日揮の平均年収は956万円!職種別や業界ランキングを徹底解説!

日揮の平均年収 平均年収

エンジニアリングや建設業界で有名な日揮の年収は、956万円(平均年齢43.6歳)です。

しかし、日揮の平均年収は年齢や役職などによって異なります。

「職種別の年収を知りたい」「他企業とどのくらい年収に差があるのだろう」と疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで、本記事では職種や業界別の平均年収などを徹底解説。

この記事を読むと、日揮の年収や働きやすさなどの実情がわかりますよ。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値と日揮の平均年収との比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.日揮の平均年収は956万円

日揮(正式名:日揮ホールディングス株式会社)は、プラント・施設の設計・調達・建設など、幅広い事業を行っている会社です。

有価証券報告書によると、日揮の平均年収は956万円(平均年齢43.6歳)

ここでは、日揮の平均年収について、以下の項目に分けて解説します。

では、それぞれみていきましょう。

年収の推移

日揮の過去5年の平均年収は、962万円(平均年齢43.5歳)です。

日揮の平均年収推移
年度 平均年収 平均年齢
2015年 989万円 43.3歳
2016年 970万円 43.3歳
2017年 1,000万円 43.6歳
2018年 894万円 43.7歳 
2019年 956万円 43.6歳

(参考:有価証券報告書

日揮のメイン事業は石油精製。

したがって、日揮の業績は、世界経済や石油価格に大きな影響を受けます。

近年は850万円以上の平均年収を保っていますが、今後もプラントマーケットの動向や、海外での売上によって、年収が変動する可能性があります。

  • スポンサーリンク

  • 職種別年収

    日揮の職種別の平均年収は、以下の通りです。

    表に記載している金額は、口コミ情報などをもとに算出した、50代前半の推定年収です。

    職種 平均年収
    総合職 1,275万〜1,375万円
    一般職 860万〜960万円
    専門職(技術系) 880万〜980万円

    総合職の社員は、管理職や幹部候補になる場合が多く、企業の中核として働くため、給与も高めです。

    一般職は、大卒の中でも、文系の採用者が比較的多いため、専門職より若干年収は低い傾向にあります。

    また、専門職は高専卒の人もいるので、専門職全体としての平均年収は低めです。

    ただし、専門職の中でも、博士課程まで終了している社員は、部署での重要ポストを任されるケースもあり、平均以上の給与が見込めます。

    年代別年収

    日揮の年代別の平均年収は、以下の通りです。

    表に記載している金額は、口コミなどの情報を元に算出した推定金額です。

    年代 平均年収
    20代 475万〜765万円
    30代 870万〜900万円
    40代 1,020万〜1,115万円
    50代 1,115万〜1,180万円
    60代 880万〜930万円

    日揮の給与は、年功序列の傾向が強いので、勤続年数に従って年収が高くなります。

    したがって、若手社員が大抜擢され、収入がいきなりアップするというケースはないようです。

    技術系専門職ならば、40代からは海外勤務や役職に就く人も増えます。

    海外に赴任する社員には、海外手当や役職手当がつくため、年収も1,000万円を超えることが、珍しくありません。

    海外勤務になると、30代後半でも手当を含めると、950万円以上の給与となり、一般企業と比較にならないほどの高給が見込めます。

  • スポンサーリンク

  • 役職別年収

    日揮の役職別の平均年収は、以下の通り。

    金額は、口コミなどから算出した推定年収です。

    役職名 平均年収
    主任 800万〜950万円
    係長 1,080万〜1,095万円
    課長 1,095万〜1,430万円
    部長 1,580万〜1,845万円

    日揮は、若手も自由に意見を述べられる職場環境です。

    しかし、昇進は学歴が高く、勤続年数の長い社員の方が出世しやすいといわれています。

    ボーナスについて

    ここでは、日揮のボーナスについて年齢別・役所別に解説していきます。

    では、それぞれみていきましょう。

    年齢別のボーナス

    日揮の年齢別のボーナスは、以下の通り。

    数値は、口コミなどの情報を元に算出した、推定金額です。

    年代 ボーナス金額
    20代 50万〜175万円
    30代 200万〜210万円
    40代 235万〜260万円
    50代 265万〜270万円
    60代 175万〜195万円

    日揮のボーナス平均額は、推定すると約185万〜220万円前後。

    ちなみに、ボーナスの支給は、年に2回(7月と12月)行われます。

    日揮は年功序列の傾向が強いため、年齢の高い社員の方がボーナスが高めです。

    役職別のボーナス

    日揮の役職別のボーナスは、以下の通り。

    数値は、口コミなどの情報を元に算出した、推定金額です。 

    役職 ボーナス金額
    主任 210万〜250万円
    係長 280万〜285万円
    課長 290万〜380万円
    部長 360万〜420万円

    日揮の役職別のボーナス平均は、約285万〜330万円

    さすが大企業の日揮だけあり、役職に就いた社員のボーナスは200万円台を超えます。

    役職が上がると、職責が重くなるのでボーナスの金額も高くなるようです。

  • スポンサーリンク

  • 関連会社の年収

    ここでは、日揮の関連会社を3社ピックアップし、各社の平均年収について解説します。

    では、それぞれみていきましょう。

    日揮触媒化成:525万円

    日揮触媒化成の平均年収は、525万円(平均年齢33.3歳)です。
    (引用:カイシャの評判

    日揮触媒化成は、石油精製・石油化学・環境保全などに関係する触媒の製造や販売をする会社。

    近年では、液晶や半導体の材料の事業も展開しています。

    企業相手の事業を推進しているため、安定した高い給与の見込める企業です。

    日本エヌ・ユー・エス:500万円

    日本エヌ・ユー・エスの平均年収は、500万円(平均年齢37.5歳)です。
    (引用:カイシャの評判

    日本エヌ・ユー・エスは、エネルギー・原子力・環境に関わる、システムや技術のコンサルティングを行っている会社。

    資源を賢く安全に活用するために、海外のネットワークや高い専門性をもった知識・技術を生かし、新しい「知」の創造をサポートしています。

    給料は業界内で平均程度ですが、安定感があり、ボーナスもしっかり出ます。

    日揮ユニバーサル:479万円

    日揮ユニバーサルの平均年収は、479万円(平均年齢27.6歳)です。
    (引用:カイシャの評判

    日揮ユニバーサルは、日揮とアメリカの石油会社(UOP社)との合弁会社。

    石油精製装置に使用される白金触媒の製造販売や、使用済白金触媒から白金回収する事業を行っています。

    製造部門は3交代勤務で、夜勤がありますが、突発的な残業は少ない職場です。

    学歴別の給与の違い

    ここでは、学歴別の平均年収と初任給の違いにてついて、解説します。

    では、それぞれみていきましょう。

    学歴別の平均年収の違い

    日揮の学歴別の平均年収は、下記の通り。

    平均年収は、口コミなどの情報を元にした算出した推定です。

    学歴 平均年収
    修士了 1,200万円以上
    学士卒 1,000万円以上
    高専卒 940万円以上

    金額は、最も年収が高いとされる、50代前半の平均年収を示しています。

    日揮は、修士了以上の学歴をもつ人材の方が、給与も高い傾向にあります。

    これは、学歴が高い方が、高い専門性と技術があり、会社の事業に貢献できると評価されるためです。

    また、学歴が高い方が管理職や海外赴任などを任されるケースが多いことも、年収の高さに起因しているといえるでしょう。

    学歴別の初任給の違い

    日揮の学歴別の初任給は、下記の通り。

    初任給の情報は、リクナビ2021の2018年度実績より引用しています。

    学歴 初任給
    修士了 月給24万6,000円
    学士卒 月給21万7,000円
    高専卒 月給19万8,000円

    (引用:リクナビ2021

    修士了と高専卒では、初任給が5万円ほど差があることがわかります。

    先述したとおり、日揮は学歴重視の会社なので、初任給の段階から学歴によって給与が違うのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.日揮と競合他社を比較!業界内年収ランキング

    ここでは、日揮と他企業の平均年収を比較して解説します。

    日揮は業界内や全国企業の中で、どのくらいの順位にいるのでしょうか。

    では、それぞれみていきましょう。

    業界内平均年収ランキング

    日揮の平均年収は、総合電気・電子・機械関連業界(全492社) の中で、10位にランキングしています。

    日揮は業界内で上位3%に入るほど、高給が見込める会社です。

    順位 会社名 平均年収
    1位 キーエンス 2,110万円
    2位 ファナック 1,364万円
    3位 東京エレクトロン 1,272万円
    9位 三洋貿易 963万円
    10位 日揮 956万円

    業界内1位はキーエンスの2,110万円。

    キーエンスは、主に工場向けのセンサーを製造・販売する会社です。

    取り扱っている商品の7割は、世界や業界で初めての技術を使用しています。

    特に、ファクトリーオートメーションの分野では、他社よりも技術が秀でているといわれます。

    また、9位の三洋貿易は、三井物産から独立した化学専門商社。

    隙間市場で安定的に成長している、隠れ優良企業です。

    需要の高いマイナー分野に事業が特化している点や、技術系営業職が顧客企業へ質の高い技術支援・共同開発を行っている点が、三洋貿易の高い利益率につながっています。

  • スポンサーリンク

  • 平均年収「全国トップ500社」ランキングで71位

    東洋経済が行った、平均年収「全国トップ500社」ランキングで、日揮は71位

    順位 会社名 平均年収
    1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
    2位 キーエンス 2,110万円
    3位 GCA 2,063万円
    71位 レノバ 956万円
    日揮 956万円

    (引用:東洋経済

    全国1位は、M&Aキャピタルパートナーズの2,478万円です。

    M&Aキャピタルパートナーズは、企業買収の仲介やファイナンシャル関連のアドバイスを行う会社です。

    平均年収が高い理由は、企業買収成立時に動く金額が大きいことや、国内でのニーズが高いことがあげられます。

    また、一般的に企業買収でかかるコストは、ほとんどが人件費。

    もともと、M&Aキャピタルパートナーズは高利益体質のビジネスを行っているため、企業利益が平均年収に還元されやすいのです。

    日揮と同じく71位のレノバは、太陽光・バイオマス・風力・地熱などの再生可能エネルギー事業を行う会社。

    再生可能エネルギー事業に関して、日本は先進国の中でもまだまだ伸びしろがあるため、今後も事業の拡大が見込めます。

    ちなみに、日揮は全国企業の中でも、上位15%に入っています。

    日揮は全国の中でも、高収入が見込める企業といえるでしょう。

    3.日揮の転職情報

    ここでは、日揮の転職情報に関して、以下の5項目を解説していきます。

    では、それぞれみていきましょう。

    求める人材

    日揮は、公式採用ページの「人事のメッセージ」で、求める人財像について下記のように言及しています。

    【求める人財像】

    • 新たな領域、技術、手法に挑戦できる人
    • 社会への好奇心をもち、人のニーズに応えて創造性を発揮できる人
    • 多様な人や技術を結集できる柔軟性とリーダーシップをもてる人
    • 困難があってもあきらめずに最後までやり遂げる目標達成への意欲をもてる人
    • 文化や立場の違う人たちを尊重し、高い倫理観をもって誠実に行動できる人

    (引用:人事のメッセージ

    日揮は、中東・アフリカ・東南アジアなど、海外赴任のチャンスがある反面、慣れない異国の地で建設現場のリーダーとなり、計画通りの仕事を進めるなどの、リーダーシップが求められます。

    したがって、日揮は人材に専門性や語学力のみならず、タフな精神力も重要視しているのです。

    人事のメッセージ」には、日揮が目指している方向性や事業内容について述べられています。

    日揮への転職を目指している人は、企業理念を読み解くための参考にしてみてると良いでしょう。

    募集職種

    日揮の中途採用者の募集職種は、募集職種一覧から確認可能です。

    現在、日揮は事務職や技術系専門職など、幅広いキャリア社員を募集していることがわかります。

    特に、グループの財務・経理管理や、海外勤務のエンジニアなどの求人が多いようです。

    職種によっては、英語を使用した業務が行えるチャンスもあるので、興味のある人は、ぜひチェックしてみてください。

    福利厚生

    日揮の福利厚生は、以下の通り充実しています。

    【休日休暇】
    完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、創立記念日、年次有給休暇、リラックスドホリデー
    リフレッシュ休暇、慶弔休暇など

    【保険】
    社会保険完備

    【福利厚生】
    独身寮(横浜市内に2か所)

    施設/契約保養所、契約ホテル、契約スポーツセンターなど

    制度/財形貯蓄、自社持株など

    クラブ活動/テニス、野球、ラグビー、サッカー、バレー、バスケット、剣道など

    ( 引用:リクナビ2021

    上記以外にも、日揮の採用ページによると、海外赴任している社員が3〜4カ月に1回の頻度で、9〜12日間連続して特別休暇がとれる、一時休暇制度と呼ばれる福利厚生があります。

    また、基本給にプラスして海外手当が35万円つくので、30代前半でも合計960万円ほど得られるケースもあるようです。

    このように、日揮は仕事もプライベートも充実させるための制度が整っています。

    将来性

    日揮の過去5年の売上・営業利益・純利益は、以下の通りです。

    年度 売上(百万円) 営業利益(百万円) 純利益(百万円)
    2015年 799,076 29,740 20,628
    2016年 879,954 49,661 42,793
    2017年 693,152 -21,496 -22,057
    2018年 722,987 21,495 16,589
    2019年 619,241 23,249 24,005

    (引用:会社四季報) 

    2016年から2017年にかけて、業績が悪化していることがわかります。

    これは、日揮の主力事業である、石油精製と液化天然ガス関係の売上高の低迷が、原因の1つとして考えられます。

    また、アジアとオセアニアでの売上高が激減していることも業績悪化の要因です。

    特に、オセアニアでの売上は、2018年から2019年で1/5になっているといわれています。

    日揮は、資源国や新興国でのエンジニアリング業をメインに行っている会社なので、アジアやオセアニアでの売上高の減少は大きな痛手です。

    今後も、世界情勢の動向によって、業績や平均年収が大きく変動するでしょう。

    就職・転職難易度

    日揮の就職・転職難易度は高めです。

    マイナビ2020によると、日揮の新卒採用者は、下記の通り有名大学出身の人ばかり。

    【国内大学】
    大阪大学、金沢大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、上智大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東北大学、同志社大学、名古屋大学、一橋大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、立命館大学、早稲田大学など

    【海外大学】
    University of Michigan、University of California, Los Angeles、University of Toronto、National Taiwan Universityなど

    (参考:マイナビ2020

    また、募集職種一覧によると、中途採用者の募集条件は下記の通り、非常にレベルの高いものです。

    • 海外勤務経験者優遇 
    • TOEIC600〜730点以上
    • 英語でのコミュニケーションをスムーズに行える語学力を有する
    • 募集職種に関する実務経験5年以上
    • 資格保持者(財務経理系は簿記2級以上)

     (参考:募集職種一覧

    日揮は海外でも通用する人材を重視する傾向にあるため、技術系専門職であっても、TOEIC600点以上の英語力は最低限必要といえるでしょう。

    また、前職で募集職種の業務内容にマッチした業務経験があると、転職活動においてさらに優位です。

    日揮が人材に求める資質として、アピールできる経験や資格などがあれば、積極的に示していきましょう。

    日揮に転職するなら「JACリクルートメント」がおすすめ

    日揮への転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    日本有数の大企業である日揮グループへの転職であっても、的確にサポートしてくれます

    これまでの豊富なハイキャリア・高年収転職支援の実績から、日揮への転職支援もバッチリ行なってくれるはずです。

    また、求人票には載っていない内部情報を、事前に確認することもできます。

    採用難易度が高い大企業日揮への転職だからこそ、JACリクルートメントは心強い味方になってくれますよ。

    登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

    4.日揮社員の口コミ評判

    ここでは、日揮の「悪い口コミ」と「良い口コミ」を紹介します。

    どのような評判があるのか、それぞれみていきましょう。

    悪い口コミ


    20代 /建築・土木系エンジニア

    【労働時間】

    プロジェクトのピーク時だと、22時、23時退社もあり、また海外とのコミュニケーションのため、土日であってもメールが来たら、対応を考える必要がある。

    (引用:カイシャの評判


    40代/ 建築・土木系エンジニア 

    【中途入社社員の活躍】

    役員、部長などの役職者を見ても、中途入社社員が付いていることはまだまだ少なく、昔ながらの終身雇用に基づいた人事制度であると感じる。

    (引用:カイシャの評判


    40代 /建築・土木系エンジニア

    【休日休暇】

    基本、土曜日は休めない。

    残業代は基本でるものの、多すぎると指摘されるので、サービス残業はザラ。

    就業時間が自己申告制の為、タイムカード等が無い。それがサービス残業に拍車をかけている。

    有給休暇は大半の人が使いきれず、ストックが溜まる一方。溜まった有給は入院など特別な場合のみ使用できるらしいが、基本はそんな機会は無い。

    (引用:カイシャの評判

    日揮は、海外にある子会社との仕事のやり取りが多く、日本は休日でも、時差の関係で仕事の対応を迫られるケースがあるようです。

    また、日揮はどちらかというと、体育会系の職場で、年功序列の社風が強いという意見もありました。

    その他、部署によっては、土日出勤があったり、休日が十分に取れなかったりと、休みに関する不満の声が多く見受けられました。

    良い口コミ


    20代/建築・土木系エンジニア

    【仕事のやりがい】

    入社時に思い描いていた海外で仕事をするという点は、入社後すぐに達成することができ、海外で仕事をしている時に、「あぁ、これが自分のやりたかったことだ」とやりがいを感じる。

    (引用:カイシャの評判


    40代/ 企画・事務・管理系

    【オフィス環境】

    立地は最高で、駅直結の綺麗な高層ビルです。

    日揮本体の仕事ですと、若干狭めの良くあるオフィスですが、顧客担当になると、プロジェクトにも依りますが、広々としたオフィスに観葉植物やリフレッシュメントも完備されていて、大変快適で理想的なオフィス環境でした。

    また、会議室にスタンディングデスクを取り入れるなど、柔軟性もあったと思います。

    (引用:カイシャの評判


    50代/その他 

    【教育・研修】

    派遣社員として、計装エンジニアで働いていましたが、英語が不可欠な業務のため社員と同じ英語研修を同じ料金で受講でき、TOEICスコアが、300点台だった者が600点オーバーまで向上できました。

    英文タッチ入力などの研修も社員と同じように参加できタイプ能力が周りが驚くほど向上しました。

    (引用:カイシャの評判

    日揮は、オフィス環境についての高評価が目立ちます。

    オフィスからは、天気が良い日だと、富士山や美しい風景が望めるようです。

    また、横浜の中でも、都会に会社が位置しているので、ちょっとしたショッピングにも便利という声もありました。

    その他、海外勤務が実現できる職場であることや、教育・研修精度が充実している点などに、満足する声が多く寄せられています。

    5.ちなみに、あなたの推定年収はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    日揮の平均年収は956万円です。

    日揮の年収の特徴は以下の通り。

    • 業績や能力によって給与や昇給が変動する
    • 基本給は低めだが、ボーナスが多いので高給が見込める
    • 昇給は年功序列の傾向が強い

    日揮への就職・転職には、「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    本記事の情報を、就職・転職活動に役立ててみてくださいね。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?