「いずれか」の意味や使い方を解説!「どちらか」との違いとは

いずれかの意味とは ビジネス用語

「いずれか」という言葉は、ビジネスシーンや契約書などで目にする機会が多い言葉ですよね。

ただ「いづれか」もあり、どちらが正しいのか悩む言葉でもあります。

「いずれか」には複数の中から1つを選ぶという意味があり、条件などを指し示すために使われる言葉で、一般的には「いずれか」が正しいとされています。

ただ、法律用語として使用する際には、異なった表現となります

そこで、本記事では「いずれか」が持つ意味や使い方、類語である「どちらか」との違いなどを詳しく解説していきます。

この記事を読めば「いずれか」を正しく使いこなすことができるので、参考にしてください。

1.「いずれか」の意味は

意味|「多くある中のどれか」

「いずれか」には次のような意味があります。

いずれ

読み方:いずれか

意味:多くある中でどれが~か。どれこもれも

「いずれか」には、複数の中から選ぶ意味だけでなく、法律用語では全てを表す意味もあります。

そのため、 前後の言葉や文意を考えながら、読み解いたり使用したりする必要があるのです。

  • スポンサーリンク

  • 「いずれか」「いづれか」では「いずれか」の方が一般的

    「いずれか」は「いづれか」と表記する場合があります。

    どちらの表現も読み方や意味に変わりはありませんので、 基本的にはどちらを使用しても間違いではありません。

    「ず」と「づ」び表記の違いは時代による仮名遣いの変化によるもので、「ず」は現代で使用される仮名遣いを示しています。

    そのため、正しいという解釈ではありませんが、「いずれか」と表記するほうが現代では一般的です。

    2.「いずれか」の使い方と例文

    いずれかの使い方

    「いずれか」には次の2つの表現があります。

    これらの表現方法に合った使い方や例文を解説してきます。

    2-1.複数の中から1つ選ぶ

    「いずれか」の使い方として多いのが、「選択する」意味で使用することです。

    「いずれ」には「どちらか」という意味があるため、 複数の中から1つを選ぶ際に使用されています。

    <例文>

    • ご希望の色をいずれか1色お選びください。
    • 左右いずれかのものを持ち帰っていただきます。

    2-2.疑問を表す表現

    「いずれか」のもう1つの使い方として、「疑問」を表現する使い方があります。

    詳細を記載しないことで 、複数のうち1つだけが合っている、または間違っているものがどれかを尋ねる表現となっています。

    ただ、遠回しな表現ですので、きちんと相手に伝えるためには「いずれか」を使わずに、それぞれの詳細を記載するほうがわかりやすい表現です。

    <例文>

    • いずれか1つが正しい言葉です。
    • 甘いケーキは、この中のいずれかです。
  • スポンサーリンク

  • 2-3.全てを選ぶ場合には使えない

    「いずれか」の意味を理解する際に重要なことが、「選ぶ」という意味があることです。

    複数の中から全てを選ぶような、 選ぶ必要がない場合には「いずれか」を使用できません。

    また、選ぶ個数は文章によって変化することが可能です。

    例えば、2つのうちいずれか1つ、5つの中からいずれか3つ、と全てを選ばなければいくつ選んでも問題ありません。

    そのため、文章を作成する際には、選択肢の個数と選ぶ個数が釣り合わないように気を付けましょう。

    2−4.法律用語での「いずれか」は全てが対象になる場合がある

    さて、「いずれか」の日常的な意味と法律上の意味や使い方には、大きな違いがあります。

    法律用語での「いずれか」は、「掲げた項目のどれかが対象になった場合」という意味で使用されています。

    つまり、 法律用語では状況によっては1つだけ対象になる場合だけでなく、全てが対象になる場合があるのです。

    また、「いずれか」をより具体的に表すために「又は」「若しくは」なども使用されます。

    どれを使用するかで契約書の内容などが異なるため、弁護士などへ依頼して正しい文書を作成するのがおすすめです。

    <例文>

    • 以下の事項のいずれかに該当する場合、契約は解消される。
    • 甲と乙いずれかが申し出た場合、再度契約の話し合いを設けるものとする。
  • スポンサーリンク

  • 3.「いずれか」の類語は「どちらか」

    いずれかの類語

    「いずれか」の類語には「どちらか」という言葉があります。

    そこで、「いずれか」と「どちらか」の意味や与える印象の違いについて解説していきます。

    3-1.基本の意味は同じ

    「いずれか」の類語として「どちらか」という言葉があります。

    「いずれ」はもともと「どちら」の代名詞として使われていますので、その意味も同じです。

    ただし、 「どちらか」は2つの中から1つを選ぶ際に使用されることが多いです。

    そのため、2つ以上の中から選ぶ場合は「いずれか」、2つの中から選ぶ場合には「どちらか」と使い分けましょう。

    <例文>

    • この中からどちらか1つを選んでください。
    • どちらか1つに当たりが含まれています。
  • スポンサーリンク

  • 3-2.「どちらか」は砕けた印象になる

    「いずれか」と「どちらか」を比較すると、 「どちらか」は砕けた印象になります。

    そこで、ビジネスシーンでは「いずれか」を使用することが一般的です。

    また、上司や顧客へ依頼する際にも「いずれか」のほうがきっちりとした印象になります。

    選び方の違いを見ても「いずれか」のほうが範囲が広いですので、「いずれか」のほうが使いやすい言葉です。

    4.「いずれか」の英語表現

    いずれかの英語表現

    「いずれか」の英語表現には次の2つが使用されます。

    1. either
    2. any of

    これらの意味や使い方、例文を詳しく解説していきます。

    4-1.「either」

    「いずれか」を英語で表す場合、「どちらか一方の」という意味のある「either」を使用します。

    しかし、「either」は二者択一の意味が強く、 「どちらか」という意味合いになるため注意が必要です。

    <例文>

    • Sit on either side.「どちらかに座りなさい。」
    • Please open either one of two boxes.「2つの箱のうちどちらかを選んでください」

    4-2.「any of」

    「どれか」という意味の「any」を用いた「any of」も、「いずれか」の英語表現として使用できます。

    特に、「any」には特定の個数を表す意味がないため、 「いずれか」により近い表現となっています。

    <例文>

    • Please chose any of the following.「次のいずれかを選んでください。」
    • It is a violate any of the provisions.「条項のいずれかに違反する」
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「いずれか」は複数の中から1つを選ぶという意味があり、相手が求めるものを選ばせる際に使用します。

    ただし、日常で使う際と法律用語として使用する際には、意味の範囲が異なるため、使い方には十分に気を付けましょう。

    また、「いずれか」は「どちらか」よりも丁寧な表現になります。

    使い勝手の良い「いずれか」の使い方をマスターして、適切に相手へ状況を伝えてくださいね。