作業療法士の年収は平均400万円!?収入の実態や将来性を解説

作業療法士の平均年収 平均年収

リハビリの現場で活躍する作業療法士。

「作業療法士の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

作業療法士の年収は、300~500万円程度

本記事では、作業療法士の詳しい年収や収入の実態について解説します。

資格の取り方や将来性もあわせてチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.作業療法士の年収は300~500万円

さまざまな作業活動を通して、心と体のリハビリを行う作業療法士。

作業療法士の年収は、 300~500万円程度です。

平均すると年収400万円前後

作業療法士全体の年収を平均すると、400万円前後になります。

日本人の平均年収は420万円程度なので、 作業療法士の年収は平均に近いといえます。

また、ボーナスを年間60万円とすると、月収は約28万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、22~23万円程度です。

  • スポンサーリンク

  • 年齢別年収一覧

    作業療法士の年齢別の平均年収は、以下の通りです。

    20代 300~380万円
    30代 390~450万円
    40代 450~500万円
    50代 480~600万円
    60代 400~480万円

    20代の年収は少ないものの徐々に上がり、ピークは50代。

    50代になると役職等についている割合が増えるため、年収も高くなっていると考えられます。

    地域別年収一覧

    作業療法士の 地域別の平均年収は、以下の通りです。

    北海道

    • 350~360万円

    東北

    (青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)

    • 390~370万円

    関東

    (茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)

    • 360~500万円

    中部

    (新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知)

    • 370~420万円

    近畿

    (京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・三重)

    • 370~420万円

    中国

    (鳥取・島根・岡山・広島・山口  )

    • 360~390万円

    四国

    (高知・香川・徳島・愛媛)

    • 330~370万円

    九州

    (福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)

    • 320~380万円

    また、全都道府県の平均年収TOP3は以下の通りとなっています。

    1. 東京:480~500万円
    2. 神奈川:420~430万円
    3. 大阪:410~420万円
  • スポンサーリンク

  • 2.作業療法士の収入の実態

    この章では、 作業療法士の収入の実態について解説します。

    勤務場所によって格差がある

    作業療法士の年収は、勤務場所によって差があります。

    すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、老人ホームなどの福祉施設などより 病院・医療機関のほうが20~40万円ほど年収が高い傾向にあります。

    また、小規模なクリニックよりも総合病院のほうが年収が高めです。

  • スポンサーリンク

  • 福利厚生が整っているところが多い

    作業療法士の初任給は20~25万円程度が相場でそれほど高くないものの、福利厚生が整っている勤務先が多いです。

    「資格手当」「通勤手当」「扶養手当」「住居手当」など各種手当が支給されます。

    ちなみに資格手当は、10,000~20,000円が相場です。

    大幅ではないが経験年数に応じて昇給が見込める

    作業療法士は、経験年数に応じて昇給が見込めます。

    勤務先によって違いはありますが、 1年に1回昇給となるところが多いようです。

    ただし、100万円単位など大幅な年収アップは期待できません。

    ほとんどの場合、年間十数万円程度の昇給となります。

  • スポンサーリンク

  • 3.年収600万円以上の作業療法士になる方法

    作業療法士の平均年収は400万前後とあまり高くありませんが、中には年収600万円を超える作業療法士もいます。

    この章では、 作業療法士の年収をアップする方法について解説します。

    方法1.スキルを上げて昇進する

    役職がつかない状態で年収600万円を作業療法士は、ほとんどいません。

    年収600万円以上を目指すのであれば、 「部長」「技師長」などの役職を目指しましょう

    役職につくためには、スキルを上げることはもちろんリーダーシップ性や協調性が求められます。

    また、20~30代で役職につき年収600万円以上を稼ぐことは非常に難しいため、経験を重ねて一歩一歩成長することが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 方法2.職場を変える

    「今の職場ではこれ以上給与が上がりそうもない」と感じているのであれば、 職場を変えることもひとつの手段です。

    前の章(勤務場所によって格差がある)でも触れたとおり、作業療法士の勤務先の中でもっとも給与が高い傾向にあるには規模が大きい総合病院。

    地域によっては年収500万円以上の求人もあるので、今の年収に不満がある方は一度真剣に転職を考えてみてはいかがでしょうか?

    4.作業療法士と理学療法士の違い

    この章では、 作業療法士と理学療法士の違いについて解説します。

    対象やリハビリ方法が異なる

    「作業療法士と理学療法士、いったいなにが違うの?」と感じていませんか?

    作業療法士と理学療法士は、 リハビリをする対象や方法が異なります

    違いを以下にまとめたので、参考にしてくださいね。

      作業療法士 理学療法士
    対象
    • 身体機能に問題を抱えている人
    • 精神的な問題を抱えている人
    • 身体機能に問題を抱えている人
    行うリハビリ
    • 「歯を磨く」「食事をする」など日常生活を送るための動作
    • 「立つ」「歩行」などの体の動作
    リハビリ方法
    • スポーツや手芸など創作活動
    • 料理などに日常的な作業
    • 電気刺激など物理療法
    • 歩行練習など運動療法

    理学療法士の目的が「身体機能の回復」であるのに対し、 作業療法士の目的は「生活機能の向上」です。

    対象者がどんなことをしたいのかに合わせて、リハビリを行います。

    体はもちろん、心のリハビリも行うため精神的な問題を抱えている人も対象となります。

    給与水準は同じくらい

    作業療法士と理学療法士の年収に大差はありません

    どちらも、年収400台が平均となっています。

    現場では、作業療法士と理学療法士が対象者のリハビリについて意見を交わし合うことも多いようです。

    5.作業療法士になる方法

    この章では、 作業療法士になる方法について解説します。

    作業療法士になるまでのステップは、以下の通りです。

    ステップ1.国家試験に合格する

    作業療法士になるには、 国家試験に合格して資格を取得する必要があります

    作業療法士国家試験のおもな受験資格は、以下の通りです。

    • 高校卒業後、文部科学大臣もしくは都道府県知事指定の学校・作業療法士養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得したもの
    • 外国の作業療法に関する学校・養成施設卒業者または作業療法士の免許に相当する免許所持者で、厚生労働大臣の認定を受けたもの……ほか

    専門学校などに通い、受験資格を得るのがもっとも一般的です。

    試験のおもな出題内容は、以下の通りとなっています。

    <筆記試験>

    [一般問題]
    • 解剖学
    • 生理学
    • 運動学
    • 病理学概論……ほか
    [実地問題]
    • 運動学
    • 臨床心理学
    • リハビリテーション医学……ほか

    <口述試験/実技試験>

    • 運動学
    • 臨床心理学
    • リハビリテーション医学……ほか

    受験資格や出題内容について詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    作業療法士国家試験の施行|厚生労働省

    また、 作業療法士国家試験の合格率は、例年8割程度

    教育を受け、しっかり事前準備を行えば十分合格が可能です。

    ステップ2.求人を探す

    国家試験に合格し、晴れて作業療法士となったあとは求人を探します。

    作業療法士のおもな就職先は、以下の通りです。

    • 病院
    • クリニック
    • 老人ホーム
    • 社会福祉施設……など

    活躍の場はたくさんあるので、効率良く情報を探したい場合は求人・転職サイトの「リクナビNEXT」の利用をおすすめします。

    年収・職種・勤務地など条件を絞り込むことができるので、スムーズに情報を検索できますよ。

    転職・就職をお考えの方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

    6.作業療法士の将来性

    この章では、 作業療法士の将来性について解説します。

    需要が高まる見込み

    超高齢化社会である日本の高齢者の割合は、今後ますます高くなると予測されています。

    高齢者が増えれば、それだけサポートを必要とする人が増加します

    生活機能の向上を支える作業療法士の需要は、今後ますます高まる見込みです。

    活躍できる場所が増えていく

    一昔前の作業療法士の活躍の場は、医療現場が主でした。

    しかし、現在では医療の現場のほか 福祉施設・介護施設・児童相談所など、作業療法士の活躍の場は多岐にわたります

    身体的な障がいのみならず、精神障がい・発達障がいなどの一般的な認知度も年々上がっているため、今後も活躍の場が広がっていくと考えられるでしょう。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、作業療法士の平均年収「400万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    作業療法士の年収は、400万円前後。

    平気的な年収であり、決して「高い」とはいえません。

    しかし、 作業療法士は将来性や需要のある仕事

    「人のサポートをしたい」「将来性のある仕事をしたい」という方は、ぜひ作業療法士を目指してみてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%