経営に役立つ資格ランキングを分野別に紹介!難易度や試験内容も解説

Business team at work in modern office
資格

会社を経営したい人にとって役立つ資格には経営系や税務系などの分野があります。

もちろん、税務などの仕事は外部に委託することも可能ですが、経営者自身がそういった知識を持っていると非常に有利になります。

そこで、本記事では 経営に役立つ資格の内容や試験の難易度などをランキング形式で解説していきます。

この記事を読んでいただければ、会社を経営する上で必要な知識や資格について詳しくなることができますよ。

スポンサーリンク

1.経営に役立つ資格とは?

ここからは経営に役立つ資格の分野として、以下の2つを紹介していきます。

  1. 経営系
  2. 税務系

それぞれ見ていきましょう。

経営に役立つ資格①経営系

経営系の資格とは、 経営学をはじめとする経営系の学問知識を身につける資格のことです。

経営学とは、経済学・社会学・心理学などの知識を用いて、どのようにすれば企業が業績や効率性を向上させられるのかを考える学問です。

経営系の資格では、経営学の他にも経済学や経済政策、財務、会計、経営法務などについて学びます。

経営系の資格には、例として以下のようなものがあります。

  • MBA
  • 中小企業診断士
  • 経営士
  • 社会保険労務士
  • IPO実務検定
  • 中小企業組合士
  • 経営者検定試験
  • 与信管理士認定試験
  • 医療経営コンサルタント資格
  • 経営労務コンサルタント
  • 人事総務検定
  • スポンサーリンク

  • 経営に役立つ資格②税務系

    税務系の資格とは、 会計、財務、簿記、財務諸表といった税務に関する知識を身につける資格のことです。

    会社を経営する上で税務が重要であるのは言うまでもありません。

    しかし、経理部の社員に仕事をさせるだけでなく、経営者自身が税務の知識を持っていることも重要です。

    なぜなら、税務に関して間違いがあれば、最悪の場合は脱税になり、犯罪になってしまうからです。

    また、税金をいかにして節税をするかも経営をする上では重要です。

    節税効果によって設備投資や広告宣伝費などの経営方針も変わってくるからです。

    税務に関する資格には、例として以下のようなものがあります。

    • 公認会計士
    • 税理士
    • 日商簿記
    • 国際会計基準検定
    • 農業簿記検定
    • 会計ファイナンシャル検定
    • プロフェッショナルCFO検定
    • コンピュータ会計能力検定
    • 消費税法能力検定
    • 所得税法能力検定

    2.経営に役立つ資格TOP3【経営編】

    ここからは経営に役立つ資格ランキングとして、以下の1位から3位までを解説していきます。

    順位 資格名
    1位 MBA
    2位 中小企業診断士
    3位 経営士

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 【1位】MBA

    経営に役立つ資格の第一位に挙げられるのがMBAです。

    MBAとは「Master of Business Administration」の頭文字を取った名称で、 経営学に関する国際資格です。

    日本では大学院の「経営学修士」がMBAにあたります。

    MBAを取得するには、「MBA教育機関」で学ぶ必要があります。

    「MBA教育機関」は、ハーバード大学やスタンフォード大学といった名門大学を始め、世界中に1,400校以上あります。

    アメリカでは上場企業の部長職の6割がMBAを取得しており、世界で戦える経営者を目指すなら必須の資格であると言えます。

    MBAの難易度と合格率

    MBAは大学院を卒業すれば取得できる資格なので、合格率はありません。

    MBAの大学院に入学する難易度も、大学院によって様々なので一概には言えません。

    世界にはMBAを取得できる教育機関が1,400校以上あるからです。

    また、MBAでは学力試験だけでなく、履歴書や課題エッセイが重視されるため、他の資格試験と単純に難易度を比較することはできません。

    しかし、一般論として言えば、MBAを取得することは 日本で経営学修士を取得するよりもはるかに難しいとされています。

    MBAの試験内容

    MBAの学力試験には、以下の2つがあります。

    1. TOEFL
    2. GMAT

    「TOEFL」は「外国語通訳検定試験」のことで、英語の通訳能力を試されます。

    「GMAT」では以下の4つの分野で構成されています。

    1. AWA
    2. Integrated Reasoning
    3. Math 
    4. Verbal

    「AWA」は、ビジネスについての意見書や主張を読んで、それに対する批判や反論を書くテストです。

    「Integrated Reasoning」は質問に答えるための情報やグラフ、表を長文から探して回答するテストです。

    「Math」は数学、「Verbal」は言語の試験のことです。

    レベルの高い大学院の入学を目指すなら、 TOEFLで120点中100点以上、GMATで800点中640点以上得点する必要があります。

    【2位】中小企業診断士

    経営に役立つ資格の第2位は、中小企業診断士です。

    この資格は、 中小企業の経営について助言や診断を行う資格です。

    この資格が人気な理由として、中小企業診断士の資格を得ることで、起業前後の会社運営にて、適切な判断で経営を行える点が挙げられます。

    例えば、中小企業診断士の資格では以下のような、経営に役立つ知識を得ることができます。

    • 経済学や経済政策
    • 財務・会計に関する知識
    • 企業経営理論
    • 運営管理
    • 経営法務
    • 経営情報システム

    また、中小企業診断士の資格を持っていれば、他の経営者に対しアドバイスを行うことができるので、そういった会社を経営することもできます。

    だから、中小企業診断士は、経営に役立つ資格として人気なのです。

    中小企業診断士の難易度と合格率

    一次試験と二次試験の合格率は両方とも 20%程度です。

    ただ、中小企業診断士の試験は一次試験と二次試験の2つがあります。

    二次試験は一次試験の合格者しか受験することはできないので、 全体の合格率は20%×20%で4%程度です。

    国家試験では、日本最難関資格の1つである司法書士の合格率が同じく4%です。

    したがって、中小企業診断士も日本最難関資格に並ぶくらいの難関資格だと言えます。

    中小企業診断士の試験内容

    中小企業診断士の試験内容は一次試験と二次試験で異なります。

    一次試験の試験科目は以下の7つです。

    1. 経済学・経済政策
    2. 財務・会計
    3. 企業経営理論
    4. 運営管理(オペレーション・マネジメント)
    5. 経営法務
    6. 経営情報システム
    7. 中小企業経営・中小企業政策

    二次試験の試験科目は以下の4つです。

    1. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ
    2. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ
    3. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ
    4.  中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ
  • スポンサーリンク

  • 【3位】経営士

    そして経営に役立つ資格3位は、経営士です。

    経営士とは、 経営者に対して、経営についての助言を行う資格です。

    経営コンサルタント業務を行うと言う点では、経営士の仕事内容は中小企業診断士と同じです。

    しかし、中小企業診断士が国家資格であるのに対して、経営士は民間資格であるという違いがあります。

    そのため、中小企業診断士が難関国家資格であるのに対して、経営士はそれほどの難関資格ではありません。

    また、中小企業診断士になるには資格試験を受ける必要があるのに対して、経営士になるには以下の3つの方法があります。

    1. 試験を受ける
    2. 養成講座を受ける
    3. 推薦を受ける

    ただし、試験を受けるには以下の2つの要件を満たしている必要があります。

    1. 経営管理の実務経験5年以上 
    2. 法律に違反して処分を受け2年を経過しないなど、本会により不適と判断された者でないこと。

    また、養成講座を受けて試験を取得するには、以下の2つの要件を満たしている必要があります。

    1. 経営管理の実務経験5年以上 
    2. 法律に違反して処分を受け2年を経過しないなど、本会により不適と判断された者でないこと。

    推薦を受ける場合、以下の9つのうちのいずれかの条件を満たしている必要があります。

    1. 経営コンサルタントとして、経営指導の実績が継続3年以上有する者
    2. 短期大学以上の教育機関において、教授、准教授、講師として経営管理に関する教育実績が継続3年以上有する者
    3. 全能連マネジメントコンサルタントとして、登録している者
    4. 次の有資格者で、経営指導実績が継続3年以上有する者
      ・弁護士、公認会計士、技術士、社会保険労務士、税理士、中小企業診断士、弁理士、不動産鑑定士、経営に関する博士、行政書士、司法書士等
    5. 企業経営経験者等
      企業(株式会社、有限会社等会社組織の種類は問わない)の取締役、執行役員は通算3年以上、及びこれに準ずる部門長クラス以上の在任年数が5年以上を有する者
    6. 経営コンサルティングを本業とする企業のコンサルティング・スタッフとして経営指導の実績が通算5年以上を有し、その経営者から推薦のある者
    7. 研究機関研究者等
        研究指導層(企業経営者等に準ずる)歴が通算10年以上を有する者
    8. 団体指導層
        企業経営経験者に準ずる
    9. その他、上記の資格基準と同等以上に推薦者が評価できる者

    経営士の難易度と合格率

    経営士の資格試験の合格率は 70%程度です。

    難関国家資格の合格率はおおむね10%以下なので、それに比べると易しい試験であると言えます。

    そのため、取得しやすい経営の資格として人気があるのです。

    経営士の試験内容

    経営士の試験内容は、以下の3つの内容に分かれています。

    1. 筆記試験
    2. 面接試験
    3. 経歴審査

    筆記試験の内容は以下の通り、共通試験と専門試験の2つがあります。

    1. 共通試験:経営課題について2時間で論述する
    2. 専門試験:経営・生産・販売・マーケッティング・人事・財務・情報の6つの専門科目より2科目事前選択して合計3時間で解答する。

    3.経営に役立つ資格TOP3【税務編】

    ここからは経営に役立つ資格として、以下の1位から3位までを解説していきます。

    順位 資格名
    1位 公認会計士
    2位 税理士
    3位 日商簿記

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 【1位】公認会計士

    公認会計士とは、 企業の財務書類の監査・証明業務を行う資格です。

    「監査・証明業務」とは、企業の財務会計について証拠を集め、評価を行い、それを公表する業務のことを意味します。

    このような仕事が必要なる理由は、企業が不正を行うのを防ぐためです。

    企業の経営者は、会社の業績が悪化するとクビになってしまうので、それを恐れて粉飾決済を行ってしまうことがあります。

    公認会計士は、経営者が粉飾決済のような不正が行わないようにチェックをする仕事をしているのです。

    自分で会社を経営する上でも、監査・証明業務の知識があることで不正を防ぐことができます。

    ちなみに、公認会計士資格を取得する方法は、公認会計士試験を受験して合格することです。

    受験資格はなく、年齢、性別、国籍、学歴、職歴に関係なく誰でも受験することができます。

    公認会計士の難易度と合格率

    公認会計士の 合格率は5%から10%程度です。

    合格率が一桁であることからもわかるように、日本で最難関の資格1つです。

    公認会計士は、弁護士、医師と並ぶ三大国家資格と呼ばれていることからも、難易度が非常に高いことがわかります。

    公認会計士の試験内容

    公認会計士の資格試験は、 必須科目と選択科目の2つに分かれています。

    必須科目は、以下の5つです。

    1. 財務会計論
    2. 管理会計論
    3. 監査論
    4. 企業法
    5. 租税法

    選択科目は、以下の4つから1つを選びます。

    1. 経営学
    2. 経済学
    3. 民法
    4. 統計学

    【2位】税理士

    税理士とは、 税務代理や税務書類の作成、税務相談業務などを行う資格です。

    会社を経営することになった場合、ほとんどの経営者は会社の納税申告については税理士に委託するはずです。

    ある程度の規模の会社であれば、税理士と顧問契約をしています。

    しかし、税理士に委託すると費用がかかってしまうので、税理士資格を持っていれば自分で納税申告を行うことができます。

    特に会社が軌道に乗る前は経営が不安定になるため、余計な出費を抑えることは重要です。

    また、税務の知識を身につけることで効果的に節税を行うことができます。

    何が経費に計上され、何かが経費に計上されないのかを知らないと、税制上損をしてしまいます。

    税務の知識があることで、例えば設備投資をするか、しないかといった経営上の判断にも影響を及ぼすでしょう。

    だから、経営をする上で、税理士資格があれば金策の面からとても役立つ資格となっているのです。

    ただし、税理士には受験要件があるので、誰でも受験できるわけではありません。

    税理士資格の受験要件

    税理士の受験要件には、大きく分けて以下の3つがあります。

    1. 学識による受験要件
    2. 資格による受験要件
    3. 職歴による受験要件

    ①の学識による受験要件は、以下の9つがあります。

      1. 大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
      2. 法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部、経済学部、商学部、経営学部)・学科・学校を卒業した者
      3. 上記以外の学部(文学部、工学部など)・学科・学校を卒業した者で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
      4. 大学3年次以上の学生で法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者
      5. 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上かつ課程の修了に必要な総授業時数が1,700時間以上に限る。)を修了した者等で、これらの専修学校等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
      6. 司法試験合格者
      7. 旧司法試験法の規定による司法試験の第二次試験、または旧司法試験の第二次試験に合格した者
    1. 公認会計士試験の短答式試験に合格した者
    2. 公認会計士試験短答式試験全科目免除者

    ②の資格による受験要件には、以下の4つがあります。

    1. 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
      社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限る。)
      会計士補
      会計士補となる資格を有する者

    ③の職歴による受験要件には、以下の7つがあります。

    1. 弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
    2. 法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
    3. 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
    4. 税務官公署における事務又はその他の官公署における
    5. 国税若しくは地方税に関する事務
    6. 行政機関における会計検査等に関する事務
    7. 銀行等における貸付け等に関する事務

    簡単に満たせる受験要件ばかりではありませんが、税理士資格が欲しい場合、どれかを満たしていきましょう。

    税理士の難易度と合格率

    税理士試験は、他の資格試験のように、全ての試験科目を一度に受験するわけではありません。

    科目合格制をとっており、一科目でも合格すると、それが生涯有効となります。

    そのため、一年で一科目から二科目だけ受験する場合がほとんどで、合格率は試験科目ごとに異なります。

    ですが、どの科目の合格率もおおむね 10%から20%程度です。

    この合格率だけでも難関試験だと言えますが、税理士試験は受験要件が非常に厳しいのも特徴です。

    つまり、厳しい受験要件を満たした人たちが受験した結果の合格率だと考えると、 実際の難易度はさらに高いことがわかります。

    税理士の試験内容

    税理士の試験科目は、以下の9科目です。

    必須科目

    • 簿記論
    • 財務諸表論

    選択必須科目

    • 法人税法
    • 所得税法

    選択科目

    • 相続税法
    • 消費税法・酒税法
    • 国税徴収法
    • 住民税・事業税
    • 固定資産税
  • スポンサーリンク

  • 【3位】日商簿記

    日商簿記とは、 日本商工会議所が認定する簿記に関する技能の検定です。

    会社の就職に有利な資格として知られていますが、経営者が取得すると決算書が読めるようになるので、会社の経営状況を理解するのに役に立ちます。

    日商簿記の知識は税理士資格とほとんど同じですが、日商簿記は税理士ほど難関ではありません。

    また、日商簿記は受験資格がなく、難易度別に初級、3級、2級、1級と分かれています。

    日商簿記の難易度と合格率

    日商簿記の難易度と合格率は以下のように、級ごとに異なっています。

    合格率
    3級 40〜50%
    2級 20〜30%
    1級  5〜10%

    このように、級が上がれば上がるほど合格率が低くなり、難易度が上がっていくことがわかります。

    日商簿記の試験内容

    日商簿記の試験科目は、以下のように級ごとに異なっています。

    1級

    1. 商業簿記
    2. 会計学
    3. 工業簿記
    4. 原価計算

    2級

    1. 商業簿記
    2. 工業簿記

    3級

    1. 商業簿記

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    経営について役立つ資格を取得するなら、 経営系の資格だけでなく税務に関する資格も重要です。

    しかし、経営や税務の資格は、どれも難易度が高いものばかりです。

    まずは難易度の低い試験に挑戦して、徐々に難しい資格を目指していくといいでしょう。

    経営や税務の知識をしっかり身につけて、ぜひ会社の経営を成功させてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?