「ご相伴にあずかる」ってどういう意味?正しい使い方を解説

ご相伴の意味とは ビジネス用語

「ご相伴にあずかる」という言葉の意味をご存じですか?

きちんとした意味は知らなくとも、耳にしたことはある、という人は多いのではないでしょうか。

そもそも「ご相伴」とは『正客の連れ』を指し、「ご相伴にあずかる」は『正客の連れとしてもてなしを受ける』ことを意味します。

ここでは、「ご相伴」の意味や正しい使い方、例文や由来について説明します。

「ご相伴」をスマートに使いこなせば、社会人としての常識力や礼儀正しさをアピールすることができるでしょう。

1.「ご相伴」の意味

「ご相伴」は『ごしょうばん』と読みます。「相伴」に接頭辞の「ご(御)」がついたものです。

『ごそうはん』『ごあいはん』などと読まないように注意しましょう。

「相伴」には3つの意味があります。

  • 人と一緒に行動すること
  • 飲食などのもてなしを受けること
  • 他とのつり合いで利益を受けること

では、順番に見ていきましょう。

意味1. 『人と一緒に行動すること』

一つ目の意味は「人と一緒に行動すること」「主となる人に従って同じ行動や経験をすること」です。

簡単に言うと 「他の人と何か一緒にすること」や、「他の人の行動に付き合うこと」といった意味の言葉です。

例文:「友人に相伴して映画を観に行く
  • スポンサーリンク

  • 意味2. 『飲食などのもてなしを受け応じること』

    二つ目の意味は「饗応の座に正客の連れとして同席し、もてなしを受け応じること」「人の相手をつとめて、一緒に飲み食いをすること」です。

    連れの人そのものを指して「相伴」と呼ぶこともあります。

    簡単に言うと 「宴席に付添いとして参加すること」といった意味です。

    現代においては、単に「御馳走になる」といった意味で使われることも多いです。

    例文:「社長のご相伴で宴席に出席する」

    意味3. 『他とのつり合いで利益を受けること』

    三つ目の意味は、「他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること」です。

    簡単に言うと 「おこぼれをもらう」といった意味になります。

    例文:「お土産のご相伴にあずかった」
  • スポンサーリンク

  • 「ご相伴にあずかる」とは?

    「あずかる」は漢字で書くと『与る』となります

    「与る」には、

    • 物事に関係する。関わる。関与する。
    • 目上の人の好意や恩恵を受ける。
    • 分け前をもらう。

    といった意味があります。つまり、 「ご相伴にあずかる」とは『お供する』『同席させていただく』『御馳走になる・饗応を受ける』という意味です。

    ここでひとつ注意が必要なのは、自分は正客(メインの客・主賓など)の「連れ」であるという点です。

    自分が誰かを連れて行くというわけではなく、誰かに一緒に連れて行ってもらう、サブ的な役割の時に使う言葉であるということを覚えておきましょう。

    2.「ご相伴」の使い方と例文

    ご相伴の使い方

    「ご相伴」は自分を謙遜したり、相手を尊敬していることを表す丁寧な表現です。

    では、実際にはどんな使い方をするのでしょうか?詳しく解説します。

  • スポンサーリンク

  • 2-1. 「ご相伴」と「お相伴」どっちが正しい?

    「ご相伴」は漢字で「御相伴」とも書きます。

    「御」は『ご』とも『お』とも読めるため、 「ご相伴」と「お相伴」どちらが正しい読み方か迷うかもしれませんが、どちらも日本語として正しい読み方です。

    日常会話では「ご相伴」と読むことの方が多いですが、前後の単語とのつながりや、状況に応じて「お相伴」と言い換えてもいいでしょう。

    2-2. 「ご相伴」の例文

    次に、「ご相伴」を使った例文を具体的な場面別に紹介します。

    例文1:「ご相伴にあずかります」

    先輩や上司などから、飲みに誘われた時などに使える表現です。

    『御馳走になります』という意味として使われます。

    「ご相伴にあずからせていただきます」と表現する場合もあります。

    例文2:「ご相伴させていただきます
    取引先との接待や会合に同行するように言われた時などに使える表現です。

    『同席させていただきます』『同行させていただきます』という意味になります。

    同じ意味合いで「ご相伴にあずからせていただきます」と表現する場合もあります。

    例文3:「ご相伴にあずかりたい」

    目上の人との会話の中で、ゴルフやスポーツ観戦などの趣味・美味しい飲食店の話題が出たときなどに使える表現です。

    「今の時期はゴルフには最高の気候でしょうね、ぜひ今度ご相伴にあずかりたいです」と言えば、 『ぜひご一緒させてください』『連れて行ってください』という意味になります。

    相手をたてつつ、距離を縮めたい気持ちを表現することができます。

    また、社交辞令としても使うことができるので覚えておくといいですよ。

  • スポンサーリンク

  • 3.「ご相伴」の類義語

    ご相伴の類義語

    「ご相伴」の類義語には以下のようなものがあります。 

    • 随伴
    • 随行
    • お供
    • ご一緒
    • 付添い

    また、「ご相伴にあずかる」は、

    • ご一緒する
    • お供する
    • 同席させていただく
    • 御馳走になる
    • (連れとして)饗応を受ける
    • (連れとして)接待を受ける 

    などと、言い換えることができます。

    相手との関係性や、状況に応じて適切な表現を選べるといいですね。

    4.「ご相伴」の由来

    「ご相伴」が茶道に由来する言葉であることをご存じでしたか?

    次は、日本の伝統文化である茶道の心が息づいた「ご相伴」の由来について紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.元々は茶道から生まれた言葉

    茶道では、メインの客を『正客(しょうきゃく)』、その連れの客を『相伴(しょうばん)』と呼びます。

    『相伴』は『正客』と一緒にもてなしを受ける客であり、「正客の相手をつとめて、同様のもてなしを受ける者」という意味でも用いられます。

    4-2.茶道における「お相伴」の使い方

    お茶席では、まず最初に上座に座っている正客がお茶でおもてなしを受けます。その後、正客の隣に連れとして座っている客(相伴)にも順番にお茶が出されます。

    お茶をいただく際に、自分よりも上座に座っている人に「お相伴いたします」、下座に座っている人に「お先に」と挨拶をしてからお茶を口にするのが、お茶の作法のひとつであり、マナーとなっています。

    茶道においては、礼儀と作法が非常に大切にされています。

    お茶席を主催してくれた亭主と、主賓である正客への尊敬と感謝の気持ちが「お相伴いたします」という言葉に込められているのです。

    5.「ご相伴にあずかる」を英訳すると?

    ご相伴にあずかるの英語表現

    「ご相伴にあずかる」を英語で表現すると以下のようになります。

    • share in~(=a share of~)
    • take part in~
    • participate in~【格式ばった表現】

    「I shared in the profits.(利益のご相伴にあずかった)」という風に使います。

    また、単に「御馳走になった」「奢ってもらった」という意味合いで使うのであれば、『dine with~(~と会食する)』を使って、「I dined  with Mr. Yamada at his expense.(山田氏の〈食事の〉ご相伴にあずかった)」と表現することもあります。

    6.まとめ

    「ご相伴」は日本人の礼儀正しさや奥ゆかしさを表現することのできる素敵な言葉です。

    ビジネスシーンで相手への敬意や感謝の気持ちを表すために「ご相伴」という言葉をさらっと使うことができたらすごくかっこいいですよね。

    円滑な人間関係を築くためにも、きちんとした日本語力を身につけておきましょう!

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    【比較してわかった】本当のおすすめ転職エージェントとプロが教える活用術

    2019.04.13
  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事