三菱電機に転職するには?社員の口コミや企業・採用情報について解説

一般転職

「三菱電機」と言えば、誰もが知っている日本の大手総合電気メーカーです。

日本企業の中でも、高い評判と待遇を兼ね備え、最先端のテクノロジー開発に携われるのならば、転職したいと考える方も多いと思います。

ですが、実際に三菱電機に転職を考えたとき、このような疑問が生まれませんでしたか?

「三菱電機に自分は転職できるのだろうか?」

そこで今回は、三菱電機に転職するあたり、必要な採用情報や転職後の平均年収、おすすめの転職エージェントについて解説を行っていきます。

三菱電機に転職を成功させたい方は、ぜひ最後までご一読ください。

スポンサーリンク

1.三菱電機に転職した人の口コミ・評判

ますは、三菱電機の社員の口コミを確認してみましょう。

仕事のやりがい


営業系/男性

高い技術力と市場ニーズの高い製品を数多く作っているため、お客様から高い評価をいただくことは非常に多い。

(引用:カイシャの評判)

  • スポンサーリンク

  • 将来性について


    営業系/男性

    製品群は「家庭から宇宙まで」であり、日本のインフラに関わるものには大半三菱電機製品が納入されているので、今後海外のシェアをどう増やしていくかが鍵だと考える。

    (引用:カイシャの評判)

    休暇の取りやすさ


    営業系/男性

    とにかく休みが多い。日本一休みの多い(取れる)会社と聞いたことがある。事業部によっては長期連休は毎回10連休程で、月1回の有給休暇所得が会社から推奨されている。

    (引用:カイシャの評判)

  • スポンサーリンク

  • 給与について


    営業系/男性

    世間一般よりは多くもらえていると思う。30歳で600万程度と、大企業の中でも製造業としては高い方だと思う。

    (引用:カイシャの評判)

    社風について


    営業系/男性

    典型的な年功序列制度。若いのに出世はまずありえない。この歳で課長、この歳で部長とキャリアプランがすべて決まっている。会社が理想とする人生のモデルケースがあり、それに沿った福利厚生の構成となっている。仕事もプライベートもとにかく安定重視の会社。

    (引用:カイシャの評判)

    三菱電機の社員の口コミには、大手製造メーカーの中でも高い給与水準や、休暇の取りやすさに満足しているという感想が多く見られました。

    また、技術力の高さや、幅広い事業内容に対して、自信と誇りを持っている社員が多いです。

    しかしその一方で、「実力があっても若手のうちから出世することはない」という、古い企業体質に対する不満の声もありました。

    実力主義の企業ではなく「安定していてワークバランスの取りやすい環境で働きたい」と考えている人に適した企業と言えます。

  • スポンサーリンク

  • 2.三菱電機への転職って結局どうなの?

    この項では、三菱電機の転職で知っておきたい情報をまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

    転職難易度は高い

    三菱電機は、知名度の高い大企業なので、優秀な人物がたくさん応募してくるため、転職難易度は高いと言えます。

    さらに、中途採用の場合は、優秀なだけではなく「会社の即戦力」となるスキルが求められます。

    しかし、中途採用の募集は年間を通して積極的に行っていますので、自分のスキルや経験に自信のある方にはぜひ挑戦してください。

  • スポンサーリンク

  • 求められる人物像

    • 強い意志を持ち、自ら行動する人

      物事には必ず始まりがある。どんなに大きな社会課題でも、解決の起点となるのは、何よりもまず一人ひとりの強い意志と行動力です。

    • 周囲と協働し、より大きな力を生み出す人

      個人の力には限界がある。多様な個性を持った一人ひとりの力をかけ合わせることで、新たな力が生まれ、大きな困難にも立ち向かえるのです。

    • やりとげる責任感を持つ人

      簡単にできることは誰かがやっている。逆境にぶつかっても粘り強く挑戦をつづける姿勢、やりとげる責任感が様々な社会課題の解決につながるのです。

    引用:「採用メッセージ

    三菱電機のような大企業では、チームを組んで一つの業務を成功させるというプロジェクトも多いため、個々の能力の高さに加え、チームワークの良さも重要になります。

    また、何十年という長いスパンでのプロジェクトも多いため、一つの問題に対して根気強くやり遂げることのできる人材が求められています。

    三菱電機の面接を受ける際には、チームワークの良さや粘り強い精神力について、具体的なエピソードをまとめておくと良いでしょう。

    3.三菱電機に転職するなら知っておきたい企業情報

    次に、三菱電機の企業情報についてご紹介します。
    会社名 三菱電機株式会社
    本社住所 東京都千代田区丸の内2-7-3
    本社電話番号 03-3218-2111(代表)
    代表者 杉山武史
    設立 1921年1月15日
    資本金 175,820百万円
    発行済株式数 2,147,201,551株

    引用:「プロフィール

    企業理念

    三菱電機グループは、技術、サービス、創造力の向上を図り、活力とゆとりある社会の実現に貢献する。

    引用:「企業理念

    三菱電機のコーポレートステートメントである”Changes for the Better”からも分かるように、常により良い技術やサービスを追求するという目標を掲げています。

    三菱電機に転職を考えているなら、この企業理念をふまえて、転職活動に臨みましょう。

    事業内容

    引用:「プロフィール

    三菱電機では、次のように多岐に渡る分野の事業活動を行っています。

    産業メカトロニクス
    三菱電機の産業用ロボットやカーナビゲーションシステムは、全世界に製品を提供している部門です。
    三菱電機では、産業メカトロニクス部門の売上の割合が最も多く、利益率も最も高いことから、三菱電機の事業の中核を担っています。
     
    重電システム
    三菱電機の重電システムの中で、私たちにとって身近な製品と言えるのが、エレベーターやエスカレーターです。
    三菱製のエレベーターは、オフィスビルや商業施設、マンションに至るまで、幅広く展開されています。
    代表的な製品は、全照明LED化で省エネ対策をしつつ、機能性やデザイン性にこだわった「AXIEZ(アクシーズ)」やオーダーメイドで製造する「NEXCUBE」など。
    エスカレーター、エレベーターともに、照明のLED化で環境対策にも配慮しつつ、機能性や安全面も追及した製品を開発しています。
     
    家庭電器
    私たちにとって一番なじみ深いのが、この家庭電器部門です。冷蔵庫やエアコン、液晶テレビなど、さまざまな電化製品を開発・製造しています。特にエアコンの「霧ヶ峰」などの空調機器は、世界でも需要がある製品で、欧米や中国などにも製造・供給しています。
     
    情報通信システム
    顧客企業に対し、情報システムの提供から運用管理を行っている部門です。
    宇宙事業にも携わっており、人工衛星の製造や運用を行っています。2017年時点で、約60機の人工衛星を製造するなど、560以上の衛星プログラムに参画しています。
     
    電子デバイス
    小型の半導体などを開発・製造し、あらゆる製品の高性能化に寄与しています。SiCパワーモジュールを世界で初めて搭載したエアコンを製品化したのは三菱電機であり、最先端の技術で開発と製造を行っています。
     
    三菱電機は、家庭用の掃除機などの小型製品から、宇宙関連事業まで、幅広い事業活動を行っているのが特徴です。
     
    転職者にとって、さまざまな事業の中から「働きたい分野を選べる」というのは、大きな魅力ではないでしょうか。

    平均年収

    次に、三菱電機の平均年収を見てみましょう。

    2018年3月期の有価証券報告書によると、三菱電機の平均年収は816.9万円です。

    日本の正社員の平均年収が493.7万円なので、比較すると高い平均年収と言えます。

    三菱電機の年収について、もっと詳しく知りたい方は、次の記事を参考にして下さい。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    業績

    三菱電機年度別売上高の推移棒グラフ

    引用:「ニッポンの数字

    三菱電機の売上高はやや上昇傾向にあり、業界内での売上高ランキングでは、日立、ソニー、パナソニックに次いで4位となっています(2019年度)

    また、全世界に向けたビジネス展開をしていますので、グローバルビジネスに関心のある方に向いている企業と言えます。

    他の企業についても調べてみたい方は、次の記事をチェックしてください。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    今後の成長性

    三菱電機は、売上額が4兆円を超える巨大企業であり、社会インフラや防衛、宇宙開発事業など、国家の繁栄に関わる産業を担っていることから、潰れることはまず考えられません。

    また2008年には、長年に渡り事業の一角を担ってきた「携帯電話事業」から即座に撤退しています。

    三菱電機は、今後の進展が見込めない事業からはサッと撤退するという、シビアな一面も持っています。

    日本企業においては、自社が大切に育ててきた事業を「切る」というのは珍しいことですが、採算を重視する欧州においては当たり前の慣習です。

    ひとつの事業に対し、シビアに今後の業績を見極められる三菱電機は、今後も成長を遂げていくことが予想されます。

    社風

    三菱電機は、積極的に新しい技術に挑むいう社風です。

    責任感が強く「何ごとも最後までやり遂げる」というタイプの人にとっては、自己のスキルを活かすことができる環境と言えます。

    また、積極的に会社を良くしようというポジティブシンキングな人にピッタリの企業です。

    4.三菱電機の採用情報

    三菱電機の中途採用情報をご紹介します。

    中途採用は様々な分野を募集している

    三菱電機では、以下のようにさまざまな職種を募集しています。

    年度 売上高
    2015年 43,230億円
    2016年 43,944億円
    2017年 42,387億円
    2018年 44,444億円
    2019年 45,199億円
    事務系職種
    • 知的財産管理
    • 海外営業
    • 経理・財務
    • 資材
    • 人事・総務  など

    技術系職種

    • モータの研究開発
    • システム開発・設計
    • パワーモジュール組立技術開発
    • ソフトウェア開発・設計
    • 電機設計  など

    引用:「募集職種

    特に技術職の募集においては、「家庭用エアコンの設計から発電用プラントの設計」まで、さまざまな分野の経験者を求めており、自分のキャリアに合った職種を見つけやすいという特徴があります。

    勤務地は事業内容により異なる

    三菱電機の拠点は全国各地にありますが、事業内容がそれぞれ異なるため、求職者は携わりたい事業から勤務地を選択します。

    宇宙関連事業 神奈川県鎌倉市
    エレベーターや制御装置 愛知県名古屋市
    発電プラント事業 兵庫県神戸市、神奈川県横浜市、長崎県長崎市
    鉄道車両システムエンジニアリング 兵庫県伊丹市
    インフラ事業者向けのソリューション提供 兵庫県神戸市
    太陽光発電システム 岐阜県中津川市
    エアコンや冷蔵庫の製造 静岡県静岡市、和歌山県和歌山市

    拠点情報」より一部抜粋

    また、三菱電機のような大企業には非公開求人が多く存在しており、企業の採用ページに記載している求人以外にも、転職エージェントなどを利用しなければ見ることのできない求人も多いです。

    次の章からは、三菱電機におすすめの転職エージェントをご紹介します。

    5.三菱電機の転職におすすめな転職エージェント

    三菱電機に転職するなら、「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

    転職エージェントは、経験豊富なキャリアアドバイザーやコンサルタントが在籍しており、面接や書類の書き方など実務的なサポートを無料で受けることが可能です。

    また、転職者の要望やタイプをカウンセリングしたうえで、最適な求人を紹介してくれるメリットもあります。

    三菱電機の公式ホームページから転職活動を進めるよりも、転職エージェントを利用したほうがスムーズで、内定確率も高まる可能性が高いです。

    おすすめの転職エージェントは以下の3つです。

    転職に不安を感じるなら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは、20代や第二新卒といった若手のサポートに力を入れている転職エージェントです。

    マイナビエージェントはアドバイザーが企業の情報を分析しており、企業側が求める人物像や業務の特徴などをこまめに確認しています。

    初めての転職で「転職活動に不安がある」という人はぜひ使ってみてください。

    マイナビエージェントについて詳しく知りたい方は「騙されるな!マイナビエージェントの悪い評判と利用前の全注意点」をご覧ください。

    短期間で転職したいなら「パソナキャリア」

    パソナキャリアは、数少ない技術職の転職に強い転職エージェントです。

    転職エージェントの中では中規模ですが、そのおかげで転職希望者一人ひとりに丁寧に向き合う時間を確保しています。

    連絡がこまめでスピーディなので、短期間で転職したい人におすすめです。

    取り扱い求人は技術職が多めですが、事務職などの求人も扱っています。

    面接対策や書類添削も丁寧に行なってくれるので、初めて転職する人も安心して利用できますよ。

    パソナキャリアについて詳しく知りたい方は「パソナキャリアは使うべき?口コミや評判からわかる特徴を解説」をご覧ください。

    面接が不安なら「doda」

    doda

    doda面接対策に力を入れている転職エージェントです。

    三菱電機では書類選考の後に、2回の面接(一次面接、2次面接)があります。

    「面接で何を聞かれるか」「どのように答えたら面接官の心に刺さるか」など、実践で使えることをアドバイスしてくれるので、面接が不安な方におすすめです。

    自力で面接対策するのが不安という方は、ぜひdodaを使ってみてくださいね。

    dodaについて詳しく知りたい方は「dodaで転職すべき?利用者の評判・口コミからわかった特徴と注意点」をご覧ください。

    まとめ

    最後に、三菱電機についてもう一度復習しておきましょう。

    • 三菱電機は、日本を代表する大手電機総合メーカー
    • 業界内での売上高ランキングは、日立、ソニー、パナソニックに次いで4位
    • 大手製造業の中では給与水準が高いことや、休暇の取りやすさに定評がある
    • 事業所は全国各地にあり、携わりたい事業内容から勤務地を選択する
    • 三菱電機には優秀な人材が多く応募してくるため、転職難易度は高い

    転職難易度の高い三菱電機に転職するなら、転職エージェントを活用した方が有利に転職活動を進められます。

    特に次の3社の転職エージェントは、三菱電機など大手企業の求人が多いので、ぜひ登録しましょう。

    career-picksでは、あなたの転職成功を心から応援しています。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県