「依拠」とは?意味や使い方、「依拠性」などを分かりやすく解説!

依拠の意味とは ビジネス用語

「依拠」は「いきょ」と読み、ある物事・存在に基づいているという意味の言葉です。

「依拠する」や「依拠性」のように使います。

普段の会話ではあまり見かけないので、読み方や意味がわかりにくい言葉ではないでしょうか。

ここでは、そんな「依拠」の意味や使い方、英語表現などを解説していきます。

記事を読み終わるころには、「依拠」をバッチリ理解できているはずです。

1. 「依拠」の意味:ある物事・存在に基づいていること

依拠

読み方:いきょ

  1. ある物事・存在に基づいていること
  2. ある物事・存在を拠(よ)り所とすること

ある物事・存在を基準(土台)とすることを表現するときに使う言葉です。

「依拠」は、次の2つの漢字から成り立っています。

  • ⇒頼る・従う
  • ⇒何かをするための頼りとなる足場

つまり「依拠」は、ある物事・存在を頼りにするという意味で使います。

2. 「依拠・依拠する」の例文

「依拠」は、文学小説に出てきたり、会社としての考えを述べる時などで使ったりします。

難しい言葉なので、例文で雰囲気を掴んでいきましょう。

基本的には、「依拠する」というフレーズで使います。

<例文>

  • 経営哲学に依拠した行動である。(経営哲学を土台にした行動)
  • 従来の経験のみに依拠するのは危険だ。(今までの経験のみに頼るのは危険)
  • 建築基準に依拠して建てられた。(建築基準を守ったうえで建てられた)
  • 彼の価値観に依拠してしまう。(彼の価値観に頼ってしまう)
  • 本案件は先例に依拠する。(本案件は、先例を基にしている)
  • 最高裁判例に依拠している判決。(最高裁判例を基にしている判決)
  • スポンサーリンク

  • 3. 「依拠性」の意味:他人の著作物を利用して創造すること

    著作権の法律用語に「依拠性」というものがあります。

    「依拠性」は、 既存している他人の著作物を利用して創造するという意味です。

    個人が創造したオリジナルではなく、そのアイデアなどを利用(依拠)して作品を作った場合には、「依拠性」の有無が裁判で問われます。

    分かりやすく言い換えると、「パクリをしたかどうか」ということです。

    <例文>

    • 依拠性の有無を確認する必要がある。
    • この作品は、B作品との依拠性が認められない。従って、著作権を侵害しているとは言えない。

    4. 「依拠」の類語と例文

    依拠の類語

    「依拠」の類語は、以下のようなものがあります。

    • 準拠(ある物事に従う)
    • 依存(ある物事に浸る・しがみつく)
    • 則する(ある物事を手本とし、従うこと)

    1つずつ見てきましょう。

    類語1. 準拠

    準拠

    読み方:じゅんきょ

    意味:ある物事に従う

    「準拠」は「依拠」よりも、従っているというニュアンスが強いです。

    具体的には、次の違いがあります。

    • 「前例に依拠したルール」⇒前例の内容を参考にして作ったルール
    • 「前例に準拠したルール」⇒前例の内容に従って作ったルール

    「準拠」の例文は以下です。

    • 指導要領に準拠した本の制作をお願いします。
    • 国際的な基準に準拠して、ルールを作るべきだ。

    類語2. 依存

    依存

    読み方:いぞん

    1. ある物事に浸ること
    2. ある物事にしがみつくこと

     「依存」は、依存の対象がなくなると成立が危うくなります。

    例えば、「母親に依存する人」などと考えると分かりやすいです。

    「依拠」と「依存」の違いを見ていきます。

    • 「過去の事例に依拠している」⇒過去の事例を参考にしている程度
    • 「パソコンに依存した仕事である」⇒パソコンが無いと仕事ができない状況・パソコンにしがみついているイメージ

    「依存」を使った例文は、以下の通りです。

    • スマートフォンに依存してしまい、常に目が疲れている。
    • 父のギャンブル依存症は、どうしたら治せるだろうか。

    類語3. 則する

    則する

    読み方:そくする

    1. ある物事を手本とし、従うこと
    2. ある理論や規則に従うこと

    「依拠」するよりも、「則する」の方が 従うニュアンスが強いです。

    「依拠」と「則する」は、具体的に次の違いがあります。

    • 「世界基準に依拠する」⇒世界基準を参考にする程度
    • 「世界基準に則する」⇒世界基準に従う

    「則する」の例文は、以下です。

    • その計画が時代に即していないとは、どういうことか。
    • 現実に即した対応をする。
  • スポンサーリンク

  • 5. 「依拠」の反対語はない?

    「依拠」の反対語は、ありません。

    近いものをあげると、「依存」の反対語である「独立」「自立」などがあります。

    6. 「依拠」の英語表現と例文

    依拠の英語表現

    「依拠」を英語で表現する場合は、次の2つを使います。

    それぞれの英語の意味と例文を見ていきましょう。

    英語1. 「dependence」

    「dependence」は、次の意味をもっています。

    • 依存
    • 従属(じゅうぞく)
    • 頼み
    • 信用
    • 憑依(ひょうい)

    「dependence」の具体的な例文は、以下です。

    • to use dependence as a standard(基準として依拠する
    • It was built on the dependence of building standards.(そのビルは建築基準に依拠して建てられた。)

    英語2. 「to rely on」

    「to rely on」は、次のような意味をもっています。

    • 依拠する
    • 頼る
    • 頼む
    • 期待する

    「to rely on」の例文は、以下です。

    • something to rely on依拠するもの)
    • to rely on international standards(国際基準に依拠する)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「依拠」は、 物事・存在に基づいているという意味です。

    著作権の用語として使われている「依拠性」は、他人の著作物を利用して創造することを指しています。

    難しく聞こえる単語ですが、例文を読むと雰囲気を掴むことができます。

    また、類語の「準拠」「依存」「則する」とはニュアンスが異なるので、状況により使い分けてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%