「しっぽり」の意味とは?3つの例文をもとに徹底解説!

しっぽりの意味とは ビジネス用語

「しっぽり」という言葉には、「細やか」「静か」「濡れる」といったような意味があります。

つまり、しっぽり飲むとは「静かに落ち着いて飲む」と言い換えることができるんです。

本記事では、そんな「しっぽり」の詳しい意味や使い方を、例文を参考にしながらわかりやすく解説していきます。

複数の意味を持つ言葉なので、間違えて使って恥を書くことがないように、ぜひチェックしておいてください。

1.「しっぽり」の持つ3つの意味とは?

一番よく使われるのは、「落ち着いて静かなさま」

「しっぽり」については、「しっぽり飲む」などの使われ方をするケースが多いため、一つの意味しかないと思われがちです。

しかし、実際には3つの意味がありますので、まずは下記項目をご覧ください。

  1. 男女が情愛こまやかに過ごすさま
  2. 落ち着いて静かなさま
  3. 濡れて十分に湿り気を含むさま

このように、異なる3つの意味があります。

また、「しっぽり」という言葉がよく使われるシーンについては、下記の通りです。

▼「しっぽり」を使うシーン

  • 恋人同士でデートをしている時
  • 1人でプライベートな時間を過ごす時
  • 雨が降っている時

恋人と熱く語る時の表現から、雨に濡れている時の表現まで、様々な使い方ができる言葉です。

正しく使うことができれば表現の幅が広がりますので、おぼえておくといいですね。

  • スポンサーリンク

  • 2.「しっぽり」を使った例文とそれぞれの意味

    ご説明したように、「しっぽり」には複数の意味があります。

    したがって、「しっぽり」という言葉を単体で見ても、その意味を判断することはできません。

    「しっぽり」を含む前後の文脈、あるいは文章全体を見ることで、どのような意味なのか判断する必要がありま

    そこで、この章では「しっぽり」を含む3つの例文をご紹介するとともに、その意味を解説していきます。

    例文1. 男女2人で朝までしっぽり語り明かす

    この場合、「 男女2人で情愛こまやかに語り明かす」というような意味になります。

    したがって、親密な男女間において使われる一文と言えるでしょう。

    基本的に、恋愛関係にある男女においては、恋愛表現的な意味で「しっぽり」という言葉が使われるケースが多いですね。

    また、以下の例文における「しっぽり」についても、例文1の「しっぽり」と同じような意味になります。

    • 男女2人でしっぽりデートする
    • 男女2人でしっぽり落ち合う
  • スポンサーリンク

  • 例文2. 1人でしっぽり飲む

    この場合、「 1人で静かに落ち着いて飲む」というような意味になります。例文1の時のような意味にならない理由については、「しっぽり」の前の文脈からも明らかです。

    例文1では、「カップルで」という言葉が入っています。恋愛感情を抱く者同士ですので、「しっぽり」の意味は「男女が情愛こまやかに~」となるのです。

    それに対し、例文2の場合は「1人で~」となっています。したがって、恋愛表現的な意味は基本的に含まれないことになります。

    「しっぽり」の意味にはあと2つありますが、例文2においては「雨」や「濡れる」などの言葉が入っていないため、必然的に「落ち着いて静かに~」という意味が適用されるのです。

    また、以下の例文における「しっぽり」についても、例文2の「しっぽり」と同じような意味になります。

    • 1人でしっぽり映画を見る
    • 1人でしっぽり食事をする
    • 1人でしっぽり涼む

    例文3. 草木が雨にしっぽり濡れている

    この場合、「 雨によって草木が十分に濡れていて、湿り気を含んでいる」というような意味になります。

    この例文については、「雨」「濡れて」などの言葉が入っています。

    したがって、「しっぽり」の意味については必然的に「濡れて十分に湿り気を含むさま」を適用することになるのです。

    また、以下の例文における「しっぽり」についても、例文3の「しっぽり」と同じような意味になります。

    • 服が雨でしっぽりと濡れる
    • 雨で芝生がしっぽり濡れている
    • 雨で髪の毛がしっぽり濡れる
  • スポンサーリンク

  • 3.「しっぽり」の類語表現を3つご紹介

     

    しっぽりの類語

    「しっぽり」という言葉については情緒的な表現であり、とてもロマンがあります。

    しかし、今の若い世代の間では、それほど頻繁に使われる言葉ではありません。

    というのも、「しっぽり」に似た言葉がいくつかありますので、必ずしも「しっぽり」を使って話しかけたり文章を書いたりする必要がないというわけです。

    そこで、この章では 「しっぽり」の類語表現を3つご紹介しましょう。

    3‐1.①ほそぼそ

    「ほそぼそ」という言葉については、「しっぽり」における男女が情愛こまやかに過ごすさま」という意味に近い部分があります。具体的な例文をご用意しましたので、ご覧ください。

    • 男女2人でほそぼそ飲む
    • 男女2人でほそぼそ語る
  • スポンサーリンク

  • 3‐2.②ゆっくり

    「ゆっくり」という言葉については、「しっぽり」における落ち着いて静かなさま」という意味に近い部分があります。具体的な例文をご用意しましたので、ご覧ください。

    • 1人でゆっくりとお酒を飲む
    • 1人でゆっくりと温泉につかる
    • 1人でゆっくりと映画を見る

    3-3.③しっとり

    「しっとり」という言葉については、「しっぽり」における 濡れて十分に湿り気を含むさま」に近い部分があります。具体的な例文をご用意しましたので、ご覧ください。

    • 雨にしっとり濡れる
    • 髪がしっとり濡れる

    また、「しっとりとしたパン」などの表現もありますが、これも「パンがうるおいを持っている」という意味になりますので、「しっぽり」を連想させますよね。

  • スポンサーリンク

  • 4.まとめ

    今回は、「しっぽり」という言葉の意味について具体的にご説明しました。

    古い言葉だという認識を持つ人もいますが、一般的な会話において「しっぽり」という言葉を聞くシーンは多々ありますので、早いうちに正確な意味をおぼえておくことは大事です。

    また、一文の中に「しっぽり」という言葉を入れるだけで、 とても情緒的な表現に見えるようになります。

    そのため、今でもこの言葉を好んで使っている人は多いですね。

    確かに、類語として「しっとり」「ゆっくり」「ほそぼそ」などがあるものの、「しっぽり」という言葉ならではの魅力がありますので、これを機に積極的に使ってみてはいかがですか?

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%