出版社の転職事情まとめ!未経験からの転職や人気の仕事まで徹底解説

グラフィックデザイナー 転職 一般転職

小説や漫画などの本が好きで、出版社に入りたくても、どう転職すればよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

出版不況と言われている昨今でも、未経験から出版社への転職は可能です。

転職活動前に、出版社の転職事情やそこでの仕事内容について理解を深めて、転職を成功させましょう。

転職エージェントを利用すれば、さらに効率よく就職先を決められます。

この記事では、こうした出版社への転職前に知っておきたいポイントを紹介します。

スポンサーリンク

1.出版社の転職事情

出版社の仕事は、「忙しい」「残業が多そう」というイメージがあるかもしれません。

さらに昨今では、出版不況の時代と言われることもあり、紙媒体の売れ行きもよくありません。

とはいえ、出版社の仕事は、やりがいが大きく、年収が高めで、人気があります。

ここでは、出版社の転職事情を紹介します。

将来性はあると言えない

未経験から出版社へ転職したい人は、 出版業界全体の景気がよいわけではないと覚えておきましょう。

90年代まで紙媒体の売り上げは好調でしたが、現在は落ち込んでいる状態です。

特に、文芸書や雑誌の売り上げは、よくありません。

その理由は、インターネットが進化・普及し、活字離れしたからと言われています。

今後は、電子媒体やWebでの収益に移行しなければならない状態です。

  • スポンサーリンク

  • 転職難易度は会社の規模による

    未経験から、大手出版社や有名出版社に入ることは、非常に難しいです。

    大手出版社や有名出版社は、新卒で採用することが多いからです。

    経験者であれば、ヘッドハンティングされることもありますが、未経験者の転職は、ほとんど不可能だと認識しておきましょう。

    また、大手だけではなく、中小企業への転職も、簡単ではありません。

    中小企業は、新人を教育する余裕がないため、即戦力を求めています。

    そのため、未経験よりも、経験者を採用する傾向にあります。

    出版社へ未経験から転職を目指す人は、編集プロダクションで経験を積んでから、経験者として転職することをおすすめします。

    平均年収は約600万円

    出版社の平均年収は、会社の規模や扱っている出版物によって異なります。

    さまざまな出版物を扱っている大手出版社であれば、平均年収は1,000万円を超えます。

    講談社、集英社、小学館は、1,300万円以上とも言われています。

    KADOKAWAのような有名出版社でも、平均年収600万円程度のときもありますが、基本的には高いです。

    中小の出版社は、平均年収600万円と言われています。

    小規模の出版社であっても、医学系を扱っている場合は、専門的な知識が必要なため、平均年収1,000万円以上のケースもあります。

  • スポンサーリンク

  • 残業時間が多くブラック業界と言われることも

    出版社での仕事は、残業時間が長く、ハードワークとして知られています。

    出版社によっては、月50~70時間残業することもあります。

    仕事内容によっては、締め切り前に、徹夜することも、休日出勤することも珍しくないでしょう。

    出版社で働いている人の口コミ

    今出版社に勤めている人の口コミを紹介します。

    以下は宝島社(ムック付きファッション雑誌で有名)の社員の口コミです。

    出版の世界は校了と呼ばれる締切があります。そのため、宝島社に限らず、校了直前は⾮常に忙しくなること が多いです。なぜ前もってコントロールできないかといいますと、定期刊⾏誌ですと毎⽉のように校了がやっ てくるため余裕がなかなか持てないためです。そのうえ、宝島社の場合は社内事情で、急遽出版物をつくらな ければならなくなることがときどきあり、そうするとスケジュールが厳しくなってしまうのです。

    引用:「openwork

    このように、一般企業の仕事よりも、ハードな面は多いです。一方、やりがいを感じている出版社社員も少なくありません。

    若いうちから扱う⾦額は⼤きいし社会に与えるインパクトを感じながら働くことはできる。最近は⽂部科学省 の事業を受託しており他社に対する競争⼒を⽣かしている部分もある。

    引用:「openwork

    激務の分、大きなやりがいを得られるのが、出版社の仕事です。

  • スポンサーリンク

  • 出版社で人気の仕事とその理由

    出版社の仕事は、編集だけではありません。

    営業や校正、デザインの業務もあります。

    これらの仕事内容と人気の理由について紹介します。

    編集者

    編集者は、出版物の企画から販売まで、幅広い業務を担う仕事です。

    会社によって多少違いますが、企画を立て、予算を配分し、取材や記事編集を行います。

    最後に印刷物をチェックするまでが、編集者の仕事です。

    この仕事の人気の理由は、 自分の手掛けた作品が多くの読者に読まれ、なにかしら影響を与えることでしょう。

    書物を完成するまでのプロセスに楽しみを感じている人も少なくありません。

    求人例

    編集者の求人は、以下のように未経験OKもあります。

    求人数は少ないので、見つけたら早めに検討しましょう。

    編集者 doda 編集者 doda

    (参考:doda/2019年7月時点

  • スポンサーリンク

  • 営業

    出版社には、営業の仕事もあります。

    営業先は、書店や出版取次企業です。

    こうした営業先に自社商品を売り込み、出版物の営業を行うだけではなく、イベントを企画するときもあります。

    また、雑誌に載せる広告の出稿費のために、クライアントを見つける広告営業の仕事もあります。

    営業は、売り上げに直接かかわる仕事であり、そこにやりがいを感じられます。

    求人例

    営業の未経験求人は、他の職種より多いです。

    そもそも、営業職はどの業界でも未経験から転職しやすいからです。

    出版営業 doda 出版営業 doda

    (参考:doda/2019年7月時点

    営業職といっても様々な仕事があるので、どれが自分に合うかわからない場合は「5.出版社に入社するための転職エージェント」で紹介する転職エージェントに相談してみて下さいね。

    校正・校閲

    誤字や脱字をチェックし、正しい日本語に直す校正・校閲も、出版社の仕事です。

    会社の規模によっては、社内の人間ではなく、フリーランスに任せることもあります。

    校正・校閲の仕事は、コツコツとした作業に取り組める人におすすめです。

    求人例

    「未経験OK」の校正・校閲の求人は少ないです。

    校正 リクナビNEXT

    (参考:リクナビNEXT/2019年7月時点

    校正や校閲の仕事を行う場合、その出版物への専門知識が求められるからです。

    そのため、経験者の採用が多くなっています。

    もし「未経験OK」の正社員求人が見つからない場合は、以下のような 派遣の仕事で経験を積むという方法もあります。校正 リクナりNEXT

    (参考:リクナビNEXT/2019年7月時点

    派遣の仕事ならば、正社員に比べて未経験可の校正・校閲の仕事が見つかりやすいですよ。

    正社員になりたい人にとっては遠回りになってしまいますが、どうしても見つからない場合は派遣として働くことも検討してみて下さい。

    デザイン

    出版物をデザインする仕事も、人気です。

    紙媒体に特化したグラフィックデザイナーは専門性が高く、実力がなければできません。

    写真の配置、配色、フォントなどを決め、読者に読みやすいデザインを作り上げていきます。

    ブックデザイナーとして働く場合、表紙や帯など、本の外観のデザインを手がけます。

    広告業界のデザイナーとは違った特殊なデザイン業務に、面白味を感じられるでしょう。

    求人例

    デザイナーの未経験OKの求人は、ほぼ0です。

    学歴不問など条件が緩いものはありますが、それでも「デザイナーとしての経験」「イラストを描いた経験(年数不問)」「Illustrator、Photoshopの使用経験」などが必須条件となっています。

    まるっきりデザインの仕事をしたことがない未経験者だと、そもそも仕事にならないので転職は難しいでしょう。

    経験者に対しての求人であれば、以下のようなものがあります。

    出版社デザイナー doda

    (参考:doda/2019年7月時点

    経験者の求人も少ないので、希望条件にあう求人が見つからない場合は「5.出版社に入社するための転職エージェント」で紹介する転職エージェントに相談してみて下さいね。

    .未経験の出版社転職は難易度が高い

    出版社勤務の経験のない人は、出版社への転職は、難しいと思っているのではないでしょうか。

    若手であれば可能ですが、ある程度歳を重ねてしまうと、ほとんど不可能といっても過言ではありません。

    しかし「未経験でもどうしても出版社で働いてみたい」と悩んでいる人もいると思います。

    未経験の人は、出版社ではなく、編集プロダクションに入社して、経験を積みましょう。

    第二新卒・20代までなら可能

    基本的には、未経験から出版社の編集職に転職することは難しいです。

    しかしながら、第二新卒・20代であれば、若手でポテンシャルもあり、入社しやすいでしょう。

    また、編集者として未経験であっても、営業職のスキルなどは活かせますので、アピールしてみてください。

    未経験から編集者を目指すなら編集プロダクションに入る

    未経験から編集者を目指すのが難しい場合は、編集プロダクションに転職して経験を積むという方法があります。

    • 出版社:出版業務全体を行う(企画、制作・編集、販売)
    • 編集プロダクション:出版社の代わりに編集のみを行う

    編集プロダクションは、出版社よりも、未経験から転職しやすいです。

    例えば、以下のような求人があります。

    編集者未経験求人 求人ボックス 編集者未経験 求人ボックス

    (参考:求人ボックス/2019年7月時点

    編集プロダクションは、出版社から依頼されて編集業務をする会社のため、知識やスキルを磨けます。

    取引先の出版社の社風や仕事内容なども、深く知ることができるでしょう。

    未経験の人は、まずは編集プロダクションで実力をつけてから、出版社への入社を目指してみませんか。

    .出版社への転職難易度を下げる方法

    出版社へ転職しやすくするためには、資格を取り、Webスキルを磨くことをおすすめします。

    出版が電子上に移行しているからこそ、Webに関する知識やスキルは、アピールポイントになるからです。

    また、転職エージェントを利用すれば、スムーズに転職できる可能性が高まります。

    こうした出版社への転職難易度を下げる方法を紹介します。

    資格を取得する

    未経験から出版社に入りたい人は、「Google広告認定資格」を取得しましょう。

    この資格は、高度なオンライン広告の知識を持っている人に与えられるものです。

    出版は電子上へ移行しているため、Webに関するスキルのない人は、「Google広告認定資格」を取得したほうが転職しやすいです。

    今までの経験を活かす

    出版社への転職難易度を下げるためには、今までの経験を活かすことも重要です。

    特に、Webマーケティングのスキルを持っていれば、歓迎される可能性があります。

    Webのスキルがなくても、ライターをしていた人は編集者になりやすく、編集者をしていた人は校正に転職しやすいです。

    なぜなら、出版社での仕事をよく理解しているからです。

    転職エージェントを使う

    転職エージェントを利用することで、出版社への転職を有利に進めることが可能です。

    転職エージェントは、無料で求人を紹介してくれたり、面接対策や条件交渉などもしてくれるサービスです。

    また、転職エージェントには、転職に関するプロのアドバイザーが在籍しており、適格なアドバイスをもらえます。

    未経験であれば、疑問に思うことや戸惑うことも多いため、アドバイザーに悩みを相談して、転職の成功を近づけましょう。

    出版社に入社するための転職エージェント

    転職エージェントは、転職の心強い味方です。

    さまざま会社がそれぞれ特徴をもった転職エージェントサービスを展開しています。

    自分に合った転職エージェントを見つけられれば、転職を成功させられるでしょう。

    ここでは、出版社に入社するための転職エージェントを紹介します。

    たくさんの求人から選びたい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    業界最大級の求人数を誇る「リクルートエージェント」を利用すれば、さまざまな求人情報から、自分に合った会社を見つけられます。

    非公開求人も多く、高待遇の求人に出会える可能性もあります。

    また、業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートも魅力です。

    転職活動に手間をかけたくない人は「doda」

    doda

    アドバイザーの質が高く、未経験歓迎求人も多い転職エージェントは「doda」です。

    入社前に面接対策などをしてくれ、転職活動に手間をかけたくない人におすすめです。

    未経験を歓迎している求人の数も多く、自分に合った職場に出会えるでしょう。

    キャリアアップしたい人は「ビズリーチ」

    ビズリーチ

    ハイクラス求人を多数取り揃えている「ビズリーチ」を利用すれば、キャリアアップも夢ではありません。

    スカウト機能を利用すれば、会社からスカウトしてくれるため、自分で求人を探す手間を省けます。

    30代以上であれば、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

    まとめ

    未経験から出版社へ転職することは不可能ではありませんが、ハードルは高いです。

    しかも出版社は、将来性のある業界とは言えず、仕事はとても忙しいです。

    しかし、年収が高めで、忙しい分、大きなやりがいを得られることでしょう。

    また、編集、営業、校正、デザインといった職種もあり、自分に合った仕事を見つけられます。

    そんな出版社へ転職しやすくする方法は、以下の通りです。

    1. 未経験から編集者を目指すなら編集プロダクションに入る
    2. 資格取得する
    3. これまでの経験を活かす
    4. 転職エージェントを利用する

    出版社への転職を有利に進めるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    中でも、リクルートエージェント」「doda」「ビズリーチ」は、とても便利です。

    ひとりで悩むことなく、プロのアドバイザーに相談して、転職を成功させましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県