CA(キャビンアテンダント)の給料は?企業別年収やCAになる方法も解説!

CA(キャビンアテンダント)の平均年収 平均年収

高年収のイメージがある「CA(キャビンアテンダント)」は、実は年収約550万円前後とそれほど高いわけではありません。

月収にして約45.8万円です。

しかし、世界中を回れる「CA」はいつの時代も人気職業ですので、その詳細が気になる方も多いのではないでしょうか。

当記事では「CA(キャビンアテンダント)」の給料・年収や企業別年収について解説します。

また、「CA」になるための方法や業務内容についてもご紹介します。

当記事をご覧になり、CAの実情や業務についての参考としてくださいね。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、CAの年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.平均年収は約550万円前後

ca キャビンアテンダント 年収

「CA(キャビンアテンダント)」の平均年収は約550万円前後です。

この数値は厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査 職種別(1,000人以上規模の企業)」の過去5年間の数値を元に算出しました。

<算出計算式>

「きまって支給する現金給与額(手当込みの月給)」×12+「年間賞与その他特別給与額(ボーナス)」

過去5年間の「CA」の平均給与の推移は以下の表の通りです。

賃金構造基本統計調査年度(平成) 平均給与(男女)
26年 518万円
27年 512.6万円
28年 669.9万円
29年 566.5万円
30年 637.4万円

数値にバラツキが見られるのは、「CA」の賞与や手当支給額が年度によってかなり差があるためです。

平均月収は約45.8万円

「CA」の平均月収は約45.8万円です。

この数値は過去5年間それぞれの平均年収を12ヶ月分で割り、その金額の平均値で算出しています。

ちなみに、「賃金構造基本統計調査 職種別(1,000人以上規模の企業)」では「賞与や手当を考慮しない給与額」も公表されています。

以下の表でご確認ください。

賃金構造基本統計調査年度(平成) 給与額平均
26年 35.5万円
27年 35.8万円
28年 45.8万円
29年 41.5万円
30年 41.4万円
  • スポンサーリンク

  • 平均賞与(ボーナス)は約100.8万円

    平成26~30年の5年間の平均賞与(ボーナス)は100.8万円です。

    「CA」の賞与は企業の年間業績によって大きく変動するため、過去5年間の数値にバラツキが見られます。

    過去5年間の賞与の推移は以下の表の通りです。

    賃金構造基本統計調査年度(平成) 平均給与(男女)
    26年 92.1万円
    27年 83万円
    28年 120.3万円
    29年 68.5万円
    30年 140.6万円

    「CA」の年収額は賞与や手当にかなり左右される

    「CA」の年収額の特徴として、「基本給は低め・賞与や手当は高め」という傾向があります。

    「CA」は「勤務時間中に飛行機に乗っている時間」に対し、「乗務(フライト)手当」などの別途手当支給を受けられます。

    簡単に言えば、「地上で勤務した時間が長いときは収入減」「フライト時間が長いときは収入増」です。

    また、「パーディアム」と呼ばれる「旅費日当」や、「深夜手当」などの支給も「CA」の特徴です。

    この手当と賞与額によって、「CA」の年収額は大きく変動します。

    【補足】男女別CAの平均年収

    「CA」の男女別の平均年収を以下の表にまとめました。

    「賃金構造基本統計調査」を参考にしていますが、平成27年度のデータには数値にバラツキが見られるため、参考値として見てください。

    賃金構造基本統計調査年度(平成) 男性平均年収
    (賞与額)
    女性平均年収
    (賞与額)
    26年 326万円
    (10万円)
    518万円
    (92.1万円)
    27年 542万円
    (57.2万円)
    511.8万円
    (83.4万円)
    28年 382.8万円
    (0円)
    678.6万円
    (127.8万円)
    29年 408.6万円
    (5万円)
    566.5万円
    (68.5万円)
    30年 434.5万円
    (7.3万円)
    637.4万円
    (140.6万円)

    結果を見ると、やはりまだ女性に比べ、高収入の男性CAは少ないことがわかります。

    しかし、この数値は「男性CA」の正社員や勤続年数が、女性と比べまだまだ少ないことが原因と考えられます。

    今後は男性の「CA」も経験や勤続年数を重ねるに連れ、年収額も増えていくのではないでしょうか。

    昔に比べ基本給が低い

    「CA(キャビンアテンダント)」の基本給は、昔に比べて低くなっているのが現状です。

    平成30年度の「決まって支給する現金給与額(手当込みの月給)」は約41.4万円です。

    対して平成19年は約48万円、平成20年は約46万円と、最新年の額とは5~7万円の差がついています。

    しかし、平成26年度の約35.5万円よりは回復しているため、今後の賃金は上昇していく可能性があります。

  • スポンサーリンク

  • 2.CA(キャビンアテンダント)の企業別平均年収

    ca 客室乗務員 年収

    「CA(キャビンアテンダント)」として働く場合の、主な航空会社別の平均年収を調査しました。

    今回調査した企業は以下の5社です。

    参考としたのは、各社の「有価証券報告書」や口コミサイト「VORKERS」の口コミ内容です。

    以下で詳細を解説していきます。

    JAL(日本航空株式会社)の平均年収は約552万円

    「JAL(日本航空株式会社)」の「平成29年度有価証券報告書」によれば、「JAL」の「CA」の平均年収は552.5万円です。

    「地上社員」の590.5万円や「運航乗組員」の2,105.1万円と比べると低い金額を示していました。


    女性/現客室乗務員
    5~10年

    【年収450万円・基本給30万円・賞与90万円】

    基本給+乗務手当+深夜手当+ステイ代。

     

    すべて合わせて1ヶ月だいたい30万円前後です。

     

    働き始めた当初は他の職業よりお給料も高く感じていましたが、上がり幅が少なく長く務めると他の職業に越されます。

     

    基本給はかなり低いため、ボーナスはあまり期待できません。

    引用:VORKERS


    女性/現客室乗務員
    3年未満

    3年目で、賞与に2回合わせて年収340万円です。

     

    東京の一般職のOLと同じくらいです。

     

    (中略)

     

    乗務手当というものがあります。

     

    これは時給制です。

     

    客室乗務員というお仕事に、お給料は期待しないほうが良いです。

     

    期待するのであれば、100%働くことはできません。

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • ANA(全日本空輸株式会社)の平均年収は450万円前後

    ANA(全日本空輸株式会社)の「CA」平均年収は、口コミサイトでの平均値で算出した結果、約450万円前後という結果になりました。

    平成24年度有価証券報告書」での「客室乗務員の平均年収」も449.5万円と記載されているため、現在もこの数値に近いと思われます。

    以下の表は「VORKERS」の口コミで記載されていた、在籍期間ごとの年収額をまとめたものです。

    参考値としてご覧ください。

    在籍期間 平均年収
    3年未満 350万円~400万円が多数
    3~5年 350万円・400万円・440万円・450万円・460万円
    5~10年 500万円・560万円・580万円・600万円


    女性/現客室乗務員
    3~5年

    【既卒入社2年目・年収400~450万円】

    基本給は低いが無料航空券やベネフィットポイント50,000円程度あり、福利厚生は手厚い。

    引用:VORKERS


    女性/現客室乗務員
    3~5年目

    【入社5年目・約350万円】

    ボーナス2ヶ月分程度。乗務手当・ステイ手当・その他各種手当あり。

    引用:VORKERS

    ANAホールディングスの子会社の平均給与まとめ

    「ANAホールディングス」に所属している、以下4つの航空会社の平均年収額をまとめました。

    1. 「株式会社エアージャパン」
       ⇒400万円前後
    2. 「ANAウイングス株式会社」
       ⇒400万円前後
    3. 「バニラ・エア株式会社」
       ⇒300万円前後
    4. 「Peach Aviation株式会社」
       ⇒260万円前後

    「ANA」の子会社では、「CA」を「時給制の契約社員」として雇う会社も多いです。

    そのため、「ANA(全日本空輸株式会社)」と比べると平均年収額は低い傾向が見られます。


    女性/元客室乗務員

    【バニラ・エア株式会社】

    給与は高くない。

     

    客室責任者で手取り25前後。

     

    100時間飛んで30手前。

     

    ただ1ヶ月100時間のフライトは体力的にも精神的にもこたえる。

     

    一般のクルーネットの場合、手取り21万円前後

    引用:VORKERS


    女性/現客室乗務員
    3年未満

    【Peach Aviation株式会社】

    年収220万円。

     

    月給14万円~18万円。

     

    月80時間のフライト時間、地上勤務時間60時間を含めて20万円を超えることはありません。

     

    主客室乗務員になると20万円を超えます。

     

    (中略)

     

    将来的な体調のことを考えると3年満了の雇用体系のため、どんなに会社のために働いてもその後の保障はありません。

    引用:VORKERS

    エミレーツ航空の平均年収は450万円前後

    「エミレーツ航空」の「CA」の平均年収は450万円です。

    給与に関する大きな特徴としては、「税金が引かれずそのまま手取りとして受け取れる」ことが挙げられます。

    これは「エミレーツ航空」の本拠地である「アラブ首長国連邦」の給与には、所得税などがかからないためです。

    ただし、2018年より「アラブ首長国連邦」でも消費税が導入され始めたため、今後所得税がかかる可能性があります。


    女性/元客室乗務員
    5~10年

    【既卒入社7年目で450万円~550万円程度】

    基本給プラス乗務手当(時給)、滞在先の食事手当、社宅外に住む場合は家賃補助などUAEは所得税や住民税などの税金がまったくないので、支給額イコール手取り額になる。

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • シンガポール航空の平均給与は500~600万円

    「シンガポール航空」の平均給与は500~600万円です。

    給与の内訳は「乗務(フライト)手当」が大きな値を占め、フライトの回数が増えるほど収入が増えていきます。

    ただし、評価制度は「成果主義」というより「年功序列」が重視されているようです。

    基本は「シンガポールドル」で給与が支給されます。

    大韓航空の平均年収は350~550万

    「株式会社大韓航空」の平均給与額は、口コミサイト内でも大きくバラツキが見られました。

    「VORKERS」の口コミでは、在籍3~5年で「350万円」「400万円」「450万円」「550万円」という情報が載せられていました。

    その他の情報は以下の通りです。


    女性/現客室乗務員
    3~5年

    【年収550万円・賞与20万円・その他70万円】

    韓国語の社内試験に合格すると月70-120ドルの手当が出る。

     

    ボーナスは業績によって異なる。

    引用:VORKERS


    女性/元客室乗務員
    5~10年

    給与の他に滞在費用や、フライト中の食事、また会社でするフライト前会議では、社食が付いている。

     

    また、病欠も取りやすく体調を回復する時間をしっかりと取れる。

     

    その他の手当てもしっかりしている。

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 3.CA(キャビンアテンダント)になるには

    ca キャビンアテンダント なり方

    「CA(キャビンアテンダント)」になるためには、以下3つの条件をあらかじめ確認しておきましょう。

    以下でご説明していきます。

    新卒は学歴や英語力が必要

    「CA」になるために特別な資格は必要ありませんが、学歴や英語力が求められる場合があります。

    新卒での採用は「大卒」「大学院卒」「専門学校卒」「短大卒」の学歴が必要となるため注意してください。

    また、「ANA」や「大韓航空」では「TOEIC550点以上」や「英検2級以上」などの条件が設けられているため、英語力も身につける必要があります。

    新卒で「CA」を目指す方は、「学歴」や「英語力」に気をつけましょう。

    視力制限はある(メガネは禁止)

    「CA」になるためには、「矯正視力1.0以上」など、ある程度の視力が必要です。

    実は、多くの航空会社で「フライト中のメガネ着用」は禁じられています。

    これは悪天候や緊急時の対応時に、メガネによって怪我をさせたり、紛失によって指示が送れなくなったりなどのトラブルを防ぐためです。

    国内では「コンタクトレンズ着用後の視力が1.0以上」であれば問題ありませんが、普段から視力低下には気をつけておきましょう。

    国内便で身長制限はない(外資系は求められる可能性がある)

    「CAは160cm以上の身長が必要だ!」という話も広まっていますが、 「JAL」や「ANA」などの募集要項では身長制限は設けられていません。

    ただし、身長が低すぎると採用に影響する可能性はあります。

    「CA」は棚の上の荷物の収納や取り出しをしなくてはならないため、最低限の身長がなければ業務に支障をきたすことになるのです。

    また、外資系の航空会社では150cm以上などの制限があるケースも存在します。

    CAへの転職は可能

    「CA」は既卒枠や第二新卒枠での募集も行っているため、「CA」への転職は可能です。

    「JAL」や「ANA」では、既卒採用の募集を随時行っています。

    外資系の航空会社は学歴不問の場所も多いです。

    ただし、正社員ではなく契約社員契約も多いため、募集要項は一度確認するようにしましょう。

    また、新卒の場合と同じく、「TOEIC600点以上」程度の英語力を身に付けておくべきです。

    時給制の契約社員は削減していく方向へ

    かつて「CA」は人件費削減の観点より「契約社員」からのスタートでしたが、2019年現在は新卒での募集が増えてきました。

    2013年からは「ANA」が、2015年からは「JAL」がそれぞれ契約社員制度を廃止し、「CA」を正社員として採用しています。

    今後も、各グループの子会社が同じ流れになっていくと予想されます。

    4.CA(キャビンアテンダント)の業務内容

    ca 客室乗務員 評判

    華やかなブランドイメージで人気の「CA(キャビンアテンダント)」ですが、実際は多くの業務や目に見えない負担がかかる大変な仕事です。

    以下より、「CA」の業務内容や実際の評判について解説します。

    業務内容について

    「CA(キャビンアテンダント)」の業務は、その名の通り「航空機内の乗客に対する接客サービス」が中心です。

    航空機内での「ドリンクや食事のサービス」や「飛行ルートの説明」などのガイド的な役割の他にも、以下のような業務を行います。

    • 機内の清掃状況や機内の保安点検
    • フライト前の事前打ち合わせ
    • パイロット(機長・副機長)との打ち合わせ
    • 緊急時の対応

    CAはきついといわれる理由

    「CAは業務がきつい」言われる理由として、主に以下の要因が挙げられます。

    • シフト勤務(早朝・夜勤勤務)による時間差で体調面が管理しづらい
    • 業務内容の割に給与が安い
    • わがままな乗客に対しストレスが溜まる
    • フライト中のクルーの人間関係
    • 業務の性質上、家に帰れないことが多い

    夜勤などの時差出勤による体力消耗や、プライベートの時間の確保が難しいなどの声が多いようです。

    CAの口コミや評判


    女性/現客室乗務員
    3~5年

    【働きがい】

    たくさんの人と出会えること。

     

    接客が好きな人は楽しいと思います。

     

    また、色んな所へいくため人生経験にもなりました。

     

    ただ、華やかな表舞台の裏は体力的に大変だったりするので、イメージだけでなるのは本当に怖いと思います。

     

    そこを含めて向いている方がいいかもしれないですね。

    引用:VORKERS


    女性/客室乗務員
    3~5年

    プライベートでも飛行機にほぼ無料で乗れるのは特権だと思います。

     

    (中略)

     

    時差のある仕事なので、とても不規則です。

    引用:VORKERS


    女性/現客室乗務員
    3~5年

    お客様のニーズを先読みし、こちらからプラスaのサービスをして差し上げることを目標に日々働いているため、それが実行できた際には大きなやりがいを感じてとても楽しい。

    引用:VORKERS

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、キャビンアテンダントの平均年収「550万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    「CA(キャビンアテンダント)」の平均年収は約550万円です。

    年収は企業の業績や「乗務(フライト)手当」などの基本給以外で左右されるため、その時の状況によって大きく変動します。

    一見華やかな仕事に見えますが、不規則な勤務の中での体調管理が必要であったりと、決して簡単に勤まる仕事ではありません。

    本気で「CA」を目指したい方は、一度各航空会社の情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%