美容師から他業種へ転職する方法は?転職理由やおすすめの仕事を紹介

Handsome hair stylist holding scissors at the hair salon
一般転職

「美容師の仕事を楽しめない」「体力的にきついから他業種へ転職したい」と悩んでいる人はいませんか。

現在、美容師の人は、他業種への転職も不可能ではなく、可能です。

ここでは、美容師から転職する方法について、さまざまな角度から解説します。

美容師の転職理由や転職先、未経験でも転職する方法、おすすめの転職エージェントなどを紹介します。

このページを読むことで、美容師から異業種への転職も、実現できる可能性が高まります。

スポンサーリンク

美容師の転職理由で多いのは?

美容師は、3年以内で離職する人が少なくありません。

転職理由は、長時間労働、健康面、月収など、さまざまあります。

ここでは、美容師の転職理由で多いのは何か、詳しく紹介します。

①長い労働時間で体が辛い

美容室は、20時ぐらいに閉店しますが、美容師は、その後も仕事を続けるため、長時間労働を避けられません。

1日あたりの労働時間は、平均10時間を超えるでしょう。

美容師のアシスタントをしている人は、閉店した後、カットの練習をしたり、シャンプーのトレーニングをしたり、さまざまな訓練を行います。

また、閉店後ではなく、開店前に練習している美容室もあります。

アシスタントを卒業すれば、こうした練習をする必要がありませんが、今度は、若手美容師を教育しなければなりません。

実務以外にも、長時間働く環境だからこそ、体が辛くなり、辞めてしまう人がいるのです。

  • スポンサーリンク

  • ②腰痛もひどくなる

    美容師は、腰をかかげめたり、ずっと立っている状態だったり、腰痛になりやすいです。

    連日仕事をしていれば、腰痛を治す時間を取れません。

    美容師の中には、整体に通っている人もいるほど、腰を痛めがちです。

    気持ちとして、美容師の仕事を続けたいけれども、ひどい腰痛によって、辞めていく人がいる状況です。

    ③手が荒れる

    シャンプーをするため、手荒れに悩んでいる美容師も少なくありません。

    何人もの頭をシャンプーし、お湯などの影響で、手荒れを治せないまま、連日洗い続けます。

    もともと敏感肌の人であれば、手荒れが一向に治らない可能性もあるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • ④休日が多くない

    美容室には、週一回定休日がありますが、店舗によっては、休みがありません。

    例えば、デパートに入っている美容室だと、デパートの営業日に合わせるため、年中無休の可能性もあります。

    さらに、定休日であっても、カットなどの練習を行う美容師もあります。

    定休日以外でも休みを取れますが、事前に予約が入っている場合、仕事しなければなりません。

    ⑤年収が高いとは言えない

    美容師の働き始めは、アシスタントのため、高年収を望めません。

    アシスタントの給料は、月13~17万円程度です。

    実力をつけていけば、スタイリストになれて、給与も上がりますが、短期間でひとり立ちできるほど、甘い世界ではありません。

    だからこそ、安い賃金に不満を覚えて、辞めてしまう人はいます。

    仕事にやりがいを感じられれば、持続できますが、達成感などを味わえない人は、長続きしないでしょう。

    美容師の年収についてもっと詳しく知りたい方は、「美容師の年収は283万円!初任給・年代別・ランク別・企業規模別の年収を解説」をご覧ください。

  • スポンサーリンク

  • 2.【年代別】美容師は未経験から他業種へ転職できるのか

    20代、30代、40代で、美容師の転職の成功率は変わります。

    20代は転職しやすく、30代はギリギリ転職可能で、40代は相当厳しいです。

    未経験から他業種へ転職する際は、年齢による影響が大きいでしょう。

    ここでは、年代別に美容師が未経験から他業種へ転職できるのか紹介します。

    20代は転職しやすい

    20代の人は、他業種に転職できる可能性が高いです。

    なぜなら、 まだまだ伸びしろがあるため、会社側は、今後の活躍に期待して採用します。

    例えば、以下の企画営業の求人は、未経験でも、歓迎しています。

    求人情報 リクナビNEXT

    (参考:リクナビNEXT/2019年8月時点

    また、20代の場合、求人数も多いため、転職先を選びやすいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 30代はギリギリ転職可能

    30代は、他業種に転職できないわけではありません。

    しかしながら、30代後半になってしまうと、採用してくれる会社は多くありません。

    中途採用は、即戦力を求めているため、特別なスキルを持っていなければ、内定獲得が難しいでしょう。

    30代前半であれば、後半よりも採用されやすく、求人数も多い傾向にあります。

    40代は相当厳しい

    40代になってしまうと、他業種への転職は、相当厳しいです。

    なぜなら、ほとんどの会社は、若手を採用し、成長させたいと考えているからです。

    40代の場合は、即戦力として採用したいため、他業種に関連する高いスキルがなければ、転職は難しいでしょう。

    美容師だけしかやってこなかった人は、他業種で通用するスキルを持っているとは言えません。

    40代の美容師は、「転職成功は相当厳しい」と覚悟を持って、転職活動しましょう。

    美容師の他業種転職でおすすめの転職先

    美容師が転職する際、おすすめの業種・職種はたくさんあります。

    残業したくない、資格を活かしたい、立ち仕事をしたくないなど、自分の希望通りの転職先を見つけましょう。

    美容師の転職だからといって、その時の経験を活かさなければならない、というわけではありません。

    ここでは、美容師の他業種転職でおすすめの転職先を紹介します。

    資格を無駄にしたくないなら「美容系のメーカー」

    美容系のメーカーへの転職であれば、美容師の経験や資格を活かせます。

    美容系のメーカーでは、スタイリング剤やシャンプーなどを販売したり、美容部員をやったり、幅広い仕事があります。

    美容師の経験があれば、商品やサービスについてすぐに理解できるでしょう。

    美容室よりも、将来性のある職場で働きたい人におすすめです。

    立ち仕事を避けたいから「事務職」

    事務職も、美容師の転職先としておすすめです。

    事務職は、残業ナシで、土日もしっかり休める仕事です。

    さらに、 デスクに座っていることが多く、美容師のように、立ち仕事することは滅多にありません。

    事務職をやりながら、次の転職先に向けて、資格の勉強もできます。

    高収入を得たいなら「企画職」

    企画職は、自社商品を企画したり、マーケティング活動したり、クリエイティブな仕事です。

    会社によって業務の流れは異なりますが、 自分の手掛けた商品を、世の中に提供し、大きなやりがいを感じられます。

    美容師よりも、クリエイティブな仕事をしたい人は、企画職を選びましょう。

    また、 仕事量が多くなり、高度なスキル・知識も求められますが、高収入も目指せます。

    接客経験を無駄にしたくないなら「医療・福祉系」

    医療事務や歯科助手などの医療系・福祉系の仕事も、おすすめの転職先です。

    こうした仕事は、一般企業の事務職のように、土日を休め、残業もほとんどありません。

    また、 接客するため、美容師の経験を活かせる仕事でもあります。

    接客経験を活かしながら、安定した職場で働きたい人は、医療福祉系の仕事を選びましょう。

    美容の経験を無駄にしたくないなら「アパレル系」

    アパレル系の仕事であれば、美容師の経験を活かせます。

    なぜなら、美容師は、ファッションの知識があり、ファッションセンスのある人が多いからです。

    洋服が好き、もっともアクティブに働きたいという人は、アパレル・ファッション業界での販売職などがおすすめです。

    人手が足りていない業界でもあるので、転職しやすいことも特徴です。

    不安定な仕事が嫌なら「公務員」

    安定した仕事に就きたい美容師の中には、公務員にキャリアチェンジする人もいます。

    「美容師=不安定」「公務員=安定」と考え、公務員試験合格のために必死に勉強します。

    年齢制限があるため、いつになってもチャレンジできる職種ではありませんが、仕事に安定を求めている人は、いかがでしょうか。

    こちらの「公務員になるのに資格は必要?公務員に有利な資格・役立つ資格も解説」の記事では、公務員について詳しく説明しているので、気になる方は読んでみてくださいね。

    残業したくないなら「工場勤務」

    美容師から、工場勤務に転職する人も少なくありません。

    工場勤務は、一般的な美容師よりも、残業の少ない職場で、しっかりと休憩時間も設けられています。

    仕事内容によっては、体力的にキツイ場合もありますが、残業したくない人におすすめです。

    また、福利厚生も充実している可能性が高く、腰を据えて働けるでしょう。

    .美容師が転職を成功させるポイント

    転職を成功させるためには、しっかりと志望動機を考えて、面接対策しておきましょう。

    資金不足にならないように、収入源を確保しながら転職活動することも大切です。

    また、スムーズに転職を成功させたい人は、転職エージェントを利用しましょう。

    ここでは、美容師が転職を成功させるポイントについて詳しく紹介します。

    志望動機を考えておく

    転職を成功させるためには、志望動機をまとめおく必要があります。

    志望動機は、履歴書に書くだけではなく、面接でも答えることが一般的です。

    書き方のポイントは、次の通りです。

    1. 企業が求めている人材を理解しているか
    2. 職務経歴を活かせることが伝わる内容になっているか
    3. 企業の強みを知り、入社したい意欲が感じられる内容になっているか
    4. キャリアビジョンが伝わる内容になっているか

    志望動機例は、次の通りです。

    <志望動機例>

    美容師の仕事を通して培ってきたコミュニケーション能力を活かして、営業職として活躍したいと考えています。

    前職では、ただカットするだけではなく、どうしたらお客様に喜んでもらえるのか、何を望んでいるかを考えて行動してきました。

    営業職でも、今までのようにニーズを捉え、お客様が求めていることをしっかりと考えて、着実に営業成績を残し、御社に貢献したいと考えています。

    「楽したいから」「いっぱい休めそうだから」など、簡素かつ正直すぎる志望動機は、避けてください。

    面接対策をする

    事前の面接対策も、転職を成功させるために欠かせないことです。

    面接中の質疑応答は、シンプルな回答を心がけ、相手の話をよく聞きましょう。

    志望動機、退職理由などは、よく聞かれる質問ですので、事前にしっかりと準備しておいてください。

    心配な人は、友人に面接の練習を手伝ってもらいましょう。

    収入源を確保しながら転職活動する

    現職の収入が多くない人は、美容師をしながら転職活動を行うべきです。

    退職してからの転職活動の方が集中できますが、収入源がない場合、お金がなくなって生活できなくなるリスクがあります。

    生活できなければ、当然、転職活動も円滑に進められません。

    仕事と転職活動を両立させることは大変ですが、自身のキャリアのために頑張りましょう。

    転職エージェントを利用する

    転職をスムーズに成功させるためには、転職エージェントというサービスを利用しましょう。

    転職エージェントは、会社に条件を交渉してくれたり、面接対策してくれたり、無料で求人を紹介してくれたりします。

    また、プロの転職アドバイザーも在籍しており、転職に必要なアドバイスももらえるサービスです。

    転職に関する悩みをアドバイザーに相談して、志望する企業への内定を獲得しましょう。

    .美容師から他業種へ転職するためのおすすめの転職エージェント

    転職エージェントを利用することで、美容師から他業種への転職を有利に進められます。

    たくさんの転職サービスの中から自分に合ったエージェントを見つけられれば、内定を近づけられるでしょう。

    ここでは、美容師から他業種へ転職するためのおすすめの転職エージェントを紹介します。

    たくさんの求人から選択したい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、 たくさんの求人から選びたい人におすすめです。

    なぜなら、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントだからです。

    例えば、営業の公開求人は21,862件、事務系の公開求人は、2,213件もあります(2019年8月現在)。

    非公開求人も豊富にあり、自分に合った転職先を見つけられるでしょう。

    面接が不安なら「doda」

    doda

    doda」は、業界トップクラスのサポート体制が整い、 面接が不安な人におすすめです。

    面接対策、書類対策だけではなく、退社に関しても、しっかりとフォローしてくれます。

    また、スカウトサービスがあるため、転職活動に時間が取れない人にも最適な転職エージェントです。

    20代で早めに転職したい人は「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント」は、ユーザー満足度の高い転職エージェントです。

    はじめて転職する20代、ほとんど転職したことのない30代などから、高い評価を得ています。

    また、他の転職エージェントが持っていない求人を抱えているため、登録しておいても損はありません。

    まとめ

    美容師は長時間労働や収入が低いなどの理由で、3年以内に離職する人が多いです。

    そんな美容師から他業種へ転職する方法は、次の通りです。

    1. おすすめの転職先を把握しておく
    2. 志望動機を考え面接対策しておく
    3. 生活費がなくならないように仕事しながら転職活動する
    4. スムーズに転職できる転職エージェントを利用する

    40代以上の他業種転職は難しいですが、20代~30代であれば、転職しやすいです。

    事務職、アパレル系、公務員、美容系のメーカーなど、さまざまな転職先が考えられます。

    他業種に転職する際は、資格を活かしたい、接客経験を活かしたいなど、志望動機をしっかりと考えておき、あわせて、面接対策しておきましょう。

    おすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」、「doda」、「マイナビエージェント」です。

    他業種について理解を深めて、自分に合った仕事を見つけましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県