「シラフ」の意味とは?漢字や使い方を例文と合わせて解説!

シラフの意味とは ビジネス用語

「シラフ」は 「お酒を飲んでいない状態」や「普段・普通の状態」を意味します。

お酒が嫌いな人だと、飲み会では常に「シラフ」の状態というわけです。

もちろん、お酒の場以外でも「シラフ」は使います。

ここでは、「シラフ」の意味や使い方、さらには漢字やその由来、英語での表現の仕方について解説しています。

1.「シラフ」の意味とは?漢字も紹介

「シラフ」には以下の意味があります。

  1. 酒気を帯びていない、お酒を飲んでいない状態
  2. 普段・普通の状態

つまり、「 お酒を飲まず酔ってもいない状態の普通の人」を「シラフの人」と言います。

1-1.「シラフ」の漢字の由来について

「シラフ」を漢字で書くと、以下の2つになります。

  • 素面
  • 白面

どちらにも「顔」の意味を持つ「面(つら)」という漢字が使われていますね。

そして「シラフ」に「素面」「白面」という漢字があてがわれたのには、それぞれ由来があります。

「素面」の由来

「素面」は元々「すめん」と読んでいました。

「すめん」には 「剣道や能楽で面をつけていないことや、化粧をしていない素っぴんの顔」という意味があります。

ここから転じて、「素の顔」=「酒に酔っていない顔(その状態)」という意味ができ「素面」の漢字が使われるようになりました。

「白面」の由来

「白面」は、 お酒を飲んでいない人は顔が白いことから「白」という漢字を当てはめ「白面(シラフ)」となりました。

お酒を飲むと顔が赤くなったり、青くなったり、色が変化しますよね。

ですが、お酒を飲んでいない人は、顔の色に変化がないので、「白い顔」と表現され、「お酒を飲んでいない人」=「白い顔のままの人」となり、「白面」の漢字が使われるようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 2.「シラフ」の使い方や例文

    「シラフ」のよくある使い方としては下記のようなものがあります。

    1. 「シラフじゃ言えない」
    2. 「シラフのテンションに見えない」

    この使い方は、以下のようにそれぞれ言い換えることができます。

    1. 「お酒を飲んでいない状態じゃ言えない」
    2. 「普通のテンションには見えない」

    お酒の場以外でも、 「お酒を飲んでいない状態」である「普通の状態」を指すときに「シラフ」は使えます

    ②のように「普通のテンションじゃない」=「まるでお酒を飲んでいるようなテンション」という意味で「シラフではない」と言うこともあります。

    2−2.「シラフ」の例文

    使い方がわかったところで、「シラフ」を使った例文をもっと見ていきましょう。

    • 「シラフの状態でそんなこと言えるねなんておかしい」
    • 「酔いが覚めて、もうシラフ状態だよ」
    • 「実はあの時シラフだったから、みんなの発言はよく覚えている」
    • 「今日はシラフで話し合おう」
    • 「シラフに戻ったら、お礼のメールを送りなさい」
    • 「彼女はいつもシラフなのにテンションが高い」
    • 「お酒を飲んでいるのに、シラフのようだね」

    「シラフ」の意味や使い方がわかったところで、次に「シラフ」の言い換え可能な表現や対義語について見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.「シラフ」の言い換え表現・対義語

    「シラフ」の意味や漢字の由来などが、わかってもらえたかと思います。

    では「シラフ」と同じように使える表現や対義語はあるのでしょうか。

    ここからは、「シラフ」の言い換えが可能な表現や対義語について紹介します。

    3−1.「シラフ」の言い換え表現

    「シラフ」を別の言葉に言い換えが可能な表現は、以下の2つがあります。

    • 正気(しょうき)
      ⇒異常のない精神状態。
    • 素顔(すがお)
      ⇒化粧していない顔。地顔(じがお)。転じて、ありのままの状態。

    「シラフ」が「お酒を飲んでいない状態」や「普段・普通の状態」という意味なため、 「異常のない」「ありのままの状態」といった「普通」を表現する言葉に言い換えられるのです。

    それぞれの言い換えの例文を紹介します。

    • なんとか正気を失わずにいる
    • あなたにはずっと素顔でいてほしいな
  • スポンサーリンク

  • 3−2.「シラフ」の対義語

    「シラフ」の対義語は、以下が挙げられます。

    • 泥酔(でいすい)
    • 酩酊(めいてい)
    • 酔狂(すいきょう)

    「シラフ」が「酒に酔っていない状態」なだけあって、その対義語は「お酒」に関する漢字が使われますね。

    対義語について、それぞれ解説していきます。

    泥酔(でいすい)

    「泥酔(でいすい)」は 「何もわからなくなるほど、酷く酔うこと」を意味しています。

    「泥のように酔う」と漢字で書くだけあって、その酔いは「何もわからなくなるほど」とかなり深いレベルを指しています。

    例文:泥酔したために、起きたら道路で寝ていた

    酩酊(めいてい)

    酩酊(めいてい)」は、「ひどく酒に酔うこと」を意味しています。

    漢字の「酩」にも「酊」にも「ひどく酒に酔う」という意味しかなく、酒に酔った状態を表すにふさわしい漢字です。

    例文:酩酊した彼のことは嫌いだ

    「泥酔」は知っていても「酩酊」という言葉は馴染みが浅いかもしれません。

    酩酊について詳しく知りたい場合は、酔いの症状「酩酊(めいてい)」ってどんな状態の事を言うの?を確認してみてください。

    酔狂(すいきょう)

    「酔狂(すいきょう)」には2つの意味があります。

    1. 物好きなさま。好奇心から風変わりなことをするさま。
    2. 酒に酔って常軌を逸すること。

    漢字の「酔」には「酒その他の条件で、心理的・生理的に平常と異なった状態になる」という意味があり、そこへ「狂」を付けることで、「酒で狂う様」がよく表れている漢字です。

    「シラフ」が普通の状態を指すだけに、その反対で 「風変わり」「常軌を逸する」などと、「普通じゃない状態」を一言で表しています。

    例文:一部の酔狂なファンたちのせいで、ライブが中止になった

    4.「シラフ」の英語表現はある?

    「シラフ」の英語表現には、 「sober」または「not drunk」があります。

    それぞれ、英文を確認していきましょう。

    例1:あの時、シラフだったの?
    Were you sober at that time?

    例2:シラフじゃ言い出しにくい
    I find it hard to say when I am not drunk.

    「sober」は「シラフの、酒を飲んでいない、ふだん酒を飲まない」と「シラフ」そのままの意味です。
     
    「not drunk」の「drunk」は「drink」の過去分詞です。
     
    「drink」には「酒を飲んで過ごす、酒を飲んで紛らす」という意味が含まれており、そこに「not」という否定を付けることで「酒を飲んでいない、飲まない」となり、「シラフ」と同等の意味を持つのです。
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「シラフ」について、意味や使い方をお伝えしました。

    「シラフ」は「お酒を飲んでいない状態」や「普段・普通の状態」という意味です。

    お酒の場では、「シラフなんてつまらない」と言われる可能性がありますが、お酒を飲んで前後不覚になるのはとても危険です。

    「シラフ」を保てるよう、無理にお酒を飲もうとせず、ほどほどにしましょう。

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    比較してわかった!おすすめの転職エージェントと120%使い倒す活用術

    2019.04.13
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事