初心者でも取れる!ワイン資格の種類・難易度・実用性までを完全網羅

資格

ワインが好きでよく飲むという方。せっかくなら「資格にチャレンジしてみたい」と思っている方も、多いのではないでしょうか?

資格を取得することで、ワインについての知識を持っていることをアピールすることができます。ワイン仲間からも尊敬の眼差しを向けられるかもしれません!

そうはいっても、ワインの資格ってどのような種類があるのか、わからないですよね。

そこで今回は、ワイン好きなら知っておきたい資格について解説していきます。

どのような試験をするのか、試験に合格したらどのようなメリットがあるのかもご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.ワインの資格の種類

ワインに関する資格としておさえておきたいのは、主に以下の6つです。

  1. 日本ソムリエ協会主催 ワイン検定 ブロンズクラス/シルバークラス
  2. 前日本ソムリエ連盟主催 ワイン検定 1級/2級/3級
  3. ワインエキスパート
  4. ソムリエ
  5. ワインコーディネーター
  6. WSET(Wine & Spirit Education Trust)

上記のものが、主なワイン資格です。

中でも、日本で最も認知度が高いものは、日本ソムリエ協会認定のワインエキスパートです。

知名度が高く、ワイン業界で働いている多くの方々が目指す資格です。一般的に言う「ソムリエ」は日本ソムリエ協会の資格のことを表しています。

それでは、各資格を簡単に確認していきましょう。

1-1.日本ソムリエ協会(JSA)主催のワイン検定

日本ソムリエ協会(JSA)主催のワイン検定は、ワインのプロ向けの資格です。

検定のレベルは、ブロンズクラスとシルバークラスに分かれています。

ブロンズクラスは、入門編として最適な資格です。家庭でワインを楽しむための知識を習得します。
シルバークラスは、ブロンズクラス合格者が受験可能です。レストランやワインショップで、アドバイスをもらいつつ、好みのワインを選ぶための知識を習得します。

日本ソムリエ協会のワイン検定については、記事後半で詳しくお伝えしますので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

「日本ソムリエ協会のワイン検定」の詳細を見る

  • 試験レベル:ブロンズクラス、シルバークラス
  • 受験資格:20歳以上であれば誰でも受験可能
  • 試験時期:年3回程度
  • 受験料:ブロンズクラス:11,000円、シルバークラス:15,000円
  • 公式サイト:https://www.winekentei.com/
  • スポンサーリンク

  • 1-2.全日本ソムリエ連盟(ANSA)主催のワイン検定

    全日本ソムリエ連盟(ANSA)主催のワイン検定は、消費者がよりワインを楽しめることを目的とした資格です。

    検定のレベルは、1~3級に分かれています。

    1級のみ、2級に合格していないと受験できませんが、その他の級は20歳以上であれば受験可能です。

    各級に求められる知識・経験は以下の通りです。

    • 3級:ワインや関連知識についての基礎知識を習得していることを求められる
    • 2級:3級以上にワイン等の関連知識を習得していることが求められる
    • 1級:ワインの法律や地理、特徴と魅力の理解が必要。 ワインのあらゆる知識に精通している必要がある。

    どれもテイスティングはありませんので、お酒が苦手という方でも、安心して受験可能です。

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定についても、記事後半で詳しくご紹介します。

    「全日本ソムリエ連盟のワイン検定」の詳細を見る

    • 試験レベル:1~3級
    • 受験資格:20歳以上であれば誰でも受験可能
    • 試験時期:会場によっては、ほぼ毎月開催
    • 受験料:1級:4,700円、2級:4,200円、3級:3,650円
    • 公式サイト:https://ansa-w.com/

    1-3.ワインエキスパート

    ワインエキスパートは、日本ソムリエ協会が主催するワイン愛好家向けのワイン資格です。

    ワインエキスパートは、20歳以上であれば誰でも受験することができます。

    次にご紹介する「ソムリエ」では、飲食業やアルコール関連の販売業に3年以上従事していることが必要です。
    ワインエキスパートであれば実務経験は必要ないので、受験しやすいですよね。

    しかし、難易度としてはソムリエと変わらないので、しっかりと準備して臨む必要があります。

    • 試験レベル:ワインエキスパートのみ
    • 受験資格:20歳以上であれば誰でも受験可能
    • 試験時期:1年に一度開催(8月)
    • 受験料:17,210円~(協会会員かどうかによって変動)
    • 公式サイト:https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html
  • スポンサーリンク

  • 1-4.ソムリエ

    職業名にもなっている「ソムリエ」には、日本ソムリエ協会が主催しているものと、全日本ソムリエ連盟が主催しているものがあります

    そもそもソムリエとは、レストラン等の飲食店で、ワインに関する給仕をおこなう人のこと。

    専門知識を活かして、お客さんの要望や食事に合ったワインを選ぶのが仕事です。

    日本ソムリエ協会が主催しているものは、3年以上のアルコール関連業界での職務経験が必要です。レストランやバーでの勤務証明の提出が求められます。

    一方、全日本ソムリエ連盟が主催しているものは、職務経験の規定がなく、20歳以上であれば受験することができます。

    日本ソムリエ協会が主催しているものがプロ向け、全日本ソムリエ連盟主催のものは愛好家向けと考えられているようです。

    • 試験レベル:日本ソムリエ協会主催のソムリエ
    • 受験資格:20歳以上で3年以上の実務経験がある者
    • 試験時期:1年に一度開催(8月)
    • 受験料:17,210円~(協会会員かどうかによって変動)
    • 公式サイト:https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html
    • 試験レベル:全日本ソムリエ連盟主催のソムリエ
    • 受験資格:20歳以上であれば誰でも受験可能
    • 試験時期:会場によっては、ほぼ毎月開催
    • 受験料:47,200円~(学習方法によって変動)
    • 公式サイト:https://ansa-w.com/?page_id=27

    1-5.ワインコーディネーター

    ワインコーディネーターは、全日本ソムリエ連盟が主催するワイン資格です。受験時に「ワインコーディネーター」か、「ソムリエ」を選ぶことができます。

    ソムリエがワインに特化したアドバイスをおこなうのに対し、ワインコーディネーターは飲み方の違いやワインに合う料理をおすすめする力も必要です。

    試験内容は、ワインコーディネーターもソムリエも同じです。どちらを選ぶかは自分で選択することができます。

    受験後に変更はできませんので、よく考えてから申し込みをしましょう。

    • 試験レベル:ワインコーディネーター
    • 受験資格:20歳以上であれば誰でも受験可能
    • 試験時期:会場によっては、ほぼ毎月開催
    • 受験料:47,200円~(学習方法によって変動)
    • 公式サイト:https://ansa-w.com/?page_id=27
  • スポンサーリンク

  • 1-6.WSET(Wine & Spirit Education Trust)

    WSET(Wine & Spirit Education Trust)は、ロンドンに本部を置く世界最大のワイン教育機関が認定する資格です。

    認定資格はLevel1~Level4まで分かれており、合格後に修了コースであるDiplomaを取得することができます。

    各レベルとも、当該講座の受講が必要です。受講することで、初めて受験資格を得ることができます。

    日本ソムリエ協会主催の検定と、全日本ソムリエ連盟主催の検定は、どちらも日本国内のみの資格です。一方でWSETは、世界中で開催されている国際的な資格です。そのためLevel4は、英語での受験が必須とされています。

    国際的な資格ですので、海外でも活用できる資格です。レベルも高いので、日本国内の資格を取得してから、目指してみるのが良いかもしれませんね。

    • 試験レベル:Level1~4
    • 受験資格:各レベルの講座受講者
    • 試験時期:年2回(4月、10月)
    • 受験料:Level1:31,320円、Level2:85,400円、Level3:174,420円、Level4:177,120円
    • 公式サイト:https://jpsk.jp/examination/wset_wine.html

    2.ワインの知識を深めるなら「ワイン検定」がおすすめ

    ワインの入門的に資格を受けるのであれば、「ワイン検定」がおすすめです。

    ワイン検定は日本国内での認知度も高く、ワイン好きであれば知っている人が多い資格。

    受験料の負担もそこまでではなく、資格取得を目指していく過程でワインを学ぶことが出来ます。自分のレベルに合った級を受験しましょう。

    「ワイン検定」には、日本ソムリエ協会主催のものと、全日本ソムリエ連盟主催のものがあります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.日本ソムリエ協会(JSA)のワイン検定の特徴

    日本ソムリエ協会(JSA)のワイン検定には、ブロンズクラスとシルバークラスの2つのランクがあります。

    先ほどもご紹介したように、ブロンズクラスは家庭でワインを楽しむための知識を習得。シルバークラスは、アドバイスをもらいつつ、好みのワインを選ぶための知識を習得します。

    20歳以上であれば受けることが出来ますが、シルバークラスはブロンズクラスに合格していないと受けることができません。

    難易度は高くなく、申し込み後に送付されるテキストの内容を把握しておけば、合格できるレベル。

    受験料は、テキスト代と認定料を含めて、ブロンズクラスが11,000円、シルバークラスが15,000円です。

    両クラスとも一年に一度の開催です。詳しい日程は年により異なりますが、秋頃開催されています。

    日本ソムリエ協会のワイン検定の試験内容

    日本ソムリエ協会のワイン検定の試験内容は、ブロンズ、シルバー両クラスとも筆記試験のみです。

    ブロンズクラスは、自分好みのワインを選んだり、食事や気分に合うワインを選んだりといったように、家庭でワインを楽しむための基本的な知識を問われます。

    シルバークラスは、ソムリエやワインアドバイザーと相談して、ワインを選ぶようになるための内容です。

    日本ソムリエ協会のワイン検定の合格率

    日本ソムリエ協会のワイン検定の合格率は発表されていないため、詳しい合格率は不明です。

    ブロンズクラスは基本的な内容が中心であるため、合格率は高い傾向にあります。

    一方、シルバークラスは難易度が高く、しっかりと勉強しておくことが必要です。

    日本ソムリエ協会のワイン検定の勉強方法

    日本ソムリエ協会のワイン検定は、両クラスとも認定試験の直前に講習会が開催されています。 その講習会の内容をしっかりと覚えておくことが、合格への近道です。

    講習会の費用は、受験料に含まれています。

    試験当日に開催される講習会は、受講が必須です。
    講習会では最重要項目を伝えられます。事前にテキストを確認し、その場で初めて知ることがないよう、予習しておきましょう。

    2-2.全日本ソムリエ連盟(ANSA)のワイン検定の特徴

    全日本ソムリエ連盟(ANSA)のワイン検定は、1~3級までのランクがあり、20歳以上であれば誰でも受験することができます。ただし、1級を受ける場合は、2級に合格している必要があります。

    筆記試験は各級ともマークシートによりおこなわれ、基本的な内容が多いです。試験レベルは高くありません。

    受験料は、1級が4,700円、2級が4,200円、3級が3,650円です。

    試験は年に1度開催しており、年により異なりますが、だいたい秋頃に開催されています。

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定の試験内容

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定の内容は、ワインの歴史や文化、製法などから飲酒のモラルやマナーまで多岐にわたります。

    全日本ソムリエ連盟によると、合格するためには以下の基準を満たす必要があります。

    • 1級:ワインとソムリエおよびワインの周辺知識のあらゆることに精通している者
    • 2級:ワインに関する法律と地理、またその特徴と魅力を理解する者。また、第3者に提供できる者。また、ワインの周辺知識の基礎知識を習得している者
    • 3級:ワインおよび周辺知識に関する、基礎知識を習得している者

    参考:「全日本ソムリエ連盟公式サイト(https://ansa-w.com/?page_id=135)」

    つまり、3級はワインについて興味を持ち始めたばかりの人向け。一方で、1級はワインについて幅広い知識を持っているベテラン向けの資格になります。

    まずは下位級から受験し、徐々にランクを上げていくとスムーズです。

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定の合格率

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定では、合格率は公表されていませんが、3級は基本的な内容において70点以上で合格です。

    しかし1級は85点以上獲得しなければならず、総合的な知識が必要とされています。

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定の勉強方法

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定は、 すべてマークシートでの出題となるため、固有名詞を覚えるよりは、しっかりと内容を整理して覚えることが大切です。

    産地の位置関係など基本的な内容をしっかりと覚えておけば、十分に合格することができます。

    全日本ソムリエ連盟のサイトから「ワインの基」というテキストが購入可能です。資格取得を考えているのなら、手に持ってくと良いでしょう。

    また前回の過去問題も掲載されています。腕試しに挑戦してみるのも良いですね。

    ワインの基
    • 全日本ソムリエ連盟
    • 価格   ¥ 2,983 ¥ 3,240
    • 販売者 FBOアカデミー
    今すぐチェック

     

  • スポンサーリンク

  • 3.ワイン検定合格後にできること

    最後に、日本ソムリエ協会と全日本ソムリエ連盟、それぞれのワイン検定合格後にできることをご紹介します。

    全日本ソムリエ協会のブロンズクラスに合格すると、認定カードと認定バッジを受け取ることができます。 シルバークラスに合格すると、認定カードと認定バッジ、またシルバークラスの呼称が書かれた名刺を使用することも可能です。

    全日本ソムリエ連盟のワイン検定の場合は、合格すると、各級に合わせた認定カードと認定証を受け取ることが可能。

    認定カードや認定証を持っていることで「ワインの知識がある」という客観的な証明になります。ワイン仲間から一目置かれたり、ワイン選びの際に役立ちますよ。

    ワインの知識や選び方は、常に知識を更新していかなければいけません。ワインを楽しみつつ、資格を活用できるような仕事やイベントを探してみるのも良いですね。

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

     

    ②財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    今回は、初心者の方でも取得できるワインの資格をご紹介しました。

    ハードルが高くはないと感じたのではないでしょうか。ワインの深い知識を身につけて、ワインライフをより一層楽しみましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク