ビル管理に必要な資格一覧を紹介!難易度や合格率も徹底解説

Young businessman using his mobile phone. Copy-space on the left
資格

ビル管理に必要な資格一覧は、様々な種類があります。

電気やガス、空調など、ビル管理をするには様々な分野の知識が必要になるからです。

そこで、本記事では ビル管理に必要な資格の難易度や試験内容、資格講座がある学校などを紹介していきます。

この記事を読んでいただければ、ビル管理にはどのような分野の資格があるか知ることができ、自分が受けたいビル管理に必要な資格がわかるようになりますよ。

スポンサーリンク

1.ビル管理に必要な資格一覧

ビル管理に必要な資格は1つではなく、様々な分野の資格が必要になります。

そこで、ここからはビル管理に必要な各分野の資格と、特にどの資格を取得すればいいのかについて、以下の6つを解説していきます。

  1. ビルメンテナンスに関する資格
  2. 電気・ガス関係の資格
  3. 給排水・空調関係の資格
  4. ビル管理資格4点セットについて

それぞれ見ていきましょう。

1-1.ビルメンテナンスに関する資格

第一にビル管理に必要な資格は、ビルメンテナンスに関する資格です。

ビルメンテナンスに関する資格は、 ビルの維持管理についての仕事をするために必要になります。

以下がビルメンテナンスに関する資格一覧です。

  1. 建築物環境衛生統括管理者
  2. 建築物環境衛生管理技術者
  3. 建築物清掃管理評価資格者
  4. 廃棄物管理責任者
  5. ビルクリーニング技能士
  6. 衛生管理者
  7. 空気環境測定従事者
  8. 清掃作業監督者
  • スポンサーリンク

  • 1-2.電気・ガス関係の資格

    第二にビル管理に必要な資格は、電気・ガス関係の資格です。

    電気・ガス関係の資格は、 ビルの電気設備の維持や運用、工事、保安を行うために必要になります。

    以下が電気・ガス関係の資格一覧です。

    1. 電気主任技術者
    2. 電気工事士
    3. 1級電気施工管理技士
    4. ボイラー技士
    5. ガス溶接技能者
    6. エネルギー管理士

    1-3.給排水・空調関係の資格

    第三にビル管理に必要な資格は、給排水・空調関係の資格です。

    給排水・空調関係の資格は、 ビルの給排水装置や空調設備の工事をしたり、保安を行うために必要になります。

    以下が給排水・空調関係の資格一覧です。

    1. 冷凍機械責任者
    2. 管工事施工管理技士
    3. 排水設備工事責任技術者
    4. 給水装置工事主任技術者
  • スポンサーリンク

  • 1-4.ビル管理資格4点セット(ビルメン4点セット)とは

    ビル管理の資格について、どれから取得すればいいのかわからなければ、「ビル管理資格4点セット(ビルメン4点セット)」を先に取得しましょう。

    「ビル管理資格4点セット(ビルメン4点セット)」とは、ビル管理をするのに必要となる基本的な資格のことで、以下の4つを指しています。

    1. 第2種電気工事士
    2. 第三種冷凍機械責任者
    3. 2級ボイラー技士
    4. 危険物取扱者乙種4類

    2.【ビルメンテナンスに関する資格】建築物環境衛生管理技術者

    建築物環境衛生管理技術者とは、 建築物の環境衛生に関する維持管理がなされているか、指導・監督するための資格です。

    面積が3,000㎡以上(学校は8,000㎡以上)の建築物では、建築物環境衛生管理技術者を配置しなければならないと「建築物衛生法」に定められています。

    ここからは、ビルメンテナンスに関する資格である「建築物環境衛生管理技術者」について、以下の4つを解説していきます。

    1. 建築物環境衛生管理技術者の受験資格
    2. 建築物環境衛生管理技術者の難易度と合格率
    3. 建築物環境衛生管理技術者の試験内容
    4. 建築物環境衛生管理技術者の資格講座がある学校

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.建築物環境衛生管理技術者の受験資格

    建築物環境衛生管理技術者は誰でも受験できるわけではなく、 受験資格が定められています。

    受験資格は、以下の用途に供される建築物の当該用途部分で、 環境衛生上の維持管理に関する実務に2年以上従事した人です。

    1. 興行場(映画館、劇場など)・百貨店・集会場(公民館、結婚式場、市民ホールなど)・図書館・博物館・美術館・遊技場(ボーリング場など)
    2. 店舗・事務所
    3. 学校(研修所も含む)
    4. 旅館・ホテル
    5. その他①〜④までの用途に類する用途

    また、建築物の用途に関しては、以下で示すように、 受験資格に該当する用途と、該当しない用途があるので注意してください。

    1. 受験資格に該当する用途:共同住宅、保養所、寄宿舎、保育所、老人ホーム、病院
    2. 受験資格に該当しない用途:倉庫、駐車場、工場(浄水場、下水処理場、清掃工場、製造工場など)

    「建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務」とは、以下の7つのような事務のことです。

    1. 空気調和設備管理
    2. 給水・給油設備管理
    3. 背水設備管理
    4. ボイラー設備管理
    5. 電気設備管理
    6. 清掃及び廃棄物処理
    7. ねずみ、昆虫等の駆除

    2-2.建築物環境衛生管理技術者の難易度:合格率は9%から35%

    建築物環境衛生管理技術者の 合格率は9%から35%と、年度によって大きくバラつきがあります。

    建築物環境衛生管理技術者の合格率が9%だとすると、難関国家資格である弁理士や公認会計士と同じ合格率です。

    35%だとしても、7割弱の人が不合格になるので、資格としては難しい部類になります。

    建築物環境衛生管理技術者の難易度は年度によって大きく変わりますが、どの年度であっても難しいと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.建築物環境衛生管理技術者の試験科目は7つ

    建築物環境衛生管理技術者の試験科目は以下の7つです。

    1. 建築物衛生行政概論
    2. 建築物の構造概論
    3. 建築物の環境衛生
    4. 空気環境の調整
    5. 給水及び排水の管理
    6. 清掃
    7. ねずみ、昆虫の駆除

    2-4.建築物環境衛生管理技術者の資格講座がある学校は「SAT」がおすすめ

    建築物環境衛生管理技術者の資格講座がある学校として有名なのは「SAT」です。

    「SAT」では通学するのではなく、 WEBで講義動画を見ながら学習することができます。

    「SAT」がおすすめである理由は、建築物環境衛生管理技術者資格の受験者には社会人が多いからです。

    社会人だと毎日仕事で忙しく、学校に通学する時間が取れない人がほとんどなので、通学はお勧めできません。

    「SAT」は自宅で動画を見るだけで学習できるので、仕事で忙しい社会人にもおすすめできるのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.【電気関係の資格】第2種電気工事士

    第2種電気工事士の資格は、 建物や施設の電気工事作業を行うために必要となります。

    電気工事士には第1種電気工事士と第2種電気工事士があり、2つの資格の違いは、電気工事を行うことができる 建築物の規模や電圧の大きさです。

    第1種電気工事士は制限がなく、どのような建築物や電圧であっても工事を行うことができます。

    第2種電気工事士は、一般住宅や店舗など、規模が大きくない建物にある 600V以下の電気設備の工事を行うことができます。

    ここからは第2種電気工事士について、以下の4つを解説していきます。

    1. 第2種電気工事士の受験資格
    2. 第2種電気工事士の難易度と合格率
    3. 第2種電気工事士の試験内容
    4. 第2種電気工事士の資格講座がある学校

    それぞれ見ていきましょう。

    3-1.第2種電気工事士の受験資格

    第2種電気工事士には 受験資格がありません。

    そのため、年齢、性別、国籍、学歴、職歴に関係なく誰でも受験することができます。

    3-2.第2種電気工事士の難易度:合格率は40%

    第2種電気工事士試験の 最終合格率は40%程度です。

    第2種電気工事士試験は筆記試験と技能試験に分かれており、筆記試験の合格率が60%、技能試験が70%になっています。

    技能試験は筆記試験の合格者しか受験できないため、最終合格率が40%程度となるのです。

    難関資格というわけではありませんが、半分以上の受験者が不合格になるので、しっかり勉強しないと合格することはできません。

    3-3.第2種電気工事士の試験内容

    第2種電気工事士試験の筆記試験と美脳試験の科目は以下の通りです。

    筆記試験

    • 電気に関する基礎理論
    • 配電理論及び配線設計
    • 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
    • 電気工事の施工方法
    • 一般用電気工作物の検査方法
    • 配線図
    • 一般用電気工作物の保安に関する法令

    技能試験

    • 電線の接続
    • 配線工事
    • 電気機器及び配線器具の設置
    • 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
    • コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
    • 接地工事
    • 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
    • 一般用電気工作物の検査
    • 一般用電気工作物の故障箇所の修理
     

    3-4.第2種電気工事士の資格講座がある学校はユーキャンがおすすめ

    第2種電気工事士試験の資格講座がある学校で有名なのは、ユーキャンです。

    ユーキャンは通学ではなく通信講座のみで学習するので、仕事で忙しい社会人におすすめできます。

    しかし、ユーキャンは通信講座のみといっても、 添削指導をしてくれたり、こちらからメールや郵便で質問することができるのです。

    そのため、ユーキャンは独学だと不安がある人にもおすすめできます。

    4.【給排水・空調関係の資格】第3種冷凍機械責任者

    第3種冷凍機械責任者は、 冷凍に関わる高圧ガスを製造する施設で、保安を行うための資格です。

    冷凍機械責任者の資格は第1種から第3種まであり、それぞれ以下のように扱える冷凍設備の制限が異なります。

    1. 第1種:全ての製造施設における製造にかかわる保安
    2. 第2種:1日の冷凍能力が300t未満の製造施設における製造にかかわる保安
    3. 第3種:1日の冷凍能力が100t未満の製造施設における製造にかかわる保安

    ビル管理の仕事をする場合は、第3種冷凍機械責任者の資格を取得していれば十分だとされています。

    一定規模以上の冷凍設備を有する事業所は、冷凍機械責任者の資格を取得した人の中から冷凍保安責任者を選任し、都道府県知事に届け出なければならないと法律で定められています。

    ここからは、第3種冷凍機械責任者資格について以下の4つを解説していきます。

    1. 第3種冷凍機械責任者の受験資格
    2. 第3種冷凍機械責任者の難易度と合格率
    3. 第3種冷凍機械責任者の試験内容
    4. 第3種冷凍機械責任者の資格講座がある学校

    それぞれ見ていきましょう。

    4-1.第3種冷凍機械責任者の受験資格

    第3種冷凍機械責任者には 受験資格がありません。

    そのため、年齢、性別、国籍、学歴などに関係なく誰でも受験することができます。

    4-2.第3種冷凍機械責任者の難易度:合格率は19%〜47%

    採算種冷凍責任者の合格率は年度によって大きく異なり、 高い年度で47%、低い年度で19%となっています。

    ただ、全体的に見てみると、 合格率40%程度になる年度が多いです。

    一般的には、合格率40%の試験は難関とは呼ばれません。

    ただ、それでも半数以上の人が不合格になるので、真面目に勉強しないと合格するのが難しいです。

    4-3.第3種冷凍機械責任者の試験科目は2つ

    第3種冷凍機械責任者の試験科目は以下の2つです。

    1. 高圧ガス保安法に係る法令
    2. 冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術

    4-4.第3種冷凍機械責任者の資格講座がある学校は「JATEX」がおすすめ

    第3種冷凍機械責任者の資格講座がある学校で有名なのは「JTEX」です。

    「JTEX」は、技能・技術系の資格に専門特化した学校で、通学ではなく通信講座しかないのが特徴となっています。

    通信講座といっても、受講者には質問券が配布され、 質問券の回数分だけ質問できるようになっています。

    独学だと、わからないところがあると挫折しがちですが、「JTEX」では質問できることで疑問点を解消しながら学習を進めることができます。

    5.【ガス関係の資格】2級ボイラー技士

    2級ボイラー技士は、 空調や温水ボイラーの操作・点検を行うための資格です。

    ボイラー技士には特級、1級、2級の3種類があり、扱えるボイラー設備の伝熱面積の違いがあります。

    2級ボイラー技士は、伝熱面積が25㎡のボイラー設備を取り扱うことができます。

    ここからは2級ボイラー技士資格について、以下の4つを解説していきます。

    1. 2級ボイラー技士の受験資格
    2. 2級ボイラー技士の難易度と合格率
    3. 2級ボイラー技士の試験内容
    4. 2級ボイラー技士の資格講座がある学校

    それぞれ見ていきましょう。

    5-1.2級ボイラー技士には受験資格がない

    2級ボイラー技士試験は 受験資格がありません。

    そのため、年齢、性別、学歴、職歴に関係なく誰でも受験することができます。

    5-2.2級ボイラー技士の難易度:合格率は50〜60%

    2級ボイラー技士の 合格率は50〜60%程度です。

    半数以上の受験者が合格できるので、易しい試験であると言えます。

    5-3.2級ボイラー技士の試験科目は4つ

    2級ボイラー技士の試験科目は以下の通りです。

    1. ボイラーの構造に関する知識
    2. ボイラーの取扱いに関する知識
    3. 燃料及び燃焼に関する知識
    4. 関係法令

    6.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    ビル管理に必要な資格の分野は幅広く、全ての資格を取得するのは非常に大変です。

    そのため、 まずは 難易度のあまり高くない2級ボイラー技士から順番に取得していくことをおすすめします。

    ビル管理の仕事に興味があるなら、ぜひ今回ご紹介した資格を取得してみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%