【徹底解説】「リテラシー」の意味や種類、使い方、類語まで紹介

リテラシーの意味とは ビジネス用語

研修で情報リテラシーの重要性について話していたけど、「リテラシー」ってなんだっけ。

このように、ビジネスシーンで使われるカタカナ語には、意味の理解しにくい言葉も多いですよね。

「リテラシー」とは、適切に理解、解釈し、活用する能力のことを表します。

今回は、「リテラシー」の意味や種類、類語、使い方、例文、英語表現までを詳しく解説していきます。

また、似たような言葉である「コンピテンシー」との違いもご説明します。

この記事を読み終えたときには、「リテラシー」という言葉の意味をしっかりと理解することできますので、ぜひ、参考にしてください。

1.「リテラシー」の意味とは:適切に理解・解釈し活用すること

リテラシー

読み:りてらしー

適切に理解、解釈し、活用すること。読み書き能力・知識。

「リテラシー」とは、「本来は文字が読める」という意味合いであったものが発展して、 「物事を適切に理解、解釈し、それを活用すること」「読み書き能力知識のこと」を意味する言葉です。

「リテラシー」は英語の「literacy」から生まれたカタカナ語であり,本来は「読んだり書いたりする能力」という意味の言葉です。

「リテラシー」は、その言葉単体で使用されることもありますが、「◯◯リテラシー」と書いて「◯◯に関する理解力」といった意味で使われることの多い言葉です。

2.「リテラシー」の種類

「リテラシー」の種類には、次のようなものがあります。

それでは、順に説明していきます。

2-1.「メディアリテラシー」とは

「メディアリテラシー」とは、 テレビ、新聞、ネットなどのメディアから発信される情報を解釈し、正しく使うことができる能力のことを言います。

また、「メディアリテラシー」は「情報リテラシー」と呼ばれることもあります。

インターネットでは、膨大な数の様々な情報が飛び交っていますよね。

「メディアリテラシー」の高い人は、その情報の中から自分にとって本当に必要で正しい情報だけを読み取ることができます。

一方、「メディアリテラシー」の低い人は、誤った情報に翻弄されてしまいます。

2-2.「ネットリテラシー」とは

「ネットリテラシー」とは、 インターネットを使った情報を活用できる能力を指す言葉です。

「ネットリテラシー」は、「メディアリテラシー」の中でも特に、インターネットに関する内容を指します。

あらゆるものがインターネットとつながっている現在では、このネットリテラシーは必要不可欠な能力です。

2-3.「金融リテラシー」とは

「金融リテラシー」とは、 金融に関する知識やそれを活用する能力のことです。

ここでの金融とは、生命保険や株式、投資信託、さらには、仮想通貨などを言います。

現在では、これら金融商品や金融サービス家計や生活設計として管理し、適切な情報を判断することで、金融商品を選択・運用をする能力が求められています。

2-4.「文化リテラシー」とは

「文化リテラシー」とは、 人類が今までに築き上げてきた成果やその精神、思考を会話等に表現することができる能力を言います。

「文化」を特に芸術や文学などにおける表現を指す場合もあります。

  • スポンサーリンク

  • 3.「リテラシー」の使い方と例文

    ここからは、「リテラシー」の使い方を例文と一緒に見ていきます。

    3-1.「リテラシー」の使い方

    「メディアリテラシー」

    <例文>

    メディアリテラシーが低いと、あらゆる情報に惑わされてしまう。

    「メディアリテラシー」が低いと、誤った情報を鵜呑みにしてしまう可能性があります。

    「ネットリテラシー」

    <例文>

    現代社会では、ネットリテラシーが必要である。

    現代の生活において、インターネットは切っても切り離せない状況になりましたね。

    故に、 「ネットリテラシー」は今後も必須であると言えるでしょう。

    「金融リテラシー」

    <例文>

    彼は、うちの会社で一番金融リテラシーがあるだろう。

    学校では教えてくれない 「金融リテラシー」は、積極的に身につける必要がありますね。

    「文化リテラシー」

    <例文>

    教養のある人は共通して文化リテラシーが高い。

    教養のある人は、自分の仕事や趣味以外にも文化や歴史に精通している人が多い傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「リテラシー」の類語:「批判精神」「判断能力」など

    リテラシーの類語

    「リテラシー」の類語には、以下の4つが挙げられます。

    それでは、順番に見ていきましょう。

    4-1.「批判精神」

    批判精神

    読み:ひはんせいしん

    物事をそのまま鵜呑みにせず、真実かどうかを確かめる心や働き

    「批判」という言葉はネガティブな意味を持っている印象がありますが、 「物事の真意を確かめる」という意味合いもあります。

    <例文>

    彼の批判精神は、クラスの中でも群を抜いている。

    4-2.「判断能力」

    判断能力

    読み:はんだんのうりょく

    ある事柄について、個人的な判断をすることができる能力

    「判断能力」は 周りに流されるのではなく、主体的に動くことができる能力です。

    また、医学的な「判断能力」とは、日付や時間、自分の状況を把握する「見当識」や目の前のことに集中する「注意力」など、いくつかの認知機能が合わさったものを指します。

    <例文>

    この任務に適しているのは、判断能力の優れている人間だ。

    4-3.「識別能力」

    識別能力

    読み:しきべつのうりょく

    物事の種類や性質などを見分ける能力

    「識別能力」は特に 種類や性質などの物事の幅を見ることができる能力を指します。

    スポーツにおける「識別能力」は、「エネルギーの強弱をつけるために、身体各部を無理、無駄なくお互いに同調させる能力」のことを指します。

    <例文>

    彼女の識別能力は、幼い頃から秀でていた。

    4-4.「活用能力」

    活用能力

    読み:かつようのうりょく

    物の本当の価値を活かして、うまく使うこと

    すでに世にあるものを使いこなす能力を「活用能力」と言います。

    <例文>

    これからは創造力と活用能力の両方が試される時代になりそうだ。

    【補足】「リテラシー」と「コンピテンシー」の違い

    「リテラシー」と似た言葉に「コンピテンシー」という言葉があります。

    コンピテンシー

    読み:コンピテンシー

    業績の高い人に共通する行動特性

    「コンピテンシー」とは、会社や学校などで 業績の良い人々に共通する行動特性のことを言います。

    アメリカのハーバード大学で行われた調査研究では、その人物の学歴や生まれ持っての知能の高さと職務や業務を遂行できる能力の高さには、強い相関関係は存在しないということがわかっています。

    なお、コンピテンシーの高い人物には次のような特徴があります。

    • 異なる文化に対する感受性が高いこと
    • 環境適応能力が長けている
    • コミュニケーション能力が優れている
    • チームをまとめる能力や組織を作る能力が優れている

    現在は「コンピテンシー」をもとに、様々な企業が従業員教育に役立てようという動きが盛んです。

    <例文>

    • アメリカの企業の半数以上はコンピテンシー教育に力を入れているという。
    • コンピテンシーの活用は、実践的な人材の育成につながる。
  • スポンサーリンク

  • 5.「リテラシー」の英語表現:「literacy」

    リテラシーの英語表現

    適切に理解、解釈し、活用する能力であることを表す「リテラシー」は、英語でも「literacy」と表されます。

    「literacy」の語源は、ラテン語の literatus(教育を受けて、読み書きが出来る者)から派生した形容詞literate(読み書きできる、教養のある)と言われています。

    そのliterateが名詞の形になったのが「literacy」なのです。

    尚、英語のliteracyは「リィタァラァシィ」といったように発音されますので、カタカナ語のままの「リテラシー」と発音しないように注意しましょう。

    <例文>

    • He has such knowledge because media literacy is high.

    (彼がそのような知見を持っているのは、メディアリテラシーが高いからです。)

    • The literacy rate in Japan of that time was low.

    (当時の日本は、文字を読める人の割合が低かった。)

    まとめ

    「リテラシー」とは、 適切に理解、解釈し、それを活用すること、または読み書き能力・知識を指す言葉です。

    ニュースや新聞などでもよく目にする「リテラシー」ですが、「◯◯に関する理解力」を意味する「◯◯リテラシー」という使い方をされることの多い言葉です。

    例えば、「メディアリテラシー」または「情報リテラシー」と言えば、テレビ、新聞、ネットなどのメディアから発信される情報を解釈し、正しく使うことができる能力のことを言います。

    「リテラシー」という言葉をしっかり理解し、ビジネスシーンにも役立ててくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%