プルデンシャル生命に転職すべき?評判と転職難易度について解説!

プルデンシャル生命への転職 一般転職

プルデンシャル生命保険株式会社は、アメリカの金融グループプルデンシャル・ファイナンスの日本法人です。

実力主義の会社として知られており、特に営業職の給与体系は完全歩合制になっており、実力によって収入に大きな差が出ます。

成果が出せれば収入が大幅にアップするため、転職を検討する人も多いです。

しかし、プルデンシャル生命へ転職しようと思っても、「うまくやっていけるのだろうか?」と不安になりますよね。

この記事では、プルデンシャル生命への転職を検討中の方のために、口コミをもとにしたプルデンシャル生命の評判や転職の難易度について解説します。

また、プルデンシャル生命の転職におすすめの転職エージェントも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.プルデンシャル生命ってどんな会社?

プルデンシャル生命は生命保険会社ですが、国内の生命保険会社とは異なる特徴があります。

まずは、プルデンシャル生命がどのような会社なのか解説していきます。

会社概要

プルデンシャル生命の会社の概要は以下の通りです。

社名 プルデンシャル生命保険株式会社
設立 1987年10月
事業内容 生命保険業及びそれに付随する業務
資本金 290億円
主たる役員

取締役会長 倉重光雄

代表取締役兼最高経営責任者 濱田元房

従業員数 1,232人(内勤)
所在地 東京都千代田区永田町2-13-10プルデンシャルタワー

(参考:プルデンシャル生命保険株式会社 会社概要

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    プルデンシャル生命の事業には、生命保険業と資産運用の2つがあります。

    プルデンシャル生命の保険の特徴は、顧客に合わせた保険を組み合わせるオーダーメイド型であるということです。

    プルデンシャル生命で取り扱っている保険の種類は以下の通りです。

    保険の種類 内容
    終身保険 一生涯の保障を確保するための保険
    養老保険 一定期間の保障を確保するもので、満期には満期保険金を受け取れる保険
    定期保険 一定期間の保障を確保し、期間内に死亡した場合は保険金を給付
    疾病・医療保険 病気やがんの治療費を保証する保険
    介護保険 将来の介護に備えるための保険
    就労不能障害保険 所定の原因で就労不能状態になった場合に備えるための保険
    外貨建保険 米ドルで保証する保険
    変額保険 資産運用の実績によって保険料が変わる保険
    個人年金保険 老後に備えるための保険

    プルデンシャル生命の企業理念

    プルデンシャル生命がどのような考え方を持った会社なのかを理解するために、企業理念について解説します。

    (出典:プルデンシャル生命保険株式会社 企業理念

    プルデンシャル生命は企業理念として、生命保険業を通して社会に貢献することで、生命保険会社の中で顧客から最も信頼される会社を目指すことを掲げています。

    顧客に焦点を当てた最高のサービスを提供し、そのためにスタッフの育成にも力を入れていくことも理念に組み込まれています。

    以上のことから、正しい生命保険のあり方を追及している会社であることがうかがえますね。

  • スポンサーリンク

  • 平均年収

    プルデンシャル生命の平均年収は、内勤とライフプランナー(営業)で大きく異なります。

    内勤社員の平均年収は475万円で、ライフプランナーの平均年収は1,280万(参考:プルデンシャル生命保険株式会社 プルデンシャル生命の現状2019)です。

    ライフプランナーの年収が高い理由は、給与体系が完全歩合制になっており、給与に上限が定められていないためです。

    実績が給与にそのまま反映されるため、営業力に自信のある方であれば、高い年収を期待できることがわかります。

    ここ最近の業績

    プルデンシャル生命の過去5年の業績について解説します。

    年度 経常利益
    2018年 1兆391億3,900万円
    2017年 1兆208億8,500万円
    2016年 9,105億5,900万円
    2015年 8,920億900万円
    2014年 8620億5,500万円

    (参考:プルデンシャル生命保険株式会社 プルデンシャル生命の現状2019

    2014年から2016年にかけて経常利益は減少したものの、2017年以降は業績を伸ばしており、上昇傾向にあります。

    2017年から18年にかけての伸びは大きく、2018年の経常利益は2014年の約2.8倍になっています。

    好調な業績であるため、今後のさらなる発展にも期待できるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 同業他社との比較

    国内の大手生命保険会社との比較は以下の通りです。

    保険会社 経常収益 社員数(内勤)

    プルデンシャル生命

    (参考:プルデンシャル生命保険株式会社 プルデンシャル生命の現状2019

    1兆391億3,900万円 1,232人

    日本生命

    (参考:日本生命保険相互会社 日本生命の現状2019年[統合報告書]

    8兆2,271億3,200万円 19,515人

    第一生命

    (参考:第一生命保険株式会社 第一生命アニュアルレポート2019年

    3兆7,395億9,400万円 11,019人

    明治安田生命

    (参考:明治安田生命保険相互会社 明治安田生命の現状2019年統合報告書

    3兆7,682億1,200万円 15,372人

    国内の大手生命保険会社と比較すると、プルデンシャル生命の規模は大きくはありません。

    しかし、社員数に対する経常収益は大きくなっており、社員一人当たりのパフォーマンスが高い会社であると言えます。

    2.プルデンシャル生命の評判は?

    プルデンシャル生命で実際に働いたことがある人たちの口コミをもとに、会社の評判について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 社風


    40代
    男性
    営業系

    サボって、負け癖がついて、他責になってしまった場合、悲惨な結果をまねきます。

    ただしその自己責任というリスクを理解して入社した人間はつよいですが。

    (参考:カイシャの評判


    40代
    男性
    営業系

    140年歴史あるプルデンシャルファイナンシャルの企業理念が根付いている。

    社員一人一人の意識も高く、優秀な人材が多い。

    (参考:カイシャの評判

    仕事の結果は全て自分で負わなければならない仕事であるといった口コミが見られました。

    優秀な社員が多く意識も高いため、やりがいを持って働ける職場であるという口コミも散見されました。

    その一方で、プルデンシャル生命のライフプランナーは完全歩合制となっており、結果についてはすべて自己責任ということを理解した上で入社しなければ、後悔してしまうかもしれません。

    待遇


    30代
    男性
    営業系

    最低固定給という概念がないため、成績が悪いと生活面で全て苦しくなる。

    経費も全て自分の収入から支払うため、最低でも月の運転資金を考えてそこから差し引いた金額が生活費という考えをしないと収入があっても派手に使ってしまい自分自身のCFを管理できない人間も多い。

    (参考:カイシャの評判


    20代
    女性
    企画・事務・管理系

    同業他社並みであると思う。

    フラットな組織のため、うまくいけば年収アップも期待できると思う。

    スタッフは低い。

    (参考:カイシャの評判

    ライフプランナーは仕事にかかる経費も自分で負担する必要があるため、自己管理が必要であるという口コミがみられます。

    他の職種に関しては同業他社並みといった口コミが見られ、営業職以外の待遇に関しては、生命保険会社の中では平均的な水準であることがうかがえます。

    労働環境


    30代
    男性
    営業系

    二年間はTAP期間という研修であり、会社には平日は毎日通うことになる。

    土日はお客様に会う機会が多いためTAP期間に関してはほとんど休みがなくプライベートはないと思わないといけない。

    (参考:カイシャの評判


    30代
    男性
    営業系

    残業手当など存在しない。

    全てはお客様の都合に合わせて活動するため例え深夜に商談があったとしても関係ない。

    (参考:カイシャの評判

    ライフプランナーの研修期間中は、休みを取るのが難しいという口コミが見られます。

    ライフプランナーは、研修期間終了後も顧客の都合に合わせて仕事をしなければならないという口コミがあり、不規則な勤務になりやすいということがうかがえます。

    福利厚生


    30代
    女性
    その他

    ベネフィットステーションが使える。英語学習費用補助があり、一定額まで、英会話スクール等の費用の半分を会社が支払ってくれる。

    (参考:カイシャの評判


    20代
    女性
    企画・事務・管理系

    福利厚生はしっかりしている。

    会社で健保組合はあるし、外資系にしては福利厚生制度はかなり充実している。

    (参考:カイシャの評判

    英会話スクール費用の補助や健保組合など、福利厚生制度は整っているということが口コミからうかがえますね。

    外資系企業の中には福利厚生が不十分な会社もありますが、プルデンシャル生命に関しては、その点は安心できる会社と言えます。

    3.プルデンシャル生命の転職難易度

    プルデンシャル生命の転職を検討しているものの、「採用試験は難しいのだろうか?」と気になりますよね。

    ここでは、プルデンシャル生命の転職の難易度について解説していきます。

    転職の難易度は高め

    プルデンシャル生命への転職難易度は、ほかの保険会社への転職と比べて高いと言われています。

    なぜなら、プルデンシャル生命はスカウトによる採用が多い企業だからです。

    保険業界ではスカウトによる採用が盛んに行われていますが、プルデンシャル生命はほかの保険会社以上にスカウト採用に力を入れています。

    優れた実績がなければスカウトの声が掛かることはないため、「転職難易度が高い」と感じる人が多いのです。

    しかし、スカウトがこなければ転職できないというわけではありません。

    プルデンシャル生命では、応募による採用も行なっているため、スカウトがこなかったとしても転職は可能です。

    応募の場合は、一般的な採用試験と同じように書類選考や筆記試験に合格する必要があります。

    CIP試験とは?

    CIP試験は求職者の適性を見極めるための面談形式の試験で、スカウト・応募を問わず必ず受ける必要があります。

    あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、CIPとはキャリア・インフォメーション・プログラムの略で、企業側と求職者側が互いに希望する条件を満たしているかどうかを確認するために行われます。

    会社の考え方や仕事の内容などについて一通り説明を行い、求職者にプルデンシャル生命がどのような会社なのかを正しく知ってもらうことが目的の1つです。

    一見すると会社説明会のようですが、CIPでは採用企業側も面談を通して求職者の適性を試しています。

    プルデンシャル生命のCIP試験の合格率は20%ほどと言われており、この試験もプルデンシャル生命への転職を難しくしている一因になっています。

    採用試験の流れ

    プルデンシャル生命に応募した場合、試験は基本的に以下のような流れで進みます。

    1. 書類選考
    2. 筆記試験
    3. 面接試験
    4. 内定

    ライフプランナーの採用試験では、試験前にCIPを受ける必要がありますが、生命保険の販売経験者や生命保険会社での勤務経験がある場合は、参加を断られることもあります。

    応募から内定までにかかる期間は、1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。

    募集職種

    プルデンシャル生命で募集している職種は、「ライフプランナー」「内勤」の大きく2種類に分類されます。

    それぞれの職種の募集状況について解説していきます。

    ライフプランナー

    ライフプランナーは、プルデンシャル生命の保険の販売を担当する営業職です。

    内勤の社員とは待遇に大きな違いがあり、業務に係る経費は全て自分で負担する必要があります。

    給与については、完全歩合制となっていますが、入社後2年間は会社から固定給が支払われます。

    入社期間が長くなるにつれて固定給は徐々に少なくなっていき、3年目以降は完全歩合制になります。

    完全歩合制になっているため、営業力のある方であれば大きな収入を得られる可能性のある職種です。

    営業支援・企画系職種

    営業ツールの見直しや評価、商品の企画などを担当する仕事です。

    営業支援・企画系職種では2019年10月現在、9種類の職種が募集されています。

    (出典:プルデンシャル生命保険会社 職種一覧

    「営業教育開発チーム」「商品企画チーム」などさまざまな部署の仕事が募集されており、仕事の内容も職種で全く異なるため、業務内容をしっかりと確認してから応募を検討しましょう。

    システム系職種

    社内システムの運用や管理、インフラ構築を担当する仕事です。

    2019年10月現在、募集中のシステム系職種は以下の通りです。

    (出典:プルデンシャル生命保険会社 職種一覧

    職種によってはセキュリティに関する業務経験など、専門性の高い条件を応募資格として定めているものもあります。

    そのため、自身の経歴を活かせる仕事かどうか、詳細を確認した上で応募を検討する必要があります。

    ファイナンシャル系職種

    経理業務や財務分析、資産運用管理などを担当する仕事で2019年10月現在、2種類のファイナンシャル系職種が募集されています。

    (出典:プルデンシャル生命保険会社 職種一覧

    ファイナンス部門各チームとなっているのは、ファイナンス部門が「経理」「財務分析」「運用管理」「資金管理」という4つのチームに分かれているためです。

    チームによって応募資格が異なりますので、自身のスキルを活かせるかどうか確認しておきましょう。

    生命保険契約管理系職種

    保険の申込受付や給付金の支払業務、引受の査定、カスタマーサービスなど、顧客向けのサービスを提供する仕事で、2019年10月現在、6種類の職種が募集されています。

    (出典:プルデンシャル生命保険会社 職種一覧

    内勤の職種の多くは東京での勤務になっていますが、「コールセンター業務」と「生命保険契約管理事務」は勤務地が宮城県になっていますので注意しましょう。

    業務・管理系職種

    法務業務や内部監査業務などの管理部門での仕事です。

    業務・管理系職種では2019年10月現在、14種類の職種が募集されています。

    (出典:プルデンシャル生命保険会社 職種一覧

    専門性の高い職種も多く、職種ごとに応募資格が異なりますので応募する前にしっかりと確認しておきましょう。

    4.プルデンシャル生命に転職するなら知っておきたいこと

    プルデンシャル生命への転職を検討する上で、知っておきたいことについて解説していきます。

    ①プルデンシャル生命に向いている人

    向上心を持ち続けることができ、営業力に自信のある方はプルデンシャル生命の仕事に向いています。

    プルデンシャル生命に限らず保険会社に営業職として入社した場合、入社して間もない時期は資格取得の勉強に多くの時間を割かなければなりません。

    また、ライフプランナーの給与は完全歩合制になっており、結果を出せなければ収入も少なくなってしまいます。

    常に結果を求められる仕事なので、向上心がなければプルデンシャル生命で働き続けるのは難しいでしょう。

    ②人間関係を壊してしまう恐れがある

    ライフプランナーとして働き始めると、それまでの人間関係を維持できなくなる可能性があります。

    プルデンシャル生命にライフプランナーとして入社すると、研修終盤に見込み客300人をリストアップして電話でアポを取りを行います。

    作成した営業リストをもとに、友達や家族・親戚、知人に営業を行うことがライフプランナーとしての最初の仕事です。

    しかし、こういった電話を快く思わない人たちが一定数いるため、そういった人たちとの人間関係を壊してしまう可能性があります。

    ライフプランナーとして働く場合は、そういった事態になることも覚悟しておきましょう。

    ③自分の強みを整理しておく

    転職活動を始める前に、まずは自分のこれまでのキャリアやスキルを整理して、自分の強みを把握しておきましょう。

    自分の強みを把握するためにはスキルの棚卸しを行う必要があり、以下のような手順で進めるのがおすすめです。

    1. これまで経験した業務を全て書き出す
    2. これまでの実績や評価を具体的に書き出す
    3. 実績が評価につながった理由を分析して書き加える

    こうすることで自分の強みを明確に把握することができ、応募書類や面接で何を自分の強みとして訴求すればよいのかが明確になります。

    ④転職エージェントを活用する

    プルデンシャル生命の転職には転職エージェントを活用しましょう。

    転職エージェントではあなたのスキルや希望合った求人を、キャリアアドバイザーが無料で紹介してくれます。

    転職サイトを利用する場合、応募手続きや面接日程の調整など、全て自分で行わなければなりません。

    また、転職先に関する情報の収集も自分で行う必要があります。

    転職エージェントではこれらを全てエージェント側で行なってくれるほか、企業との待遇交渉等も代行してくれますよ。

    5.プルデンシャル生命におすすめの転職エージェント

    転職エージェントは種類が多く、どのエージェントを利用すればよいのか迷ってしまいますよね。

    そこで、プルデンシャル生命への転職を検討中の方におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

    履歴書の作成に不安がある方は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントは、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削サービスを利用できるエージェントです。

    難易度が高いプルデンシャル生命の選考を通過するためには、応募書類でしっかり自己アピールすることが重要。

    「書類添削の質が高い」と評判のリクルートエージェントにアドバイスをしてもらえば、自分の強みを十分に伝えることができますよ。

    応募書類の作成に自信がない方は、ぜひリクルートエージェントを利用しましょう。

    面接対策を重視するなら「doda」

    dodaは面接対策が充実している転職エージェントです。

    プルデンシャル生命の採用試験では、通常の面接に加えCIP試験も実施されるため面接対策が必須です。

    dodaでは模擬面接を受けることができるため、本番に近いシチュエーションで面接の練習ができます。

    キャリアアドバイザーから、面接に関するアドバイスももらえるため、自信を持って面接に臨むことができます。

    スカウトを待ちたいなら「ビズリーチ 」

    ビズリーチは職務経歴書を登録することで、ヘッドハンターからスカウトをもらうことができる転職エージェントです。

    ビズリーチには無料プランと有料プランの2種類があります。

    無料プランはヘッドハンターから直接スカウトがあった案件の閲覧と返信、一部の求人へのみ応募可など、利用できるサービスに制限があるプランです。

    有料プランでは利用制限がなく、すべてのサービスを利用することができます。

    プルデンシャル生命からスカウトをもらえる可能性もあるため、スカウトで転職したい方におすすめの転職エージェントです。

    まとめ

    【プルデンシャル生命の転職ポイント】

    • プルデンシャル生命の転職難易度は高い
    • 募集中の職種はライフプランナーと内勤社員に分類される
    • ライフプランナーの給与は完全歩合制
    • プルデンシャル生命の転職にはエージェントを活用する

    プルデンシャル生命の評判や転職の難易度について解説しました。

    転職難易度が比較的高い会社のため、一人で転職活動を進めずにエージェントを利用すべきです。

    ご紹介した転職エージェントの特徴をまとめると以下の通りです。

    目的に合った適切な転職エージェントを活用して転職を有利に進めましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県