレイに優れています。

    何事もチームで物事に取り組む性質があるので、学生時代チームスポーツをやっていた方にハマりやすいです。

    社員の口コミ


    スタッフ職/男性

    人の三井の言葉通り、スタッフの平均的地頭の良さは日本随一ではないか

    (参考:openwork

    住友商事

    平均年収 1,304万円
    従業員数 5,153名
    平均年齢 42.7歳

    (参照:会社四季報オンライン)

    住友商事を一言で表すなら 「真面目で堅実な仲裁調整役」です。

    優しさにあふれ、5大商社の中で最もおもいやりがあるのが住友グループです。

    ビジネスは堅実、石橋を叩いて渡るタイプで、大きな利益を得られない代わりに、コツコツと利益を重ねていきます。

    決して無理はせず、取りこぼしなく実績を積み重ねていくタイプにはまります。

    社員の口コミ


    営業/女性

    財閥系で歴史も長く、当社ならではの社会文化色が強い。女性事務職にしては、容姿端麗はもちろんのこと、上品での機転きく人が採用される傾向あり。

    (参考:openwork

    伊藤忠商事

    平均年収 1,460万円
    従業員数 4,307名
    平均年齢 41.6歳

    (参照:会社四季報オンライン)

    伊藤忠商事を一言で表すなら 「出し抜こうとする戦略野武士」です。

    伊藤忠の商人は、明るく元気でありながら、そこに賢さや打算も入り込み、非常に戦略的です。

    ビジネスがうまくいくためなら、プライドを投げ捨て、簡単に土下座までします。

    個々の裁量が高く、ひとり一人が経営者のマインドでビジネスに携わっているので、ここまでできるのです。

    社員の口コミ


    職能/男性

    「稼げない人間を切り捨てる」というドライな風土はなく、良くも悪くも「伊藤忠に入ったからには定年までは面倒を見る」「出来ない人なりに働きがいを持ってもらう」というセーフティネット感覚がある会社。

    (参考:openwork

    丸紅

    平均年収 1,322万円
    従業員数 4,434名
    平均年齢 41.6歳

    (参照:会社四季報オンライン)

    丸紅は一言で言えば 「成果にこだわる変わり者」です。

    5大商社のなかでは最も謎な人が集まっています。

    変わってはいますが、仕事に関しては真面目にやり、成果に対してはしっかりとコミットします。

    つかみどころが無いけれど魅力があり、なぜか周りに人が集まるような人、学生時代など周りにいませんでしたか。

    そういうタイプの人は、丸紅が向いています。

    社員の口コミ


    管理/男性

    上司が言ったことが絶対ではない。間違っている。それを訂正したければ、説得できる内容を持っていけば必ず納得してくれる環境である。

    (参考:openwork

    まとめ

    総合商社は新卒採用が中心で、中途採用枠は少ないのが現状です。

    ただ語学力があったり専門的なスキルを持っているなど優秀な人材であれば、十分転職も可能です。

    転職する方法としては転職エージェントの利用が効率的です。

    この記事で紹介した「マイナビエージェント」「ビズリーチ」「JCAリクルートメント」の3つを利用し、商社への転職を成功させてください。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県