「アドバイス」の意味とは?使い方、例文、敬語、類語などを解説!

アドバイスの意味とは ビジネス用語

「アドバイス」は、相手のためになる言葉をかけるという意味です。

「アドバイスをする」というフレーズをよく聞きますよね。

今回は、「アドバイス」の意味や使い方、例文、類語、英語表現まで解説していきます。

記事を読み終わるころには、完璧に「アドバイス」を理解できているはずです!

スポンサーリンク

1.「アドバイス」の意味とは?

 アドバイス

  1.  助言、忠告
  2.  相手の役に立つ言葉をかける

「アドバイス」は、 助言・忠告という意味です。

助言は「相手の助けになることを言う」、忠告は「相手のために過ちを直すように言う」ことです。

どちらも「相手のためになる」というニュアンスがあります。

そのため、アドバイスをする場合は、相手にとって何が役に立つのかをきちんと考えてから、アドバイスすることが大切です。

2.「アドバイス」の使い方と例文

ビジネスの場では先輩や上司、何らかのトラブルに巻き込まれた時は弁護士など、主に目上の立場から助言を与えることを「アドバイス」と言います。

また、適切なアドバイスができている場合は問題ありませんが、相手のためにならないアドバイスは、ただの意見になってしまうので要注意です。

<例文>

  • 生活習慣を改善するために、医者からアドバイスをもらう。
  • 試験に合格するために、先生から勉強についてのアドバイスをもらう。
  • 先日は仕事に関するアドバイスをしていただき、ありがとうございました。
  • 後輩にアドバイスができるように、スキルを身につけていきたい。

続いては、「アドバイス」の敬語表現を紹介していきます。

スポンサーリンク

3.「アドバイス」の敬語表現

「アドバイス」は助言という意味なので、「アドバイス」の敬語表現は、助言を丁寧にした「ご助言」です。

しかし、相手によっては、バカにしているというニュアンスで捉えられてしまうこともあります

そのため、前後の文章にさえ気をつければ「ご助言」を使わずに、アドバイス(または助言)を使った方が無難です。

<例文:上司にアドバイスをもらった場合>

  • 先日は仕事のことに関して、アドバイスをして頂きありがとうございます。
  • ○○の件についてアドバイスをして頂きありがとうございます。
  • 勉強になります。

 <例文:上司にアドバイスをもらいたい場合>

  • アドバイスをいただけると嬉しいです。
  • 〇〇について、お教えいただけますか。

4.「アドバイス」の類語

アドバイスの類語

ここでは、「アドバイス」の類語を例文を使って紹介していきます。

  1. 忠告(相手の問題点を伝える)
  2. 奨める(自分の好きなものを相手に紹介する)
  3. 勧める(グループの参加を誘いかける)
  4. 勧告(ルールに沿った行動をさせる)
  5. 助言(相手のためになる言葉をかける)

1つずつ見ていきましょう。

類語1.「忠告」

忠告

読み方:ちゅうこく

  1. 相手への戒め
  2. 問題点・欠点の改善を求める

「忠告」は、まごころを持って相手の問題点を伝えるという意味です。

相手が道徳的に何か間違ったことをしている、大きなミスをしている時に「忠告」をします。

反対に、自分も何らかのミスや問題行動を起こしていた場合、誰かから「忠告」されます。

<例文>

  • 道を歩く時は周りに気を付けるよう、子どもたちに忠告する。
  • 遅刻や忘れ物をしないよう忠告された。
  • この荷物は慎重に運ぶ必要があると忠告する。

類語2.「奨める」

奨める

読み方:すすめる

意味:自分がいいなと感じた行動や物を、相手にオススメする

「奨める」は、自分がいいなと感じた行動や物を、相手にオススメすという意味です。

常用漢字ではないので、一般的には「勧める」に置き換えます。

<例文>

  • 好きなメニューを友達や恋人に奨める
  • この本を相手に奨める

類語3.「勧める」

勧める

読み方:すすめる

意味:物事の実行を促す

上で紹介した「奨める」と読み方と意味が同じ言葉に「勧める」があります。

「勧める」は、「奨める」よりも物事の実行を促すニュアンスが強です。

<例文>

  • 将来のためにも、子どもには学習塾に行くことを勧める
  • 健康を維持するため、スポーツジムへの入会を勧める

類語4.「 勧告」

勧告

読み方:かんこく

意味:相手に対して、ルールに沿った警告をする

「勧告」は、 ルールに沿った行動を促すという意味です。

法的な意味での警告も含まれていて、相手に向けた強い注意でもあります。

反対に、自分が勧告されるケースもあります。

<例文>

  • 業務規約に違反していることが発覚したため、辞職を勧告した。
  • 勧告に従って、罰金を支払うべきである。

類語5.「助言」

助言

読み方:じょげん

意味:相手の助けになる言葉をかける

「助言」とは、アドバイスと同じ意味で、 相手の助けになる言葉をかけることです。

例えば、課題の解決方法、仕事を効率よく進めるための方法などを相手に教える時に使います。

反対に、自分が相手に、それらの方法を教えてもらいたい時にも使います。

また、助言の尊敬語には「ご助言」がありますが、相手によってはマイナスの意味で捉えられてしまう場合もあるので、気をつけましょう。

<例文>

  • 先輩から助言をいただく。
  • 後輩が困っているので助言をする。
  • 先日はご助言をしていただき、ありがとうございました。

5.「アドバイス」の英語表現

アドバイスの英語表現

「アドバイス」を英語で表現すると、そのまま「advice」です。

<例文>

  • please give me advice.(私にアドバイスをください)
  • I want some advice.(何らかのアドバイスが欲しいです)
  • I got advice from my boss.(上司からアドバイスをもらった)

スポンサーリンク

まとめ

アドバイスは、助言・忠告という意味です。

「相手のために言葉をかける」というニュアンスを含んでいます。

類語には「忠告」「奨める」「勧める」「勧告」がありますが、それぞれ意味が異なります。

自分がアドバイスをする場合は、相手にとって何が役に立つのかをきちんと考えてから、アドバイスしてみてくださいね。

▼こんな記事もよく読まれています▼

ランキングに騙されないで!おすすめの転職エージェントを厳選して紹介

2019.04.13
  • スポンサーリンク