【評判口コミ付き】三井物産への転職方法!企業・採用情報まで紹介

【評判口コミ付き】三井物産への転職方法!企業・採用情報まで紹介 一般転職

三井物産は日本を代表する総合商社です。

2019年のキャリア(中途)採用では、モビリティや化学製品、ヘルスケア、エネルギー、食料など幅広い職種でエントリーできるため、今までの経験やスキルを生かしやすいといえます。

この記事は、 三井物産の企業情報や口コミなど、転職に役立つ内容を紹介しています。

さらに、面接や履歴書の書き方まで支援してくれる転職エージェントを使えば、内定を獲得できる可能性が高まることでしょう。

三井物産におすすめの転職エージェントの紹介もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.三井物産の企業情報

三井物産に転職をする場合、まずはその企業情報から理解していくことが大切です。

一般的には、総合商社として世界中で活躍するイメージの強い三井物産ですが、どのような事業やサービスを提供しているのでしょうか。

まずは以下で簡単に 三井物産の特徴を紹介します。

  • 鉄鋼製品や金属資源、モビリティ、化学品、エネルギーなど幅広い事情を担う総合商社
  • 世界139ヶ所の営業拠点のネットワーク、情報力を武器に商品販売から物流まで多角的に展開
  • 2020年3月期 第1四半期は売上・営業利益ともに増収増益
  • 中期経営計画は順調に推移
  • 社員の平均年収は1,430万円と高水準
  • 「マンツーマンリーダー制度」や「基幹業務講座」など充実した研修制度

より詳しい企業情報は以下で紹介していきます。

会社概要

三井物産は、 総合商社のなかでもトップ5に入り、売上高は4.8兆円にものぼります。

国内企業でも安定した収益を稼ぎ出しているという点では、転職者にとって大きな魅力となるはずです。

まずは簡単な会社概要を紹介していきましょう(2019年8月7日時点)。

社名 三井物産株式会社
(英文名 MITSUI & CO., LTD.)
所在地

<本店>
東京都千代田区丸の内一丁目1番3号

<本社事務所>
東京都千代田区大手町一丁目3番1号

代表者 代表取締役社長 安永 竜夫
設立 1947年7月25日
事業内容
  • 金属資源・エネルギー 
  • 機械・インフラ
  • 化学品
  • 鉄鋼製品
  • 生活産業
資本金 3,414億円
従業員数 5,772名 (連結従業員数43,993名)
※2019年3月31日時点
海外事務所
  • 北米
  • 中南米
  • 欧州
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア

(出典:三井物産 会社情報

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    三井物産は、幅広い事業を多角的に展開しています。

    三井物産の事業内容

     

    (出典:三井物産 会社情報「事業・機能」

    主要となる事業だけでも、以下のように種類が多く、専門商社に比べて活動範囲の広さが特徴です。

    • 金属資源・エネルギー 
    • 機械・インフラ
    • 化学品
    • 鉄鋼製品
    • 生活産業

    特に、 エネルギー分野を除いた金属資源の事業は全体の6割を占めています。

    こうした多角的な事業を、海外の営業拠点を中心に展開するのが三井物産の特徴です。

    全世界139ヶ所のネットワークや情報を生かし、多様な商品販売からロジスティクス(物流)、さらに国際的なプロジェクト案件の構築などの事業まで手掛けます。

    経営理念

    三井物産の経営理念は、「大切な地球と、そこに住む人びとの夢溢れる未来作りに貢献する」という企業使命を持ちます。

    また、ビジョンは「世界中のお客様のニーズに応える「グローバル総合力企業」を目指す」ことです。

    三井物産は、「人の三井」と称されるほど、 積極的な人材育成を強みとします。

    「マンツーマンリーダー制度」や「基幹業務講座」など、三井物産でしか受けられない講義も少なくありません。

    経営者である安永氏自身が、多様なプロの人材が産業を発展させてきたという歴史を理解しています。

    そのため、社内でも多様な研修制度を用意するなど、手厚い社員教育を行っています。

    また、三井物産のビジョンに「自ら新しい事業を創造し発展まで手掛ける」というメッセージが込められています。

    今後はグローバル化の進展やデジタルイノベーションの進化などの環境変化を捉え、ビジョンに沿ったより多角的で新規性のある事業の開発を進めようとしているのです。

    三井物産に入社することで、今まで以上に自分自身をスキルアップさせたり、実力をいかんなく発揮させていけることでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 平均年収

    三井物産で働く社員の平均年収は、2019年3月31日時点で1,430万円です。

    有価証券報告書」によると、平均年齢は42.2歳ということで、国内企業のなかでも高水準の給与が約束されているといえるでしょう。

    五大商社のなかでも3番目に高い水準を誇ります。

    三井物産では、入社してから3年間の実務経験があると昇進試験(職群移行試験)を受けることが可能です。

    また、入社後7~9年目は管理職向けの昇進試験も用意されており、 両者に合格することで給与アップが実現できます。

    三井物産の年収に関しては、以下の記事でより詳しくお伝えしています。

    業績

    三井物産の業績は、売上高は前年同期比4.9%アップ、四半期利益は同7.0%アップと共に増収増益を達成しています。

    2020年3月期 第1四半期 決算説明会資料」によると、 特に金属資源やエネルギー、機械・インフラ事業で四半期利益が大きく伸び、三井物産の好業績を支えていることがポイントです。

     

    三井物産の業績

    (出典:2020年3月期 第1四半期 決算説明会資料

    海外では鉄鉱石の販売価格が堅調に推移していることもあり、金属資源事業が全体の利益を底上げする形となりました。

    なかでもエネルギー部門の純利益は、前年同期から2.4倍に成長するなど事業の柱となっています。

  • スポンサーリンク

  • 五大商社との比較

    総合商社は三井物産のほか、業界トップの三菱商事から、丸紅、伊藤忠商事、住友商事が存在しており、これらを総称して「五大商社」と呼ばれています。

    五大商社は数ある総合商社のなかでも最大の売上規模を誇り、注目する転職者も多いでしょう。

    2017年度における五大商社の売上高および営業利益は、以下のように比較することができます。

    企業名 売上高 営業利益(営業利益率)
    三菱商事 7.6兆円 4,744億円(6.3%)
    丸紅 7.5兆円 1,181億円(1.6%)
    伊藤忠 5.5兆円 2,941億円(5.3%)
    三井物産 4.9兆円 2,546億円(5.2%)
    住友商事 4.8兆円 2,299億円(4.8%)

    五大商社は日本でも有数の売上高を誇ります。

    商社で働く人材の年収が高水準という理由もわかるはずです。

    五大商社はそれぞれ強みや独自性を持っているため、転職先を選ぶときにご参考ください。

    • 三菱商事:総合力ナンバーワンでバランスが良い
    • 丸紅:電力事業が強く他社の追随を許さない
    • 伊藤忠商事:資源以外のエネルギー・化学製品・食料に大きな強みを持つ
    • 三井物産:エネルギーを含めた資源分野は業界一、さらにインフラ事業も強い
    • 住友商事:金属・輸送機・建機に強く、さらにメディア・生活関連は業界随一の規模を誇る

    「三菱商事」と「丸紅」の年収については、以下の記事で紹介しているので興味のある方は読んでみてくださいね。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    2.三井物産の評判・口コミ

    新卒入社
    営業/男性

    ワークライフバランスはかなり調整しやすいと言える。自身の有給消化率は95%以上。カルチャー・雰囲気的には、有給を取得することについて上司がとやかく言うのはNGという暗黙の空気があり、(中略)制度面についても、一時間単位で有給を取得できる制度があり、かなりフレキシブルに仕事とプライベートの時間を設計できる。

    「参考サイト:OpenWork

    中途入社
    経営企画/男性

    働きがい:自己実現のための機会が他の業界と比べ非常に高くやる気のある人はチャンスに恵まれている。(中略)

    実績のある方は、他社からの誘いも多く、昇進よりも仕事の面白さを重視する人は30半ばでどんどん転職している。

    「参考サイト:OpenWork

    新卒入社
    営業/男性

    強み:優秀かつ意識の高い人が多く集まっており、刺激を受ける場面が多い。純粋に仕事が好きな人が多い印象。(中略)安心して新たなチャレンジが出来る環境。

    弱み:意思決定が遅い。会社全体として「リスクを取ること」への許容度は高いが、「リスクの不透明性」に対する許容度は低く(中略)無用なストレスに繋がっている。

    「参考サイト:OpenWork

    三井物産は、キャリア志向ややる気のある方におすすめの企業といえるでしょう。

    その理由に、自己実現やキャリアアップに最適だという意見が多いようです。

    社内には業界でもハイレベルの研修制度が用意されており、自分を高めるために入社する人も珍しくありません。

    リスクの高い仕事にも積極的にチャレンジする人材が多数活躍しており、 モチベーションを維持するには最適な環境です。

    一方で、仕事の実績が正当に評価されていないことや、リスクテイクへの不透明さを感じる人もいたりなど、社内制度の構築が課題に挙げられます。

    ただし、「有価証券報告書」によると、 社員の平均勤続年数は18年6ヶ月と長期間に及んでいるため、社員の定着率が高いといえます。

    よって、仕事を通じてキャリアアップを目指したい方、さらに安定性も捨てきれないという方におすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 3.三井物産の採用情報

    三井物産の採用情報

    三井物産に転職をお考えの方は、やはり採用情報がもっとも気になるのではないでしょうか。

    この章では、 2019年10月時点における三井物産の採用情報を詳しく見ていきましょう。

    選考難易度

    五大商社に数えられるだけあり、ほかの総合商社と同様に 競争率は150~200倍とされ、三井物産の内定獲得は簡単ではありません。

    先ほどの口コミでお伝えした通り、非常に積極的な人材を求めていることがわかるため、面接でもしっかりと自分をアピールすることが大切です。

    募集職種

    2019年10月時点で、キャリア採用として募集されているのは総合職のみとなります。

    三井物産に配属される部署は、事業サービスとして提供する幅広い分野に分かれるため、あらかじめ希望するところを決めておくと良いでしょう。

    営業本部の配属予定部署は以下の通りです。

    • 鉄鋼製品本部
    • 金属資源本部
    • プロジェクト本部
    • モビリティ第一本部
    • モビリティ第二本部
    • 化学品部門
    • エネルギー第一/第二本部
    • 食料本部
    • 流通事業本部 など

    また、主に社内業務を担うコーポレート部門の配属先は以下のようになります。

    • 法務部
    • CFO部門
    • IT推進部
    • 経営企画部デジタルトランスフォーメーションチーム
    • コーポレート物流部
    • 人事総務部

    申し込み方法

    三井物産の転職は、公式ホームページ内の「キャリア・ラウンジ」に登録することでスタートすることができます。

    キャリア・ラウンジに登録すると、選考の一時段階であるWeb履歴書とオンラインテストを受けることが可能です。

    以下で、 キャリア採用のより詳しい選考フローを紹介しています。

    1. Career Lounge(キャリア・ラウンジ)への参加
    2. 履歴書による1次書類選考
    3. オンラインテスト
    4. エントリーシートによる2次書類選考
    5. 面接選考(7月複数回実施予定)
    6. 最終面接(7月下旬~8月上旬実施予定)
    7. 意思確認を経て内々定(8月上旬予定)

    基本的に公式ホームページから応募する方法は、上記のように時間がかかり、なおかつ新規応募が掲載されているか常にチェックしていなければなりません。

    これでは転職活動に支障をきたしてしまうため、 よりスムーズに三井物産にエントリーできる転職エージェントがおすすめです。

    4.転職エージェントを使った採用までの流れ

    転職エージェントを使った採用までの流れ

    三井物産に転職するなら、「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

    転職エージェントは、 経験豊富なキャリアアドバイザーやコンサルタントが在籍しており、面接や書類の書き方など実務的なサポートを無料で受けることが可能です。

    また、転職者の要望やタイプをカウンセリングしたうえで、最適な求人を紹介してくれるメリットもあります。

    三井物産の公式ホームページから転職活動を進めるよりも、転職エージェントを利用したほうがスムーズで、内定確率も高まる可能性が高いです。

    ここからは転職エージェントの使い方や採用までの流れをお伝えしていきます。

    転職エージェントへ登録

    まずは転職エージェントの公式サイトを訪れ、会員登録をします。

    勤め先の情報や年収、勤続年数といった情報が必要となりますが、登録はオンラインで完結します。

    エントリーした内容によって担当のアドバイザーが決まるため、 履歴書を書くつもりで詳細に情報を記載するのが成功のコツです。

    キャリアアドバイザーによる面接対策などのサポート

    転職エージェントに登録すると、すぐに担当のキャリアアドバイザーを紹介してもらえます。

    まず、転職者の希望や要望をヒアリングし、その内容に沿った求人情報を紹介されることが一般的な流れです。

    三井物産といった大企業ばかりではなく、一般的な求人誌に掲載されない非公開求人もあるため、 思わず魅了される会社に出会えるかもしれません。

    自分に合った企業が見つかれば、今度はキャリアアドバイザーが親身に面接や書類の書き方までサポートしてくれます。

    自分の強みや弱みをじっくりと分析したうえで、その企業に最適な転職活動の知識が得られることがメリットです。

    入社日や給与面の交渉

    企業に内定が決まったからといって、キャリアアドバイザーの支援が終わるわけではありません。

    内定後も、入社日のスケジュール調整や、年収などの交渉まで担ってくれるため、初めて転職する方にとって力強いパートナーとなることでしょう。

    これだけ手厚いサービスですが、 転職エージェントは完全に無料で利用できます。

    遠慮せず十分にそのメリットを使いこなして、より転職活動を有利に進めてみてください。

    5.三井物産への転職におすすめの転職エージェント

    三井物産の転職に役立つ転職エージェントを3社紹介していきます。

    ここでお伝えする転職エージェントは、いずれも 三井物産に適したものを集めましたので、できるならすべて登録して徹底活用したいところです。

    それぞれ特徴となる部分が異なるため、以下で簡単に比較してみましたのでご覧ください。

      JACリクルートメント リクルートエージェント マイナビエージェント
    公開求人数 7,600件 50,000件 5,000件
    非公開求人数 11,000件 200,000件 20,000件
    対象地域

    関東地域
    近畿

    全国 全国
    特徴 年収800万円以上の非公開求人が多く、商社系の転職に強い 圧倒的な求人数で担当者の数も多く、もっともバランスの良い転職エージェント 20~30代の若い世代の転職に強く、担当者の評判が高い

    各転職エージェントの特徴や強みについて、以下で詳しくお伝えしています。

    ぜひ、じっくりとご覧ください。

    商社系への転職なら「JACリクルートメント」

    JAC

    <JACリクルートメントの特徴・強み>

    • 年収800万円以上の上役クラスの転職情報が多い
    • 商社の求人情報が豊富で専門知識を持つアドバイザーも在籍
    • ハイキャリアの転職サービスでは求人数トップクラス

    JACリクルートメントは、高年収が期待できるハイキャリアに特化した転職エージェントです。

    特に、 年収や待遇アップに恵まれている五大商社に強く、三井物産の転職活動を有利に進めていけます。

    ほかにもJACリクルートメントでしか扱っていないハイキャリア案件があるため、より待遇の良い会社を探したいときに最適です。

    JACリクルートメントでは、国内大手企業から外資系企業を中心に、管理職・マネージャー・役員といった求人案内も少なくありません。

    そのため、JACリクルートメントに向く人の特徴として、30代を超えており、年収が600万円前後といった方が望ましいでしょう。

    もちろん登録や利用は無料なので、一度アドバイザーの方に転職相談してみることをおすすめします。

    実践的な転職アドバイスを期待するなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    <リクルートエージェントの特徴・強み>

    • 転職エージェントで最大の求人数を誇る
    • 経験豊富なアドバイザーが多く、より実践的な面接相談、書類の書き方が学べる
    • 第二新卒からUターン転職まで幅広い転職者ニーズに対応

    リクルートエージェントは、非公開求人数20万件以上を誇る、国内最大の転職エージェントです。

    人材紹介業として最古参にあたり、 長い歴史で培ってきた採用ノウハウを持ちます。

    また、経験豊富なベテランアドバイザーが多いこともあり、企業の裏側まで詳しい情報を知ることができる点が特徴です。

    圧倒的な求人数の多さから、JACリクルートメントやマイナビエージェントに加えて、登録しておいて損はありません。

    ほかの転職エージェントで目的の企業が見つからない場合でも、リクルートエージェントだと問題なく求人を探すことができるでしょう。

    20代・第二新卒の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    <マイナビエージェントの特徴・強み>

    • 20~30代の若い世代の転職者に向く
    • 転職者と担当者の数にバランスがとれており、一人ひとり親身になって対応してくれる
    • 担当者が積極的に提案をしてくれるため仕事が見つかりやすい

    マイナビエージェントは、20~30代といった主に第二新卒向けに強みをもつ転職エージェントです。

    担当者の方も比較的若いこともあり、 転職者の悩みや相談事にも親身になって答えてくれます。

    また、転職エージェント大手のリクルートエージェントやdodaよりも規模が小さいため、転職者と担当者の数にバランスがとれているのも大きなメリットです。

    大手業者ほど担当者が大多数の転職者を抱えているわけではなく、一人ひとりに丁寧な対応をしてくれます。

    特に、初めての転職という方にピッタリなので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    三井物産は、五大商社として世界中で活躍する、日本が誇る企業の一つです。

    その高い競争力の源泉は「人材」にあり、古くから優秀な従業員を育てる環境作りを行っています。

    社員の口コミでも、独自性の高い研修制度や意識の高い社員の存在などを挙げる人が多く、 自分自身のスキルアップや能力向上には最適な職場といえるでしょう。

    一方で、キャリア採用に関して少し複雑な点がデメリットです。

    今回は、そんなデメリットを解消できる3つの転職エージェントを紹介しました。

    【三井物産におすすめの転職エージェント】

    1. ハイクラス求人が魅力の「JACリクルートメント
    2. 総合的なバランスの良い「リクルートエージェント
    3. 第二新卒におすすめの「マイナビエージェント

    転職エージェントを使うことで三井物産への転職もスムーズになるため、気になる方はぜひ各サイトをチェックしてみましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら