楽天で働きたい!転職先としてどうか?採用情報と口コミをチェック!

楽天への転職 一般転職

「楽天」はインターネットサービスを展開する日本のIT企業として、世界的に知名度の高い大企業です。

「楽天市場」でネットショッピングをした方もいるのではないでしょうか。

楽天は、グローバル化が非常に進んでおり、常に新しいチャレンジに邁進中で、中途採用にも積極的に力を入れています。

本記事では、楽天の企業情報や評判などを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1.転職先としてどうか?楽天の特徴まとめ

楽天についての詳しい情報をチェックする前に、まずは 基本的な特徴を紹介します

あわせて「どんな人に向いている企業なのか」お伝えするので、ぜひ参考にしてください。

楽天の特徴

おさえておきたい楽天の特徴は、以下の通りです。

  • 事業の中核となっている「楽天市場」は日本最大級のネットショッピングサイト
  • 世界70カ国・地域以上から多彩な経験や能力を持つ優秀な人材が集っている
  • 社内公用語を英語にするなど、グローバル化が進んでいる
  • 海外展開のための人材確保、育成にも熱心である
  • 意欲があればどんどんチャレンジさせてもらえる風通しの良い職場である
  • 月40時間までは「みなし残業」として、給与に組み込まれている
  • 残業時間数は部署による差がある
  • 中途採用募集の職種は細かく分かれている
  • 朝昼晩の食事を無料で食べられるカフェがある
  • 他部署とも交流があり、人間関係が良好
  • 繁忙期でなければ有給休暇は取得しやすい
  • スポンサーリンク

  • こんな人が楽天に向いている!臨まれる人物像

    楽天は、以下に当てはまる方へおすすめの企業です。

    • エンジニア等、専門職に就きたい方
    • 専門的なスキル(英語力・事務力・営業力・エンジニア経験など)を持っている方
    • 自分の活躍のフィールドを果てしなく広げようとする方
    • 新しいことへのチャレンジ精神を持ち、実現するために「自走できる」方
    • 海外で勤務したい方

    楽天へ転職する方法

    楽天へ転職する場合は、 転職活動を幅広くサポートしてくれる「転職エージェント」を利用することをおすすめします

    なぜ転職エージェントを使用することがおすすめなのか、以下の3点の理由があります。

    1. 転職エージェントごとに独自の求人情報を持っている可能性が高い
    2. 企業に特化した傾向と対策を講じてくれる
    3. 給与や待遇面などの交渉も代行してくれる

    詳しくは、「4.楽天へ転職するなら転職エージェントを使うのがおすすめ」で、楽天への転職に適している転職エージェントを3社紹介していますので是非ご覧ください。

  • スポンサーリンク

  • 2.楽天の企業情報

    楽天への転職を考えるにあたり、「楽天がどのような企業なのか」気になりますよね。

    この章では、 楽天の詳しい企業情報をチェックしていきます

    2018年12月31日時点の楽天の会社概要は、以下の通りです。

    社名 楽天株式会社
    本社所在地 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
    代表者 代表取締役会長兼社長最高執行役員 三木谷浩史
    設立 1997年2月
    資本金 2,059億円(2018年12月31日時点)
    売上 1兆1,014億円(2018年12月31日時点)
    従業員 17,214名(2018年12月31日時点)
    事業内容 インターネットサービス、インターネット金融など

    知名度は国内最高レベル

    インターネットショッピングサイト「楽天市場」は、Amazon、Yahooショッピングと並びよく知られていますよね。

     楽天は、企業スポンサーとして「東北楽天ゴールデンイーグルス」「FCバルセロナ」といったスポーツなどへの出資も数多くしていることで、目に留まる機会も多い企業です。

    また楽天のトップである、代表取締役会長兼社長最高執行役員の三木谷浩史氏は、メディアへの露出も多いことから、世間の認識度も高いです。

    こういったことから、企業としての知名度は国内最高レベルと言っても過言ではないでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 企業理念

    楽天では企業理念として、以下のことを掲げています。

    「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことをミッションとしています。

    これは、技術革新を最先端で駆使することで、ユーザーや取引先企業へ満足度の高いサービスを提供し続ける」といった企業理念です。

    時代の流れの変革を、常に一歩先で企画・開発し、それをユーザーや取引先企業へと還元し、企業価値・株価価値の最大化を図っています。

    事業内容

    楽天の大まかな事業内容は以下の3つです。

    1. インターネットサービス
    2. 金融サービス
    3. その他

    インターネットサービス

    市場事業、トラベル事業、国内インターネットサービス、海外事業等(楽天市場・楽天kodo・楽天ブックス・楽天オークションなど)

    金融サービス

    クレジットカード事業、銀行事業、証券事業、保険事業、信託事業、電子マネー事業等(楽天カード・楽天銀行・楽天証券・楽天Edy・楽天生命保険・楽天損害保険・楽天信託・楽天投信投資顧問など)

    その他

    通信事業、プロスポーツ事業、MVNO、エネルギー事業等(楽天コミュニケーションズ、楽天ブロードバンド、東北楽天ゴールデンイーグルス、オーネットなど)

     

  • スポンサーリンク

  • 近年の売上高と営業利益

    以下の表は、2013~2018年の楽天の売上高と営業利益をわかりやすくグラフにしたものです。

    データ参照:「みんなの株式」

    売上高(単位:百万円) 営業利益(単位:百万円)
    2013 189,041 72,135
    2004 235,443 85,974
    2015 268,214 78,787
    2016 305,437 47,087
    2017 305,437 47,087
    2018 305,437 47,087

    2013年~2015年までは上昇傾向にありましたが、2016年以降の3年間は、売上高・営業利益ともに横ばいが続いています。

    グローバル化が進んでいる職場環境

    楽天には、世界70カ国以上から人材が集まっており、2010年より社内公用語が英語となりました。

    世界標準に目を向け、全社員が世界に適用できる人材になることを目標としています。

    また、社内公用語が英語となったことで、世界中から優秀な人材が集まってくるため、企業全体の文化が広がりを見せています。

    TOEICについても「スコアが800点以上が必須」という情報を見かけますが、楽天公式ページ「新卒採用」のFAQを見る限りでは、入社前に800点以上のスコアが必須という訳ではなさそうです。

    入社してからは750~800点のスコアは必要になるので、業務と勉学の両方に励まなくてはなりません。

    楽天の社風について口コミ

    楽天の気になる口コミ・評判については、以下の声があがっています。


    事務/女性

    学校のような雰囲気で、20-30代にとってはプライベートも会社の人と過ごす人も多い会社だった。なので、プライベートとバランスの調整がしやすいというより、プライベートで一緒という感じ。


    開発/女性

    良かったこととして、カフェエリアは無料で利用でき、優良ですが、マッサージなども受けられました。カフェテリアのメニューは充実しており、おいしかったです。


    エンジニア/男性

    入社後、仕事を覚えるまで、しっかりとサポートしてもらえ、安心して取り組むことができる。また、自分が希望すれば、どんどん新しい仕事等にチャレンジさせてもらえる。


    営業/女性

    和気藹々としていて、若い人も多く、外国人の方もたくさんいるので、グローバルな環境かと思います。グローバルな会社とうたってますが、実際にはあまり使われておらず、外国の方が日本語を覚えて日常会話している状況。


    営業/女性

    営業は、数字を作れば評価されるし、ボーナスやインセンティブにも反映されます。部署によっては若くても評価さえされれば、30歳でも部長になれます。自分を試したいとか、自信がある人には良い会社だと思います。


    編成/女性

    プライベートとのバランスは取りやすいと思います。私は子供がいて、定時退社がメインでしたが、17時30分にエレベーターが帰宅する社員でいっぱいだったこともあります。仕事が終わってなくても、サクッと帰ったりするので、早く帰って悪目立ちする、といったことはありません。

    ワークバランスは比較的整えやすく、社内公用語を英語としていると言われていますが、実際にはあまり英語を使う機会はなさそうですね。

    グローバル化についても、押し付けるような風習はないようです。

    総じて働きやすい印象を受けます。

    3.楽天の採用情報

    楽天への転職を検討しているのであれば、職種や中途採用の募集内容もしっかりチェックしておきましょう。

    先ずは楽天の職種がどのような形態になっているかを解説していきます。

    職種は4部類から構成されている

    楽天の公式ページ「採用情報」によると、職種は大きく分けて4部類になっています。

    • ビジネス
    • プロダクト開発/エンジニア
    • クリエイティブ
    • コーポレート

    大分類は4つですが、それぞれからさらに細かく分類されています。

    わかりやすく一覧表にまとめてみました。

    大分類 職種 仕事内容
    ビジネス 戦略・経営企画 経営戦略、経営企画、事業戦略、事業統括、事業企画、管理会計など
    新規事業企画・サービス企画 新規事業企画、サービスプロデューサー、サービスプランナーなど
    営業・コンサルタント 広告営業、メディア営業、新規開拓営業、ECコンサルタント、トラベルコンサルタントなど
    マーケティング・PR プランナー、リサーチャー、ブランディング、広告運用など
    データサイエンティスト・データアナリスト ビジネスアナリシス、データ分析、データ解析など
    金融専門職 投資運用、ローン審査、融資審査、財務分析、M&A、アクチュアリー、新契約査定など
    物流・SCM・その他 物流企画、物流管理、在庫管理、商品管理、SCMなど
    カスタマーサポート・運用管理 カスタマーサポート、オペレーション企画・運用管理、広告審査、広告運用管理、ドメイン管理など

    プロダクト開発/エンジニア

    テクノロジーディビジョンのエンジニア職 グループ全体の組織力を高めるためのサービスやソリューションを提供
    カンパニーのエンジニア職 所属するカンパニーの事業の開発を担当

    クリエイティブ

    プロダクトマネージャー/プロデューサー プロダクトマネージャー、プロデューサー(Web/アプリ/映像)など
    プロジェクトマネージャー/ディレクター ディレクター(Web/アプリ/映像)、プロジェクトマネージャーなど
    UX UXデザイナー、UXリサーチャー、ディレクター(Web/アプリ/映像)など
    デザイナー UIデザイナー、アートディレクター、Webデザイナーなど
    フロントエンドエンジニア フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア、Webデザイナーなど

    コーポレート

    人事・総務・コーポレートコミュニケーション 人事、総務、広報など
    法務・知的財産・内部監査 法務、知的財産、内部監査、コーポレートガバナンス、渉外など
    財務・経理 財務、経理、IR、会計、税務、投資戦略など

    中途採用募集内容

    楽天の中途採用「キャリア採用」は、2019年6月現在の時点で682件もあります。

    職種の種類は幅広くあり、以下のような募集がされています。(一部抜粋)

    • エンジニア
    • データアナリスト
    • コンサルタント
    • コンサルティング営業職
    • カスタマーサポート
    • Webディレクター
    • プロジェクトマネージャー
    • マーケティングリーダー
    • データサイエンティスト
    • アプリケーションエンジニア
    • オペレーションスペシャリスト
    • 人事・総務
    • 企画提案営業
    • 法人営業
    • IT/情報セキュリティ内部監査
    • 衛星通信技術者…他多数

    楽天の平均年収は707万円

    四季報オンライン」によると、楽天の従業員の平均年収は707万円です。

    日本の平均年収432万円と比較するとかなり高い年収で、上場企業のサービス業(全398社)の平均年収ランキングで41位にランクインしています。

    何故、楽天の平均年収がここまで高いかというと、「成果主義」を採用しているからです。

    「成果主義」とは、成果を上げれば上げるほど年収が上がっていくことを言います。

    実力次第では、30代で年収1000万円を超えるケースもあるので、やりがいは十分あるでしょう。

    楽天の年収について、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    ▼あわせて読みたい▼

    4.楽天へ転職するなら転職エージェントを使うのがおすすめ

    楽天への転職を検討中であれば「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    転職エージェントとは、求職者のために無料で就職活動をサポートしてくれるサイトのことです。

    転職について熟知したキャリアアドバイザーが在籍しているので、一人で転職活動を進めるよりも成功率をアップさせることができます。

    この章では、楽天への転職に強い、おすすめの転職エージェント3社を紹介していきます。

    下記は、おすすめの転職エージェント3社が出している楽天の「公開求人数」と「非公開求人数」(2019年6月時点)をまとめた表です。

      公開求人数 非公開求人数
    リクルートエージェント 1,730件 非公表
    パソナキャリア 160件 非公表
    doda 648件 非公表

    それでは順に詳しく見ていきましょう。

    キャリアアップを考えているなら「リクルートエージェント」

    <リクルートエージェントの特徴・強み>

    • 非公開求人数は約80%で20万件以上ある
    • 実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍
    • 全国16拠点で土日の転職相談も可能

    リクルートエージェント」は、非公開求人の数が全体の約80%を占めています。

    企業側が 非公開求人を多くしている理由としては、即戦力となり得る優秀な人材だけを求めたいからということが挙げられます。

    リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、求職者の希望条件に添った求人を提案してくれることに定評があります。

    スキルに見合った求人情報を厳選して紹介してくれるので、転職活動がスムーズに運びますね。

    また現職が多忙で、相談する時間が取れない方には、全国16拠点で土日の転職相談を行っており、平日に時間が取れない方には有難いことです。

    客観的で的確なアドバイスをくれる「パソナキャリア」

    <パソナキャリアの特徴・強み>

    • 16,000社以上の取引実績あり
    • 業界・職種を熟知した専任アドバイザーが在籍している
    • 分業制による充実したサポート体制

    パソナキャリア」は、幅広い業界・職種の求人を保有する、業界トップクラスの転職エージェントです。

    幅広い年齢層の求人がありますが、特に20~30代向けの求人が充実しています。

    パソナキャリアには、求職者専任の「コンサルタント」と、求人企業の細かな情報をコンサルタントに伝える「リクルーティングアドバイザー」がいます。

    コンサルタントのサポートは実に手厚く、面接の傾向と対策、書類作成のアドバイスをわかりやすく指導してくれます。

    また、求職者25万人分もの転職情報から分析した企業の情報や、面接の質問例を参考に、企業ニーズに合う書類添削と面接対策をしてくれるので心強いですね。

    万が一面接で不採用になった場合、コンサルタントが人事担当者に理由を聞いてくれるので、次回の面接に向けて問題点を改善していくことができます。

    転職を全力で手助けしてくれるので「サポートが充実していて転職しやすい!」という高評価です。

    初めての転職をフルサポート「doda」

    <dodaの特徴・強み>

    • 初めての転職をフルサポート
    • 応募書類の添削・面接のアドバイスをしてくれる
    • 面倒な手続きの代行・条件面の交渉を代行してくれる

    doda」では、「履歴書や職務経歴書を書いたがこれでいいのだろうか」という疑問に対しての添削指導をしてくれます。

    また「面接で緊張し過ぎて失敗したらどうしよう」「意気込みがあっても、面接でうまく伝えられなかったら」という不安にも寄り添ってくれます。

    dodaのキャリアアドバイザーはサポート力に定評があり、丁寧な面接指導を行ってくれます。

    具体的かつ実践的なアドバイスを受けられれば、実際の面接時に失敗することが少なくなるでしょう。

    さらに、応募書類の手続き代行や、収入面、勤務開始日についての交渉も代行してくれるので、現職に就いたままでも転職活動がスムーズに進みます。

    dodaは、初めての転職の後押しをフルサポートして欲しい方におすすめです。

    5.転職に成功するための転職エージェントの活用ポイント3つ

    無料で利用できる転職エージェントを100%活用して、転職成功への道を歩みましょう。

    ここでは 転職エージェントを活用させる3つのポイントについて解説していきます。

    それでは順に見ていきましょう。

    登録は3~4社の複数にする

    転職サイトには1社だけへの登録だけではなく、3~4社への登録をおすすめします。

    複数の転職サイトに登録することで、求人情報をより多く得ることができ、比較検討もできるからです。

    また、転職エージェントによって保有している求人内容が異なる場合があります。

    非公開求人がある転職サイトでは、独自の好条件求人を保有していることが多いので、3つ以上のサイトには登録をしましょう。

    逆に登録を多くし過ぎると、情報の収集が困難になり、整理がつかなくなる可能性があるので注意してください。

    条件交渉はキャリアアドバイザーに任せる

    個人で面接を受けたとき、緊張などで希望する条件をうまく伝えることができない場合があります。

    そんなときは、条件交渉のプロであるキャリアアドバイザーに代行してもらいましょう。

    こまめにキャリアアドバイザーと電話やメールで連絡を取り、自分の希望条件を細かく伝えておくことは必須です

    同時に気を付けることは、自分の経歴やスキルなどについて、嘘偽りない情報を伝えることです。

    自分とキャリアアドバイザーとの間に、信頼関係が生まれると良いですね。

    合わない担当者は替えてもらう

    転職のカギを握るのは、転職サイトではなく、キャリアアドバイザーと言っても過言ではありません。

    「担当者と合わない」と感じる場合は、絶対に遠慮せず担当を替えてもらいましょう。

    せっかく思い切った転職に踏み切っても、合わない担当者では成功の着地点が遠のいてしまう恐れも出てきます。

    転職エージェントを利用する際は、以下の点に着目して「担当者が自分に合っているか」見極めてください。

    • 転職や仕事に関する悩みを親身に聞いてくれるか
    • 転職の最終目標を共有できているか
    • スキルや実績をしっかりと理解してくれているか
    • 業界や職種に関する知識を持っているか
    • 希望とかけ離れた求人を提案してこないか

    まとめ

    楽天はグローバル化が進み、会社全体が前進をし続ける企業です。

    楽天では徹底した成果主義を重んずる企業なので、やる気と能力を高く評価してくれるので、チャレンジ精神に富んだ人が向いているでしょう。

    また、 楽天へ転職する際には「転職エージェント」を利用することをおすすめします

    転職決定数No1の「リクルートエージェント」、客観的で的確なアドバイスをくれる「パソナキャリア」、初めての転職をサポートしてくれる「doda」の3社であれば、楽天へのスピーディーでスムーズな転職活動が進みます。

    転職エージェントの上手な活用で、ぜひ転職を成功させましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事