「おざなり」「なおざり」は意味がまったく違う!例文で意味を解説

おざなりの意味とは ビジネス用語

「おざなり」とは、「いい加減な対応をする」という意味です。

似た言葉に、「なおざり」という言葉があり、音の響きが似ているので混同する方もいるかもしれません。

そこで今回は、 「おざなり」の正しい意味や言葉の由来、「なおざり」との違いや使い分けの仕方を、例文を使いながらわかりやすく解説していきます

1.「おざなり」の意味と言葉の由来

「いい加減な対応や言動をする」という意味

例えば、その場しのぎでいい加減な仕事をした人に対して「あの人はおざなりな仕事をした」というような使い方をします。

似た言葉に、「なおざり」という言葉がありますので混同しないよう、言葉の由来を合わせて覚えておきましょう。

「おざなり」と「なおざり」の違いについては、次の見出しで解説します。

  • スポンサーリンク

  • 「おざなり」は漢字で書くと「御座形」「御座成り」

    御座敷で、舞妓や芸妓が客を心からもてなさず、表面的に「形」だけを取り繕った対応や言動をすることに対して「御座形(おざなり)」「御座成り(おざなり)」と批判の意を込めて言うようになりました。

    そこから派生して、 「その場しのぎの、いい加減な対応や言動をすること」を「おざなり」と言う ようになったと言われています。

    余談ですが、昔の日本では、宴会の席を「御座敷(おざしき)」と呼びました。

    今でも芸者さんや舞妓さんを呼んで遊ぶことを「お座敷遊び」と言ったりしますね。

    「おざなり」の類語を確認

    「おざなり」と似た意味を持つ言葉に、「適当」「ぞんざい」があります。

    それぞれの意味を例文で確認していきましょう。

    類語1. 「適当」

    例文:「彼女はいつも、適当に済ませようとする」

    ここでの「適当」は「いい加減」という意味です。

    注意したいのが、 「適当」という言葉は、①「いい加減」と、②「程よくちょうどいい」という、相反する意味を持つ言葉ということです。

    そのため、「適当」を使うと、相手は前後の文脈を見て、どちらの意味で使われているのかを判断する必要があります。

    なお、例文の「適当」は、ネガティブな意味の文脈から、①の「いい加減」という意味で解釈します。

    類語2. 「ぞんざい」

    例文:「彼は家族をぞんざいに扱っている」

    「ぞんざい」とは、「丁寧でなく、いい加減な対応をする」という意味に加えて、「乱暴」「不作法」「投げやり」「配慮に欠ける」といった意味があります。

    例文の「ぞんざい」は、「家族に配慮せずいい加減な対応をしている」という意味で使われています。

  • スポンサーリンク

  • 2.「おざなり」と「なおざり」の違い

    「おざなり」と「なおざり」は音の響きは似ていますが、意味や使い方はまったく違います。

    間違って使ってしまわないよう、「なおざり」の意味を言葉の由来とともに見ていきましょう。

    2-1.「なおざり」の意味と言葉の由来

    「なおざり」とは、「あまり注意を向けずにいい加減にする」「ほとんど何もせずにほったらかしにする」という意味です。

    諸説ありますが、「直(猶)去り」という言葉から生まれたのが「なおざり」であると言われています。

    「直・猶(なお)」とは、「そのままの状態」という意味。「去り」は「何もせずに放っておく」「去っていく」という意味から、「そのままの状態で何もせずに放っておく」→「いい加減だ」という意味に転じました。

    なお、「なおざり」はPCやスマートフォンで漢字変換すると「等閑」と出てきます。

    これは漢語の「等閑(とうかん)」から来ています。

    その意味は「なおざり」と同じですので、漢字で書きたいときには「等閑」と書くことができます。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「おざなり」「なおざり」違いの覚え方

    • 部下が期限までに報告書を提出。しかし中身はいい加減だった → 「おざなり」な報告書
    • いい加減な部下が期限までに報告書を提出しなかった → 報告書を「なおざり」にした

    両方とも「いい加減」という言葉が含まれるものの、「 おざなり」はいい加減だけどなんらかの行動は一応してい のに対してなおざり」はいい加減でほとんど何も行動していないという点が違います。

    2−3.「なおざり」の類語を確認

    「なおざり」の類語には「蔑(ないがし)ろ」という言葉があります。

    類語1. 「蔑(ないがし)ろ」

    例文:「部長はいつも私を蔑ろにする。理由が分からないからどうすることもできない」

    「蔑(ないがし)ろ」は、「人やものをまるで無いかのように扱う・無視する」「侮って軽んずる」という意味です。

    例文では、自分を軽く扱う上司に対しての不満を訴えています。

  • スポンサーリンク

  • 3.「おざなり」「なおざり」使い分けを例文で確認

    「おざなり」「なおざり」の言葉の意味や言葉の由来を覚えたところで、例文で使い分けの方法を確認していきましょう。

    例① A:部下の指導を「おざなり」にした
       B:部下の指導を「なおざり」にした

    Aは「部下の指導をいい加減にした(いい加減ではあったが指導はした)」という意味になり、

    Bは「部下をほったらかしにしてほとんど指導をしなかった」という意味になります。

    例② A:遊んでばかりで「おざなり」な勉強をしていた 
       B:遊んでばかりで「なおざり」な勉強をしていた(間違い)
       C:遊んでばかりで勉強を「なおざり」にしていた(正解)

    Aは「遊ぶことに熱中していい加減に勉強した(いい加減ではあったが勉強はした)」という意味になりますが、

    Bはそもそも「なおざりな〜をする」とは言いませんので、文章自体が間違いです。

    「なおざりにする」は正しい日本語です。

    もし「なおざり」を使って表現する場合には、Cが正解です。

    なお、意味は「遊んでばかりでほとんど勉強をしなかった」という意味になります。

    まとめ

    日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。

    しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます

    人間関係を築く上で基本となる「言葉」を「おざなり」にも「なおざり」にもせず、今日も元気に頑張りましょう!

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事