仕事に役立つ無線の資格一覧!種類や難易度について徹底解説

Cellular Antenna Closeup. Cellular Tower.
資格

日本では電波法が定められており、無線設備を扱うためには「総合無線通信士」などの資格が必要となるケースがほとんど。

「無線の資格にはどんな種類があるの?」「取得するメリットはあるの?」と疑問に思っていませんか?

無線の資格にはさまざまな種類があり、取得することで仕事にや趣味に活かすことが可能です。

本記事では、無線の資格の種類や取得するメリットについて解説します。

無線の資格取得にチャレンジし、電波に関する知識を深めましょう。

スポンサーリンク

1.無線の資格を取得するメリット

無線の資格は、おもに無線設備を操作するためのもの。

資格にはさまざまな種類がありますが、活用できる場は数多くあります

1‐1.就職や転職に役立つ

無線設備を操作するためには、資格がなければいけません。

タクシー会社や電気通信事業で無線操作を行う場合は、必ず無線の資格が必要です。

無線設備を扱えることが、一つのスキルとなるため就職や転職に役立ちます。

  • スポンサーリンク

  • 1‐2.趣味に活かせる

    無線の資格は、仕事だけでなく趣味に活かすことも可能。

    資格を取得することで、5.8GHz帯のドローンやアマチュア無線を楽しむことができます。

    「趣味のために資格を取るなんて……」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、アマチュア無線の楽しみ方は外国の人との交信・無線機の自作など、とても幅広いです。

    ぜひ資格を取得して、新たな趣味にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    次の章では、無線の資格にどんな種類があるのか詳しく解説します。

    2.無線の資格一覧

    以下は、これから紹介する資格の一覧です。

    引き続き、それぞれの資格の概要や難易度についてチェックしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.総合無線通信士

    総合無線通信士は、海上・陸上・航空などさまざまな無線設備を扱うための資格です。

    試験科目

    【三級】

    • 無線工学の基礎
    • 無線工学
    • 法規
    • 英語
    • 実技(電気通信術)

    【二級・一級】

    • 無線工学の基礎
    • 無線工学A
    • 無線工学B
    • 法規
    • 地理
    • 英語
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 電気通信事業
    • 船舶関係など

    難易度

    総合無線通信士試験の合格率は、3~7%程度。

    • 三級:約4%
    • 二級:約3%
    • 一級:約7%

    どの級も10%以下となっており、かなり難易度が高い試験です。

    合格するのに数年がかかるケースも少なくありません。

    短期間ではなく、1~2年など長期間の勉強スケジュールを立てましょう。

    2‐2.海上無線通信士

    海上無線通信士は、船舶や海岸局の無線設備を操作するための資格です。

    試験科目

    【四級】

    • 無線工学
    • 法規

    【三級】

    • 無線工学
    • 法規
    • 英語
    • 実技(電気通信術)

    【二級・一級】

    • 無線工学の基礎
    • 無線工学A
    • 無線工学B
    • 法規
    • 英語
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 船舶局など

    難易度

    海上無線通信士試験の合格率は、20~55%程度。

    • 四級:約55%
    • 三級:約36%
    • 二級:約20%
    • 一級:約37%

    二級の難易度が若干高めとなっていますが、超難関というわけではありません。

    四級・三級であれば、独学でもしっかり勉強すれば合格できるでしょう。

    ただし、四級における通信操作は国内のみしか認められていません。

    国際通信したい場合は、三級以上の資格取得が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 2‐3.海上特殊無線技士

    海上特殊無線技士は、国際VHF波・無線電話などの設備を操作するための資格です。

    試験科目

    【レーダー級(船舶のレーダー操作限定)】

    • 無線工学
    • 法規

    【三級】

    • 無線工学
    • 法規

    【二級】

    • 無線工学
    • 法規

    【一級】

    • 無線工学
    • 法規
    • 英語
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 海上保安庁
    • 航海士など

    難易度

    海上特殊無線技士の難易度は、52~97%程度です。

    • レーダー級:約97%
    • 三級:約90%
    • 二級:約81%
    • 一級:約52%

    レーダー級・三級に関しては合格率が90%を超えています。

    難易度はかなり低いと言えるでしょう。

    また、英語と実技があるのは一級のみとなっています。

    それほど難易度が高い試験ではありませんが、一級を受ける際は事前にしっかりと勉強してくださいね。

    2‐4.陸上無線技術士

    陸上無線技術士は、電波法に定められている放送局などの設備を操作するための資格です。

    試験科目

    【二級】

    • 無線工学の基礎
    • 法規
    • 無線工学A
    • 無線工学B

    【一級】

    • 無線工学の基礎
    • 法規
    • 無線工学A
    • 無線工学B
    役立つ仕事
    • 放送局
    • 電気通信事業など

    難易度

    陸上無線技術士試験の合格率は、25%程度です。

    • 二級:約25%
    • 一級:約25%

    難易度は、やや高めです。

    専門知識が問われるため、しっかり勉強する必要があります

    ある程度無線に関する知識を身につけてから、チャレンジすると良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2‐5.陸上特殊無線技士

    陸上特殊無線技士は、業務無線・衛星を使った通信システムなどを操作するための資格です。

    試験科目

    【三級】

    • 無線工学
    • 法規

    【二級】

    • 無線工学
    • 法規

    【一級】

    • 無線工学
    • 法規

    【国内電信級(国内通信の操作限定)】

    • 法規
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 電気通信事業
    • タクシー会社など

    難易度

    陸上特殊無線技士の合格率は、28~90%程度です。

    • 三級:約90%
    • 二級:約74%
    • 一級:約30%
    • 国内電信級:約28%

    三級の合格率は、かなり高めですね。

    三級~二級は比較的やさしい試験と判断できるでしょう。

    一級・国内電信級については、30%前後の合格率となっているので半年~1年程度の勉強時間を設けることをおすすめします。

    2‐6.航空無線通信士

    航空無線通信士は、航空関係の無線設備を操作するための資格です。

    試験科目
    • 無線工学
    • 法規
    • 英語
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 航空管制官など

    難易度

    航空無線通信士試験の合格率は、42%程度です。

    難易度はそれほど高くないため、独学でも合格できるでしょう。

    また、航空無線通信士に級位は設けられていません。

    やさしく学ぶ 航空無線通信士試験
    • 吉村 和昭
    • 価格   ¥ 2,808
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック
  • スポンサーリンク

  • 2‐7.航空特殊無線技士

    航空特殊無線技士は、農薬散布・自家用機などの無線設備を操作するための資格です。

    試験科目
    • 無線工学
    • 法規
    • 実技(電気通信術)
    役立つ仕事
    • 測量業務
    • 農業など

    難易度

    航空特殊無線技士試験の合格率は、75%程度です。

    難易度は低く、基本的な知識と技術があれば合格できます

    また、航空無線通信士と同様に、級位は設けられていません。

    2‐8.アマチュア無線技士

    アマチュア無線技士は、アマチュア無線局の無線設備を操作するための資格です。

    級によって、扱える周波数などの操作範囲が異なります。

    試験科目

    【四級】

    • 無線工学
    • 法規

    【三級】

    • 無線工学
    • 法規

    【二級】

    • 無線工学
    • 法規

    【一級】

    • 無線工学
    • 法規
    役立つ仕事
    • 登録検査等事業者など(一級のみ)

    難易度

    アマチュア無線技士の合格率は、46~80%程度です。

    • 四級:約75%
    • 三級:約80%
    • 二級:約46%
    • 一級:約46%

    難易度は、低めですね。

    また、アマチュア無線技士は趣味を目的に取得する方が多いです。

    一級のみ電波法第24条の2に基づく「登録検査等事業者」の資格を得ることができますが、四級~二級に関してはあまり仕事に役立ちません。

    就職や転職に役立たせたい場合は、総合無線通信士など業務用の無線資格を取得しましょう

     

    また、無線の資格についてさらに詳しくチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

    公益財団法人 日本無線協会

    3.無線・通信に関わるその他の資格

    ここまでチェックした資格は、無線事業者としての資格でした。

    しかし、無線・通信に関わる資格は他にも存在します。

    資格 概要
    電気通信設備工事担任者
    • 公衆回線などに接続する端末設備の接続・配線工事を行うための資格
    電気通信主任技術者
    • 事業用電気通信設備の工事や維持に関する事項を監督するための資格

    取得する資格によって、できることが異なります

    無線や通信が関係している資格は数多くあるので、ぜひ複数の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    無線の資格には、複数の種類が存在します。

    種類によって内容が異なるので「 なにを目的として資格を取得するのか」を考えることが大切です。

    無線の資格は自分自身のスキルとなるため、就職や転職にも役立ちますよ。

    本記事を参考に、資格取得にチャレンジしてみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%