【1分でわかる!】「携わる」の正しい意味と使い方を解説

携わるの意味とは ビジネス用語

「携(たずさ)わる」は「あることに関係する・従事する」という意味です。

ビジネスメールや志望動機で「仕事に携わる」といった形で用います。

社会人は使う機会が多い言葉なので、しっかり習得しておきましょう。

本記事は「携わる」の正しい意味と使い方をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてください。

1.「携わる」の意味

「携わる」の意味は以下の通りです。

「あることに関係する・従事する」

「携」という字は「手に持つ」という意味と「手を取り合う」という意味があります。

このように「携わる」という言葉は、単純に関わっているのではなく「(手を取り合いながら)関わっていく」というニュアンスを含んでいます。

2.「携わる」の使い方・例文

「携わる」の使い方と例文を見ていきましょう。

例:これからも介護関係の仕事に携わっていきたいと思います

この例文は「これからも介護関係の仕事に関係していきたいと思う」という意味を表します。

「携わる」は「自分が何かの役割を担ってその物事に関わっている」という意味を含んだ言葉です。

そのため「携わる」という言葉は、自分一人でしかしていない作業の時には使用しません。

  • スポンサーリンク

  • 「携わる」を目上の人に使う場合

    「携わる」を目上の人に使う場合「携わられる」という尊敬語で使用することができます。

    例文を見ていきましょう。

    例:その案件は部長が携わられています

    この例文は「その案件は部長が関わりを持っておられます」という尊敬語の表現になります。

    目上の人に「携わる」を使用する場合は、尊敬語の「携わられる」を使いましょう。

    「携わる」と「関わる」の違い

    「関わる」は「物事や組織、人などと何らかの関係を持つ」という意味があります。

    「携わる」と「関わる」の違いは「携わるの方がより関わり合いが深い」という点です。

    「関わる」は「ある物事に一回でも関係したことがある場合」でも使用されます。

    その点「携わる」は「ある物事に仕事として関係している」という意味を含むため「関わる」に比べ、より関わり合いが深い言葉です。

    いくつか例文を見ていきましょう。

    例1:新入社員として、先輩の元、新たなプロジェクトに関わった

    例2:企画部長として、私も新たなプロジェクトに携わった

    この例文の場合「携わる」の方が「その仕事に対してより関係している」という意味を表します。

    つまり、例1の人より例2の人の方がその仕事により関わっている、という事です。

    「関わり合いが深い」仕事には「関わる」ではなく「携わる」を使いましょう。

  • スポンサーリンク

  • 履歴書で使える!「携わる」の例文集

    「携わる」は、志望動機によく用いる言葉です。

    履歴書で使える例文をいくつか見ていきましょう。

    例1:アルバイトで4年間接客業をしておりました。この経験を活かし、御社に入社したら営業の仕事に携わりたいと思っています

    例2:これまで英語関係の仕事に携わっておりました。海外勤務もある御社で、これまで培ってきた英語の経験を活かしたいと考えています

    例3:自分の病気をきっかけに、医療に携わりたいと思うようになりました

    志望動機で「携わる」を使用する場合は「どうして携わりたいのか」という事を聞かれます。

    理由と合わせて「携わる」を使用するようにしましょう。

    また、これまで自分が経験を積んできた事に対しても「携わる」を使うことができます。

    自分の経験や強みをアピールする場合は「今まで○○に携わっていたので、○○には自信があります」のように使いましょう。

    3.「携わる」の類義語

    携わるの類語

    「携わる」の類義語は以下の通りです。

    身を投じる

    「身を投じる」は「物事に打ち込む」という意味です。

    「趣味に身を投じる」「仕事に身を投じる」などで用います。

    例:金融業界に身を投じている
    ⇔金融業界に携わっている

    この例文は「金融業界に深い関わりを持っている」という意味です。

    「身を投じる」の語源は、体を投げ出すことなので「思い切って関わる」「ある特定の世界に入っていく」という意味を含んでいます。

    そのため 「携わる」よりも覚悟を持って物事に打ち込む様子を表す言葉です。

    「思い切ってある物事に打ち込んでいる」という場合は「身を投じる」を使用しましょう。

    関与する

    「関与する」は「関係をもち、そのことにあずかること」という意味です。

    例:彼女は政治に関与していた
    ⇔彼女は政治に携わっていた

    この例文は「彼女は政治に関わりを持っていた」という意味を表します。

    「関与」は「人や組織がある物事」に対して用いる言葉です。

    「携わる」は何かの役割を担って関係していますが、「関与」は役割がない場合でも使用できます。

  • スポンサーリンク

  • 4.「携わる」の英語表現

    携わるの英語表現

    「携わる」の英語表現は以下の通りです。

    • participate(関係する、~に参加する)
    • take part in(貢献する、~に参加する)

    例文を見ていきましょう。

    例1:I participate in politics.(私は政治に携わっています)

    例2:He can participate in that conference.(彼は会議に参加できます)

    例3:We all participated in the fund drive.(我々全員募金活動に携わった)
    ⇔We all took part in the fund drive.

    「participate in ○○」にすることで「○○に携わっている、参加する」という意味になります。

    例3のように、「貢献する」というニュアンスを含んだ「携わる」を使う場合は「take part in ○○」を使用しましょう。

    まとめ

    「携わる」は「あることに関係する・従事する」という意味です。

    志望動機で使う場合は「どうしてその仕事に携わりたいのか」理由までしっかり記載するようにしてください。

    「携わる」はビジネスシーンや志望動機でよく使われる言葉です。

    ぜひ習得してくださいね。

     

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%