人事に役立つ資格5選!試験の難易度や資格取得のメリットを解説

Business situation, job interview concept. Job seeker present resume to managers.
資格

採用・教育・労務管理・人事戦略など、さまざまな役割を担っている人事。

「人事としてキャリアアップしたい」「スキルを身につけたい」と考えている方もいるでしょう。

企業が人事に求めていることは、社員のパフォーマンス向上や組織としての活性化などさまざまです。

その分、「メンタルヘルス・マネジメント検定」「社会保険労務士」など人事として有利になる資格も数多く存在します

本記事では、人事として働くあなたに役立つ資格をご紹介します。

資格の概要や難易度を知り、ぜひ試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

1.現代の人事に求められていること

人事に求められることは、時代とともに変化します。

優秀な人材を確保することはもちろん、ストレスが多い現代では社員のケアや支援も人事の大切な役割です。

かつては人材の採用や教育が人事のメイン業務でしたが、今では労働管理・社員の能力開発をはじめ幅広いスキルが求められているのです。

人事としてのスキルを高めるためには実務をこなすほか、資格を取得することもひとつの手段。

資格取得を目指し、勉強することで専門的な知識が増え、キャリアアップにもつながります。

資格取得を目指す中で培った知識は、毎日の実務でも活かすことができるでしょう。

では、人事にはどのような資格がおすすめなのでしょうか?

2.人事に有利な資格5選

本記事で紹介する資格の一覧です。

難易度や役立ち度をまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

  評価 概要
メンタルヘルス・マネジメント検定
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 役立ち度:★★★☆☆
メンタルヘルスケアに関する検定
社会保険労務士
  • 難易度:★★★★★
  • 役立ち度:★★★★★
労働管理等に関する資格
人事総務検定
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 役立ち度:★★☆☆☆
人事・総務の知識に関する検定
キャリアコンサルタント
  • 難易度:★★★☆☆
  • 役立ち度:★★★★☆
キャリアコンサルティングに関する資格
衛生管理者
  • 難易度:★★★★☆
  • 役立ち度:★★★★☆
健康・衛生管理に関する資格

次の章からは、それぞれの資格について詳しく解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3.メンタルヘルス・マネジメント検定

    メンタルヘルス・マネジメント検定は、「大阪商工会議所」「施行商工会議所」が主催しています。

    どのような資格なのか、詳しくチェックしていきましょう。

    3‐1.社員の心のケアに役立つ資格

    メンタルヘルス検定は、社員の心のケアに役立つ資格です。

    メンタルヘルスケアの知識・対処を習得することが目的であり、以下3つのコースが設けられています。

      対象 目的
    Ⅰ種(マスターコース)
    • 人事労務管理スタッフ
    • 経営幹部
    社内のメンタルヘルス対策の推進
    Ⅱ種(ラインケアコース)
    • 管理職
    部下のメンタルヘルス対策の推進
    Ⅲ種(セルフケアコース)
    • 一般社員
    自らのメンタルヘルス対策の推進

    メンタルヘルスやストレスに関する知識が身につくため、社員の心の不調を未然に防ぐことに期待できます。

    とくに「Ⅱ種(ラインケアコース)」は上司として部下のメンタルヘルス対策に役立つため、心の問題が起きた時にも適切に対処できるようになるでしょう。

    ストレス社会といわれる現代で、需要が高い資格ですね。

  • スポンサーリンク

  • 3‐2.受験資格と試験について

    引き続き、受験資格と試験についてチェックしていきましょう。

    受験資格

    メンタルヘルス・マネジメント検定に、受験資格は設けられていません。

    学歴・年齢・性別・国籍問わず、希望のコースを受験できます

    試験概要

    出題内容としては、以下が挙げられます。

    • ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    • 心の健康問題をもつ復職者への支援の方法
    • メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
    • 職場環境等の評価および改善の方法など

    ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識をはじめ、おもに厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」から構成されています。

    コースによって出題内容が異なるので要確認です。

    詳しい出題内容・受験料・受験地などを知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    メンタルヘルス・マネジメント検定試験

    3‐3.試験の難易度・合格率

    引き続き、試験の難易度・合格率についてチェックしていきましょう。

    合格率
    Ⅰ種(マスターコース) 約20%
    Ⅱ種(ラインケアコース) 約65%
    Ⅲ種(セルフケアコース) 約86%

    上記は、第25回の公開試験の合格率です。

    Ⅲ種・Ⅱ種は合格率が高めですが、I種は20%と低めですね。

    人事の方ににおすすめのⅡ種の難易度はそれほど高くありませんが、1ヶ月程度は参考書などで勉強することをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 4.社会保険労務士

    社会保険労務士試験は、厚生労働大臣の委託を受けた「全国社会保険労務士会連合会」が管轄しています。

    どのような資格なのか、詳しくチェックしていきましょう。

    4‐1.労務管理など幅広く役立つ資格

    国家資格である社会保険労務士の資格を取得すると、労働・社会保険の問題の専門家と認められます。

    労働関係の問題を解決したり、労働管理の相談を行うにあたって役立つ資格です。

    人事が目指す資格の最高峰とも言われており、キャリアアップを図りたい方からも人気があります。

    また、社会保険に関する手続きなど独占業務があることから需要が高く、将来的に独立を考えている方が取得するケースも少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • 4‐2.受験資格と試験について

    引き続き、受験資格と試験についてチェックしていきましょう。

    受験資格

    社会保険労務士試験の受験資格は、以下の通りです。

    • 大学、短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業した者
    • 修業年限が2年以上かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間(62単位)以上の専修学校の専門課程を修了した者
    • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員、または従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
    • 行政書士となる資格を有する者

    受験資格は、「学歴」「実務経験」「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」に分かれています。

    受験資格の詳細については、公式サイトを参照してください。

    社会保険労務士試験の受験資格

    試験概要

    試験科目としては、以下が挙げられます。

    • 労働基準法及び労働安全衛生法
    • 労働者災害補償保険法
    • 雇用保険法
    • 労務管理その他の労働に関する一般常識
    • 社会保険に関する一般常識
    • 健康保険法
    • 厚生年金保険法
    • 国民年金法

    さまざまな分野から出題されるため、幅広い知識を身につけることができるでしょう。

    受験料・受験地などを知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    社会保険労務士試験オフィシャルサイト

    4‐3.試験の難易度・合格率

    引き続き、試験の難易度・合格率についてチェックしていきましょう。

    社会保険労務士試験の合格率は、6~8%程度

    数ある資格の中でも、かなり難易度が高いです。

    問題集などでの独学だけでなく、スクールや通信講座の受講をおすすめします。

    みんなが欲しかった! 社労士 合格へのはじめの一歩 2019年度 (みんなが欲しかった! 合格へのはじめの一歩シリーズ)
    • 貫場 恵子
    • 価格   ¥ 1,650
    • 販売者 株式会社アイジーシーコーポレーション【毎日出荷しています】
    今すぐチェック
  • スポンサーリンク

  • 5.人事総務検定

    人事総務検定は、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会」が主催し、「LEC」が指定講習実施団体として実施しています。

    どのような資格なのか、詳しくチェックしていきましょう。

    5‐1.スキルアップに役立つ資格

    人事総務検定は、人事・総務部の知識や実務能力に関する検定です。

    人事だけでなく、労務管理など総合的な知識を深めることができるため「スキルアップしたい」「人事に異動したい」と考えている方におすすめです。

    また、人事総務検定は以下3つのレベルが設けられています。

      レベル
    1級 課長レベル
    2級 主任レベル
    3級 担当者レベル

    2級・3級に関しては、特別認定講習を修了するだけで取得できます。

    3級合格で「人事総務リーダー」、2級合格で「人事総務エキスパート」と名乗ることができますよ。

    気軽に取得できて、アピールにもつながる魅力的な検定と言えるでしょう。

    5‐2.受験資格と試験について

    引き続き、受験資格と試験についてチェックしていきましょう。

    受験資格

      受験資格
    1級 2級に合格し、協会登録有効期間中である者
    2級 3級に合格し、協会登録有効期間中である者
    3級 特になし

    一度協会へ登録していても、継続更新研修を受講しなければ登録が失効してしまうため注意が必要です。

    試験概要

    講座・試験のおもな内容としては、以下が挙げられます。

    • 労働基準法・労働安全衛生法
    • 年金(給付)
    • 労働者災害補償保険法
    • 労働諸法と労務管理
    • 税の知識など

    社会保険労務士試験の出題範囲と重複している部分があるため、「ゆくゆくは社会保険労務士の資格を取得したい」という方にもおすすめです。

    詳しい試験内容・受験料・受験地などを知りたい方は、以下のサイトをご覧ください

    人事総務検定

    5‐3.試験の難易度・合格率

    引き続き、試験の難易度・合格率についてチェックしていきましょう。

    2級・3級は、特別認定講習を修了するだけで取得です。

    1級に関しては2017年に初回実施されたばかりであるため、合格率は発表されていません。

    1級を受験するためには2級・3級の合格が必須なので、まずは特別認定講座を修了することをおすすめします

    6.キャリアコンサルタント

    キャリアコンサルタント試験は、厚生労働省より登録された試験機関である「JCDA」と「キャリアコンサルティング協議会」が実施しています。

    どのような資格なのか、詳しくチェックしていきましょう。

    6‐1.社員へのアドバイスや指導に役立つ資格

    キャリアコンサルタントは、平成28年4月より国家資格となりました。

    試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することで初めて「キャリアコンサルタント」として名乗ることができますよ。

    能力開発に関する相談にのったりアドバイスを行うスキルが身につくので、社員のキャリア支援に役立つでしょう。

    また、社員の支援を行うことで人材育成にもつながるため、企業へしっかり貢献できる資格です。

    「人事として実績を残したい」という方にもぴったりですね。

    6‐2.受験資格と試験について

    引き続き、受験資格と試験についてチェックしていきましょう。

    受験資格

    キャリアコンサルタント試験の受験資格は、以下の通りです。

    • 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
    • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
    • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
    • 平成28年3月までに実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した者

    「実務経験証明」など、受験資格を証明する書類の提出が必要です。

    受付期間中に、WEBまたは郵送で申請することにより受験資格を得られます。

    試験概要

    試験科目としては、以下が挙げられます。

    • 職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
    • キャリアコンサルティングの理論に関する科目
    • キャリアコンサルティングの実務に関する科目
    • キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
    • キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

    試験では、マークシートによる筆記試験や、ロールプレイによる面接試験が行われます。

    詳しい出題区分・受験料・受験地などを知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    国家資格 キャリアコンサルタント試験(JCDA)

    特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会

    6‐3.試験の難易度・合格率

    引き続き、試験の難易度・合格率についてチェックしていきましょう。

    キャリアコンサルタント試験の合格率は、全体で50%程度

    超難関というわけではありませんが半数は不合格なので、誰でも合格できる易しい試験とは言えないでしょう。

    「絶対に合格したい」という場合は、参考書や問題集での学習と併せてスクールの受講をおすすめします。

    国家資格キャリアコンサルタント試験 学科問題集 第3版
    • 東京リーガルマインド LEC総合研究所 キャリアコンサルタント試験部
    • 価格   ¥ 2,860
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    7.衛生管理者

    衛生管理者試験は、厚生労働大臣が指定した機関である「安全衛生技術試験教会」が管轄しています。

    どのような資格なのか、詳しくチェックしていきましょう。

    7‐1.社員の健康を管理する資格

    衛生管理者は国家資格の一つであり、社員が安全に働くための管理業務を行うことを目的としています。

    人事として過重労働や労働災害を防止する上でも、衛生管理者の資格を取得していることはとても役立つでしょう。

    また、衛生管理者の資格は以下の通り、2種類存在します。

      対応できる業種
    第一種衛生管理者 全ての業種に対応できる
    第二種衛生管理者 金融業、保険業、卸売業、小売業などの一部の業種に対応できる

    50人以上の従業員がいる場合は必ず1人以上の衛生管理者を置くことが義務付けられていますが、資格の種類によって対応できる業種が異なるのでしっかりと確認してくださいね。

    7‐2.受験資格と試験について

    引き続き、受験資格と試験についてチェックしていきましょう。

    受験資格

    衛生管理者試験のおもな受験資格は、以下の通りです。

    • 大学または高等専門学校卒業後、1年以上の実務経験がある者
    • 高等学校を卒業後、労働衛生の実務経験が3年以上ある者
    • 労働衛生の実務経験が10年以上ある者

    上記以外の受験資格の詳細については、公式サイトを参照してください。

    受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)

    試験概要

    試験科目としては、以下が挙げられます。

    • 関係法令(労働基準法、労働安全衛生法)
    • 労働衛生
    • 労働生理

    社会保険労務士試験やメンタルヘルス・マネジメント検定と重複している部分があるため、「複数の資格取得を目指している」という方にもおすすめです。

    受験料・受験地などを知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    公益財団法人 安全衛生技術試験協会

    7‐3.試験の難易度・合格率

    引き続き、試験の難易度・合格率についてチェックしていきましょう。

    合格率
    第一種衛生管理者 約45%
    第二種衛生管理者 約55%

    上記は、2016年度に実施された試験の合格率です。

    大体半数となっており難易度的には「中~上」と判断できるでしょう。

    独学でも学習可能ですが、不安な場合は通信講座やスクールの受講をおすすめします。

    最新7日間完成衛生管理者試験合格塾
    • 臼井 一博, 佐藤 その
    • 価格   ¥ 2,200
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    8.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    人事になるために特別な資格は必要はありませんが、取得して役立つ資格はたくさん存在します。

    ぜひ気になる資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

    資格を取得することで、自身のキャリアアップ・スキルアップにつながりますよ。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?