「心ばかり」の意味と使い方!適した状況を例文付きで解説

心ばかりの意味とは ビジネス用語

取引先に贈り物をするときに「心ばかりの品物ですが」と表現することがあります。

「心ばかり」とは、「ほんの気持ちですが」という意味の言葉です。

ビジネスシーンから日常での祝い事まで、幅広く使われてる言葉ですので、正しく使えるようにしておきたいですね。

本記事では、 「心ばかり」の意味や使い方を説明し、類語・言い換え表現についてもあわせて解説します。

「心ばかり」を適切な状況で使うことができれば、 贈り物をするときの印象がよくなりますので、ぜひ参考にしてください。

1.「心ばかり」の意味

心ばかり(心許り)

読み:こころばかり

意味;心をこめた、ささやかな

「心ばかり」とは、 贈りものをするときに「 心をこめた・ささやかな」という意味で使います。

漢字にすると「心許りとなります

「許り」は、範囲を限定する副詞で、「まだ半分許り残っている」と使います。

「心」と「許り」を組み合わせた「心許り」は、「 高価なものではないが心だけはこもっている」という意味になります。

1-1.「心ばかり」は「寸志」と同じ意味

寸志

読み:すんし

意味;ほんの少しの気持ち

「心ばかり」と同じ意味の言葉に、「寸志」があります。

「寸」という漢字には「ほんの少し」という意味があり、「志」という漢字には「気持ち」という意味があります。

「寸」と「志」を組み合わせた「寸志」は、 「ほんの少しの気持ち」という意味になります。

ただし、寸志は、 上司が部下に対して品物を渡すときなど、熨斗(のし)などに書かれる言葉です。

目上の者が目下の者に対して使う言葉なので、目下の者が目上の人に対して使うと失礼にあたります

目下の者から目上の人に使う場合には、「ご挨拶」「粗品」といった言葉を使います。

  • スポンサーリンク

  • 2.「心ばかり」の使い方と例文

    「心ばかり」を使うのに適している状況は、どのような状況なのでしょうか?

    「心ばかり」を使うのに適した状況、具体的な「心ばかり」の品物や金額を説明し、「心ばかり」を使った例文をご紹介します。

    2-1.「心ばかり」を使うのに適している状況

    「心ばかり」は、 自分から相手に贈り物を贈るときに適した言葉です。

    自分から贈るときには使いますが、 相手からもらったときに「心ばかりの品をありがとうございます」と使うのは失礼にあたるので、気をつけましょう。

    贈り物をするとき

    誕生日プレゼントやお見舞いの品など、 ちょっとした贈り物をするときに「心ばかり」を使うことができます。

    自分から相手に贈り物をするときに「心ばかりの品ですが」と差し出すと、謙遜した表現となります。

    お詫びをするとき

    お詫びをしなければならない場合に、お金や品物を差し出すときに「心ばかり」を使うことができます。

    お詫びをするときには、一番大切なのはお詫びをしたいという心です。

    品物を差し出す前に、まずお詫びをすることで誠意を伝えるとよいでしょう。

    お詫びをしたあとに、「お詫びの気持ちとして心ばかりですがお受け取りください。」と言って品物を差し出します。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「心ばかり」とはどのくらいの金額や品物?

    「心ばかり」とは、「ささやかな」「ちょっとした」という意味があり、高額なお金や高価な品物を贈るときには適していません。

    状況にもよりますが、1,000円から10,000円の範囲内のお金や品物であれば、「心ばかり」という言葉を使っても問題はありません。

    2-3.「心ばかり」の例文

    具体的な「心ばかり」を使った例文をご紹介するので、参考にしてください。

    心ばかりの品物

    「心ばかりの品物」というと、「 ささやかな心をこめた物」という意味になります。

    <例文>

    • 心ばかりの品物ですが、どうぞお納めください。
    • 心ばかりの品物ではございますが、どうぞお受け取りください。
    • 心ばかりの品物で恐縮ではございますが、お納めください。

    心ばかりですが

    「心ばかりですが」は、「 心ばかりの」と同じ意味で、「心ばかりの」の後に続く「品物」などの名詞を省略するときなどに使います。

    <例文>

    • このたびは、おめでとうございます。心ばかりですがお受け取りください。
    • このたびは、ご愁傷さまです。心ばかりですがどうぞご霊前にお供えください。
    • 心ばかりですが料理をご用意いたしましたので、お召し上がりください

    のし袋に書く場合

    「心ばかり」は、 のし袋の表書きに書くことができる言葉です。

    「心ばかり」は謙遜した表現ですので、親しい人のほか目上の人へお金や贈り物を渡すときに使うことができます。

    同じような意味で、のし袋に書くときに使う言葉に「 寸志」があります。

    「寸志」は目上の者から目下の者に対する言葉ですが、「心ばかり」は目下の者から目上の者に対するときの言葉です。

    自分の立場と贈る相手によって、のし袋に書く言葉が違うので注意しましょう。

    続いて、「心ばかり」を使うときの他の注意点を説明します。

  • スポンサーリンク

  • 3.「心ばかり」を使うときの注意点

    「心ばかり」は謙遜した言葉で贈り物をするときに便利な言葉ですが、状況や相手によっては「心ばかり」を使うのに適していない場合があります。

    1. 高価な贈り物を渡すときには使わない。
    2. 使う相手によっては印象が悪くなることもある。

    上記2点について、詳しく解説していきます。

    注意点1.高価な贈り物を渡すとには使わない

    「心ばかり」には、「ささやかな」「ちょっとした」という意味があります。

    「心はこもっているが、ささやかなもの」に使うことが適しており、 高価な贈り物を渡すときに使うのには適していません

    そのため、高価なものを贈るときは「心ばかり」をつけず「おめでとうございます。お祝いのしるしですので、お受け取りください」というような一言を添えるようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 注意点2.使う相手によっては印象が悪くなることもある

    「心ばかり」は、友人や親せきに贈り物をするときのほか、上司や取引先などビジネス上で贈り物をするときにも幅広く使うことのできる言葉です。

    ただし、「心ばかり」には謙遜した意味が含まれるので、「心ばかり」を使うことで 嫌味に思ってしまう人もいます

    また、「心なかりの物」を「たいしたことない物」「つまらない物」という意味に捉え、貰っても嬉しくないと思ってしまう人もいます。

    相手の性格などなどを考慮して、「心ばかり」を使うかどうかを決めるとよいでしょう。

    4.「心ばかり」の類語

    「心ばかり」には同じように使うことができる類語がいくつかありますので、代表的なものをご紹介します。

    1. ほんの気持ちですが
    2. ささやかなものですが
    3. つまらないものですが
  • スポンサーリンク

  • 類語1.ほんの気持ちですが

    「ほんの気持ちですが」は「心ばかりですが」と同じ意味で使うことができます。

    「心ばかりですが」より、 「ほんの気持ちですが」のほうが少しくだけた表現と捉えられることがあります。

    上司など目上の人に対して使うときには「心ばかりですが」と使い、友人など親しい関係の人に対しては「ほんの気持ちですが」と使いわけるのもよいでしょう。

    <例文>

    • ほんの気持ちですので、お受け取りください。
    • ほんの気持ちではありますが、どうぞお納めください。
    • ほんの気持ちのものですが、どうぞお召し上がりください。

    類語2.ささやかなものですが

    「ささやかなものですが」は、「心ばかりのものですが」と同じ意味で使うことができます。

    「ささやかなもの」という表現でも、気持ちが入っていることを表現は可能です。

    しかし、「心ばかりのもの」と表現したほうが、「心がこもっている」ことを強調するのには適しています。

    「ささやかなものですが」は、 相手に気を使ってほしくない、本当に大したことがないものを送るような場面で使うようにしましょう。

    <例文>

    • ささやかなものですが、お受け取りください。
    • ささやかなものですが、ご挨拶のしるしにお納めください。
    • ささやかですがお食事をご用意いたしましたので、お召し上がりください。

    類語3.つまらないものですが

    つまらないものですが」も、「心ばかりですが」と同じ意味で使うことができます。

    ただし、「心ばかりですが」より、「 つまらないもの」のほうが心がこもっていることが分かりずらい表現です。

    人によっては「つまらないものなんていらない」と思われてしまいます。

    ですので、使う場面としては「引越しなどのちょっとした挨拶程度」が適しているでしょう。

    <例文>

    • つまらないものですが、お受け取りください。
    • 引越しのご挨拶に伺いましたので、つまらないものですがどうぞ。
    • つまらないものですが、みなさまでお召し上がりください。

    まとめ

    「心ばかり」には、 高価でないお金や品物を相手に贈るときに使う言葉で、のし袋に書くときに使うこともできます。

    ただし、高価な物を贈る場合や、目上の者から目下の者へ贈る場合には、使うことができません

    使う相手によっては嫌味にとられてしまうことがあるので、贈り物をするときの状況によって使うかどうかを判断するようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事