「秀逸」の正しい意味と使い方は?類義語と対義語も紹介!

秀逸の意味とは ビジネス用語

「秀逸」とは、 「他のものよりぬきんでてすぐれていること。また、そのさま。」を意味する言葉です。

「あなたのアイデアは秀逸ですね」など、誉め言葉として用いられる表現になります。

多様な誉め言葉を覚えることが出来れば、円滑にコミュニケーションを進めることが可能です。

この記事では、「秀逸」の意味や使い方、さらには「秀逸」の類義語・対義語について紹介していきます。

1.「秀逸」の意味と語源

初めに、「秀逸」の意味と語源について解説していきます。

1-1.「秀逸」の意味

「秀逸」とは、 「他のものよりぬきんでてすぐれていること。また、そのさま。」を意味する言葉です。

「秀逸」を構成する「秀」と「逸」には、それぞれ以下の意味があります。

  • 「秀」は、「他より抜きん出ている」という意味。
  • 「逸」は、「逃げ走る・世間から隠れる」という意味。

「逸」という字は、訓読みで「それる・はやる」と読み、この言葉自体に肯定的な意味合いはありません。

しかし、「秀」という言葉と組み合わせることによって、 「世間から外れるほど秀ででいる」といった意味を持たせることが出来ます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「秀逸」の語源

    「秀」と「逸」には、それぞれ以下の由来があります。

    • 「秀」は、「花が咲いた稲」を表す図。
    • 「逸」は、「逃げる兎(うさぎ)」を表す図。

    「花が咲いた稲」には、その時が最も優れている状態であることから、「一番優れている」という意味を持つようになりました。

    「逃げる兎」には、「枠の外に出るほど、とても速い」という意味合いがあります。

    転じて、「秀逸」という言葉の由来は「枠の外に出るほど優れている」という意味で用いられるようになったのです。

    2.「秀逸」の使い方と例文

    秀逸の使い方

    「秀逸」の意味・語源を確認したところで、次に使い方・例文を紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「秀逸」の使い方

    「秀逸」は、「秀逸である」「秀逸な~」といった使い方がされます。

    ポイントは、「良い」という言葉を、 「他のものと比較して素晴らしい」という表現をしたいときに使うことです。

    また「秀逸」は、主に「創作物」「能力」対象に使う言葉になります。

    2-2.「秀逸」の例文

    「秀逸」の例文を、以下の3つの表現に分けて紹介します。

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

    「秀逸な~」

    「秀逸な~」の後ろには、「アイディア」「芸術作品」などの言葉と一緒に使用されます。

    加えて、「抜きん出ていること」を表現するために、文章を構成する際には「ジャンル・集団」を指定しておくと、より分かりやすい表現になります。

    ①の例文では、「数ある~中でも」という表現を用いて、「抜きん出ていること」を強調することが出来ます。

    <例文>

    1. 数あるミステリー小説の中でも、ここまで伏線を回収する秀逸な作品はない。
    2. 秀逸な本のタイトルに惹かれ、時間を忘れて読みふけってしまった。

    「秀逸である」「秀逸だ」

    「秀逸である」「秀逸だ」などの表現は、文尾で使用することが出来ます。

    「秀逸な~」と表現するよりも、「秀逸である」と言い切った方が、 「優れた印象」を文章に与えることが可能です。

    例文では、「まさに」「言うまでもなく」という表現を用いて、さらに「秀逸である」ことを強調しています。

    <例文>

    1. 社会問題と政治問題を風刺したあのコメントは、まさに秀逸である。
    2. ファッションショーに出演する洋服たちは、言うまでもなく秀逸だ

    「秀逸と」

    「秀逸と」には、伝聞調で 「優れていること」を伝えることが可能です。

    そのため、「秀逸と」の後には、「~され」といった様に「受動的」な言葉と組み合わせて使用することになります。

    例文のように、「評価される」「言われる」といった表現を用いて、「一般的に秀逸と認識されていること」を説明することが出来るのです。

    <例文>

    1. 秀逸だと評価された映画は、日に日に来場者数を増やしていった。
    2. 秀逸であると言われ続けた文学作品には、現代でも通じる価値があるのだろう。
  • スポンサーリンク

  • 3.「秀逸」の注意点

    秀逸の注意点

    具体的な使い方・例文を紹介しましたので、ここからは「秀逸」の注意点について紹介してきます。

    「秀逸」のよくある間違いは、以下の2つのケースです。

    1. 人物を対象に取ること。
    2. 他のジャンルと比較すること。

    「秀逸」は、 「作品」「能力」を対象に取る言葉のため、「秀逸な人」という表現は間違いになります。

    歌手を例に説明すると、「秀逸」を使う場合は「秀逸な歌声を持つ人」と言い換えることが出来るのです。

    また、「秀逸」は他のジャンルと比較して使用することはできません。

    例えば、「彼の才能は、文学より美術の方が秀逸である。」といった表現は間違いになります。

    「秀逸」を使う場合は、「彼の美術作品は、他の美術作品より秀逸である」というように、同じジャンルの中で比較する必要があるのです。

    4.「秀逸」の類義語と対義語

    秀逸の類義語

    「秀逸」の使い方を紹介しましたので、次からは類義語と対義語を紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.「秀逸」の類義語

    「秀逸」の類義語は、主に以下の3つです。

    それぞれの類義語について、例文と一緒に意味を紹介していきます。

    「傑出(けっしゅつ)」の意味

    「傑出(けっしゅつ)」には、 「他から飛びぬけて優れていること」という意味があります。

    「傑出」の由来は、「傑」の似たような形をしている言葉である「磔(はりつけ)」にあり、そこから「はりつけられて高い様子」から「優れている」という意味をもちました。

    <例文>

    • 彼は、同年代の美術界において、最も傑出した絵画を描いたことで知られている。

    「抜群(ばつぐん)」の意味

    「抜群(ばつぐん)」には、 「多くの物の中でずば抜けて優れていること」という意味があります。

    「秀逸」との比較を言うと、「抜群」は口語的に使われる表現ですので、日常的なコミュニケーションでは「抜群」を使うといいでしょう。

    <例文>

    • 早めにテスト勉強を始めたので、他の生徒よりも抜群の成績を残すことが出来た。

    「非凡(ひぼん)」の意味

    「非凡(ひぼん)」には、 「一般の人よりずっと優れている」という意味があります。

    「秀逸」の使い方では、主に「創作物」を対象とした使い方多いですが、「非凡」では「非凡の才能」のように、「能力」を対象に使われるケースが多いです。

    <例文>

    1. 彼は若いころから非凡な才能を持っており、今では世界の第一線で活躍している。

    4-2.「秀逸」の対義語

    「秀逸」の対義語には、主に以下の3つです。

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を紹介していきます。

    「劣等(れっとう)」の意味

    「劣等(れっとう)」には、 「普通よりずっと劣った程度・等級であること」という意味があります。

    最も頻出する表現として「劣等感を抱える・抱く」という表現がありますが、「秀逸な作品」に対する感情表現としても使えるので、セットで覚えておくと良いでしょう。

    <例文>

    同期の秀逸な作品を見て、作家を目指す者として劣等感を抱えてしまった。

    「劣悪(れつあく)」の意味

    「劣悪(れつあく)」には、 「性質・状態などがひどく劣っていて悪いこと」という意味があります。

    「劣」と「悪」は、どちらも否定的な言葉を持つ繰り返し表現になるので、「劣等」よりも「強く劣っている様子」を印象づけることが出来るのです。

    <例文>

    劣悪な労働環境で働き続けたため、通院が必要だと医者に宣告された。

    「平凡(へいぼん)」の意味

    「平凡(へいぼん)」には、 「これといった優れた特色もなく、ごく当たり前なこと」という意味があります。

    「劣等」「劣悪」と異なり、「平凡」には否定的な意味合いがありませんが、「秀逸」「非凡」との対比表現の中で、「普通であることを強調」することが出来る言葉です。

    <例文>

    彼は、国語では傑出した才能の持ち主だが、数学では平凡な成績だった。

  • スポンサーリンク

  • 5.「秀逸」の英語表現

    秀逸の英語表現

    最後に、「秀逸」の英語表現を紹介していきます。

    「秀逸」の英単語は、以下の2つがあります。

    それぞれについて、例文と合わせて詳しく解説していきます。

    5-1.「excellent」

    「excellent」は、 直訳で「素晴らしい」という意味があります。

    例文では、語尾に「as excellent」という表現を用いて、前の文章全体に「秀逸として」という意味合いを与えることが出来ます。

    <例文>

    That novel was selected as excellent.

    (あの小説は、秀逸として選に入った。)

    5-2.「superb」

    「superb」は、 直訳で「見事である」という意味があります。

    「superb」と「excellent」は、基本的に同じ意味として使われますが、「superb」の方が非日常的な使い方なので、より「秀逸」であることを表現できます。

    <例文>

    The function are not so great, but the design is superb.

    (機能は良くないが、デザインは秀逸です。)

    まとめ

    「秀逸」とは、 「他のものよりぬきんでてすぐれていること。また、そのさま。」を意味する言葉です。

    「秀逸」の注意点は、 「人物」には使えないところです。

    「作品」や「能力」を対象に使用して、褒め言葉としてうまく使っていきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事